Menu
Close

CC-BizMateの導入事例

ペーパーレス化したい 労務管理を効率化したい コストを削減したい

グループウェアと連携し、勤怠管理を効率化

※出典:導入事例-アクティブ - クラウド型勤怠管理システム

最終更新日: 2022/05/16

この導入事例のポイント

  • 常駐先社員の勤怠や運用面で問題があり、人事担当者に大きな負荷がかかっていた
  • 機能とコスト、同業種の企業が開発・利用していることからCC-BizMateを導入
  • 客先で勤務する社員が携帯電話やスマホから打刻&休暇申請 リアルタイムな共有へ
  • 残業時間の集計が容易に実現できるようになり、人事担当者の負荷が大きく軽減された
  • 勤務情報を現場でのコミュニケーションやプロジェクト管理に活用できるようになった

この導入事例のカテゴリー

この導入事例で紹介した製品

勤怠管理システム

株式会社クロスキャットの勤怠管理クラウドサービス、CC-BizMateは、「人事総務部門に寄り添う」ことをコンセプトに幅広い課題解決提案や安定した運用を提供する継続利用率98.9%の実績を誇る勤怠工数管理クラウドです。感覚的に利用することを想定して設計されており、またシステムの品質もCMMIlevel3に相当する能力成熟度が保障されているので、勤怠管理業務のデジタル化に不安がある方にも安心してご利用いただけます。IT業や小売業、製造業など様々な現場での利用実績がございます。

製品のおすすめポイント

  • 豊富な残業予測機能で36協定違反を抑止
  • 作業時間の予定と実績のリアルタイム管理で生産性向上へ
  • 外出先や出張先など、24時間いつでも打刻可能
運営企業情報 株式会社 クロスキャット
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 PC打刻 ICカード打刻 モバイル打刻 GPS打刻 自社サービス連携 自動集計 休暇管理 データエクスポート アラート機能 シフト管理 工数管理
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
サポート 電話 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間制限なし
よく導入している業種 IT・情報通信 製造 小売・流通
よく導入している企業の規模 101名-300名 301名-1,000名

導入前に知っておきたい基礎知識

「勤怠管理システム」とは

勤怠管理の方法は紙への記入からタイムカード、そして勤怠管理システムへと移り変わっています。特に、働き方改革が叫ばれると同時にテレワーク化が必然とされる時代において勤怠管理システムの重要度は増すばかりです。

とはいえ、それぞれの就業規則や勤務形態に対応させやすく柔軟性の高いExcelやタイムカードでの管理から抜け出せない会社が多いことも事実です。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

CC-BizMate

株式会社 クロスキャット

製品詳細をみる

製品のおすすめポイント

  • 豊富な残業予測機能で36協定違反を抑止
  • 作業時間の予定と実績のリアルタイム管理で生産性向上へ
  • 外出先や出張先など、24時間いつでも打刻可能

- お役立ちコンテンツ -
導入前に知っておきたい基礎知識

「勤怠管理システム」とは

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1493件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる