Menu
Close

MJSLINK DX 財務大将の導入事例

業務・情報を可視化したい

手書きベースの経理から「MJS Cloud IaaS」に移行して業務の大幅な効率化を実現

※出典:手書きベースの経理から「MJS Cloud IaaS」に移行して業務の大幅な効率化を実現

最終更新日: 2021/12/01

この導入事例のポイント

  • 手書きの煩雑さ解消と十分な経営分析、運用コストの削減で安全性向上を図りたい
  • 全社の経営情報をリンクさせる管理システム「MJSLINK NX-Plus」を導入
  • 今まで手書きで行っていた作業をデータ化することで、作業効率等が大幅アップした
  • 過去データ閲覧などの際、仕訳を呼び出すことが可能となり、時間と手間の短縮ができた
  • 同システム内に蓄積されたデータを活用し、試算表の分析なども可能となった

この導入事例のカテゴリー

この導入事例で紹介した製品

株式会社ミロク情報サービスのMJSLINK DX 財務大将は経営基盤のコアとして、全社的な経営情報の集積基地として活躍する会計ソフトです。財務大将は使いやすさに磨きをかけ、検索機能やAI監査支援など日頃の業務を行ううえで便利な機能の充実をはかっています。簡潔で分かりやすい機能によって、会計業務を効率化するとともにできる限りヒューマンエラーを防止する設計になっているだけでなく、高度な経営判断を支援することが可能です。

製品のおすすめポイント

  • フレキシブルなマスタ設計により、あらゆる業務への対応が可能に
  • 伝票入力やデータ検証に対応し、ヒューマンエラーを防止する
  • 管理帳票や経営管理の機能の充実、ドリルダウン機能も
運営企業情報 株式会社ミロク情報サービス
ソフト種別 パッケージ型ソフト 
基本的な機能 伝票入力 帳簿作成 入金管理 支払管理 経営分析 資金管理 予実管理 決算書作成 データ連携 自動取込
推奨環境 PCブラウザ 
サポート 電話 メール チャット 
トライアル
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種 製造 小売・流通 IT・情報通信
よく導入している企業の規模 101名-300名 51名-100名

導入前に知っておきたい基礎知識

「会計ソフト」とは

会計ソフトとは簡単にいうとお金の動きを管理・集計できるソフトです。主に会計担当や経理担当、財務担当の業務を自動化・サポートし、業務の効率化が実現します。現代ではテレワーク化が進み、従業員と経理が顔を合わせないことも多く、紙書類の扱いも難しくなったため会計のクラウド化に拍車がかかっています。

近年の会計ソフトは今までの「紙とペンと電卓を使う計算」を自動化するような単純なものでなく不随する機能が多くあり、種類や製品ごとの違いが分かりづらいという特徴があります。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

MJSLINK DX 財務大将

株式会社ミロク情報サービス

製品詳細をみる

製品のおすすめポイント

  • フレキシブルなマスタ設計により、あらゆる業務への対応が可能に
  • 伝票入力やデータ検証に対応し、ヒューマンエラーを防止する
  • 管理帳票や経営管理の機能の充実、ドリルダウン機能も

- お役立ちコンテンツ -
導入前に知っておきたい基礎知識

「会計ソフト」とは

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1491件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる