Menu
Close

Garoonの導入事例

業務・情報を可視化したい 個人の生産性を高めたい 社内資産を一元管理したい コストを削減したい

全国初、県内全自治体の情報共有基盤 「とっとり行政イントラ」にGaroonを採用

※出典:サイボウズGaroon導入事例 鳥取県自治体ICT共同化推進協議会|サイボウズ Garoon(ガルーン)

最終更新日: 2022/09/29

この導入事例のポイント

  • 容量オーバーや情報の分散・メールの課題を解決できる新たなツールを探していた
  • 情報共有ができるコミュニケーション機能や直感的に使えることからGaroonを導入
  • 導入により自治体同士の連携が加速!容量を気にすることなく情報共有が可能に
  • LGWAN環境で外部へのメール誤送信もなし!情報漏洩防止の観点でも大きな安心感
  • 会議や移動にかけていた時間を別の業務の時間に活用!意思決定がスピード化された

この導入事例のカテゴリー

この導入事例で紹介した製品

グループウェア

サイボウズ株式会社のGaroonは、サイボウズ Officeの利用規模を拡大し、ガバナンスを強化した上位互換のソフトです。7,000社、320万人を超える導入実績があります。また、HDI格付けベンチマークにおいて三つ星獲得の最高評価を記録し、日経コンピューター誌の満足度調査において1位を獲得した実績のあるソフトです。国産グループウェアであるため、サポートやヘルプの品質が高く安心して利用できます。

製品のおすすめポイント

  • 必要な機能をワンパッケージに集約し、日英中の3か国語に対応
  • 最高評価のカスタマーサポートが利用者を支援
  • 検討中や利用中の人に向けてセミナーを開催
運営企業情報 サイボウズ株式会社
ソフト種別 クラウド型ソフト パッケージ型ソフト 
基本的な機能 設備予約 顧客管理 電話メモ 掲示板 アンケート機能 タイムカード ファイル管理 モバイル連携 チャット・メッセージ タスク管理
推奨環境 PCブラウザ iOSアプリ Androidアプリ 
サポート 電話 メール チャット 
トライアル
最低利用期間 1か月
よく導入している業種 製造 公共機関・非営利団体 ビジネスサービス
よく導入している企業の規模 301名-1,000名 1,001名以上 101名-300名

導入前に知っておきたい基礎知識

「グループウェア」とは

グループウェアとは、企業等におけるコミュニケーションを促し、業務効率化するための業務用ソフトウェアの総称です。

業務効率化のために「チャット機能」や「共有ファイル管理」、「スケジュール共有・管理」のような機能が利用可能なグループウェアも多くあります。勤怠状況や業務の進捗、各人のスケジュールなど社内の様々な情報を一元管理でき、ペーパーレス化も期待できるため、最近では会社の規模に関係なく様々な企業がグループウェアを導入しています。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

Garoon

サイボウズ株式会社

製品詳細をみる

製品のおすすめポイント

  • 必要な機能をワンパッケージに集約し、日英中の3か国語に対応
  • 最高評価のカスタマーサポートが利用者を支援
  • 検討中や利用中の人に向けてセミナーを開催

- お役立ちコンテンツ -
導入前に知っておきたい基礎知識

「グループウェア」とは

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1527件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる