Menu
Close

販売管理システム15選を比較|クラウド型・オンプレミス型製品を紹介

目次

この記事では、販売管理システムクラウドについて詳しく解説します。販売プロセスの効率化や業務効率向上に欠かせないシステムです。導入目的や主な機能、メリット・デメリット、選び方、導入手順、注意点などを網羅的に紹介します。

販売管理システムとは

定義と概要

販売管理システムとは、企業が商品やサービスの販売活動を効率的に管理するためのソフトウェアです。在庫管理や受注処理、売上管理など、販売に関連する様々な業務を一元的に管理し、ビジネスプロセスの効率化を図ります。

販売管理システムの役割

販売管理システムの主な役割は、販売プロセスのスムーズな遂行と情報のリアルタイムな把握です。正確な在庫情報を提供し、受注から納品までの手続きを自動化することで、顧客サービス向上に寄与します。

販売管理システムの重要性

販売管理システムは競争の激しい現代ビジネスにおいて、成功を収めるために不可欠です。迅速な情報共有により、追加の在庫発注やキャンペーン展開が円滑に行え、売上増加や効率改善に繋がります。

導入目的と期待される効果

ビジネスにおける導入目的

販売管理システム導入の主な目的は、販売プロセスの見える化と迅速化です。これにより、在庫過剰や不足の回避、スタッフの負担軽減、売上の最大化を図ります。

販売管理システム導入の期待される効果

販売管理システムの導入により、顧客満足度の向上やヒューマンエラーの削減、競争力の強化が期待されます。さらに、効率的なデータ分析が可能となり、市場動向を把握した戦略立案が可能です。

導入前の検討ポイント

システム導入を検討する際には、ビジネスの規模や業種、予算、必要な機能などを詳細に検討し、導入計画を立てることが大切です。将来的な拡張性も考慮して選定しましょう。

ベストな導入タイミング

導入タイミングは組織の状況により異なりますが、販売拡大や業務の複雑化が見込まれるタイミングが適しています。計画的な導入を心掛け、システムの安定稼働に努めましょう。

販売管理システムの主な機能

在庫管理機能

在庫管理機能では、商品の入出庫や在庫レベルの把握が容易になります。自動発注機能により、在庫切れを防ぎながら過剰在庫を避けることができます。

受注・注文管理機能

受注管理機能では、受注から納品までのプロセスを一元管理できます。受注状況や納期遅延の確認が容易であり、顧客対応の迅速化に寄与します。

売上・売り上げ管理機能

売上管理機能では、売上データの集計や売り上げの把握が可能です。売り上げのトレンドを分析し、売上向上につなげることができます。

顧客情報管理機能

顧客情報管理機能では、顧客データの管理や購買履歴の把握ができます。個別の顧客対応を向上させるために重要な機能です。

レポート・分析機能

レポート・分析機能では、各種データの集計や分析が行えます。売上分析や在庫動向の把握により、戦略的な意思決定を支援します。

販売管理システムのメリット・デメリット

メリット

業務効率化と生産性向上

販売管理システムの導入により、手作業での業務が自動化されます。在庫確認や受注処理などの作業時間が削減され、スタッフはより重要な業務に集中できるようになります。生産性が向上し、業務効率が飛躍的に改善されます。

顧客サービス向上

正確な在庫情報や受注状況の把握ができるため、顧客への対応が迅速かつ的確に行えます。納期の確認や入荷予定の告知など、顧客にとって重要な情報を的確に伝えることで、顧客満足度の向上に繋がります。

リアルタイムな情報管理

販売管理システムはリアルタイムな情報共有を可能にします。在庫の状況や売上データなどをいつでも把握できるため、迅速な意思決定が可能となります。変動する市場に適応しやすく、競争力の強化に寄与します。

デメリット

コストと導入負担

販売管理システムの導入には、システム購入や導入作業のコストがかかります。特に中小企業では予算の面で負担が大きいことがあります。ただし、導入後の効果により長期的な利益に繋がる場合もあります。

システムの複雑さとトレーニング

販売管理システムは業務の複雑さに合わせて多機能化しています。スタッフにとって未知の機能や操作があるため、導入前のトレーニングや運用段階でのサポートが必要です。

システム障害とセキュリティリスク

システム障害やセキュリティリスクへの対策が重要です。サーバーダウンやデータ漏洩などの問題が発生すると、業務に深刻な影響を及ぼす可能性があるため、適切な対策が求められます。

販売管理システムの選び方

ビジネスニーズに合った機能の検討

導入するシステムは、企業のビジネスニーズに合った機能を有している必要があります。必要な機能をリストアップし、複数のシステムと比較検討しましょう。

クラウド型 vs. オンプレミス型

クラウド型の販売管理システムは、低コストで短期間で導入できる利点があります。一方、オンプレミス型はセキュリティ管理やカスタマイズが容易な利点があります。予算やセキュリティニーズに合わせて選択しましょう。

カスタマーサポートとアフターサービス

システム導入後のトラブルや質問へのサポート体制が重要です。優れたカスタマーサポートやアフターサービスを提供するベンダーを選定しましょう。

システムの拡張性と柔軟性

将来的な事業拡大や業務変更を考慮して、システムの拡張性と柔軟性をチェックしましょう。適応力のあるシステムは長期的な投資価値が高いです。

ユーザーレビューや評価の確認

他社の利用者の評判やレビューを参考にし、実際の利用者の声を確認しましょう。ユーザーからの評価はシステムの実力を知る上で貴重な情報です。

販売管理システムの導入手順

導入計画の立案

販売管理システムを導入する前に、導入計画を立てることが重要です。目標設定や予算、スケジュール、担当者の役割分担を明確化しましょう。また、導入に伴う社内教育やコミュニケーション戦略も検討し、関係者の理解を得る努力をしましょう。

システム導入前の準備

システム導入前に必要なデータの整理や洗浄を行い、既存の業務プロセスとシステムの整合性を確認します。また、システム導入に伴う変更管理の手順を策定し、関係部署との連携を密に取りましょう。

システム導入とテスト

システムを導入する際には、テスト環境での試験を行い、バグや不具合の修正を行います。複数の担当者が実際の業務シナリオを模擬し、システムの動作確認を徹底しましょう。

社内トレーニングと運用

システム導入後は、従業員のトレーニングを実施して運用を開始します。操作方法やデータ入力、トラブルシューティングなどのスキルを身につけさせることで、スムーズなシステム運用が可能となります。

バグ修正とアップデート

システム運用後も定期的なバグ修正やセキュリティ対策のアップデートが必要です。ベンダーのサポートを受けながら、システムの安定稼働と常に最新の機能を活用することが重要です。

販売管理システムの導入における注意点

データ移行とセキュリティ

システム導入時に過去のデータを移行する際には、データの整合性やセキュリティを確保することが重要です。重要なデータの漏洩や破損を防ぐため、専門的な知識を持った担当者によるデータ移行が求められます。

組織内の意識啓発と変革マネジメント

新しいシステムの導入には、組織内の意識啓発と変革マネジメントが欠かせません。従業員の理解と協力を得るために、導入の背景やメリットを明確に説明し、トップマネジメントのサポートを得ることが重要です。

ベンダーとの契約条件の明確化

販売管理システムの導入に際しては、ベンダーとの契約条件を十分に明確化することが必要です。サポート内容や保守契約、カスタマイズ料金などを含めた全体のコストを把握し、後々のトラブルを避けるためにも契約書の内容を入念にチェックしましょう。

システム利用ポリシーの策定

システム利用に関するポリシーを策定し、社内でのルールを明確にすることが大切です。システムの適切な利用とセキュリティ確保のため、社内規程の整備と遵守を徹底しましょう。

成果の評価と改善サイクルの構築

システム導入後には、定期的な成果の評価と改善サイクルの構築が必要です。運用において問題点や改善の余地を把握し、迅速な対応と持続的な改善を行うことで、システム導入の成果を最大化します。

販売管理システム15選を紹介

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 自社の業務に合わせてソフトが組めるフレキシブルなシステム
  • 在庫状況を把握し、今後の体制の見通しをつける
  • 業務形態に応じて項目名などのカスタマイズも可能

販売管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 業界の商習慣にマッチした機能を数多く搭載
  • 歴史に裏付けられた豊富な機能と、継続的なバージョンアップ
  • アパレル業に特化した分析ツールが使用できる

販売管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 食品業界に必要な機能がオールインワンの特化型ソフトウェア
  • 外部の既存システムとも連携を取りやすい柔軟性
  • クラウド、オンプレミスどちらでも運用が可能
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • あらゆる業種・業態に最適化できるカスタム性能
  • コンプライアンス経営を実現する内部体制の対応強化
  • 部門を跨ぎ、リアルタイムで取引状態の把握が可能

予算管理システム販売管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • プロジェクト型ビジネスの収支を可視化する
  • 未来の売上利益を正確に予測し経営戦略をサポート
  • 処理の重複やモレを防ぐアラート機能でミス回避
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • テンプレートありの帳票を自由自在に編集できる
  • 高度な売上分析に、ソフトやデータとの連携も可能なフレキシブルなシステム
  • ノンプログラミングでカスタマイズできる柔軟性

販売管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 卸売業を中心に様々な複合業態に対応し、内部統制も強化
  • IT投資の抑制し、サポート面も万全の体制
  • 利益を確保するための販売計画登録と、アテンション付きのワークフロー

販売管理システム在庫管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 安い導入費用と維持管理費用によってコストダウンを実現
  • システム管理者と担当者を面倒な業務から解放
  • ビジネスに必要な基本的な機能が集約されている
トライアル 有り
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • ヤフオク!・FBA連携に標準対応、受注業務を自動化し業務を効率化
  • 個別のカスタマイズにより多様な運営にフィット、最適化する
  • 新機能を常にリリースし、充実のサポートで売り上げアップの相談も可能
トライアル 無し
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 販売管理システムとして充実した標準機能の搭載、豊富なオプション機能やカスタマイズにも対応
  • FAXソフトや会計ソフトとの連携が可能、RPAも活用できる
  • クラウド環境で運用、サポートも日本システムテクノロジーで一貫して行うので安心
トライアル 無し
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 5,000社以上の導入実績を反映し、カスタマイズ無しでも便利に利用できる
  • カスタマイズ性も高く卸売りや製造業、食品や医療にも対応、外部システムとの連携も充実
  • 導入前から導入後まで万全のフォロー体制、Webだけでなく現実での支援も
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 書類提出をURLの共有だけですまし、Webがあれば内容をどこでも確認
  • 相手側はスマートディールの登録が不必要、電子署名ができ発注・申し込みをWebで完結
  • 受注後の請求、追加発注や取引更新を一気貫通で実行可能
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • リアルタイムに情報共有可能、オフィスだけでなく外出先、テレワークでも
  • ルーチンワークを自動化し、業務を効率化・人的ミスをなくす
  • 自社仕様にノンプログラミングでカスタマイズ可能、定着しやすい

販売管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • わかりやすい入力画面と分かりやすい導入支援サービス
  • 伝票や帳票の明細行ごとに課税区分を指定、税率別に集計もできる
  • 適格請求書(インボイス)に対応、簡単に証憑の作成・印刷が可能
トライアル 有り
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 優れた拡張性で独自の帳票でも柔軟に対応可能
  • データを引き継ぎ伝票登録の負荷を軽減できる
  • 売上データを生成、実績から視覚的に経営を分析可能

まとめ

この記事では、販売管理システムクラウドの導入目的や主な機能、メリット・デメリット、選び方、導入手順、注意点について詳しく解説しました。販売プロセスを効率化し、業務効率と生産性を向上させるためには、適切なシステムを選定することが重要です。顧客サービス向上やリアルタイムな情報共有を実現することで、競争力を強化し、ビジネスの成功に繋げることができます。

導入前の検討ポイントやシステムの拡張性など、慎重な計画と柔軟な対応が導入成功のカギとなります。また、社内の意識啓発と変革マネジメントにも力を入れることで、従業員の協力を得てシステムの活用を最大化できます。

導入後には、定期的な評価と改善サイクルを構築し、システムの運用を継続的に最適化することが大切です。成功事例や他社のレビューも参考にしながら、ビジネスニーズに合った最適な販売管理システムを導入しましょう。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1544件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる