Menu
Close

TeamSpiritの導入事例

労務管理を効率化したい 個人の生産性を高めたい コストを削減したい

適正な手数料率を設定することが、権利者と利用者に対する責任。 リアルタイムなプロジェクト原価管理で、付加価値の高いサービスを目指す。

※出典:一般社団法人日本音楽著作権協会 (JASRAC) 導入事例|勤怠管理・工数管理・経費精算ならチームスピリット

最終更新日: 2022/05/31

この導入事例のポイント

  • ルーティーン業務の負荷が重く、人事部も働き方改革に手が回らない状態だった
  • 誰もが手軽に工数を入力でき、リアルタイムに分析できるTeamSpiritを導入
  • 全てのスタッフが勤怠・工数を入力し、原価をリアルタイムで把握できるようになった
  • 勤怠の締め処理・工数情報の集計作業に年間約330時間 導入後はほぼゼロに
  • 自主的に業務改善を行う職員が増え、組織内のコミュニケーションも活性化された

この導入事例のカテゴリー

この導入事例で紹介した製品

勤怠管理システム

株式会社チームスピリットの勤怠管理システム、TeamSpiritは圧倒的に使いやすいインターフェースで1,500社、32万人以上に採用されているテレワーク・オフィスワークのハイブリッド勤務に対応したクラウド型サービスです。勤怠管理だけでなく、工数管理や経費精算、電子稟議など、会社の運営に必要な複数の機能がすべて完結されたクラウドサービスです。TeamSpiritでこれまでバラバラだった業務を手軽に統合することができ、バックオフィス業務の「デジタルシフト」を実現できます。

製品のおすすめポイント

  • クリック一つで出退勤打刻
  • 複雑な勤務体系にあわせて労働時間を計算
  • 法改正にもアップデートで即座に対応
運営企業情報 株式会社チームスピリット
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 PC打刻 モバイル打刻 自動集計 アラート機能 シフト管理 工数管理 外部ソフト連携
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
サポート 電話 
トライアル
最低利用期間 1年間
よく導入している業種 IT・情報通信 製造 建設
よく導入している企業の規模 301名-1,000名 51名-100名 101名-300名

導入前に知っておきたい基礎知識

「勤怠管理システム」とは

勤怠管理の方法は紙への記入からタイムカード、そして勤怠管理システムへと移り変わっています。特に、働き方改革が叫ばれると同時にテレワーク化が必然とされる時代において勤怠管理システムの重要度は増すばかりです。

とはいえ、それぞれの就業規則や勤務形態に対応させやすく柔軟性の高いExcelやタイムカードでの管理から抜け出せない会社が多いことも事実です。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

TeamSpirit

株式会社チームスピリット

製品詳細をみる

製品のおすすめポイント

  • クリック一つで出退勤打刻
  • 複雑な勤務体系にあわせて労働時間を計算
  • 法改正にもアップデートで即座に対応

- お役立ちコンテンツ -
導入前に知っておきたい基礎知識

「勤怠管理システム」とは

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1542件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる