Menu
Close

【2024年】クラウドサーバー比較18選|選び方・導入のポイントを解説

目次

この記事では、クラウドサーバーの基本的な概念から始め、その特性、料金体系、選び方、そして市場動向までを詳細に掘り下げます。また、クラウドサーバーとレンタルサーバーやVPSとの違いについても解説します。

ビジネスの成長や変化に対応するための強力なツールとして、クラウドサーバーの利用を考えている方にとって、この記事は必見です。適切なサービスプロバイダの選択からセキュリティ対策、コスト管理まで、クラウドサーバー利用の全てを理解するためのガイドとなるでしょう。

クラウドサーバとは?

クラウドサーバの定義と特徴

クラウドサーバとは、インターネットを介してアクセス可能な仮想サーバのことを指します。物理的なサーバ設備を購入することなく、利用料を支払うだけでサーバリソースを利用できるのが特徴です。これにより、初期投資を抑えつつ、必要に応じてリソースをスケールアップ・ダウンすることが可能となります。また、データの保管や管理もクラウドサービスプロバイダが行うため、ユーザーは自社のビジネスに集中できます。

クラウドサーバの仕組みと利用方法

クラウドサーバの仕組みは、物理サーバ上に仮想化技術を用いて複数の仮想サーバを構築することで成り立っています。これにより、1つの物理サーバを複数のユーザーで共有することが可能となります。クラウドサーバの利用方法は以下の通りです。

  1. クラウドサービスプロバイダを選択する。
  2. 必要なリソース(CPU、メモリ、ストレージ等)を選択し、サーバを作成する。
  3. 作成したサーバにアクセスし、必要なソフトウェアをインストールする。
  4. サーバを運用し、必要に応じてリソースを調整する。

クラウドサーバとレンタルサーバの違い

レンタルサーバとクラウドサーバの基本的な違い

レンタルサーバとクラウドサーバの最大の違いは、その柔軟性とスケーラビリティにあります。レンタルサーバは、あらかじめ決められたリソースを月額料金で借りる形式で、リソースの追加や変更は困難です。一方、クラウドサーバは、必要に応じてリソースを追加・削減することが可能で、利用したリソース分だけを支払う従量制が一般的です。これにより、ビジネスの成長や変化に柔軟に対応することが可能となります。

レンタルサーバとクラウドサーバのメリット・デメリット比較

レンタルサーバのメリットは、料金が固定であることから予算管理が容易である点と、初期設定が容易である点です。しかし、デメリットとしては、リソースの追加や変更が困難であるため、ビジネスの拡大に対応しにくいことが挙げられます。一方、クラウドサーバのメリットは、必要なリソースを柔軟に調整でき、ビジネスの成長に合わせてスケールアップ・ダウンが可能である点です。しかし、デメリットとしては、利用量に応じた課金となるため、予期せぬ費用が発生する可能性があることです。

クラウドサーバの導入のポイント

クラウドサーバを導入するメリット

クラウドサーバを導入する最大のメリットは、その柔軟性とスケーラビリティです。ビジネスの成長や変化に合わせてリソースを追加・削減することが可能で、初期投資を抑えつつ、必要なリソースを確保できます。また、データの保管や管理もクラウドサービスプロバイダが行うため、ITリソースを自社のビジネスに集中できます。

クラウドサーバ導入時の注意点とは?

クラウドサーバを導入する際の注意点は、まず、適切なクラウドサービスプロバイダを選択することです。サービスの品質、コスト、サポート体制などを比較検討することが重要です。また、セキュリティ対策も重要な要素で、データの保護やプライバシーの確保について、プロバイダがどのような対策を講じているかを確認する必要があります。最後に、コスト管理にも注意が必要で、利用量に応じた課金となるため、予期せぬ費用が発生しないようにすることが求められます。

クラウドサーバのコストについて

クラウドサーバの料金体系とは?

クラウドサーバの料金体系は、主に従量制が一般的です。つまり、利用したリソースの量や時間に応じて課金される方式です。これにより、必要な時に必要なだけリソースを利用することが可能となり、無駄なコストを削減できます。しかし、リソースの利用量を適切に管理しないと、予期せぬ高額な請求が発生する可能性もあります。

コストパフォーマンスを考慮したクラウドサーバの選び方

コストパフォーマンスを考慮したクラウドサーバの選び方は、以下の手順で行います。

  1. 必要なリソースの量を見積もる。
  2. 各クラウドサービスプロバイダの料金を比較する。
  3. サービスの品質やサポート体制を考慮する。
  4. ビジネスの成長予測を踏まえ、スケーラビリティを評価する。

これらの手順を踏むことで、コストパフォーマンスの高いクラウドサーバを選択できます。

クラウドサーバ選びのポイント

クラウドサーバを選ぶ際のポイントは、まず、自社のビジネスニーズに合ったサービスを提供しているかを確認することです。また、サービスの品質、コスト、サポート体制などを比較検討することも重要です。さらに、セキュリティ対策やデータ保護の観点から、プロバイダがどのような対策を講じているかを確認することも必要です。最後に、ビジネスの成長に合わせてスケールアップ・ダウンできるかどうかを評価することも重要なポイントとなります。

クラウドサーバとVPSの違い

VPSとは?

VPS(Virtual Private Server)とは、1つの物理サーバを複数の仮想サーバに分割し、それぞれを独立したサーバとして利用するサービスです。各VPSは専用のCPU、メモリ、ストレージを持ち、他のVPSの影響を受けずに運用できます。これにより、専用サーバに近いパフォーマンスと制御性を、より低コストで提供できます。

クラウドサーバとVPSの違いとは?

クラウドサーバとVPSの主な違いは、そのスケーラビリティと柔軟性にあります。クラウドサーバは、リソースをリアルタイムで追加・削減でき、ビジネスの変化に素早く対応できます。一方、VPSは、リソースの追加・削減には再設定や再起動が必要で、柔軟性には限りがあります。

おすすめクラウドサーバ18選を比較

トライアル 有り
サポート チャット 

製品のおすすめポイント

  • 必要な時に、必要な分だけ使用できる柔軟性
  • スケーラビリティとパフォーマンスを向上させるコンピューティング
  • 世界最大級のグローバル ネットワークを所有
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 高性能・高信頼な、他ユーザーの影響を受けない専用型基盤
  • 管理ソフト『VMware vCenter』を提供
  • オンプレミス環境から簡単にクラウド化が可能に
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • ビジネスに俊敏性をもたらす次世代クラウドインフラIaaS
  • コンピュート/Oracle Cloud Infrastructure - Compute
  • ストレージ/Oracle Cloud Infrastructure - Storage
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 完全なクラウドでの提供で、自在に環境設定
  • 既存システムの移行に無駄な時間を費やす必要がありません
  • 豊富なAPIを用意しており、クラウドAPIを完全自動化
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • クラウド化して費用の削減と利便性を図るだけではありません
  • デジタル変革を加速し、イノベーションを推進
  • 最先端のデータクラウドでスマートな意思決定を実現
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 楽天グループの通信・ITのテクノロジーをフル活用
  • 高いセキュリティ基準と法令準拠で運用も安心
  • 柔軟な料金設定と使いやすさでコストがかからない
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 高度なセキュリティ設定が可能でウィルスに強い
  • SLA99.99%!安定したインフラ環境の稼働を保証します
  • 関連サービスを一貫して利用可能、クラウドの一括化で迅速な対応に
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 自社のデータセンターと国産仮想専用サーバー、サポート体制も万全で安心
  • メモリーのディスクも大容量!日数ごとの使い分けも可能
  • 複数サーバーでローカルネットワークの構成が可能
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • サーバー構築が早い!料金もシンプルで導入しやすい
  • クラウド基盤の信頼性が高く災害や障害に強い
  • 充実した機能とわかりやすい操作で使いやすい
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 利用状況に応じて最適なプラン・コストに対応可能
  • サポート体制サービス環境が手厚い!高い品質と信頼性
  • 利用者からの操作が簡単で低コスト、運用も簡単に管理できる
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 障害に強い!システム構成の完全冗長化とバックアップを完備
  • リソースを自由に組み合わせられる高い柔軟性
  • 回線フリーで外部接続が可能!どんなネットワークでも対応可
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • Iaasでも高い自由度でさまざまな環境構成に対応可能です
  • 停止障害ゼロ!占有ファイアーウォールで高い信頼性
  • 充実のサポート体制で安心安全に運用可能です
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 高いワークロードに耐えうる高性能のサーバ-
  • 柔軟な設計であらゆるシステム構成に適応するネットワーク
  • 豊富なセキュリティソリューションで、安心の運用
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 大容量・高品質ネットワークの10G接続
  • SLA(品質保証制度)99.999%の安定性
  • DDoS対策標準装備など、万全のセキュリティ体制
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 変化に適応できる基盤へ移行するための、日本国産クラウドサービス
  • Azureのスムーズな導入と運用を後押しする
  • AWSを「富士通が提供するサポート」と共に利用可能
トライアル 有り
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • 基盤となるセキュリティーでエッジからクラウドまでの継続的な保護
  • IBM Watsonでより優れたビジネス予測
  • ハイブリッドクラウドのアプローチで、予測可能な環境
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • アジアを中心にグローバルに展開しています
  • データインテリジェンスのリーダーとして信頼性が高く使いやすいサービスを提供
  • 1秒あたり544,000トランザクションのパフォーマンスと信頼の実績

クラウドサーバの将来性とクラウド化の進行

クラウドサーバの市場動向と将来性

クラウドサーバの市場は、デジタルトランスフォーメーションの推進やリモートワークの普及により、急速に拡大しています。また、AIやビッグデータの活用が進む中、クラウドサーバの需要はさらに増加すると予想されます。これらの動向から、クラウドサーバの市場は今後も持続的な成長が見込まれます。

クラウド化の進行とその影響

クラウド化の進行は、ビジネスの効率化やコスト削減、新たなビジネスチャンスの創出など、多くの影響を及ぼしています。一方で、セキュリティやプライバシーの問題、技術的な課題など、新たな課題も生じています。これらの課題に対応するためには、適切なクラウドサービスの選択と、その運用・管理のスキルが求められます。

クラウドサーバーを活用しましょう

この記事では、クラウドサーバの基本的な概念から、その特性、料金体系、選び方、そして市場動向までを詳細に解説しました。クラウドサーバは、その柔軟性とスケーラビリティにより、ビジネスの成長や変化に対応する強力なツールとなり得ます。しかし、適切なサービスプロバイダの選択や、セキュリティ対策、コスト管理など、その利用には注意が必要です。これらのポイントを把握し、自社のニーズに最適なクラウドサーバを選択することで、ビジネスの効率化と成長を実現することが可能です。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1491件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる