Menu
Close

物流管理システムの導入事例5選|導入前の課題や導入後の効果を紹介

目次

本記事では、企業が物流管理システムを導入することで、どのような効果を得られたのかについて紹介します。導入した企業の業種と規模を確認し、導入前の課題から改善の施策、導入後の効果を知ることで物流管理システムを導入する際の参考にしましょう。

導入事例1:ブラザーインダストリアルプリンティング株式会社
(導入製品:統合物流管理 LMS)

キッティングから物流までのトータルアウトソーシングで供給体制のBCP対策を実現

※出典:キッティングから物流までのトータルアウトソーシングで供給体制のBCP対策を実現|ブラザーインダストリアルプリンティング株式会社

業種 企業規模
製造 51名-200名

導入前の課題

ブラザーインダストリアルプリンティングは産業用プリンタの製造およびインクの供給において、出荷遅延や間違いが頻発し、生産ラインに大きな影響を与える問題がありました。細かい在庫管理も困難であり、出荷ミスがトラブルを引き起こす可能性がありました。また、物流の手続きが複雑化し、本来の技術業務に時間を割くことができない状況でした。

改善の施策

まず、製品およびインクの供給体制を強化するため、セイノー情報サービスという物流パートナーを選定しました。また、全国に3拠点を分散して出荷を行うことで、災害や大規模イベントにも柔軟に対応できるようにしました。さらに、WMS(スリムス)を活用することで、シリアルおよびロット管理を徹底し、出荷の正確性を確保しました。技術作業もアウトソーシングし、外部委託先に検査業務を一括して任せることで効率を向上させました。また、マネジメントセンターを窓口として設置し、物流に関する変更や調整を一元的に管理することで、効果的なコミュニケーションを実現しました。

導入後の効果

これらの施策により、以下の効果が実現されました。まず、サービスレベルを維持しながらBCP対策を実現し、3つの拠点から全国への供給を確保しました。災害や大規模イベント時には東西拠点の出荷比率を調整することで供給を安定させました。また、WMSの活用により、指定したシリアルおよびロットの製品を正確に出荷することが可能になり、出荷ミスの撲滅と在庫・作業のトレース性を向上させました。さらに、技術作業のアウトソーシングにより効率化が図られ、検査業務の品質向上も実現しました。マネジメントセンターの導入により、物流に関する調整や問合せ窓口を集約し、円滑なコミュニケーションを確保しました。

導入した製品:統合物流管理 LMS

統合物流管理 LMSの製品情報はこちら→ https://digi-mado.jp/products/21580/

統合物流管理 LMSの事例一覧はこちら→ https://digi-mado.jp/case/?prd_id[]=21580

導入事例2:運輸・物流業A社
(導入製品:統合物流管理 LMS)

新事業を支える高度な配送計画で収支改善

※出典:豊富なシステムとノウハウで配送業務を改善 運輸・倉庫業様|導入事例|セイノー情報サービス|新事業を支える高度な配送計画で収支改善

業種 企業規模
運輸・物流 不明

導入前の課題

A社様は配送計画に関して大きな手間を感じていました。日々の出荷において、配送コストや輸送モード、物流業者、荷物制約、車両制約、配送制約など多岐にわたる要素を考慮しなければならず、最適な配送計画が立てられていないと感じていました。また、業務改善においても問題があり、配送計画や実績、トラブルの把握が不十分であり、効果的な改善活動ができていませんでした。さらに、配送状況の把握が難しく、お問合せへの回答に時間がかかっている状況も改善したいと考えていました。

改善の施策

A社様はシステム導入を検討し、多くの提案を受けましたが、セイノー情報サービスの経験豊富さや物流知識の深さ、全ての課題に対する適切な対処方法が評価されました。具体的な施策として、以下の2つが採用されました。

  1. 統合物流管理システム(LMS)の導入:受注から配送までの情報を一元管理し、配送計画を短時間で立てることが可能となりました。輸送モードや配送業者などの設定をマスタとして登録することで、効率的な出荷計画の立案が容易になりました。さらに、全ての情報を一元管理することで、改善活動の基礎データとしても活用できるようになりました。
  2. 輸配送管理システム(ASPITS)の活用:ドライバーのスマートフォンに搭載されたGPS機能を利用し、事務所から車両の位置をリアルタイムで確認することができるようになりました。これにより、お客様からのお問合せに迅速に回答することが可能となりました。

導入後の効果

  1. 配送計画の簡素化:統合物流管理システムの導入により、最適な配送計画を短時間で立てることができるようになりました。車両の積載率が向上し、配送車両の数を減らすことでコスト削減に繋がりました。
  2. 配送計画の標準化:配送計画の簡素化により、担当者以外でも効率的な配送計画を立案できるようになりました。
  3. 配送遅延の抑制:適切な配送計画の立案が可能となり、配送遅延などのトラブルが減少しました。
  4. 定期的な業務改善:統合物流管理システムによって配送実績やトラブル実績を一元管理できるようになり、業務改善やコスト削減の活動が行えるようになりました。
  5. 問合せの迅速な回答:輸配送管理システムの活用により、事務所から車両の位置や配送状況をリアルタイムで確認することができるようになり、お客様からの問い合わせに迅速に対応することができるようになりました。

導入した製品:統合物流管理 LMS

統合物流管理 LMSの製品情報はこちら→ https://digi-mado.jp/products/21580/

統合物流管理 LMSの事例一覧はこちら→ https://digi-mado.jp/case/?prd_id[]=21580

導入事例3:戸田倉庫(導入製品:COOOLa)

担当者頼みだった倉庫業務の標準化に成功 柔軟なカスタマイズ対応が導入の決め手

※出典:戸田倉庫 様 | 導入事例 | クラウドWMS・倉庫管理システム|物流の最適化なら【COOOLa】

業種 企業規模
運輸・物流 21名-50名

導入前の課題

戸田倉庫は、倉庫と経理が連動した独自の管理システムを使用していましたが、その限界を感じ、WMSの導入を決定しました。展示会で6社から話を聞いた結果、商品コードの変更に対応できる独自の仕様が重要であり、柔軟なカスタマイズが可能なCOOOLaに絞り込まれました。

改善の施策

COOOLaを導入することで、戸田倉庫は仕事の標準化が可能となりました。従来は倉庫業務が担当者のプロ意識や職人技に依存しており、在庫の管理は人の頭の中にある情報に依存していました。しかし、会社としては初めて倉庫に入った人でも指図書を見て作業できる状況を望んでいました。COOOLaの導入により、リアルタイムで在庫が把握できるため、作業の標準化と効率化が図られました。また、探す時間の削減は人件費の削減にもつながり、誤出荷のリスクも低減されました。

導入後の効果

COOOLaの導入により、作業効率が向上しました。倉庫内での商品の探し時間は従来の10分から1分に短縮されました。個人差はありますが、初めての人でも規則性に従って作業できるため、迅速な出荷が可能となりました。また、棚卸し作業も大幅に効率化され、数日かかっていた作業が1日で完了するようになりました。

さらに、COOOLaの直感的な操作性により、研修や問い合わせの必要性が減少し、作業におけるミスやトラブルも減りました。これにより、業務全体がスムーズに進行し、慌てることがなくなりました。特に誤出荷の防止により、安全性が向上し、化学品の扱いにおける損害リスクを軽減することができました。COOOLaの導入によって、戸田倉庫は生産性の向上と安全性の確保を実現し、現場スタッフにも自信を持っておすすめできるシステムとなりました。

導入した製品:COOOLa

COOOLaの製品情報はこちら→ https://digi-mado.jp/products/17903/

COOOLaの事例一覧はこちら→ https://digi-mado.jp/case/?prd_id[]=17903

導入事例4:ベルーナ・ジーエフ・ロジスティクス
(導入製品:COOOLa)

新たにブライセンが開発した物流画像検品システムで 出荷作業の生産性が1.7倍に向上

※出典:ベルーナ・ジーエフ・ロジスティクス 様 | 導入事例 | クラウドWMS・倉庫管理システム|物流の最適化なら【COOOLa】

業種 企業規模
運輸・物流 101名-300名

導入前の課題

弊社は通販業者様を中心に40社の契約を持つ3PL企業ですが、荷主様からの要望が複雑化しており、既存のWMSでは柔軟に対応することが難しくなっていました。また、開発のリードタイムやコスト面でも課題がありました。

改善の施策

この課題を解決するために、代替のWMSとしてCOOOLaの導入を検討しました。COOOLaはコストが抑えられ、開発にかかるリードタイムも短いという利点がありました。また、COOOLaは標準機能の設定が細かく変更でき、荷主様の要望に柔軟に対応することができるという特長がありました。

導入後の効果

COOOLaの導入により、荷主様の要望に合わせた柔軟なカスタマイズが可能になりました。さらに、COOOLaのシステム担当者が荷主様との打ち合わせに同席し、機能改善などについて齟齬が生まれにくくなりました。また、導入支援チームによる荷主さま向けの勉強会や綿密なコミュニケーションにより、スムーズな導入が実現しました。

さらに、物流画像検品システムの導入により、出荷作業の生産性が向上しました。自動化された検品から梱包までのプロセスにより、作業効率が向上し、出荷量が1.7倍に増加しました。また、物流画像検品システムはバーコードのない商品でも検品が可能であり、商品の識別性を高めると同時に梱包の品質を担保する役割を果たしました。

導入した製品:COOOLa

COOOLaの製品情報はこちら→ https://digi-mado.jp/products/17903/

COOOLaの事例一覧はこちら→ https://digi-mado.jp/case/?prd_id[]=17903

導入事例5:M・Kロジ(導入製品:COOOLa)

初めての人でも操作できる画面のわかりやすさが嬉しい

※出典:M・Kロジ 様 | 導入事例 | クラウドWMS・倉庫管理システム|物流の最適化なら【COOOLa】

業種 企業規模
運輸・物流 101名-300名

導入前の課題

通販会社様の要望は、近年変化しており、梱包に関するレベルが高まっていることがわかりました。同梱チラシの重ね順や商品ごとの案内の変更など、細かな条件の要望が増えています。これにより、指示が複雑になり、誤発送のリスクが増加する可能性もあることが分かりました。

改善の施策

通販会社様の要望に応えるために、オペレーションの精度を高める必要があります。そのために、COOOLaを導入し、複雑な業務をシンプルにすることが重要です。COOOLaを使用することで、ピッキングスタッフに送る作業が簡素化され、チラシや指定順などの要望に正確に応えることができます。

導入後の効果

COOOLaの導入により、通販会社様ではいくつかの効果が現れました。まず、出荷可能件数が増加しました。COOOLaのシンプルな画面操作により、作業効率が向上し、管理にかかる時間的コストも削減されました。また、COOOLaの操作性の良さや使いやすさにより、初心者でも迅速に利用できることが評価されました。

さらに、COOOLaを使用することで、一体型帳票の柔軟な対応や高い検索性が実現されました。これにより、荷主ごとに異なる帳票を要望に応じて作成することが容易になり、迅速な対応が可能となりました。

導入した製品:COOOLa

COOOLaの製品情報はこちら→ https://digi-mado.jp/products/17903/

COOOLaの事例一覧はこちら→ https://digi-mado.jp/case/?prd_id[]=17903

物流管理システム6製品の比較一覧

受発注システム在庫管理システム物流管理システム物品管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 卸への一括発注、システムを通じた卸担当者とのやり取りも可能
  • グループ施設管理機能で本部の工数削減に、承認権限者も個別に設定可能
  • ラベル活用で受発注や棚卸しを簡素化、バーコードは国際標準に対応

物品管理システム在庫管理システム物流管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • ラベルによる物流管理システムで物品の状況を正確に把握、電子カルテ等との連携も
  • 滅菌管理システムの活用で迅速な器材状況の把握、ペーパーレス化を実現
  • 機器管理システムで購入情報・稼働状況の一元管理、夜間・休日が貸出可能に
トライアル 無し
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 海外倉庫の在庫状況の一元管理が可能
  • イベント管理機能により迅速な対応が可能
  • ドキュメント管理・作成作業の効率化が可能
トライアル 有り
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 全体最適な出荷計画が可能
  • 物流進捗管理機能により迅速な対応が可能
  • 物流KPI管理によりサービス品質の向上が可能

倉庫管理システム物流管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • データの一元管理が可能で、他システムとの連携もしやすい
  • 現場に合わせて、ハンズフリーによる作業効率化も可能
  • 物流のプロによる「導入支援サービス」が充実

倉庫管理システム物流管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 食に関する鮮度管理・ステータス管理に強みを持つ
  • 食の3温度管理や重量管理も、しっかり対応
  • 食だけではなく、衣・住に関する管理機能も充実

倉庫管理システム物流管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 複数のピッキング方法に対応、チェック作業をなくし精度向上
  • データ連携可能、作業工程ごとに実績データ出力
  • 高いトレーサビリティと見える化によって信頼性が向上

在庫管理システム倉庫管理システム物流管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 最先端のシステムで柔軟なカスタマイズが可能
  • ローコストで運用可能、60%以上のコスト削減ケースも
  • 国内外における、大規模も含めたWMSの運用実績が豊富

物流管理システムについての詳しい記事はこちら

物流管理システムとは?倉庫管理や配送管理の機能・連携などを徹底解説

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1514件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる