Menu
Close

統合物流管理 LMSの導入事例

最終更新日: 2022/05/18

その他 不明

業務 物流管理システム

営業プロセスを最適化したい 営業経費を削減したい 財務・経理・総務 業務を効率化したい コストを削減したい

物流アウトソーシングでコスト削減とイベント開催の増加を実現

※出典:イベント開催数の増加と配送コストの削減 その他業種|導入事例|セイノー情報サービス|物流アウトソーシングでコスト削減とイベント開催の増加を実現

この事例のポイント

  • 手配や段取りが煩雑になり、イベント企画や運用に割く時間が減り物流コストも上昇
  • 「統合物流管理 LMS」により、受注から配送・回収までをワンストップ化した
  • 年間の物流コストを20%削減でき、 同時にイベント開催数が30%もUPした
  • データの一元管理により急な問合せにスムーズに対応できるように、クレームも激減

今回導入した製品

物流管理システム

統合物流管理 LMS

株式会社 セイノー情報サービス

物流管理システム

統合物流管理 LMS

株式会社 セイノー情報サービス

株式会社セイノー情報サービス物流管理システム「LMS」は運送業界はもちろん、大手アパレル小売業等、日本を代表する多くの企業で導入実績がある物流管理システムです。機能としては物流のプランニングから実績管理、コスト管理まで一連の物流業務の機能を標準搭載している為、物流業務の効率化を図る事ができます。また、近年、注目されている最新技術「BRAIS」も搭載されている為、データ解析や、業務の省人化・効率化といった部分にも役立てる事ができます。

  • 全体最適な出荷計画が可能
  • 物流進捗管理機能により迅速な対応が可能
  • 物流KPI管理によりサービス品質の向上が可能
ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
基本的な機能 入出荷管理機能 入出庫管理機能 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート 電話 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
運輸・物流 その他
よく導入している企業の規模
不明

この製品の導入事例掲載数3

この製品の導入事例を見る

導入した製品のカテゴリ

物流管理システム

物流管理システムとは、物流に関する業務情報(工程・商品情報・在庫情報など)を一つのシステム内で一元的に管理できるツールのことを指します。

主に、物流管理システムは「倉庫管理システム(WMS)」と「配送管理システム(TMS)」の2種類に分けられます。前者は在庫管理機能や入出庫管理機能が豊富であるというメリットがあり、後者は配車管理や出荷商品の進捗管理、配送商品追跡などの実績機能などが使用可能であるというメリットがあります。
物流管理システムは、物流業務を支える上で非常に有用なツールであり、その他の業務に関しても効率化が見込めるため、様々な企業が導入しています。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

統合物流管理 LMS

株式会社 セイノー情報サービス

  • 全体最適な出荷計画が可能
  • 物流進捗管理機能により迅速な対応が可能
  • 物流KPI管理によりサービス品質の向上が可能

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る