Menu
Close

【2024最新版】座席管理システム比較13選|機能・メリット・選び方など徹底解説!

この記事で解説すること

座席管理システムとは、オフィスの座席使用状況をオンラインで可視化し、予約や利用状況の確認、管理を行うシステムです。リモートワークやハイブリッドワークの普及に伴い、フリーアドレス制の下での座席管理や出勤状況の課題解決に役立ちます。
主な使い方には、リアルタイムで更新される座席表から空席を予約し、スマートフォンやQRコードを使ってチェックインする方法があります。システム選定時には、導入目的の明確化、必要な機能の洗い出し、注意点の確認、料金相場の理解が重要です。

「座席管理システム」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • 座席管理システム
    • 即時チェックイン
    • 座席の抽選
    • 固定席の設定
    • 出社率管理
    • 代理予約
    • ダッシュボード
    • 複数座席予約
    • サイネージ表示
    • グループでの座席予約
    • オープンスペース予約
    • 座席の事前予約
    • 無断利用の防止
    • 自動キャンセル
    • 予約時間の通知
    • 予約エリアの制限
    • フロアレイアウトの編集
    • 勤務状況の確認
    • 座席の利用開始時間・終了時間の表示
    • 座席使用状況・空席状況の確認
    • フロア検索
    • 自動チェックアウト
    • ログ管理・分析
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期費用 要相談
スタートパック 5,000円/1申し込み
ユーザーライセンス 月額契約 100円/1人
座席ライセンス 月額契約 200円/1座席
ユーザーライセンス 年間契約 1,200円/1人
座席ライセンス 年間契約 2,400円/1座席
利用期間の最低制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 10,500円~
備考
参考価格(使用環境により変動)
月額利用料金 250円/ID
備考
参考価格(使用環境により変動)
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
BASIC 0円
備考
登録人数は30人までです。まずは無料で試したい方におすすめのプランです。
PLUS+ 110円/月額
備考
1ユーザーあたりの料金です。最大1,000円まで利用可能な多機能プランです。
不明
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
せきなび for free 0円/月額
備考
無料で試したい・少人数向けのプランです。利用可能ユーザーは30ユーザーまでで、基本機能のみ利用可能です。
せきなび スタンダード 300円/月額
備考
業務で使いたい・大人数向けのプランです。利用可能ユーザーは無制限で、全機能利用可能(一部オプション)です。
なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 120,000円
利用料金 30,000円/月額
備考
100ユーザー毎
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
備考
20席から利用可能です。
不明
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
1~1000席まで 200円/月額
備考
1席あたりの料金です。
1001席以上 100円/月額
備考
1席あたりの料金です。
フロア管理費 10,000円/年額
備考
1フロアあたりの料金です。1フロア=1図面です。
不明
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
利用料金 要相談
備考
利用料/月
※利用人数で変動
要相談
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
月契約 300円/月額/名
年間契約 ~250円/月額/名
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
備考
料金については、お客様の要件や導入規模などによって異なります。
オンラインでのお見積もりもご対応しております。
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
備考
機能と人数に合わせてお見積り
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
トライアルプラン 月額(30日間)/0円
備考
まずは無料でフル機能を試したい方向け。
スタンダードプラン 月額/40,000円
備考
社内のあらゆる場面で利用したい方向け。座席/スペース管理、出退席(勤怠)、備品管理、郵便、社内決済、多言語対応。
プレミアムプラン1 月額/100,000円
備考
働き方の効率をより高めたい方向け。座席/スペース管理、出退席(勤怠)、備品管理、郵便、社内決済、多言語対応に加えて、グラフィック機能又はスケジューラーのどちらかを選択できる。
プレミアムプラン2 月額/150,000円
備考
全ての機能を利用できる。座席/スペース管理、出退席(勤怠)、備品管理、郵便、社内決済、多言語対応、グラフィック機能、スケジューラー。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

目次

オフィスの様相が変わり、座席管理システムが注目されるようになりました。在宅勤務が増える中で、効率的な座席配分と柔軟な勤務スタイルのサポートが求められています。この流れで、座席管理システムへの関心も高まっています。

座席管理システムを選ぶ上で考慮すべきは、機能や導入後の利点、選定方法、そしてトラブルを回避し成功へと導く方法です。この記事では、座席管理システムの基礎知識から実践的な応用までを分かりやすく紹介します。導入プロセスやよく遭遇する問題点、サポート体制についても解説します。

この記事を通じて、座席管理システムの詳細とその利点、導入する際のポイントを深掘りし、皆さんの組織や会社にぴったりのシステムを見つけるお手伝いをしたいと思います。この情報が、オフィスの座席配置を見直し、働きやすい環境を作るきっかけになればと思います。

座席管理システム13選比較→

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 様々なデバイスから簡単に予約
  • 利用状況の見える化でリソースの有効活用
  • 座席稼働率を高める自動キャンセル機能

座席管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • シンプルで誰でも使いやすいアプリ
  • アプリをかざすだけの簡単なチェックイン
  • 座席の利用状況分析が可能

座席管理システム

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • PCやスマホ、大型モニタなどカラフルでどこからでも見やすい
  • 大型モニターで見える化、基本的な機能が無料で使える
  • 幅広い業種に対応、災害時の安否確認にも利用可能

座席管理システム

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • シンプルに在席&フリーアドレスの 座席管理ができる
  • 追加料金なしでカスタマーサクセスサポートも
  • 顔写真や連絡先の閲覧も可能、外部カレンダーとの連携も

座席管理システム

トライアル 無し
サポート チャット 

製品のおすすめポイント

  • 在席状況をひと目で確認できて、その場で確保も可能
  • 検索機能で誰がどこに座っているかがすぐにわかる
  • 座席の予約機能も搭載

座席管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 交通系ICカード・電子マネーの実績があるソニーの非接触IC技術で安心
  • 座席課金だから大人数でも低コストで運用可能
  • アプリ不要で手軽に導入、英語の画面表示にも対応

座席管理システム

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • いつ・どこからでも在席確認から予約まで、直感的な操作で完了
  • 会議室や社用車などの共用スペースにも活用可能、シングルサインオンも対応
  • 座席単位の定額料金だから、フリーアドレスオフィスに最適

座席管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • ワークスペースの可視化
  • 最短二週間で導入可能
  • データの分析と最適化

座席管理システム会議室予約システム

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • レポート機能をオフィスのPDCAに活用し、働き方を最適化
  • 手軽に、迅速に、低コストで導入できる
  • 社内コミュニケーションの促進機能が充実

座席管理システム会議室予約システム

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • スマホ・PCから座席や会議室の予約が可能
  • 直感的なMAPデザインで空き状況を確認可能
  • 座席・会議室の利用データを基にオフィスレイアウトの改善へ

座席管理システム会議室予約システム

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 分散や効率化ではたらきやすいオフィス環境づくり
  • 個人のはたらき方を大切にするチェックイン管理
  • データの可視化と分析

座席管理システム物品管理システム予約システム会議室予約システム勤怠管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • フリーアドレスやテレワークでどこにいるか分からない状況を簡単に可視化
  • 予定確認やアポ調整の時間を削減
  • アナログな資産/備品管理をアプリでスマートに工数削減
  • アナログな郵便物作業をDXでスマートに工数削減
  • 社内のあらゆる支払いをキャッシュレスに

座席管理システム予約システム会議室予約システム

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 空いている部屋が一目でわかり、会議室予約を効率化
  • 状況に応じた応答が自動ででき、会議室管理をスムーズになります
  • 拠点結合による会議室予約の課題を解決します

座席管理システムとは

座席管理システムは、オフィス環境の効率化と柔軟性を大きく向上させるツールです。このシステムを導入することで、従業員は事前に自分の席を予約でき、管理者はオフィススペースの使用状況をリアルタイムで把握できます。

ここでは、座席管理システムの基本概念と、それが企業や組織にもたらす具体的な利点について詳しく説明します。

座席管理システムでできること

座席管理システムを導入すると、従業員がオフィス内の席を効率的に予約し、利用できるようになります。このシステムは、フレキシブルな働き方を支援し、オフィスの運営効率を向上させるために不可欠です。

具体的には、以下のような機能を通じて、オフィス環境を最適化します。

  • 席の予約:従業員がオフィスに行く前に、好きな席を予約できます。
  • 利用状況の可視化:オフィスのどの席が使用中で、どの席が空いているかが一目でわかります。
  • 柔軟な働き方のサポート:リモートワークやフレックスタイム制など、多様な働き方をサポートします。

導入することで、従業員は自分の働き方に合わせて席を選べるようになり、管理者はオフィスの使用状況を効率的に把握し、必要に応じてスペースを調整できるようになります。これにより、オフィスのスペースを有効活用し、従業員の満足度と生産性の向上が期待できます。座席管理システムは、これらの機能を通じて、現代のオフィス環境における新たな働き方を実現する鍵になると言えるでしょう。

座席管理システムの主な機能5つ

座席管理システムは、オフィスの日常運営を効率化し、従業員の働きやすさを向上させる多様な機能を提供します。このセクションでは、座席管理システムの核となる5つの主要機能に焦点を当て、それぞれがどのようにオフィスの運営効率と従業員の満足度を高めるかを掘り下げていきます。

フロア図の登録

フロア図の登録は、座席管理システムの基礎となる機能です。この機能により、管理者はオフィスのフロアプランをシステムにアップロードし、具体的な座席配置を設定することが可能です。フロア図がシステムに登録されることで、次のようなメリットがあります。

  • 座席の視覚的管理:フロア図上で、どの席が空いているか、どの席が予約されているかが一目でわかります。
  • 効率的なスペース利用:実際のオフィスのレイアウトに基づいて席を配置し、空間を最大限に活用できます。
  • 変更への柔軟性:オフィスのレイアウトが変更された場合でも、フロア図を更新することで容易に対応できます。

フロア図をシステムに登録することは、座席管理の効率化だけでなく、従業員が自分の席を事前に把握し、オフィス内での移動をスムーズにするためにも重要です。この機能により、オフィス全体の運営がより柔軟に、そして効率的になります。フロア図の登録は、座席管理システムを最大限に活用するための第一歩と言えるでしょう。

席・会議室の予約

席と会議室の予約機能は、座席管理システムの中核をなすものです。従業員がオフィス内のスペースを事前に予約できるようにすることで、オフィスの利用効率を大幅に向上させます。この機能により得られる主なメリットは以下の通りです。

  • 確実なスペース確保:従業員は必要な時に、必要な場所を確保できるため、作業効率が上がります。
  • 衝突の防止:同じスペースに対する複数の予約を防ぎ、混乱を避けることができます。
  • 柔軟な働き方の促進:リモートワークやフレキシブルな勤務体系を採用している場合でも、オフィスのスペースを有効に利用することが可能です。

この機能を使用することで、従業員は自身のスケジュールに合わせて効率的にオフィススペースを利用することができます。また、管理者はオフィスの使用状況をリアルタイムで把握し、必要に応じて調整を行うことが可能です。席と会議室の予約機能は、現代の多様な働き方に対応するための強力なツールです。

チェックイン機能

チェックイン機能は、座席管理システムの中で特に重要な役割を果たします。従業員がオフィスに到着した際に、システム上で自分の席にチェックインすることで、実際に誰がオフィスに出勤しているかを正確に把握することが可能です。この機能がもたらすメリットには以下のようなものがあります。

  • 出勤状況のリアルタイム追跡:誰がオフィスにいるのか、またどの席にいるのかが一目で分かります。
  • 効率的なリソース配分:出勤している人数に応じて会議室の利用やその他のリソースを効率的に配分できます。
  • 安全管理の強化:緊急時に誰がオフィスにいるかを迅速に確認でき、安全管理を強化します。

この機能を利用することで、管理者はオフィスの使用状況を正確に把握し、従業員はより安全で快適な職場環境の中で働けます。チェックイン機能は、現代のオフィス運営において必要不可欠なツールとなり、オフィスの安全性と効率性を同時に向上させることが可能です。

出社状況のチェック

出社状況のチェックは、座席管理システムにおける重要な機能の一つです。この機能により、管理者はリアルタイムで従業員の出社状況を把握し、フレキシブルな働き方やリモートワークといった現代の労働環境に対応することが可能になります。出社状況のチェック機能が提供する主なメリットは次のとおりです。

  • 効率的な出勤管理:出社、リモートワーク、外出など、従業員の働き方を正確に把握できます。
  • 柔軟な人員配置:出社状況に基づいて、必要な部署やプロジェクトに人員を柔軟に配置できます。
  • 健康と安全の確保:特に現在のような健康を重視する時代において、出社する従業員の数を制限し、安全な職場環境を維持できます。

この機能を活用することで、企業は効率的な人員管理を実現し、従業員にとってより柔軟で健康的な働き方をサポートできます。出社状況のチェックは、現代の労働環境に適応し、従業員の満足度を高めるために欠かせない機能と言えるでしょう。

他システムとの連携

座席管理システムの効果を最大限に引き出すためには、他のシステムとの連携が欠かせません。この機能により、座席管理システムは企業内の既存のITインフラとシームレスに統合され、業務プロセスの効率化と自動化を実現します。主な連携ポイントは以下の通りです。

  • カレンダーシステムとの同期:従業員のスケジュール管理をより簡単に行えるようになります。
  • HRシステムとの統合:出勤情報を人事管理と連動させ、勤怠管理を自動化します。
  • 会議室予約システムとの連携:座席予約と同時に会議室の予約が可能になり、スペースの利用を最適化します。

これらの連携により、座席管理システムは単なる席の予約ツールを超え、企業の運営効率を大幅に向上させるプラットフォームへと進化します。従業員は日々の業務において必要な情報を一元的に管理・アクセスできるようになり、管理者はより細かいレベルでの労務管理やスペース利用の最適化を実現できます。他システムとの連携は、座席管理システムを次のレベルへと引き上げる鍵です。

座席管理システムの導入メリット4つ

座席管理システムを導入することは、現代のオフィス環境における効率性と柔軟性を大幅に向上させられます。このセクションでは、そのようなシステムを導入することで得られる主要な4つのメリットに焦点を当て、どのようにしてオフィス運営が改善されるのかを見ていきましょう。

スペースの利活用

座席管理システムの導入による最大のメリットの一つは、オフィススペースの利活用を最適化できることです。従来、オフィスの座席や会議室は固定されており、利用されないスペースが発生しやすい傾向にありました。しかし、座席管理システムを利用することで、次のような変化が見られます。

  • フレキシブルな座席配分:従業員が事前に席を予約できるため、必要に応じて座席を柔軟に割り当てられます。
  • 空きスペースの削減:リアルタイムでの座席使用状況の把握により、使用されていないスペースを減らすことが可能です。
  • 効率的な会議室利用:会議室の予約状況が一目でわかるため、無駄な予約を防ぎ、必要なときに必要な場所を確保できます。

このように、座席管理システムはオフィスのスペースを有効に活用することで、無駄を減らし、従業員の働きやすさを向上させる効果があります。スペースの利活用を通じて、オフィスの物理的な環境を最適化し、より生産的な職場を実現できるのです。

柔軟な働き方のサポート

座席管理システムの導入は、柔軟な働き方をサポートし、従業員のワークライフバランスの向上に貢献します。リモートワークやフレックスタイム制など、多様な働き方が広がる中で、オフィスの物理的なスペース管理を効率化することは、企業の生産性向上に直結します。

具体的には、座席管理システムが以下のようなメリットをもたらします。

  • 予約システムによる柔軟性:従業員は自分のスケジュールに合わせてオフィスの席を予約でき、出社と在宅勤務を自由に組み合わせることが可能になります。
  • 適切なリソース配分:出社する従業員数に基づき、オフィスのリソースを効率的に配分し、オーバーブッキングを防ぎます。
  • ワークライフバランスの促進:従業員は自身のライフスタイルに合わせた働き方を選択できるようになり、仕事と私生活のバランスをより良く取ることができます。

座席管理システムによるこれらのメリットは、従業員が自身の仕事により集中しやすくなる環境を提供します。これにより、企業全体の生産性の向上が期待できるのです。柔軟な働き方のサポートは、現代の職場における重要な要素であり、座席管理システムはその実現を助ける強力なツールとなります。

コミュニケーションの活性化

座席管理システムは、オフィス内のコミュニケーションを活性化させる効果も持っています。フレキシブルな座席配置により、従業員同士の交流が促進され、新たなアイデアや創造性の向上が期待できます。

このシステムがもたらすコミュニケーションの活性化に関する具体的なポイントは以下の通りです。

  • 異なる部門の交流促進:ランダムまたは計画的に異なる部門のメンバーが隣同士になるような座席配置を行うことで、部門間の壁を取り除き、多角的な視点からの意見交換が活発になります。
  • チームビルディングの機会増加:プロジェクトやタスクに応じて座席を変更することで、チームメンバー間の結束を強化し、協力しやすい環境を作り出します。
  • オープンなコミュニケーション空間の創出:座席の柔軟な変更が可能になることで、オープンでフラットなコミュニケーションが促され、従業員が意見やアイデアを自由に表現しやすくなります。

座席管理システムによるこれらの効果は、組織内の知識共有を促進し、従業員のエンゲージメントを高めることに寄与します。また、コミュニケーションの活性化は、組織全体のイノベーションを促進し、競争力の強化に繋がる重要な要素です。このように、座席管理システムは単に物理的なスペースの最適化を超え、組織文化の改善にも貢献するのです。

コスト削減

座席管理システムの導入は、オフィス運営のコスト削減にも大きく寄与します。不必要なオフィススペースの削減、エネルギー消費の最適化、そして資源の有効活用により、企業は経費を大幅に削減できます。

具体的には、以下のようなコスト削減効果が見込まれます。

  • オフィススペースの最適化:実際の出社率に基づいた座席配分を行うことで、使用されていないオフィススペースを減らし、レンタルスペースの削減や再配置が可能になります。
  • エネルギーコストの削減:出勤者数に応じた空調や照明の使用により、電力消費を効率化し、エネルギーコストを削減できます。
  • 資源の有効活用:座席の使用状況を把握することで、オフィス備品や設備の過剰な投資を避け、必要な分だけの購入や更新に留めることが可能です。

これらの効果により、座席管理システムは単に作業環境を改善するだけでなく、経済的な観点からも企業にメリットをもたらします。コスト削減は、特に資源を効率的に利用し、持続可能なビジネス運営を目指す企業にとって、重要な戦略的課題です。座席管理システムは、この課題を解決するための有効なツールとなるでしょう。

座席管理システムの選び方5つ

適切な座席管理システムを選択することは、企業の効率性と従業員の満足度を大きく向上させる鍵です。このセクションでは、最適なシステムを選ぶために重要な5つのポイントを紹介し、各企業が自身のニーズに最も合ったソリューションを見つけるためのガイドラインを提供します。

導入目的の確認

座席管理システムを選ぶ際の最初のステップは、導入の目的を明確にすることです。企業がこのシステムを導入する主な理由は多岐にわたりますが、自社の具体的なニーズを理解することが重要です。目的を明確にすることで、必要な機能を備えたシステムを選択できます。

導入目的を確認する際に考慮すべきポイントは以下の通りです。

  • 働き方の柔軟性向上:リモートワークやフレックスタイムを支援し、従業員のワークライフバランスを改善することが目的か。
  • オフィススペースの最適化:不必要なスペースを削減し、オフィス運営コストを下げることが目的か。
  • コミュニケーションと協力の促進:部門間やチーム内のコミュニケーションを活性化し、協力を促進することが目的か。

目的を明確にすることで、選択する座席管理システムが企業の目指す方向性に合致しているかを判断しやすくなります。さらに、将来的な拡張や機能追加の可能性も視野に入れることで、長期的な視点から最適なシステム選択が可能になります。このプロセスは、投資の最大化と効率的なオフィス運営の実現への第一歩と言えるでしょう。

求める機能を洗い出し

座席管理システムを選定する際に不可欠なのが、自社にとって必要な機能を明確にすることです。各企業の運営スタイルや従業員の働き方は異なるため、一つのシステムがすべての企業に合うわけではありません。

効率的な選定プロセスを実現するためには、以下のステップで求める機能を洗い出すことが重要です。

  1. 現状の業務プロセスの評価:現在直面している課題や不便を把握し、改善が必要な業務プロセスを特定します。
  2. 従業員からのフィードバック収集:実際にオフィスで働く従業員からの意見を聞き、彼らが必要とする機能について理解を深めます。
  3. 将来的なビジョンとの整合性確認:企業の将来的な目標や計画と合致する機能を備えたシステムを選ぶことで、長期的な視点での投資効果を高めます。

このプロセスを通じて、必要な機能が明確になると、市場にある多様なシステムの中から、自社のニーズに最適なものを選び出すことが可能になります。座席管理システムの機能は多岐にわたりますが、最終的には企業の具体的な要件と目的に合わせて選定することが最も重要です。このアプローチにより、投資対効果を最大限に高め、従業員の満足度向上にも貢献するシステムを導入できるでしょう。

互換性の確認

座席管理システム選定時に欠かせないポイントの一つが、既存のITインフラやソフトウェアとの互換性です。新しいシステムを導入する際、既に利用しているツールやシステムとスムーズに連携できなければ、業務の効率は向上しません。

正確な互換性の確認には、以下の手順を踏むことが重要です。

  • 既存システムのリストアップ:現在使用している全てのITツールやシステムをリストアップし、どのシステムと連携する必要があるかを明確にします。
  • 技術仕様の照合:選定候補の座席管理システムが、既存システムと技術的に互換性があるかを確認します。これには、APIの利用可能性やデータフォーマットの一致などが含まれます。
  • ベンダーへの確認:不明点があれば、システムのベンダーに直接確認を取ります。ベンダーが提供する技術サポートの質も、この段階で評価すると良いでしょう。

互換性の確認を怠ると、後になってから大規模な調整が必要になる場合があり、その結果、コストや時間の無駄につながりかねません。逆に、互換性を事前に確認しておくことで、導入後のスムーズな運用開始と長期的なシステムの安定稼働が期待できます。互換性は、座席管理システムを選定する上での重要な判断基準の一つであり、無視できない要素です。

セキュリティとプライバシー

セキュリティとプライバシーは、座席管理システムを選定する際に最も重要な検討事項の一つです。データ保護の観点から、従業員の個人情報や企業の機密情報を扱うシステムは、最高レベルのセキュリティ基準を満たしている必要があります。

セキュリティとプライバシーの確保に向けた主要なステップは以下の通りです。

  • データ暗号化:データが送受信される際の暗号化は基本中の基本。これにより、データが第三者によって傍受されたとしても、内容を解読されるリスクを最小限に抑えます。
  • アクセス制御:適切なアクセス権限の設定により、不正アクセスや情報の漏洩を防ぎます。従業員や管理者に応じたアクセスレベルを設けることが重要です。
  • 定期的なセキュリティチェック:システムのセキュリティ状態を常に最新の状態に保つために、定期的なセキュリティチェックとアップデートが必要です。

セキュリティとプライバシーに関するこれらの要素を確認することで、企業は従業員の信頼を維持し、リスクを管理することが可能です。また、データ保護法規制への準拠も確保でき、将来的な法的な問題から企業を守ることにも繋がります。座席管理システムを選ぶ際には、これらのセキュリティとプライバシーに関する基準を満たしているかをしっかりと確認することが、非常に重要です。

サポートの確認

座席管理システムを選ぶ際、提供されるサポートの質と範囲を確認することは極めて重要です。システム導入後、予期せぬトラブルや質問が生じたとき、迅速かつ的確なサポートが受けられるかどうかは、企業運営に大きな影響を与えます。

優れたサポートサービスは以下の特徴を持っています。

  • 多様なサポートチャネル:電話、メール、チャットなど、複数のサポートチャネルが用意されていることで、問題発生時にすぐに対応を求められます。
  • 迅速な対応:サポートのレスポンスタイムが明確にされており、迅速な対応が保証されていることは、トラブル時のストレスを大幅に軽減します。
  • 充実した資料提供:オンラインヘルプ、FAQ、チュートリアルビデオなど、自己解決を助ける豊富な資料が提供されていることも、選定の重要なポイントです。

これらのサポート体制を事前に確認することで、システム導入後の運用をスムーズに行えます。また、良質なサポートは、従業員の使い勝手や満足度を向上させるためにも不可欠です。システム選定時には、単に機能やコストだけでなく、提供されるサポートの質にも着目することが、長期的な成功への鍵となります。

座席管理システムの種類

市場には様々な座席管理システムが存在し、それぞれ異なる機能と特性を持っています。このセクションでは、座席管理システムの主要な種類を紹介し、各システムがどのようなニーズに最適なのかを探ります。適切なシステムを選択することで、企業は効率的なオフィス運営と従業員の満足度向上を実現できるでしょう。

多機能型

多機能型座席管理システムは、広範囲にわたるニーズに応えることを目的とした、包括的な機能を備えたシステムです。このタイプのシステムは、単に席の予約管理だけでなく、出社管理、スペース利用の分析、健康と安全の管理など、オフィス運営のさまざまな側面をサポートします。

主要な特徴は以下の通りです。

  • 広範な機能セット:予約システム、出勤状況の追跡、フロアプランの管理、分析ツールなど、複数の機能を一つのプラットフォームで提供します。
  • 高度なカスタマイズ性:企業の特定のニーズに合わせて、機能の追加やカスタマイズが可能です。
  • 統合性:他の企業システム(例えばHRシステムや施設管理システム)との統合が容易で、情報の一元管理を実現します。

多機能型システムは、特に大企業や複数のオフィスを持つ組織に適しています。これらの組織では、複雑なオフィス運営を効率化し、従業員の働きやすさを最大限に高めるために、多角的なアプローチが求められます。多機能型座席管理システムは、これらの要求に応えるために設計されており、オフィス環境を革新する強力なツールになると言えるでしょう。

特化型

特化型座席管理システムは、特定の機能やニーズにフォーカスを当てたシステムです。これらは、特に中小企業や特定の業務フローを持つ組織に最適なソリューションを提供することを目指しています。特化型システムの主な魅力は、ユーザーが直面する具体的な課題に対して、簡潔かつ効率的な解決策を提供することにあります。

このタイプのシステムが持つ特徴は以下の通りです。

  • シンプルな操作性:特定の機能に絞り込むことで、ユーザーインターフェイスがシンプルで直感的になります。
  • 迅速な導入:複雑な設定やカスタマイズが少ないため、導入期間が短く、迅速にシステムを運用開始できます。
  • コストパフォーマンス:必要最小限の機能に特化しているため、導入コストが抑えられ、小規模なオフィスやスタートアップ企業にとっても負担が少ないです。

特化型座席管理システムは、例えばリモートワークの管理、小規模オフィスの座席予約、特定の業種向けのカスタマイズなど、ニッチな需要に応えるために開発されています。これらのシステムは、大規模で複雑な機能を持つ多機能型システムよりも、特定の目的に対して高い効果を発揮することが可能です。企業が自身の運営スタイルやニーズに最適なシステムを選択する際には、このような特化型のオプションを検討することも一つの有効なアプローチと言えるでしょう。

導入する際の5つのステップ

座席管理システムの導入は、企業にとって大きな一歩です。このセクションでは、そのプロセスをスムーズに進めるための5つの重要なステップを解説します。計画から実行、そして評価に至るまで、各段階で何をすべきかを明確にし、成功へと導くための実践的なアドバイスを提供します。

座席管理システムを選ぶ

座席管理システムを選定する際の最初のステップは、市場で利用可能なオプションを広く調査し、自社のニーズに最適なシステムを見つけることです。この過程では、システムの機能性・利便性・コスト・サポート体制など、複数の要素を考慮する必要があります。

選択プロセスを効率化するためには、次のアプローチが有効です。

  • ニーズと優先順位の明確化:自社の具体的なニーズとそれに対する優先順位をリストアップします。
  • 市場調査:広範囲にわたる市場調査を行い、利用可能なシステムのオプションを収集します。
  • 比較と評価:収集した情報を基に、機能、コスト、ユーザーレビューなどの観点から比較し、最も適したシステムを選定します。

このステップは、後の導入プロセスの基盤となるため、時間をかけて慎重に行うことが重要です。適切なシステムを選択することで、導入後の満足度を高め、長期的に見ても最大の効果を得られます。システム選定は、企業の働き方改革や効率化への第一歩となります。

予算確認と社内承認

座席管理システムの導入を成功させるためには、予算の確認と社内での承認プロセスを丁寧に進めることが必要です。このステップでは、プロジェクトの費用対効果を評価し、予算内で最大の価値を提供するシステムを選定します。

この過程で重要となるポイントは以下の通りです。

  • 予算の設定: 導入コストだけでなく、運用コストも含めた総コストを見積もり、実現可能な予算範囲を設定します。
  • 費用対効果の分析: 予算内で検討しているシステムが、投資に見合うだけの効果をもたらすかどうかを評価します。
  • 社内プレゼンテーション: プロジェクトの意義、予算案、期待される効果をまとめ、経営層や関連部門の承認を得るためのプレゼンテーションを行います。

このプロセスを通じて、プロジェクトの目的と予算が社内の関係者に明確に伝わり、必要な支援や協力を得やすくなります。また、事前に予算と期待される効果をしっかりと検討しておくことで、導入後の成果測定にも役立ちます。予算確認と社内承認は、プロジェクトをスムーズに進めるための重要なステップであり、座席管理システムの導入における成功の鍵を握っていると言えるでしょう。

社内コミュニケーション・広報活動

座席管理システムの導入は、ただ技術を導入するだけではなく、変化を伴うプロジェクトです。この変化を社内にスムーズに受け入れてもらうためには、効果的なコミュニケーションと広報活動が不可欠です。

このステージでは、以下のアプローチが推奨されます。

  • 情報共有の場の設定:全社員が参加できる会議やワークショップを定期的に開催し、導入プロジェクトの目的、プロセス、期待される効果について共有します。
  • FAQセクションの準備:従業員からの疑問や懸念に対して迅速に回答できるよう、よくある質問とその回答をまとめた資料やウェブページを用意します。
  • フィードバックの収集と対応:従業員からのフィードバックを積極的に収集し、それに基づいて必要な情報の更新や追加の説明会を実施します。

このコミュニケーションと広報活動によって、従業員はシステム導入の意義を理解し、プロジェクトに対する不安を解消できます。また、従業員が変化をポジティブに捉え、新しいシステムを積極的に受け入れる土壌が作られます。効果的な社内コミュニケーションは、座席管理システム導入プロジェクトの成功に向けた重要なステップです。

システムのカスタマイズとテスト

座席管理システム導入の際、システムのカスタマイズとテストは非常に重要なステップになります。このフェーズでは、自社の具体的なニーズに合わせてシステムを調整し、問題がないことを確認することが目的です。

適切に実施するためには、以下の点に注目することが推奨されます。

  • カスタマイズの計画: 最初に、必要な機能や特定の要件を明確にし、それに基づいてシステムのカスタマイズ計画を立てます。これには、利用するフロアプランの設定、席の予約ルール、ユーザー権限の設定などが含まれる場合があります。
  • テストの実施: カスタマイズが完了したら、実際のオフィス環境に近い条件でシステムのテストを行います。このテストでは、システムが正しく機能するか、ユーザーが直面する可能性のある問題を特定し、解決策を見つけることが重要です。
  • フィードバックの収集と改善: テスト過程で収集したフィードバックをもとに、システムの改善点を特定し、必要に応じてさらなるカスタマイズを行います。

このプロセスを通じて、システムが企業の運営に最適な形でフィットするようになります。システムのカスタマイズとテストを慎重に行うことで、導入後のトラブルを最小限に抑え、従業員が新しいシステムをスムーズに使い始められるようになります。最終的に、このステップは、システム導入の成功を左右する重要な要素です。

ローンチとフィードバック

座席管理システムのローンチは、計画的な導入プロセスの最終段階を表し、このフェーズはシステムを実運用に移行するための重要なステップとなります。ローンチ成功の鍵は、従業員への周知徹底と初期フィードバックの活用にあります。具体的には以下のアプローチが効果的です。

  • 徹底した事前通知: ローンチ日を明確にし、システムの使用開始に向けて従業員に事前に通知します。これには、使用方法の説明会やトレーニングセッションの実施も含まれます。
  • ローンチサポートの体制: 初日からスムーズな運用をサポートするため、質問に答えたり、トラブルシューティングを提供したりする専門チームを準備します。
  • アクティブなフィードバックの収集と対応: ローンチ後、従業員からのフィードバックを積極的に収集し、問題点や改善の提案に迅速に対応します。これには、アンケートの配布やフィードバックミーティングの開催が有効です。

ローンチとフィードバックのプロセスを通じて、座席管理システムの使用が促進され、初期の課題を迅速に解決できます。また、従業員の実体験に基づいた改善が行われることで、システムの利便性と効率性が向上し、最終的には組織全体の生産性の向上に貢献します。この段階を丁寧に実施することで、システム導入の成功が確実なものとなります。

導入時のよくあるトラブル

座席管理システムの導入過程では、様々なトラブルが発生する可能性があります。このセクションでは、導入時によくあるトラブルとその対処法に焦点を当て、事前に問題を回避するための具体的なアドバイスを提供します。

適切な準備と対応策を知ることで、スムーズな導入を実現し、トラブルの影響を最小限に抑えることが可能です。

機能的な問題

座席管理システムを導入する際に遭遇する可能性がある一般的なトラブルの一つは、機能的な問題です。これらは、システムが期待通りに機能しない、または特定のニーズに合わない場合に発生します。

このような問題に効果的に対処するためには、以下のステップを踏むことが重要です。

  • 事前の詳細なニーズ分析: 導入前に徹底したニーズ分析を行い、求める機能がシステムに含まれていることを確認します。
  • パイロットテストの実施: 実際の業務環境でシステムをテストし、必要な調整を特定します。
  • サプライヤーとの連携: 発生した問題に対して、システムのサプライヤーと密接に連携し、迅速な解決を図ります。

これらの対策により、導入後に機能的な問題が発生した場合でも、迅速に対応し、システムの効果を最大限に引き出すことが可能です。機能的な問題には、予期せぬ挑戦が伴うこともありますが、適切な計画とサポート体制を備えることで、これらの問題を克服できます。

周知不足

座席管理システムの導入において、従業員や関係者間での周知不足は、トラブルの一因となることがあります。システムの利用方法や導入の目的が十分に伝わっていない場合、抵抗感や誤解が生じ、スムーズな運用開始に支障をきたす可能性があります。

この問題を避けるためには、以下のような取り組みが有効です。

  • 包括的な情報提供: 導入前に、システムの目的、利用方法、期待される効果について、詳細な情報を提供します。
  • 継続的なコミュニケーション: 導入プロセスを通じて、定期的な更新情報を共有し、従業員からの質問に対して迅速に回答します。
  • トレーニングの実施: 従業員がシステムを効果的に利用できるよう、実践的なトレーニングセッションを提供します。

周知の徹底に努めることで、従業員は新しいシステムに対する理解を深め、導入後の移行期間をスムーズに過ごすことができます。また、従業員がシステムの利用に積極的になることで、期待される効果を早期に実現することが可能になります。周知不足を解消するためのこれらのステップは、座席管理システム導入の成功に不可欠です。

予算の超過

座席管理システムの導入プロジェクトでは、予算の超過がよくある問題として挙げられます。予想外のコストが発生すると、プロジェクト全体の遅延や品質の低下につながる恐れがあるため、予算管理は非常に重要です。

この問題を回避するためには、以下の対策を講じることをおすすめします。

  • 詳細な予算計画の策定: 導入コストだけでなく、運用開始後の維持費用も含めた全体的な予算計画を事前に策定します。
  • 余裕を持った予算設定: 予期せぬ出費に対応できるよう、予算には余裕を持たせることが重要です。
  • 定期的な予算レビュー: プロジェクト進行中は、定期的に予算の使用状況をレビューし、超過の兆候が見られた場合は早急に対応策を講じます。

これらの対策を実施することで、予算の超過を未然に防ぎ、プロジェクトを計画通りに進めることが可能になります。予算管理はプロジェクト管理の基本であり、特に新しいシステムの導入においては、成功の鍵を握る要素の一つです。

管理の問題

座席管理システムを導入する過程で遭遇する可能性のあるもう一つのトラブルは、管理の問題です。システムの導入が完了した後、効果的な運用と維持管理が不可欠ですが、これらが不十分な場合、システムの利用が期待通りに進まないことがあります。

管理の問題を避けるためには、次のような対策を講じることが効果的です。

  • 明確な運用ガイドラインの策定: システムの管理者やユーザーが遵守すべき運用ルールやプロトコルを明確にします。
  • 適切な管理者の選定: システムの運用を担当する管理者を適切に選定し、必要なトレーニングを提供することで、システムの維持管理能力を確保します。
  • 定期的なレビューとフィードバックの活用: 定期的にシステムの使用状況をレビューし、ユーザーからのフィードバックを収集して、継続的な改善につなげます。

これらの対策により、座席管理システムは適切に管理され、長期にわたってその効果を発揮し続けます。管理の問題に積極的に取り組むことで、システム導入の目的を達成し、従業員の働きやすい環境を維持できます。適切な管理体制は、導入したシステムを最大限に活用するための鍵となるでしょう。

導入後のサポート体制

座席管理システムの導入後は、サポート体制がその成功を左右する重要な要素です。このセクションでは、導入後における効果的なサポート体制の構築と維持に焦点を当てます。サポート体制を整えることで、システムの持続的な運用と従業員の利便性の向上を実現し、投資の価値を最大限に引き出すことができます。

技術面のサポート

座席管理システムを導入した後、技術的な問題や疑問が発生することは避けられません。これらに迅速かつ効果的に対応するためには、充実した技術面のサポート体制が必要です。

適切なサポート体制を構築するには、以下の点を考慮することが重要となります。

  • アクセスしやすいサポートデスク: ユーザーが問題発生時に簡単にアクセスできるサポートデスクの設置。これには、電話、メール、チャットなど、複数の連絡手段を用意します。
  • 迅速な問題解決: 問題が発生した場合、ユーザーがすぐに解決策を得られるように、迅速な対応を心がけます。これには、問題のトラッキングシステムやエスカレーションプロセスの整備も含まれます。
  • 定期的なアップデートとメンテナンス: システムを最新の状態に保ち、セキュリティを強化するため、定期的なソフトウェアアップデートとメンテナンスを実施します。

これらの対策により、座席管理システムの利用者は、システムに関する技術的な問題や疑問が生じた際に、適切な支援を受けられるようになります。充実した技術面のサポート体制は、システムの安定稼働と利用者の満足度向上に不可欠です。

新人・中途社員への教育

座席管理システムの成功は、従業員がシステムを適切に利用できるかどうかに大きく依存します。特に新入社員や中途入社の社員にとって、システムの効率的な使用方法を理解することは、スムーズな職場への適応に不可欠です。

効果的な教育プログラムを実施するためには、次の点を考慮することが重要です。

  • 包括的なオリエンテーション: 新入社員や中途入社の社員を対象に、座席管理システムの目的、機能、利用方法についての包括的なオリエンテーションを実施します。
  • 実践的なトレーニング: システムの使い方を理解するために、実際にシステムを使用したトレーニングを提供します。これにより、理論だけでなく実践的な知識も身につけることができます。
  • 継続的なフォローアップ: 初期の教育だけでなく、定期的なフォローアップやQ&Aセッションを通じて、従業員からの疑問に答え、使用上の問題を解決します。

これらの取り組みにより、新人や中途社員も含めた全従業員が座席管理システムを効果的に利用できるようになり、職場全体の生産性と満足度が向上します。従業員教育は、導入した技術のポテンシャルを最大限に引き出すために、非常に重要なプロセスです。

定期的なメンテナンス

座席管理システムの導入後、システムの長期的な安定稼働を確保するためには、定期的なメンテナンスが不可欠です。このメンテナンスには、システムのアップデート、バグ修正、性能の最適化などが含まれ、トラブルの予防とシステムの機能向上に寄与します。

効果的なメンテナンス計画を立てるためには、以下のようなステップを踏むことをおすすめします。

  • メンテナンススケジュールの策定: システムの稼働に影響を与えない時間帯を選定し、定期的なメンテナンスのスケジュールを策定します。
  • 事前の通知: メンテナンスを行うことによる影響を最小限に抑えるために、実施日時と予想される影響を事前に全従業員に通知します。
  • メンテナンス後の確認: メンテナンス作業の完了後、システムが正常に機能しているかを確認し、必要に応じて追加の調整を行います。

これらの対策により、座席管理システムは常に最良の状態で運用され、従業員がシステムをスムーズに使用できるようになります。定期的なメンテナンスは、システムの寿命を延ばし、投資の回収率を高めるためにも、重要なプロセスと言えるでしょう。

まとめ

座席管理システムの導入は、現代のオフィス環境において、効率性、柔軟性、そして従業員満足度を向上させるための重要なステップです。この記事を通じて、座席管理システムの基本概念から、その主な機能、導入メリット、選び方、さらには種類やおすすめのシステム選定に至るまで、幅広くカバーしました。また、導入の際に直面する可能性のあるトラブルと、その解決策についても触れ、導入後のサポート体制の重要性についても述べました。
成功への鍵は、自社のニーズを正確に理解し、それに最適なシステムを選択することにあります。また、導入プロセスにおいては、社内コミュニケーションと従業員への十分な教育が不可欠です。そして、導入後も定期的なメンテナンスとサポート体制の確立が、システムの長期的な成功を保証します。

最終的に、適切に選定され、効果的に導入された座席管理システムは、企業の運営を大きく改善するだけでなく、従業員の働きがいと効率を向上させる貴重な資産となります。このガイドが、あなたの企業が最適な座席管理システムを選択し、成功に導く一助となれば幸いです。

【おすすめ】座席管理システム13選比較→

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 様々なデバイスから簡単に予約
  • 利用状況の見える化でリソースの有効活用
  • 座席稼働率を高める自動キャンセル機能

座席管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • シンプルで誰でも使いやすいアプリ
  • アプリをかざすだけの簡単なチェックイン
  • 座席の利用状況分析が可能

座席管理システム

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • PCやスマホ、大型モニタなどカラフルでどこからでも見やすい
  • 大型モニターで見える化、基本的な機能が無料で使える
  • 幅広い業種に対応、災害時の安否確認にも利用可能

座席管理システム

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • シンプルに在席&フリーアドレスの 座席管理ができる
  • 追加料金なしでカスタマーサクセスサポートも
  • 顔写真や連絡先の閲覧も可能、外部カレンダーとの連携も

座席管理システム

トライアル 無し
サポート チャット 

製品のおすすめポイント

  • 在席状況をひと目で確認できて、その場で確保も可能
  • 検索機能で誰がどこに座っているかがすぐにわかる
  • 座席の予約機能も搭載

座席管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 交通系ICカード・電子マネーの実績があるソニーの非接触IC技術で安心
  • 座席課金だから大人数でも低コストで運用可能
  • アプリ不要で手軽に導入、英語の画面表示にも対応

座席管理システム

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • いつ・どこからでも在席確認から予約まで、直感的な操作で完了
  • 会議室や社用車などの共用スペースにも活用可能、シングルサインオンも対応
  • 座席単位の定額料金だから、フリーアドレスオフィスに最適

座席管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • ワークスペースの可視化
  • 最短二週間で導入可能
  • データの分析と最適化

座席管理システム会議室予約システム

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • レポート機能をオフィスのPDCAに活用し、働き方を最適化
  • 手軽に、迅速に、低コストで導入できる
  • 社内コミュニケーションの促進機能が充実

座席管理システム会議室予約システム

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • スマホ・PCから座席や会議室の予約が可能
  • 直感的なMAPデザインで空き状況を確認可能
  • 座席・会議室の利用データを基にオフィスレイアウトの改善へ

座席管理システム会議室予約システム

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 分散や効率化ではたらきやすいオフィス環境づくり
  • 個人のはたらき方を大切にするチェックイン管理
  • データの可視化と分析

座席管理システム物品管理システム予約システム会議室予約システム勤怠管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • フリーアドレスやテレワークでどこにいるか分からない状況を簡単に可視化
  • 予定確認やアポ調整の時間を削減
  • アナログな資産/備品管理をアプリでスマートに工数削減
  • アナログな郵便物作業をDXでスマートに工数削減
  • 社内のあらゆる支払いをキャッシュレスに

座席管理システム予約システム会議室予約システム

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 空いている部屋が一目でわかり、会議室予約を効率化
  • 状況に応じた応答が自動ででき、会議室管理をスムーズになります
  • 拠点結合による会議室予約の課題を解決します

このカテゴリーの導入事例

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

このカテゴリーの導入事例

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1586件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる