Menu
Close

日報アプリおすすめ10選!書き方や個人と組織のメリットを紹介

目次

日報の価値を深く理解し、その効果を最大限に引き出すための道筋を探求します。日報がなぜ必要なのか、どのように書き、活用すればよいのか、そのメリットと注意点を明らかにします。この記事を通じて、日報が自身の成長や業務の進行に如何に貢献するかを学び、日報作成をあなたの日々の習慣に組み込む手引きとしてご活用いただけます。

日報の重要性

なぜ日報が必要なのか

日報は、自己の進捗管理や情報共有、コミュニケーション強化のために不可欠なツールです。日常的な業務を明確に記録することで、自己の生産性を向上させ、目標達成に向けた一歩一歩の進行を把握することが可能になります。また、日報を共有することでチーム内の透明性が向上し、共同作業の効率化を図ることが可能となります。日報はあなた自身のプロフェッショナルな進歩を促進するだけでなく、周囲との円滑な関係作りにも寄与します。

日報の役割と目的

日報の主な役割は、自身の活動を記録し、把握することです。これは、自分が何に時間を費やし、どの活動が成果に結びついているのかを明確に理解するための重要なステップです。また、日報は他のメンバーとの情報共有の場でもあります。各々の進捗状況や課題を共有することで、チーム全体の調整を促進し、共同作業の効率を高めます。さらに、日報は自己反省の機会でもあり、自分自身の行動や考え方について深く考えることを促します。

日報の書き方

どのように日報を書くべきか

効果的な日報を作成するためには以下のポイントを意識すると良いでしょう。

  1. 日付と名前:日報の先頭には日付と自分の名前を明記します。
  2. 達成したタスク:その日に達成したタスクを具体的にリストアップします。
  3. 進行中のタスク:進行中のタスクや問題点を明記します。
  4. 明日の計画:次の日に予定しているタスクをリストアップします。
  5. 気づきや反省点:その日の経験から得た気づきや反省点を共有します。

これらのポイントを意識することで、日報はあなたの活動を明確に示し、自身の進捗状況を把握しやすくなります。

日報の効果的なフォーマットとその例

効果的な日報は、一貫性と明瞭性を兼ね備えていることが重要です。一般的なフォーマットは以下の通りです:

  1. 日付と名前
  2. 本日の主な業務とその結果
  3. 進行中の課題とその進捗状況
  4. 本日の学びや気づき
  5. 明日の予定と目標

例として、「2023年6月20日 – 山田太郎。本日は新プロジェクトの計画を立て、進行状況を報告しました。未解決の課題としては、データ分析の進行度が遅れています。今日学んだことは、コミュニケーションの重要性とタスクの優先順位付けです。明日の目標はデータ分析を進め、チームミーティングで報告することです。」という具体的な日報が考えられます。

日報のメリット

個人の成長につながる日報のメリット

日報は、個人の成長を促進する重要なツールとなります。まず、自身の行動と業績を記録することで、自己認識を深め、行動の改善につなげることが可能となります。また、日報の作成過程で達成した成果や遭遇した課題を思い出し、自己反省の機会を持つことができます。さらに、日報を通じて自己の学びを定期的に記録することで、知識の定着を助け、スキルの習得を促進します。

チームや組織にもたらす日報のメリット

日報は個人だけでなく、チームや組織全体にもメリットをもたらします。具体的には、日報を通じて全員が業務進捗や課題を共有することで、チームの透明性が向上します。これにより、コミュニケーションのスムーズ化や作業の調整が容易になり、全体の生産性が向上します。また、メンバー間の理解を深め、共感や協力の機会を増やし、組織の一体感を高めます。

日報の注意点

日報を書く上でよくあるミスとその対策

日報作成時にありがちなミスとして、情報の過剰かつ不適切な共有、漠然とした内容、そして一貫性の欠如が挙げられます。対策として、1つ目は、業務に関連する重要な情報のみを絞り込み、具体的に記述すること。2つ目は、具体的な成果や課題を明確に述べ、漠然とした表現を避けること。そして3つ目は、日報の形式を統一し、読む人が理解しやすい一貫性を保つことです。

効果的な日報を維持するための秘訣

効果的な日報を維持するためには、定期性と自己反省の機会を設けることが重要です。まず、日報を書くことを日常的な習慣とすることで、定期性を保つことが可能です。また、日報を通じて自己の行動や成果、学びを振り返ることで、日報の質を向上させることができます。

日報を活用する具体的な方法

日報を業務の一部とする方法

日報を業務の一部とするには、日報作成を日常のルーチンとして定着させることが重要です。具体的には、一日の終わりに時間を設け、その日の業務内容や達成したこと、学んだことを整理し、日報にまとめると良いでしょう。これにより、日報作成は業務の一部となり、習慣化することが可能です。

フィードバックや自己評価に日報を活用する方法

日報は自己評価やフィードバックのツールとしても活用可能です。自己評価の際には、自身の日報を振り返り、自己の成果や成長を確認し、改善点を見つけることができます。また、他のメンバーからのフィードバックを受け取る際にも、自身の日報を共有することで、具体的な行動や成果に基づいた有意義なフィードバックを得ることが可能となります。

おすすめの日報アプリ・ツール10選

Goalous

株式会社ColorkrewのGoalousは、日本マーケティング機構による組織改善ツール3部門でNo.1に選ばれたOKRツールです。NTTDATAや、FUJIFILMといった大企業や、中小企業も含めて幅広く使用されています。業務の見える化を推進することで、組織のエンゲージメント向上を支援。フィードバックの活性化を促し、組織を自律的に動くようにします。メンバーとの業務内容の共有、把握や、社内SNSで情報共有の活性化が可能です。

詳細はこちら→https://digi-mado.jp/products/34106/

ChatWork

Chatwork株式会社のChatworkは、誰でも使えるシンプルな機能が特長のビジネスチャットツールです。外部の調査では、ビジネスチャットの国内利用者数で、2019年~2022年までNo.1と多くの支持を集めています。実際に業務で使える無料プランもあり、手軽に始めることができます。Chatworkユーザであれば、すぐにメッセージのやり取りが可能なので、社内外問わず情報共有が円滑に。また、外部サービスとの連携も行いやすいのも魅力です。

詳細はこちら→https://digi-mado.jp/products/43265/

LINE WORKS

ワークスモバイルジャパン株式会社のLINE WORKSは、LINEとつながる唯一のビジネスチャットです。LINEのような使い勝手で導入したその日から誰でもすぐに使えます。おなじみのチャットやスタンプでの楽しい職場づくりはもちろん、LTNEや他社のLINE WORKSユーザーとの連携機能で、社外とのつながりもさらに広がります。社内周知ができる掲示板や、資料等をどこからでも保存/覧できるDrive、など、充実した機能が1つのアプリに揃っています。

詳細はこちら→https://digi-mado.jp/products/44812/

banto

bantoは面倒な進捗管理を自動化・効率化するOKRソフトです。住宅建築を含めた幅広い企業に使われており、人材の管理を容易にできます。チャットボットによる日報の催促や、進捗の集計などを行い、上司の負担を軽減します。チャットボットを利用して質問に答えることで報告が完了し、報告する機能もあり、今まで人が行ってきた催促などのストレスのかかる行動を肩代わり。上司だけでなく、部下のストレスも軽減することで、心理的な部分を守ることが可能です。

詳細はこちら→https://digi-mado.jp/products/34422/

日報アプリgamba!(ガンバ)

※出典:日報共有アプリgamba! | 日報をシェアしてコミュニケーションを活性化

gamba!は会社を育てる日報アプリであり、現場の状況を見える化し、社内コミュニケーションを活性化させ、業務効率化を図ります。テンプレートを柔軟に設定可能で、日報提出率も100%になります。また、ナレッジ共有や心理的安全性の向上、マネジメント強化、部署間連携強化、エンゲージメント向上、ペーパーレスの促進など、さまざまなメリットがあります。登録実績15,000社以上あり、導入事例も豊富に紹介されています。

詳細はこちら→https://www.getgamba.com/

日報管理システムNanoty

※出典:日報管理システムnanoty

nanotyはクラウド型の日報システムで、業務の見える化を支援します。過去の日報を簡単に検索できるようになり、報告内容が統一されて見やすくなります。また、日報から業務時間などを集計し、現場の実態を把握して改善に役立てることができます。さらに、スマートフォンからも利用可能で、コメントやいいね!を送ることで日報の継続やコミュニケーションの活性化を図ります。カスタマイズが可能で操作も簡単、紙やエクセルよりも使いやすいです。

詳細はこちら→https://www.nanotybp.jp/

日報くん

※出典:業務管理システム「日報くん」は日報提出・稼働実績の集計に最適

日報くんはクラウド型の日報提出・稼働集計システムで、スマホやPCなどマルチデバイスで利用できます。便利な機能が詰まっており、日報の提出手続きを最小限に抑えることができます。システムは人やチームごとの稼働集計やリソース管理を自動化し、テレワーク中の業務効率や成果を把握することができます。インターネット環境さえあればどこからでも利用できるため、新たなネット契約は必要ありません。企業や経営層、営業職などさまざまな業種や役職におすすめのシステムです。

詳細はこちら→https://nippoukun.bpsinc.jp/

ワンズ営業日報

※出典:営業支援|SFA|ワンズ営業日報

ワンズ営業日報は、営業支援のためのハイスペックで多機能なデジタル営業日報です。一般的な営業日報やSFA(セールスフォースオートメーション)の機能をすべて網羅しており、営業活動を効率化するための優れたツールとなっています。このシステムの主な機能はExcelテンプレート機能によるデータ出力、報告書への画像添付と検索機能、スマホやガラケーからの利用可能なモバイル機能、報告書の項目を自由にカスタマイズできる機能などがあります。その他にもポータル表示、スケジュール管理、商談報告・営業日報の入力、顧客マスタの管理、受注管理、検索機能、セキュリティ設定など多くの機能が提供されています。

詳細はこちら→http://www.wandseigyo.jp/top/indexDefault.html

未来日報

※出典:未来日報 | 未来に繋がる日報ツール『未来日報』

未来日報は、自分の考えを伝えたり、社内コミュニケーションを活性化させたり、TODO管理を改善したりするための便利なツールです。日報作成や顧客情報管理、未来の予定管理など、さまざまな機能を提供しています。セキュリティもしっかりしており、クラウド上でいつでもどこでも利用できます。さまざまなプランも用意されていますので、オフィスの規模やニーズに合わせて選ぶことができます。

詳細はこちら→https://www.mirairepo.net/

Pace

※出典:日報を使った工数管理ツール | Pace(ペース)

Paceは、日報の入力をもとに案件ごとの利益をリアルタイムで見える化する工数管理ツールです。利益を最大化するための経営分析や業務フローの改善に活用できます。また、料金プランはメンバー数によって異なり、スマートフォンやタブレットでも利用可能です。無料トライアルもありますので、興味のある方は試してみることをおすすめします。

詳細はこちら→https://paces.jp/

日報を有効活用しましょう

この記事では、日報の必要性からその書き方、メリット、そして注意点に至るまで、包括的に探求しました。日報は自身の成果や課題を明確にし、チームの情報共有に一役買うことが可能です。実践的な書き方と活用方法を採用することで、日報は個人の成長と組織の発展に繋がる強力なツールとなり得ます。最適な日報を作成し、継続的にそれを活用することで、自己進化と業務効率化に貢献することができるのです。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1491件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる