Menu
Close

まるらくオフィスの導入事例

最終更新日: 2022/03/07

旅行・宿泊・飲食 1-5名

情報システム VPN

外部からのセキュリティを高めたい 内部のセキュリティを高めたい テレワーク対応したい 社内資産を一元管理したい

来店者向けWi-Fi環境の導入により、 満足度が向上し、来客数・リピート率が上昇

※出典:居酒屋一生様|導入事例|法人のお客さま|NTT東日本

この事例のポイント

  • Wi-Fi環境の提供して、メニューや接客以外の面からも顧客満足度を高めたい
  • 大容量のデータ通信も快適に利用できる「まるらくオフィス」の導入を決定した
  • 無料で使えるWi-Fi環境を用意でき、顧客満足度やリピート率を向上できた

今回導入した製品

VPN

まるらくオフィス

東日本電信電話株式会社

VPN

まるらくオフィス

東日本電信電話株式会社

東日本電信電話株式会社のまるらくオフィスはVPN構築が装備されていてICT環境全般の導入やサポートが可能なソリューションとなります。ICT環境を構築する場合は、便利な機能やサービスを簡単に一括導入できビジネスの成長を見据えたスモールスタートが可能です。すでにICT環境を構築済みの場合は、宅内調査でオフィスのICT環境を調査・診断しレポートで可視化することでスムーズに移行することができます。クラウドにまとめて管理することが可能です。

  • 65拠点を同一ネットワークに、クラウド管理で操作も簡単
  • サービスだけではなくICT全般の相談も可能
  • 通信の制御でセキュアなネットワーク構築
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 ファイアウォール ウィルスプロテクション Webアクセスセキュリティ対策 拠点間VPN 
推奨環境 なし 
サポート 電話 
トライアル 無し
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
製造 医療・化学 旅行・宿泊・飲食
よく導入している企業の規模
21名-50名 1-5名 301名-1,000名

この製品の導入事例掲載数4

この製品の導入事例を見る

導入した製品のカテゴリ

VPN

近年、テレワークの促進によって社外からのアクセスが増えています。しかし、無料・公衆Wi-Fiなどを利用することによって、情報漏洩などのセキュリティ面における危険性があることも事実です。そこで、情報セキュリティ対策の1つとして『VPN』が注目されています。VPNは企業の拠点間を専用線で接続するのではなく、仮想的な専門ネットワークで接続する方法です。しかし、種類やオプションが多すぎたり、運用や管理が複雑であったりと煩わしいポイントもあります。そこで、本記事ではVPN製品選びを失敗しないために、VPN製品の仕組みから種類と選び方、各製品の比較と導入の注意点を説明します。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

まるらくオフィス

東日本電信電話株式会社

  • 65拠点を同一ネットワークに、クラウド管理で操作も簡単
  • サービスだけではなくICT全般の相談も可能
  • 通信の制御でセキュアなネットワーク構築

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る