Menu
Close

ノーコードとは?ローコードとの違いや成功・失敗事例、ツール15選を紹介

目次

ノーコード開発がビジネスの世界で急速に広がりを見せていますが、その概要や特徴、メリット・デメリットを理解していますか?この記事では、ノーコード開発の全貌を明らかにします。プログラミング知識がなくてもアプリケーションを作成できるノーコード開発の魅力と、その一方で注意すべきポイントについて詳しく解説します。さらに、ノーコードツールの選び方や市場動向、成功事例と失敗事例も紹介します。ノーコード開発の可能性を最大限に引き出すための情報です。

ノーコード開発とは?

ノーコード開発の定義

ノーコード開発とは、ソースコードを一切書かずにアプリケーションやWebサービスを開発する手法のことを指します。従来のソフトウェア開発では、プログラミング言語を用いてソースコードを書くことが必要でしたが、ノーコード開発では、直感的なドラッグ&ドロップの操作や設定変更だけで、ソフトウェアを作成することが可能です。

ノーコード開発が可能にすること

ノーコード開発は、プログラミングの知識がなくても、誰でもアプリケーションやWebサービスを作成できる環境を提供します。これにより、ITエンジニアだけでなく、ビジネスパーソンやデザイナーなど、非技術者でも自分のアイデアを形にすることが可能になります。また、開発時間を大幅に短縮できるため、ビジネスのスピードを加速させることも可能です。

ノーコード開発の特徴

プログラミング知識が不要な理由

ノーコード開発では、プログラミング知識が不要な理由は、ソフトウェア開発を直感的な操作で行えるように設計されているからです。具体的には以下のような手順で開発を行います。

  1. 用意されたパーツを選択する
  2. ドラッグ&ドロップで配置する
  3. 必要に応じて設定を変更する

これらの操作だけで、アプリケーションやWebサービスを作成することができます。そのため、プログラミングの知識がなくても、自分のアイデアを形にすることが可能になります。

ノーコード開発の直感的な操作性

ノーコード開発の魅力の一つは、その直感的な操作性です。プログラミング言語を学ぶ必要がなく、用意されたパーツをドラッグ&ドロップするだけで、アプリケーションやWebサービスを開発できます。これにより、開発プロセスが大幅に短縮され、アイデアを素早く形にすることが可能になります。また、直感的な操作性は、非技術者でも開発に参加し、自分の視点やアイデアを直接反映できる環境を提供します。

ローコードとノーコードの違い

ローコード開発の概要

ローコード開発とは、少ないコード記述でアプリケーションやWebサービスを開発する手法のことを指します。ノーコード開発と同様に、ローコード開発も直感的な操作で開発を行うことが可能ですが、一部のカスタマイズや複雑な機能を実装するためには、少量のコード記述が必要となります。

ローコードとノーコードの主な違い

ローコードとノーコードの主な違いは、そのカスタマイズ性にあります。ノーコード開発は、ソースコードを一切書かずに開発を行うため、開発速度は速いものの、提供されたパーツや機能に制限があります。一方、ローコード開発では、一部のコード記述が必要となるため、開発速度は若干遅くなりますが、より高度なカスタマイズや複雑な機能の実装が可能となります。

ノーコード開発のメリット

開発スピードの向上

ノーコード開発の最大のメリットの一つは、開発スピードの向上です。従来の開発では、ソースコードを一から書く必要がありましたが、ノーコード開発では、既存のパーツを組み合わせるだけでアプリケーションやWebサービスを作成できます。これにより、アイデアを素早く形にし、市場に投入する時間を大幅に短縮することが可能になります。

開発コストの削減

ノーコード開発は、開発コストの削減にも寄与します。プログラミングの専門知識が不要なため、高額な開発者の採用や教育コストを削減できます。また、開発時間の短縮は、プロジェクト全体のコストを下げる効果もあります。これにより、より多くのリソースをビジネスの他の重要な部分に投資することが可能になります。

ITエンジニア不足の解消

ノーコード開発は、ITエンジニア不足の問題を解消する一助となります。プログラミングの専門知識が不要なため、非技術者でも開発に参加できます。これにより、ITエンジニアが不足している状況でも、ビジネスのデジタル化を進めることが可能になります。また、ITエンジニアはより高度な問題解決に注力できるようになります。

ノーコード開発のデメリット

制限されたカスタマイズ性

ノーコード開発のデメリットとして、制限されたカスタマイズ性が挙げられます。ノーコードツールは、既存のパーツを組み合わせてアプリケーションを作成するため、提供されたパーツや機能の範囲内でしかカスタマイズできません。そのため、特定のニーズに対応するための独自の機能を開発することは難しい場合があります。

セキュリティへの懸念

ノーコード開発では、セキュリティへの懸念も存在します。ノーコードツールを使用すると、開発者が直接コードを書くことがないため、セキュリティの弱点を見落とす可能性があります。また、ノーコードツール自体がセキュリティの脆弱性を持っている場合、それがアプリケーション全体のセキュリティリスクとなる可能性もあります。

ノーコード開発ツールの選び方

ノーコードツールの種類と特徴

ノーコードツールは、その用途によってさまざまな種類が存在します。例えば、Webサイト作成ツール、データベース管理ツール、ワークフロー自動化ツールなどがあります。これらのツールは、ユーザーが直感的に操作できるインターフェースを提供し、プログラミングの知識がなくてもアプリケーションやWebサービスを作成できるように設計されています。しかし、各ツールにはそれぞれ特性と利用シーンがあり、適切なツールを選択することが重要です。

ノーコードツールの選び方と注意点

ノーコードツールの選び方は、自身のニーズとツールの機能をマッチさせることが重要です。具体的には、開発したいアプリケーションの種類、必要な機能、予算、サポート体制などを考慮に入れる必要があります。また、ツールが提供するテンプレートやパーツの種類と質、ユーザビリティ、拡張性も重要な選択基準となります。注意点としては、ツールのセキュリティ対策やデータのプライバシー保護についても確認することが重要です。

汎用型のノーコードツール3選

Click

※出典:ノーコードのアプリ開発ツール | Click(クリック)

ノーコードのアプリ開発ツール・Clickは、起業や新規事業をサポートします。製品づくりから運用・拡大までの各フェーズに合わせて、アプリケーションの作成や検証・アップグレードが容易に行えます。Clickは非開発者でも利用可能であり、製品の成長を高速で進めることができます。さらに、大規模接続やマネタイズ機能など、拡大に対応した機能とサポートも提供されています。Clickを利用すれば、予算や時間の制約、技術・知識の不足などの問題も解決できます。

詳細はこちら→https://click.dev/

Bubble

※出典:コードなしで Web アプリを構築する最良の方法 | バブル

Bubbleは、コードを使用せずにSaaSプラットフォーム、マーケットプレイス、CRMを構築できるノーコードツールです。Bubbleはすべてのウェブアプリを自社のクラウドプラットフォームでホストします。FacebookやAirbnbのようなサイトを構築するために必要な機能を備えた、インタラクティブでマルチユーザーのデスクトップおよびモバイルウェブブラウザ向けのアプリを作成することができます。直感的で完全にカスタマイズ可能なプラットフォームでロジックを構築し、データベースを管理することができます。

詳細はこちら→https://bubble.io/

Adalo

※出典:Adalo: カスタムアプリケーションの設計と構築 – コード不要

Adaloは、コーディング不要でカスタムのレスポンシブアプリを構築し、ウェブやモバイルデバイス向けに公開することができるプラットフォームです。内部データベースビルダーや外部のバックエンドとの統合など、柔軟なデータベースオプションを提供しています。また、独自のドメインやApple App Store、Google Play Storeなど、さまざまな場所にアプリを公開できます。さらに、アプリ内課金コンポーネントやStripe決済などの機能も備えており、収益を上げたりユーザーベースを成長させたりするための必要なツールを提供しています。Adaloは、コーディング不要でカスタムのモバイルアプリやWebアプリをデザインおよび開発するために必要なツールをまとめて提供しています。さらに、Adaloエキスパートによるサポートやコーチングなどのサービスも利用することができます。

詳細はこちら→https://ja.adalo.com/

Webサイト制作向けのノーコードツール4選

ペライチ

株式会社ペライチのペライチは、ビジネスをサポートする機能が充実したCMSです。誰でも簡単にWebサイトが作れ、運営できます。24時間365日のメール問い合わせ受け付けや、ノウハウをシェアするメディアなど手厚いサポートも魅力の一つです。また、Webサイトの作成・運用にとどまらず、予約やオンライン決済などビジネスに必要な機能を多く備えているので、あらゆる目的に対応できるオールインワンのサービスと言えます。

詳細はこちら→https://digi-mado.jp/products/19370/

BinDup

株式会社デジタルステージのBiNDupは、スマホ表示の最適化もできる本格的なサイトが簡単に作れるCMSです。デザインは、ブロック単位で文字や写真を入れ替えるだけでOKという、サイト初心者にも優しい設定になっています。サイトを公開・運用するために必要なサーバーや独自ドメインが付属し、分析・マーケティング機能、画像やフォント等の素材サービスも充実しています。情報を発信し続けるために最適な環境と、成果につながる集客対策を備えています。

詳細はこちら→https://digi-mado.jp/products/19279/

KARTE Blocks

プレイドのKARTE Blocksは、タグを1行貼るだけでサイトのあらゆる構成要素をノーコードで更新・評価・改善することができます。これまでサイトの管理にはシステム部門や外注の製作会社への依頼や調整が必要でした。このサービスを使用するとサイトをブロックの集合体と捉え、ブロックごとに更新・評価・改善ができる新しいサイト管理システムです。既存のサイトを後から自由に編集可能とすることで、あらゆるサイト運営者の手間やコストの解消に貢献します。

詳細はこちら→https://digi-mado.jp/products/22864/

STUDIO

※出典:STUDIO | Web制作を、ノーコードで。

STUDIOは、コードやテンプレートに制約されることなく、誰でも自由にウェブ制作を行えるノーコードツールです。作成したウェブサイトは、簡単に公開することができます。STUDIOを使用するだけで、自由なデザインが可能です。

詳細はこちら→https://studio.design/ja/

業務アプリ開発向けのノーコードツール3選

kintone

※出典:kintone – サイボウズの業務改善プラットフォーム

kintoneのノーコードツールは、バラバラな情報を一つにまとめることができます。散在するエクセルやメール、紙の書類など、情報の統合が容易になります。また、チームの意識を統一するための見える化や、使いやすい環境の提供も可能です。さらに、場所や時間に制約されずに仕事を行うことができます。kintoneは、あらゆる業種や仕事に対応しており、さまざまな業務の管理やコミュニケーション支援など幅広い機能を提供しています。

詳細はこちら→https://kintone.cybozu.co.jp/

Platio

※出典:Platio(プラティオ)|モバイルアプリ作成ツール

Platioはノーコードでモバイルアプリを簡単に作成できるツールであり、ビジネス現場のデジタル化とプロセス改善を促進し、現場のDXを推進します。Platioの特徴は、誰でも簡単に業務アプリを作成できること、アプリの即時導入が可能であること、そして初期費用がゼロであり低コストで利用できることです。さまざまな業種や現場にマッチするテンプレートも用意されています。

詳細はこちら→https://plat.io/ja/

サスケWorks

※出典:ノーコードWEBアプリ作成ツール サスケWorks(サスケワークス)

サスケWorksは、業務効率化アプリを作成するためのサービスです。プログラミングの知識は不要で、直感的な操作でアプリを作成することができます。さまざまな機能を持つアプリが作れるため、顧客管理、売上分析、見積もり作成、稟議申請、カルテ管理、会員管理、予約管理などの用途に適しています。作成したアプリは公式アプリストアで販売することも可能です。サスケWorksはネイティブアプリに近い操作性を持つPWA(Progressive Web Apps)であり、PC、スマホ、タブレットなどのデバイスから利用できます。

詳細はこちら→https://works.saaske.com/

Excelなどをデータベースとして活用できるノーコードツール4選

@pocket

※出典:業務アプリ作成ツールの@pocket (アットポケット)

@pocketはノンプログラミングで簡単に業務アプリを作成することができるサービスです。ドラッグ&ドロップで部品を組み合わせるだけでアプリを作成できますし、エクセルからのインポートやテンプレートのダウンロードも可能です。APIの拡張性もあり、他社サービスとの連携もサポートされています。また、集計・分析機能やアクセス制限機能、デザイン変更、豊富なオプションなども提供されています。APIを利用することで外部サービスとのデータ連携も可能です。

詳細はこちら→https://at-pocket.com/

AppSheet

※出典:AppSheet: コード不要のアプリ開発 | Google Cloud

AppSheetは、組織内で誰でもコードを書かずにアプリケーションを構築し、拡張することができるプラットフォームです。ビジネスプロセスの自動化やユーザー通知の承認など、さまざまなタスクを自動化することが可能です。GoogleのAIと機械学習(ML)を活用して、ユーザーの意図に基づいてアクションやビューを自動作成することもできます。パソコン、モバイル、タブレットなど、さまざまなデバイスに対応しています。GoogleスプレッドシートからSalesforceまで、さまざまなデータソースに接続することもできます。AppSheetを使うことで、従業員全員がカスタムアプリケーションと自動化を作成できるようになります。

詳細はこちら→https://cloud.google.com/appsheet?hl=ja

Airtable

※出典:The platform to build next‒gen apps | Airtable

Airtableは、重要なデータを操作し、柔軟なツールを超え、AIと共にワークフローを再構築することができるサービスです。コーディングは不要で、簡単に構築できます。ビジネスの実態に最も詳しい人々が、ワークの進捗を加速させるアプリをカスタマイズまたは作成することができます。

詳細はこちら→https://www.airtable.com/

Glide

※出典:グライド | コード不要のアプリビルダー | コードなしのアプリケーション開発 | AI でアプリを強化する

Glideは、ビジネスに必要なカスタムツールを簡単に作成し、展開することができるAIパワードのノーコードアプリです。開発者とデザイナーのパワーを持ち、ビジネスの問題を解決するための優れたツールを作成できます。無料で始めることができ、100以上のテンプレートからビジネスのアイデアを素早く実現できます。また、データの接続やユーザーインターフェースのカスタマイズ、ビジネスの自動化など、さまざまな機能を使いながらアプリを作成することができます。さらに、Glideのデザインシステムは、プロダクトデザイナーによって作られており、美しいデザインを提供します。ビジネスに関するさまざまなテンプレートも用意されているため、初めてのユースケースにも対応できます。

詳細はこちら→https://www.glideapps.com/

BtoBマーケティング特化のノーコードツール1選

Ferret one

株式会社ベーシックのFerret one(フェレットワン)は、これ1つで成果を出せる、BtoBマーケティングツールです。サイト更新・メール配信・リード獲得の戦略設計まで、幅広くカバーしています。Webからの受注・リード獲得に必要な「ツール」と「ノウハウ」を一気通貫でご提供します 。メソッド + ツール +サポートで、リード獲得から育成、受注獲得までを支援します。主な特徴は①BtoBメソッド、②ノーコードツール、③伴走サポートです。

詳細はこちら→https://digi-mado.jp/products/21054/

ノーコード開発の市場動向とトレンド

ノーコード開発の市場規模と成長予測

ノーコード開発の市場は、デジタルトランスフォーメーションの推進やITエンジニア不足の解消といった要因により、急速に成長しています。多くの企業が開発効率の向上やコスト削減のためにノーコードツールを導入しており、その結果、市場規模は今後も拡大すると予測されています。

ノーコード開発の最新トレンド

ノーコード開発の最新トレンドとしては、AIの活用が注目されています。AIを組み込んだノーコードツールは、ユーザーの操作を学習し、より効率的な開発を支援します。また、ノーコード開発を活用したシステム自動化や、企業の業務プロセスのデジタル化も進んでいます。これらのトレンドは、ノーコード開発が今後も更なる進化を遂げることを示しています。

ノーコード開発の事例紹介

ノーコード開発を活用した成功事例

ノーコード開発は、多くの企業や組織で成功を収めています。例えば、あるスタートアップ企業は、ノーコードツールを活用して、短期間でプロトタイプを作成し、投資家からの資金調達に成功しました。また、大手企業では、ノーコード開発を活用して、社内の業務プロセスをデジタル化し、効率化を実現しています。これらの事例から、ノーコード開発がビジネスのスピードを加速し、新たな価値を創出する力を持っていることがわかります。

ノーコード開発の失敗事例とその教訓

一方で、ノーコード開発には失敗事例も存在します。例えば、ある企業は、ノーコードツールの制限により、必要な機能を実装できず、プロジェクトが停滞した事例があります。また、ノーコードツールのセキュリティ対策が不十分であったため、データ漏洩のリスクに直面した事例もあります。これらの教訓から、ノーコードツールを選択する際は、自身のニーズとツールの機能をしっかりとマッチさせ、セキュリティ対策を確認することが重要であると言えます。

ノーコードを活用しましょう

この記事では、ノーコード開発の概要から特徴、メリット・デメリット、そして市場動向まで、幅広く解説しました。ノーコード開発は、プログラミング知識がなくてもアプリケーションやWebサービスを作成できる革新的な手法であり、開発スピードの向上やコスト削減などの利点を持つ一方で、制限されたカスタマイズ性やセキュリティへの懸念といった課題も存在します。

ノーコードツールの選択には注意が必要で、自身のニーズとツールの機能をマッチさせることが求められます。ノーコード開発の可能性は無限大で、その活用により、ビジネスの新たな価値を創出することが期待できます。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1544件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる