Menu
Close

経営管理システムの導入事例8選|導入前の課題や導入後の効果を紹介

目次

本記事では、企業が経営管理システムを導入することで、どのような効果を得られたのかについて紹介します。導入した企業の業種と規模を確認し、導入前の課題から改善の施策、導入後の効果を知ることで経営管理システムを導入する際の参考にしましょう。

導入事例1:ルネネットワーク株式会社(導入製品:bixid)

経営者もスタッフも変わる。 意識を変えたbixidの導入。

※出典:ルネネットワーク株式会社 導入事例 | 経営の強靭化 bixid(ビサイド)

業種 企業規模
ビジネスサービス 51名-100名

導入前の課題

前々期の決算状況が厳しく、融資条件として経営の見直しとキャッシュ管理の必要性が浮上しました。従来の感覚的な経営手法では自信を持てず、正確な数字管理が求められていました。また、直感的かつビジュアルにわかりやすいシステムも必要と感じており、それを満たすソリューションを探していました。

改善の施策

セカンドオピニオンの税理士事務所から紹介されたbixidに注目し、導入を決めました。bixidを活用することで、正確な数字の管理と可視化が可能になりました。また、従業員への意識啓発や経費削減の取り組みなど、経営者自身がコスト意識を持ち、全員が「無駄をしない」意識を共有する環境を整えました。

導入後の効果

bixidの導入により、経営管理に大きな変化を感じています。キャッシュフローの把握により、営業活動に自信を持つことができるようになりました。キャッシュフローの改善も見られ、数千万単位のキャッシュ残を実現しました。従業員も意識を高め、経費削減や効率化に積極的に取り組むようになりました。これらの積み重ねが利益にもつながり、持続的な成長を実現する基盤が整いました。

導入した製品:bixid

bixidの製品情報はこちら→https://digi-mado.jp/products/27696/

bixidの事例一覧はこちら→ https://digi-mado.jp/case/?prd_id[]=27696

導入事例2:株式会社クリエイティブアローズ(導入製品:bixid

キャッシュフローの見える化が、 意思決定のスピードを上げる。

※出典:株式会社クリエイティブアローズ 導入事例 | 経営の強靭化 bixid(ビサイド)

業種 企業規模
広告・放送・出版 6名-20名

導入前の課題

創業以来、月次決算報告は紙ベースの資料で行われており、報告会の際に初めて情報を受け取る形式でした。報告書の数字の説明に約1時間かかることや、経営者が常に忙しく、キャッシュフローの確認や経営管理に時間を割くことが難しいという課題がありました。

改善の施策

bixidの導入により、月次決算の報告形式が大きく変化しました。数字の共有が事前に行われることで、経営者はセルフチェックを可能とし、報告会の時間を20分程度に短縮しました。さらに、PCやスマホでいつでもどこでも月次決算レポートを参照できるため、打ち合わせ中や移動中にもスピーディーに情報を確認することができるようになりました。

導入後の効果

bixidの導入により、経営管理において大きな効果が生まれました。月次決算報告会の質が向上し、報告書の数字の説明にかかる時間が大幅に短縮されました。これにより、報告会の残りの時間を未来志向のトピックスや新規案件に充てることができ、有意義な議論が行われるようになりました。また、経営者はいつでもどこでも財務状況やキャッシュフローを確認できるため、意思決定のスピードが向上し、ビジネスの展望を見据えた判断が可能となりました。

導入した製品:bixid

bixidの製品情報はこちら→https://digi-mado.jp/products/27696/

bixidの事例一覧はこちら→ https://digi-mado.jp/case/?prd_id[]=27696

導入事例3:ユーピーアール株式会社(導入製品:DIGGLE)

ユーピーアール株式会社|予実分析と差異報告が大きく改善。サポートも充実していて使いやすい

※出典:ユーピーアール株式会社|予実分析と差異報告が大きく改善。サポートも充実していて使いやすい | 予実管理インサイト

業種 企業規模
ビジネスサービス 101名-300名

導入前の課題

以前は予実管理業務において、エクセルを使用し異なる総勘定元帳の突合や手動での実績入力が必要であり、部門ごとの変更に伴うエクセルの修正や会計システムとの整合性確認に多大な工数と時間を費やしていました。また、月次の予実管理資料作成に時間を割くことも多く、効率性やスピードに課題がありました。

改善の施策

「DIGGLE」の導入により、会計システムの総勘定元帳をダウンロードし、迅速かつ正確に予実管理を行うことが可能となりました。部門ごとのシート作成や計算式の修正の手間がなくなり、実績入力も簡素化されました。また、「DIGGLE」のカスタマイズや操作説明会を通じて、会計システムからのスムースなデータインポートが実現され、数字の整合性を容易に確認できるようになりました。

導入後の効果

導入後、部署ごとに勘定科目まで詳細を確認できるようになり、事業部長などのユーザーからも高い評価を受けています。事業部長はリアルタイムに月次レポートやPL分析から詳細までドリルダウンして確認でき、予算策定や分析が迅速かつ正確に行えるようになりました。

さらに、通期見込の作成やデータ収集の効率化も実現し、全体のスケジュール管理や予算の精度向上に貢献しています。使いやすいシステムとして、経営企画部や事業部からの信頼も高まり、サポート体制の充実も安心感を与えています。

導入した製品:DIGGLE

DIGGLEの製品情報はこちら→ https://digi-mado.jp/products/27664/

DIGGLEの事例一覧はこちら→ https://digi-mado.jp/case/?prd_id[]=27664

導入事例4:株式会社サイバーセキュリティクラウド
(導入製品:DIGGLE)

株式会社サイバーセキュリティクラウド|DIGGLE導入の決め手は、予実管理の業務フローにそった設計思想と手厚いサポート体制

※出典:株式会社サイバーセキュリティクラウド様 導入事例 | 予実管理インサイト

業種 企業規模
IT・情報通信 不明

導入前の課題

経営管理業務においてスプレッドシートを使用していたことから、予実管理の脱属人化が困難であり、予算や着地見込の把握が難しくなっていました。また、組織の成長に伴い細分化が進み、状況把握が困難になったため、効率的な業務フローと一般化されたツールの導入が求められました。

改善の施策

「DIGGLE」の導入により、業務フローの定型化と経理担当者への負担軽減を図ることで、脱属人化を実現しました。予算ごとにIDを使用して予実管理を行い、取引先の増加に伴うシステムの拡張や負担増を回避しました。さらに、「DIGGLE」の手厚いカスタマーサポートと連携しながら、各部署にレポートを開示し、コスト意識を高めました。

導入後の効果

導入後の効果は、「DIGGLE」の導入により、月次差異と着地見込を迅速かつ正確に把握することが可能となり、投資意思決定の誤りや開示の必要性によるリスクを軽減しました。業務フローの一元化により、関係者全員が予実差異や着地見込を理解し、予算シートへのアクセスも容易になりました。

また、「DIGGLE」の予測機能を活用することで、素早い見込情報の把握と正確な予測を実現しました。導入後は、経理担当者に頼らずに予算と稟議を連携し、経営情報の一元化とワークフローシステムとの連携を期待しています。

導入した製品:DIGGLE

DIGGLEの製品情報はこちら→ https://digi-mado.jp/products/27664/

DIGGLEの事例一覧はこちら→ https://digi-mado.jp/case/?prd_id[]=27664

導入事例5:住商メタルワン鋼管株式会社(導入製品:Loglass)

データ集計が2日間から10分に短縮。データの見やすさが表計算ソフトとは段違い

※出典:住商メタルワン鋼管株式会社|導入事例|Loglass|次世代の経営管理クラウド

業種 企業規模
卸売 301名-1,000名

導入前の課題

以前は予算作成と集計の作業が手作業で行われており、時間と労力を要していました。担当社員が一人で集計を担当していたため、入力ミスや異常値の確認、修正依頼などに追われ、分析まで手が回らない状態でした。組織変更時のマスタメンテナンス作業も非効率で、変更に丸2日かかることもありました。また、経営陣からの質問に対して複数のファイルを見る必要があり、数字へのアクセスが煩雑でした。

改善の施策

Loglass導入を検討し、組織変更の作業やマスタメンテナンスを効率化することとしました。Loglassではドラッグ&ドロップで組織マスタの更新が可能であり、作業時間を大幅に短縮することができました。また、Loglassの画面から補助科目や明細へのアクセスが容易になり、複数の資料を探す必要がなくなりました。

導入後の効果

Loglassの導入により、予算作成や集計作業が自動化され、効率が大幅に向上しました。集計作業に追われることなく、より多くの時間を分析に充てることができるようになりました。これまで2日間かかっていた組織変更の作業時間も10分程度に短縮され、柔軟な組織変更が可能になりました。また、Loglassの画面から補助科目や明細へのアクセスが容易になり、数字へのアクセス性が向上しました。さらに、経営陣からの質問にも迅速に回答できるようになりました。

導入した製品:Loglass

Loglassの製品情報はこちら→ https://digi-mado.jp/products/27429/

Loglassの事例一覧はこちら→https://digi-mado.jp/case/?prd_id[]=27429

導入事例6:株式会社セプテーニ・ホールディングス
(導入製品:Loglass)

予算策定、予実管理にかかる工数は3割削減。部署間の情報連携も円滑になり、予算策定が効率化

※出典:株式会社セプテーニ・ホールディングス|導入事例|Loglass|次世代の経営管理クラウド

業種 企業規模
IT・情報通信 1,001名以上

導入前の課題

新しい経営管理システムの導入を検討するにあたり、いくつかの企業から提案を受け、比較検討を行いました。重要なポイントとして、経営管理業務の効率化と情報共有の改善が挙げられました。現行の表計算ソフトとの整合性や分かりやすさも求められていました。また、コスト面でも優れた製品を選ぶ必要がありました。

改善の施策

新しい経営管理システムの導入に際し、長期的な目標としては経営陣への正確かつリアルタイムな情報提供を実現し、短期的な目標としては管理会計業務の効率化を図りたいと考えました。Loglassは要件を満たす他のシステムと比較しても費用対効果が優れており、分かりやすいインターフェースや柔軟なカスタマイズ性も魅力でした。また、Loglassの開発スピードやユーザーヒアリングにも注目しました。

導入後の効果

Loglassを導入して半年が経過しましたが、効果として2つの点が挙げられます。まず、管理会計業務における集計や分析の時間が大幅に削減されました。以前の手作業と比較して、工数を3割削減することができました。さらに、部署間のコミュニケーションも円滑化しました。Loglassによる情報共有方法の変更により、リアルタイムでのコミュニケーションが可能になり、行き違いや二度手間が減りました。

導入した製品:Loglass

Loglassの製品情報はこちら→ https://digi-mado.jp/products/27429/

Loglassの事例一覧はこちら→https://digi-mado.jp/case/?prd_id[]=27429

導入事例7:Fountain Tire(導入製品:CCH Tagetik)

Fountain Tire:予測ソフトウェアにより、予測精度が15%向上

※出典:Fountain Tire | Wolters Kluwer

業種 企業規模
小売・流通 不明

導入前の課題

カナダのタイヤディーラー、Fountain Tireは、自動車サービス業を営む中で、販売量と複雑さが増加し、社内の計画力では対応しきれなくなっていました。販売量の増加やSKUの増加、拡張、供給停止、需要変動、ステークホルダーの多様な要望により、従来の予測メソッドでは信頼性の高い発注データの作成や顧客満足に基づくサービスレベル契約のための精度を確保することができませんでした。

改善の施策

Fountain Tireは、課題に対処するために、AIを活用したソフトウェアであるCCH Tagetik Supply Chain Planningを採用しました。その結果、品目、リージョン、月次の予測データを迅速かつ正確に作成することが可能となりました。予測ソフトウェアを使用することで、在庫アナリストは煩雑なスプレッドシートや手作業の予測調整から解放され、自動的に新しいベースラインの予測データを生成することができます。

また、サプライチェーンの履歴データはデータベースから直接インポートされ、AIモデリングにより各製品に最適な予測メソッドが自動的に適用されます。これにより、予測の精度が大幅に向上し、アナリストが従来手作業で費やしていた時間を予測管理や注文管理などの付加価値の高い業務に充てることができました。

導入後の効果

CCH Tagetik Supply Chain Planningを導入した結果、Fountain Tireは以下の効果を得ることができました。まず、より優れた標準予測データを自動的に生成することができるようになりました。これにより、正確な予測と市場全体や供給停止に対する適切な対応が可能となりました。

さらに、ユーザーは予測の例外や問題箇所に関心を向けるように導かれ、手作業での予測データの統合を必要としない手軽な方法が提供されました。これにより、予測管理と注文管理に費やしていた時間が大幅に削減され、アナリストは市場インテリジェンスや調整された目標、販売予測に集中することができました。改善されたベースライン予測の調整に力を注ぎ、予測の品質と効率が向上しました。

導入した製品:CCH Tagetik

CCH Tagetikの製品情報はこちら→https://digi-mado.jp/products/38618/

CCH Tagetikの事例一覧はこちら→https://digi-mado.jp/case/?prd_id[]=38618

導入事例8:Country Malt Group(導入製品:CCH Tagetik)

Fountain Tire:予測ソフトウェアにより、予測精度が15%向上

※出典:Fountain Tire | Wolters Kluwer

業種 企業規模
小売・流通 不明

導入前の課題

Country Malt Groupは、計画プロセスの改善が必要であると判断しました。現在の状況では、統合された計画ソリューションが欠けており、手作業による入力と保守が多くのリスクを伴っています。また、サプライチェーンの可視性も不十分で、連携が効率的ではありませんでした。

改善の施策

Country Malt Groupは部署間の連携を促進する統一された計画プラットフォームが必要であると考えました。そこで、CCH Tagetikのソフトウェアを導入することを選択しました。このソフトウェアにより、サプライチェーンを最新化し、手作業からの入力を自動化しました。さらに、需要や在庫の調整が必要な場合には計画担当者に警告する機能も備えています。これにより、予測的な計画に基づいて在庫を最適化し、戦略的な意思決定を支援することが可能になりました。

導入後の効果

CCH Tagetikのソリューション導入により、Country Malt Groupは以下の効果を実感しています。第一に、在庫の最適化がモデル化され、さまざまなシナリオがサプライチェーンに与える影響を把握することができるようになりました。これにより、より効率的な計画を立てることが可能となりました。

また、手作業からの入力作業が減り、リアルタイムのデータと市場インサイトに基づいた最適な戦略の決定に時間を費やすことができるようになりました。このソリューションによって、Country Malt Groupは収益の増加や期限切れ原料や貯蔵に関連するコスト削減を実現しています。

導入した製品:CCH Tagetik

CCH Tagetikの製品情報はこちら→https://digi-mado.jp/products/38618/

CCH Tagetikの事例一覧はこちら→https://digi-mado.jp/case/?prd_id[]=38618

経営管理システム11製品の比較一覧

経営管理システム予算管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • データが瞬時に集まるのですぐに分析作業ができる
  • データへのアクセス性を高めて質の高い意思決定が可能
  • マスタ管理を利用して経営状態を反映できる
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 人事のKPIをダッシュボードで簡単モニタリング
  • マトリクス分析によって埋もれた人材を発掘できる
  • 事業部や子会社の情報も統合。グループ間の人材再配置を加速

経営管理システム予算管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • グループ経営管理のベストプラクティス
  • データを一元管理
  • 経営管理ニーズに対応できる柔軟性・拡張性

経営管理システム予算管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 管理会計のPDCAを強力にサポート
  • 多軸(多次元)管理によるセグメント分析
  • 豊富なノウハウと導入実績
  • 小規模ユーザー向けライセンス体系あり

経営管理システム予算管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • お客さまの入力方式に合わせた柔軟な画面設計
  • 人手や工数を大幅削減し、ミスを減らすことができる
  • 高度な予実管理でPDCAサイクルをスムーズにする

経営管理システム予算管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 会計ソフトと連携
  • 簡単に見やすいレポートを作成
  • KPI計画も立てる事ができる 詳細計画
  • 権限設定で必要な情報を 適切に開示
  • PL/BS/CFの連動で 資金繰り見通しも簡単に把握

経営管理システム予算管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 鋭い現状分析を行い経営判断を加速させる経営支援クラウド
  • スマホアプリでいつでもどこでも簡単に確認
  • 「中期年次計画」機能で予算作成を含めた経営計画を立案

経営管理システム予算管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • リアルタイムで更新を可能にした多次元集計データベース
  • 高速なオンメモリー集計を実現し、最適な環境構築ができる
  • ワンパッケージで組み合わせが可能、柔軟に業務対応する

経営管理システム予算管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • データを効率的に市場機会に変換し、収益の成長を加速させる
  • 課題を洗い出ししてニューノーマルで成功できる
  • 情報にアクセスし、認知されていない可能性を解放させる

経営管理システム予算管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 予算や実績のデータ、突合・集計・蓄積を省力化
  • 企業の予算消化を可視化し、直感的に情報を収集できる
  • 予算・着地差異の要因を瞬時に把握し、アクションに映せる

経営管理システム予算管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • クラス最高のアプリケーションで仕事の未来をリード
  • 的確な計画と予算編成でコストを削減
  • 唯一無二のエクスペリエンス、業界最高レベルの顧客満足度

経営管理システム予算管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 統合的な機能によって、連結経営が可能になる
  • 将来予測のためにデータを効率よく収集できる
  • 無駄な作業を排して経営と業務の効率化を図る

経営管理システム予算管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 需要と供給のバランスを取るサプライチェーンを計画する機能
  • 予算の編成や、計画ファーキャストにも対応
  • キャッシュフロー計画や分析ができ機能が充実
デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1544件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる