Menu
Close

無料のMAツール3選を比較|有料との違いや無料ツールの主な機能と選び方を解説

目次

この記事では、無料で使えるMAツールに焦点を当て、導入目的、主な機能、メリット・デメリット、選び方、導入手順、注意点などを詳しく解説します。ビジネスパーソンが求める情報をわかりやすく伝え、無料版のMAツールを活用する際のポイントをご紹介します。

 MAツールとは?無料で利用できる意味と導入目的

MAツールの基本的な定義と概要

マーケティングオートメーション(MA)ツールは、デジタルマーケティングにおいて、自動化されたプロセスを活用して顧客との関係構築を支援するツールです。メールキャンペーンやソーシャルメディア投稿など、さまざまな活動を効率化し、ターゲットオーディエンスに個別対応することができます。

ビジネスにおけるMAツールの重要性と導入目的

MAツールは、競争が激化するビジネス環境において、効果的なマーケティング活動を実現する上で不可欠です。導入目的は、リードジェネレーション、顧客ロイヤリティ向上、セグメント化に基づくターゲティングなど、効果的なマーケティング施策を実現することにあります。

メリット:広告効果の向上、顧客の個別対応、効率的なリードジェネレーション

MAツールの導入により、ターゲットオーディエンスに適切なメッセージを届けることで広告効果が向上します。また、個別顧客に合わせたカスタマイズされたコンテンツを提供できるため、顧客の満足度が高まります。さらに、自動化されたリードジェネレーションにより、新規顧客の獲得が効率的に行えるでしょう。

デメリット:機能制限、データセキュリティの懸念、カスタマーサポートの問題

無料版のMAツールは、有料版と比較して機能に制限がある場合があります。また、データセキュリティについて懸念がある場合もありますので、情報漏洩に対する対策が必要です。さらに、無料版ではカスタマーサポートのレベルが低いこともあり、問題解決に時間がかかることがあります。

無料で使えるMAツールの主な機能と選び方

主要なMAツールの機能比較

無料で利用できるMAツールには様々な機能がありますが、それらを比較することで最適な選択が可能となります。メールマーケティング機能の有無や使いやすさ、ソーシャルメディア連携の可否、レポーティング機能の精度など、ビジネスのニーズに合った機能を重点的にチェックしましょう。

メールマーケティング機能の有無と使いやすさ

MAツールの主要機能として、メールマーケティングが挙げられます。無料版でも効果的なメールキャンペーンを行えるかどうか、また、テンプレートの種類やカスタマイズの容易さも重要なポイントです。

ソーシャルメディア連携の可否と拡張性

ソーシャルメディアは重要なマーケティングチャネルとなっています。無料のMAツールがソーシャルメディアと連携できるか、また、どれくらいのプラットフォームをサポートしているかを確認しましょう。将来的な拡張性も考慮して選択しましょう。

レポーティング機能とデータ分析の精度

効果的なマーケティング活動を行うためには、正確なデータ分析が不可欠です。無料のMAツールが提供するレポーティング機能の精度や詳細度を確認し、マーケティング戦略の改善に役立てることが重要です。

無料版と有料版の違いと注意点

無料版と有料版の違いを理解することで、適切な選択を行いましょう。機能制限や利用可能なデータ容量、カスタマーサポートの違いなどを把握し、無料版の制約に対する認識を持つことが大切です。将来的なビジネス拡大を考慮して、必要なら有料版への移行も検討しましょう。

ビジネスニーズに合ったMAツールの選び方とポイント

最終的な選択は、ビジネスニーズに合ったMAツールを見極めることが重要です。具体的なビジネス目標や予算、必要な機能、スケーラビリティなどを考慮し、導入するツールを決定しましょう。無料版のMAツールで始め、成果が出たら有料版への移行も視野に入れながら慎重に選択しましょう。

無料で使えるMAツールの導入手順と注意点

導入前の準備と確認事項

無料で使えるMAツールの導入にあたっては、事前の準備と確認が重要です。データのバックアップと移行計画を立て、現行システムとの互換性を確認しましょう。また、導入後に必要なデータや情報を整理しておくことも忘れずに行いましょう。

データのバックアップと移行の計画

重要なデータや顧客情報は慎重に扱い、導入前にバックアップを取得しておくことで、万が一のトラブルに備えます。また、データの移行手順を具体的に計画し、スムーズな移行を行いましょう。

システム要件と互換性の確認

無料のMAツールを導入する前に、自社のシステム要件とツールの互換性を確認しましょう。動作に必要な環境やプラットフォームに適合していることを確認することが重要です。

無料版の申し込み方法と手続き

選んだ無料のMAツールの公式ウェブサイトにアクセスし、無料版の申し込み手続きを行います。通常、メールアドレスや企業情報などを提供し、アカウントを作成します。登録が完了すると、無料版の使用が開始されます。

初期設定と基本的な使い方のガイド

アカウントを作成したら、初期設定と基本的な使い方のガイドを参考に、ツールをカスタマイズしていきましょう。メール配信リストの作成やセグメント化、ソーシャルメディアとの連携設定などを行います。

ユーザーアカウントの作成と設定

個々のユーザーアカウントを作成し、権限を設定します。必要な権限を与えることで、複数の担当者がスムーズに業務を進めることができます。

メール配信リストの作成とセグメント化

顧客リストをインポートし、ターゲットオーディエンスをセグメント化します。興味関心や購買履歴などに基づいてセグメント化を行い、よりターゲティングされたメッセージを届けることができます。

注意すべきポイントとトラブルシューティング

無料のMAツールを使用する際には、注意すべきポイントもあります。特に、メールスパム対策に十分注意し、法令や規制に違反しないようにしましょう。また、トラブルが発生した場合には、公式サポートやコミュニティフォーラムを活用して問題解決に取り組みましょう。

無料で使えるMAツール3選

BowNow

クラウドサーカス株式会社のBowNowは、ユーザーの行動を可視化し、効率的に顧客にアプローチできるようになるMAツールです。導入実績は7,500社を突破し、継続率は98.4%を記録。無料での利用も可能で、基本的な企業ログ機能などを自由に使えます。見込み客を収集、判別し、有益な情報を配信。検討タイミングを逃さずに、効率よく商談を創出できるようになります。

BowNowの製品詳細はこちら

List Finder

株式会社Innovation &ampのList Finderは、誰でも無理なく簡単い使えるMAツール(マーケティングオートメーション)です。BtoB企業に特化しており、導入実績は1,600アカウントを突破しています。IPアドレスと法人データを独自にデータベース化しており、サイトを訪れた企業名が判明します。List Finderで計測された解析データは2年間保存され、計測ページの制限なく使えることが特徴です。

List Finderの製品詳細はこちら

Hubspot Marketing hub

HubSpotのHubspot Marketing hubは、適切なオーディエンスをひきつけ、訪問者を顧客へと転換、包括的なキャンペーンを広く展開することが可能なMAツール(マーケティングオートメーションソフトウェア)です。包括的なキャンペーンを広く展開するために役立ちます。ニーズに応じて0円から利用でき、DeNAやHIS、Sansanなど、幅広い大企業から中小企業まで利用されているしんらいのあるソフトです。

Hubspot Marketing hubの製品詳細はこちら

「MAツール」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • リード管理
    • LP作成
    • SNS管理
    • アクセス解析
    • メール配信
    • オートメーション
    • フォーム作成
    • リードナーチャリング
    • チャットボット
    • SEO機能
    • 名刺管理
    • イベント管理
    • 外部連携
    • SFA機能
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
価格 別途お問い合わせ
制限なし
ホットプロファイルの資料サムネイル
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
利用期間の最低制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 50,000円~
エントリー 48,000円/月額
備考
メール、LINE、WEBプッシュ、SMSなどコミュニケーションは別途従量課金でかかります。
ログストレージ 6,000円/月額
備考
メール、LINE、WEBプッシュ、SMSなどコミュニケーションは別途従量課金でかかります。
6ヶ月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
Growth 150,000円/月額
Plus 300,000円/月額
Advanced 480,000円/月額
Premium 1,800,000円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 20,000円
ライトコース 月額利用料 20,000円~/月額
スタンダードコース 月額利用料 50,000円~/月額
制限なし
なし 
電話 / メール / チャット /
初期費用 200,000円
基本料 50,000円〜/月額
備考
1アカウントにつき1,000円/月額 が別途かかります。アカウント数5個以上が必須です。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
月額費用 20万
備考
初期費用として、別途200万かかります
Basicプラン 要問い合わせ
Standardプラン 要問い合わせ
Enterpriseプラン 要問い合わせ
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
Select データベースサイズにより価格が変動
備考
基本的なマーケティングオートメーションと効果測定が可能です。
Prime データベースサイズにより価格が変動
備考
リード管理とABM、カスタマージャーニーの分析、AIによるパーソナライゼーションができます。
Ultimate データベースサイズにより価格が変動
備考
包括的で強力なオートメーション機能とアトリビューション機能があります。
Enterprise データベースサイズにより価格が変動
備考
最大のスケーラビリティと柔軟性があります。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 300,000円
リード登録件数〜50,000件 100,000円/月額
リード登録件数〜1,000,000件 2,000,000円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
1ID 10,000円/月額
伴走コンサルティング+運用代行 250,000円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
START 180,000円~/月額
備考
初期ライセンス費用500,000円です。
PRO 375,000円~/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
月額費用 10万円~/月額
備考
カスタマー上限5万件までです。詳細については別途お見積りです。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
フォーム 15,000円~/月額
備考
セミナー管理や見込顧客の獲得を簡単にできます。
メール 30,000円~/月額
備考
SFA/CRMとメール配信を統合、Salesforceでメールマーケティングが可能です。
Webトラッキング 10,000円/月額
備考
「誰が」「いつ」「どのページ」を閲覧しているかをサイトを訪問するたびに取得し、Salesforceに反映します。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
スタートプラン 5,000円(税込)/月額
ベーシックプラン 39,800円(税込)/月額
プレミアムプラン 69,800円(税込)/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
フリー 0円/月額
備考
PV数~50,000まで。PV超過後は情報が取得出来なくなります。
エントリー 5,000円/月額
備考
PV数~50,000まで。PV超過後は別途費用が発生します。
ライト 20,000円/月額
備考
PV数~50,000まで。PV超過後は別途費用が発生します。
スタンダード 30,000円/月額
備考
PV数~50,000まで。PV超過後は別途費用が発生します。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
ライト 39,800円/月額
備考
企業解析や個人解析といった基本的な機能が使えます。
スタンダード 59,800円/月額
備考
セミナーページ作成、企業属性付与lPDF閲覧解析、フォーム作成ができます。
プレミアム 79,800円/月額
備考
Salesforce連携と、シナリオ設定が可能です。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
無料版 0円/月額
備考
Eメールマーケティングやランディングページが可能です。
Starter 5,400円~/月額
備考
リターゲティングや広告ランディングページのレポートが可能です。
Professional 96,000円~/月額
備考
マーケティングオートメーションやソーシャルメディアが可能です。
Enterprise 384,000円~/月額
備考
適応型テストや予測リードスコアリングが可能です。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
価格 100,000円~/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 300,000円
月額費用 148,000/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

MAツール18選を紹介

名刺管理ソフトSFAMAツール顧客管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 営業支援ツールの組み合わせより低コストを実現可能
  • 顧客画面を1画面に集約し、営業活動を支援
  • 高い拡張性と盤石なセキュリティにより安心して利用できる
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • わかりやすいUIやテンプレートを活用して、簡単に配信・レポーティングが可能
  • 柔軟なモバイルアプリ連携で、MA施策における行動データの利用や配信が可能
  • 導入前から導入後まで、様々な場面で専任チームからのサポートを受けられる
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • BtoBや不動産・住宅販売のマーケティング向けプラン「XD.TARGET」
  • 離脱候補者を特定するEC向けの「XD.COMMERCE」
  • 「Shopify連携アプリ」の導入で、フォロー施策を進化
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 高度な分析情報でホットな見込み客を獲得できます
  • 営業スタイルの新しいスタンダードでお客様とより深くつながる
  • 見込み客の反応や行動を把握し、 適切なタイミングでアプローチ
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • かんたんに始められ、かんたんに続けられる
  • 安心システム環境と強固なセキュリティ対策、直感的な操作でWebサイトが構築できる
  • テンプレートを使って、手軽にHTMLメールが作成できる

MAツール顧客管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • インサイドセールスなど新規見込顧客の獲得に特化
  • アウトバンドセールスの電話営業支援に最適
  • 充実したオプション機能のカスタマイズが可能
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 使いやすいインターフェイスと操作性で導入のハードルが低い
  • SFAやCRMなしでも営業部門と連携がとれる
  • 安心・安全のサポート体制で365日対応できる
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 購買プロセスに応じたナーチャリングと、顧客に対するパーソナライズ
  • ホッとリードを可視化し、営業と連携。マーケティング業務の自動化も
  • 外部システムと連携する高い拡張性、エンジニアの手厚いサポート

MAツール顧客管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 顧客に対して適切なページを自動で判別して表示
  • 既存サイトのどこでも設置できる高性能フォームを搭載
  • 顧客情報をシステムが記憶、メールやSMS、ポストなどアプローチ
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • i:Salesの導入で、本当に人が実施すべきアポイントや商談に集中
  • 伴走してくれるサポートによって、営業DXを推進
  • i:Salesを導入し見込み客にたいして適切なアプローチが可能に
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 顧客ニーズを予測するためのMAツールで、顧客とマーケターの関係を構築
  • 複雑化した顧客とのコミュニケーションに適切なソリューションを提供
  • 150名以上のデータサイエンティストがおり、1,000社以上をサポートした経験
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 直観的に使いやすいインターフェースでデザインされている
  • 多様な配信チャンネルで幅広く、きめ細やかに顧客にアプローチ
  • 見込顧客の発見から営業まで、ワンストップで事業を行える
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • MAツールに必要な基本的な機能が揃っている
  • Salesforceのオリジナル機能を使い、業務を効率的に
  • BtoBマーケターにとって使いやすく、サポートも充実

LINEマーケティングMAツール

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • あらゆるビジネスに必要な機能が網羅されている
  • 定期的なアップ―デートで常に進化し続け、時代に取り残されない
  • 豊富な実績と万全のセキュリティ、充実のサポート体制
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 見込み客を収集し判別可能、企業情報や個人情報を分析
  • 見込み顧客に有益な情報を配信、信頼関係を築く
  • 見込み顧客の検討タイミングを逃さずに商談を成立
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 使いやすさとサポートを重視した豊富な導入実績
  • BtoB向けのソフトでありながら、月額3万円の始めやすい価格設定
  • 万全のサポート体制で、社内のDX化を促進できる
トライアル 有り
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • マーケティングに必要なツールとデータを一元的に管理できる
  • マーケティング業務のすべてを融合、訪問者を引き付ける仕組みを作れる
  • 製品の使いやすさだけでなく充実したサポート体制で相談もできる
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 業務の負担を軽減し、業務プロセスを効率化
  • 各部門の連携を強化し、部署間の衝突を避ける
  • 潜在顧客の行動履歴を分析し、効率的な提案が可能

MAツール顧客管理システム

トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • ウェブサイト上のコンバージョンを促すことが可能に
  • お問い合わせフォームや資料ダウンロードフォームを簡単に作成
  • 特定のセグメントへリターゲティング広告も可能、コンテンツの最適化も

無料MAツールの成功的な活用とベストプラクティス

メールマーケティングの戦略とセグメント化

成功的なメールマーケティングには、戦略的なアプローチと顧客のセグメント化が必要です。ターゲットオーディエンスの特定と興味関心に基づいたセグメント化を行い、カスタマイズされたメールを送信しましょう。

ターゲットオーディエンスの特定とセグメント化の重要性

顧客のニーズや購買パターンを理解し、ターゲットオーディエンスを特定することがマーケティング成功の鍵です。セグメント化により、異なるグループに対して適切なメッセージを送信し、顧客の関心を引き出すことが可能です。

パーソナライズドメールの作成と効果的なコンテンツ戦略

個々の顧客に合わせたパーソナライズドなメールを作成し、関心を引くコンテンツを提供することが重要です。顧客が求める情報やニーズに応じたコンテンツを配信し、成果を最大化しましょう。

ソーシャルメディアとの連携とクロスチャネル戦略

ソーシャルメディアはマーケティング戦略において重要な役割を果たします。無料のMAツールを活用して、ソーシャルメディアと連携したクロスチャネル戦略を展開しましょう。

成果測定と改善のためのKPI設定と分析

マーケティング活動の成果を正確に測定し、改善に活かすために、KPI(主要業績評価指標)の設定とデータ分析が必要です。メールの開封率やクリック率、リードコンバージョン率などを定期的に分析し、改善施策を実施しましょう。

無料MAツールの将来と進化

マーケティングオートメーションの最新トレンド

マーケティングオートメーションは常に進化しています。最新のトレンドとして、AI(人工知能)と機械学習の活用やビッグデータとの連携が挙げられます。これらのテクノロジーを取り入れることで、より効果的なマーケティング活動が実現するでしょう。

AIと機械学習の活用

AIと機械学習は、データの自動分析やパーソナライズドなコンテンツ作成に大きな影響を与えています。顧客行動を予測し、それに基づいたマーケティング施策を展開することで、より効果的な成果を得ることができます。

ビッグデータとの連携

ビッグデータを活用して、顧客の嗜好や行動パターンを理解し、ターゲティングに活用することが重要です。無料のMAツールもビッグデータとの連携をサポートすることで、より精度の高いマーケティングを実現できます。

無料MAツールの将来的な発展と期待される変化

無料のMAツールは、ユーザーのニーズに合わせて機能を拡張し、使いやすさやセキュリティに改善を加えることが期待されます。将来的な発展により、無料版でも有料版に負けない機能や性能が提供される可能性がありますので、進化を見守っていくことが重要です。

機能拡張とアップデートの見込み

無料版のMAツールも、定期的なアップデートにより機能が拡張されることが期待されます。新たな機能や改善が行われる際には、積極的に導入してマーケティング活動を強化しましょう。

セキュリティとプライバシーへの対応

データセキュリティとプライバシー保護が重要な課題となっています。無料のMAツールもセキュリティ対策を強化し、顧客情報の安全性を確保するための対応が期待されます。

MAツールの無料版から有料版への移行

成果とニーズの評価

無料版のMAツールを使用して一定期間活動を行った後、その成果を評価しましょう。自社のマーケティング目標に対してどれだけ効果を上げられたかを振り返り、有料版への移行が必要かどうかを判断します。また、ビジネスニーズに対して無料版の制約がどれだけ影響を与えているかも考慮しましょう。

有料版への移行のメリットとデメリット

有料版への移行にはメリットとデメリットがあります。メリットとしては、より多機能で広範なサポートを受けられること、制約が解消されることが挙げられます。一方で、コストが発生することや、無料版からのデータ移行の手間があるかもしれません。メリットとデメリットをバランスよく考慮して決断しましょう。

有料プランの選定と契約手続き

有料版に移行する際には、自社のニーズに合ったプランを選定しましょう。必要な機能や利用可能なリソースに応じてプランを選択することで、最適なコストパフォーマンスを得られます。そして、契約手続きを行い、正式に有料版を導入します。

データの引継ぎとシームレスな移行

無料版から有料版へのデータの引継ぎは、円滑に行うことが重要です。データの移行によって情報の損失や誤りが生じないように、確実な手順でデータを移行しましょう。また、スタッフへのトレーニングやサポートを行い、シームレスな移行を実現します。

無料で使えるMAツールの活用のポイント

メリットとデメリットのバランスを理解する

無料のMAツールを活用する際には、メリットとデメリットをよく理解しましょう。無料版の制約を把握し、その上でビジネスニーズに合った活用方法を考えることが重要です。

成功に導くための戦略とベストプラクティス

成功的なMAツールの活用には、戦略とベストプラクティスを組み合わせることが欠かせません。顧客のセグメント化、パーソナライズドなメッセージ作成、クロスチャネル戦略の展開などを通じて、効果的なマーケティング活動を行いましょう。

将来の発展を見据えた適切な選択と戦略の見直し

無料のMAツールを活用する際には、将来の発展を見据えて適切な選択を行いましょう。成果やビジネスニーズに応じて、有料版への移行を検討することも重要です。また、定期的に戦略を見直し、マーケティング活動を最適化していくことが成功のカギです。

まとめ

この記事では、無料で使えるMAツールについて、導入目的や主な機能、メリット・デメリット、選び方、導入手順、注意点などを解説しました。無料版のMAツールを活用する際には、メリットとデメリットをバランスよく理解し、ビジネスニーズに合った適切な活用方法を検討することが大切です。成功的なマーケティング活動を実現するためには、戦略的なアプローチと顧客のセグメント化が必要です。また、将来の発展を見据えて有料版への移行も検討し、最適な選択を行いましょう。無料で使えるMAツールは、ビジネスの成果を最大化する強力なツールとなります。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1521件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる