Menu
Close

クラウド型勤怠管理システムkinnnosukeの導入事例

財務・経理・総務 業務を効率化したい 作業を自動化したい

17店舗のストアからなる 社員・常用パート社員は2,000名以上。 kinnosukeの導入が紙文化脱却への 大きな1歩となりました。

※出典:北辰商事株式会社 - 勤怠管理のkinnosuke

最終更新日: 2022/05/31

この導入事例のポイント

  • スライド式のカード打刻のため、カードの劣化によるエラーなどで手間がかかっていた
  • kinnosukeを導入し、kinnosukeで勤怠管理をIT化・自動化を検討
  • 物理的な損傷が減り、修繕等のコストが軽減ペーパーレス化で作業を削減できた

この導入事例のカテゴリー

この導入事例で紹介した製品

HOYA株式会社のクラウド型勤怠管理システム、kinnnosukeは社内のタイムマネジメントを一元管理させるサービスと安心の手厚いサービスで継続率98.1%を誇り、あらゆる業種業界・企業規模に最適化されたシステムです。勤怠管理システムを提供して10数年以上の実績を持つHOYAならではの、経験豊富な導入支援チームが実際に利用を開始するために必要な出勤簿の計算や、運用をヒアリングし設定代行まで行うので、システムの新規導入に不安がある方にも安心してお使いいただけます。

製品のおすすめポイント

  • 人事総務担当者の業務を効率化
  • 安心のセキュリティ対策
  • 働き改革をサポート
運営企業情報 HOYA株式会社
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 PC打刻 ICカード打刻 モバイル打刻 自動集計 休暇管理 アラート機能 シフト管理 工数管理 外国語表示 外部ソフト連携
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
サポート 電話 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種 製造 小売・流通 金融
よく導入している企業の規模 101名-300名 1,001名以上

導入前に知っておきたい基礎知識

「勤怠管理システム」とは

勤怠管理の方法は紙への記入からタイムカード、そして勤怠管理システムへと移り変わっています。特に、働き方改革が叫ばれると同時にテレワーク化が必然とされる時代において勤怠管理システムの重要度は増すばかりです。

とはいえ、それぞれの就業規則や勤務形態に対応させやすく柔軟性の高いExcelやタイムカードでの管理から抜け出せない会社が多いことも事実です。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

製品のおすすめポイント

  • 人事総務担当者の業務を効率化
  • 安心のセキュリティ対策
  • 働き改革をサポート

- お役立ちコンテンツ -
導入前に知っておきたい基礎知識

「勤怠管理システム」とは

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1523件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる