Menu
Close

ブランド戦略とは?おすすめのフレームワーク12選

目次

現代の競争が激しい市場において、ブランド力は企業の成功を左右する重要な要素となっています。優れたブランド戦略は、消費者の心をつかみ、長期的な信頼と忠誠を築くための鍵です。しかし、効果的なブランド戦略を構築するためにはフレームワークの活用が欠かせません。本記事においては、ブランド戦略とは何かという基本的な内容から、ブランド戦略に欠かせないフレームワークを12個ご紹介します。これらを活用することにより、消費者の心により刻まれるブランドを構築できます。

ブランド戦略とは

ブランド戦略とは

ブランド戦略とはブランドの認知を広げて、ブランドの価値を高めるために、自社のビジネスの計画に沿ってブランディングを行う戦略です。誰に対して、どのような価値観を感じてもらえるか、認知してもらえるのかを設計し、ブランディングを進めるうえでの必要なガイドラインになります。

ブランディングとは

ブランド戦略はガイドラインであるのに対して、ブランディングとは、ブランドを顧客のニーズに合わせて育て、発展させていく活動で、ブランド戦略の内容をもとに、ユーザーにブランドの共通イメージを浸透させる「プロセス」のことを指します。

ブランド戦略の重要性

競合他社との差別化

ブランド戦略によって他社との差別化を図れます。認知度、信頼性、イメージを向上させ、ユーザーが積極的に自社を選択してくれるようになります。現代において、商品の機能や価格で競合と戦おうとすると、厳しいものになります。ブランド戦略による差別化によって価格競争ではなく、指名購入してもらい、LTVを上昇させていくことが良いです。

コスト削減

ブランド戦略は、今後の利益拡大に繋がるだけでなく、コストの削減につながります。適切なブランド戦略を構築することができれば、そこに必要な人的コストを計算でき、人件費を削減できます。また広告費の削減が期待されます。ブランド自体のイメージが浸透すれば、広告を掲載せずとも、顧客が存在するため、広告に余計なコストをかける必要がなくなる。また新規顧客獲得に力を入れる必要がなくなるため、新規顧客への広告の費用も削減できます。更に知名度が上昇すれば、仕入れの段階でも取り引きを望む企業が増加することによって、仕入れコストが減少するなど様々なコスト削減が期待されます。

ビジネスチャンスの拡大

ブランド戦略が成功すると、ビジネスチャンスが向上します。なぜならば、ブランド価値の向上によって、周囲からの信頼性が向上し、事業提携や新規事業を成功させやすくなるためです。資本が乏しい場合でも、目に見えない独自の価値を、適切なブランド戦略によって、創出することができます。

おすすめのフレームワーク12選!

効果的なブランド戦略を構築するためには適切なフレームワークを選択し、活用することが必要です。フレームワークとは特定の目標を達成するための指針や構造を提供する概念的な枠組みのことです。ここから紹介するフレームワークは現在のビジネスの状況によってどれを使うかが変わってきます。そのため、自社にどんな情報が必要なのか、どういう状況なのかを把握し、適切なフレームワークを選択しましょう。

1.STP分析

STP分析とは現代マーケティングの第一人者と言われるコトラーが提唱したフレームワークであり、市場をどの角度から見て、どこを習い、何を追及するか決める方法です。自社が商品が市場においてどういう立ち位置にいるか具体化し、マーケティングに利用することができます。STPとはそれぞれ、

S Segmentation(細分化) T Targetting(狙い) P positioning(位置づけ) を指します。

  • Segementation(細分化):客や市場を分けてとらえるもの
  • Targeting(狙い): 細分化したものの中で、自社がどこを狙い、顧客化していくかを決める作業
  • Positioning(位置づけ): 自社の位置づけ、違いを明確化 

STP分析の目的と活用場面

2.3C分析

3C分析とはマーケティング戦略の立案や企業の競争力の評価に用いられるフレームワークであり、Customer (顧客)Company(自社) Competitor(競合他社)の3つの要素をそれぞれを分析するものです。

  • Customer :市場と顧客ニーズはどう変化しているか
  • Competitor :競合の分析 競合企業尾の商品やサービスの分析
  • Company:自社の分析 自社の商品や市場シェアの状況を分析し、内側の強み、弱みを分析

3C分析の目的と活用場面

3.PEST分析

PEST分析とは、自社の属している業界を取り巻く外部環境を分析する、代表的なフレームワークです。経済学者で、マーケティングの第一人者であるフィリップ・コトラーによって提唱されました。

政治(Politics)経済(Economy)、社会(Society)、技術(Technology)の頭文字をとって名づけられ、この4つの動向を把握するものです。事業や製品が成功を収めるには、世の中の変化に伴い、変化を加えていくことが求められます。そのためには、外部環境を把握し、自社への影響を把握する必要があり、PEST分析が適しています。

PEST分析の目的と活用場面

4.SWOT分析

 

SWOT分析(スウォット分析)とは、自社の外部環境と内部環境をStrength(強み),Weakness(弱み),Opportunity(機会),Threat(脅威)の4つの要素で要因分析するものです。これにより、既存事業の改善点や伸ばすべきポイント、新規事業の将来的なリスクを見つけることができるフレームワークです。

SWOTとは

  • Strength(強み):競合他社と差別化できているポイントや自社の商品がシェアされている要因などの顧客視点から考え、分析
  • Weakness(弱み):競合他社に合って、自社にはないもの、自社が苦手にしていることを分析
  • Opportunity(機会):自社にとってチャンスとなる、市場や環境の変化に伴う分析。自社を取り巻く外部環境を分析
  • Threat(脅威):自社の強みに対して影響することが考えられる市場環境の変化や、競合他社の動向を分析

SWOT分析の目的と活用場面

5.VRIO分析

VRIO分析(VRIO分析)とは、「経済的価値」「希少性」、「模倣可能性」「組織」の4つの視点から自社の競合優位性や経済資源を把握できるフレームワークです。これはアメリカの経営学者である、ジェイ・B・バーニー氏が提唱したものです。正しく活用すれば、自社の弱みや強みを踏まえた経営戦略が策定できます

VRIOとは

  • Value(経済的価値):経営資源の経済的価値を分析 消費者が求める価値を提供できているか 
  • Rarity (希少性):経営資源が競合と比較して、どれだけ独自性があるか評価 
  • limitability(模倣可能性):希少性に類似しているか、創業年数などは模倣が容易ではない
  • Organization(組織):経営資源を把握し、組織能力を評価する項目。持続的に優位性が確保できるか判断

VRIO分析の目的と活用場面

6.ファイブフォース分析

ファイブフォース分析とは自社が晒されている脅威を5つに分類し、自社の競争優位性を探るためのフレームワークです、この方法は、アメリカの経営学者であるマイケルポーター氏によって提唱されました。

5フォースとは

  • 業界内での競争:競合他社との直接的な競争を指す。各社の知名度やブランド力、資金力を分析する
  • 業界への新規参入:新規産業が参入しやすいかどうかは業界によって大きく異なる。ハードルが低ければ、新規参入が増加し、価格競争になる。市場の規模、や参入者のブランド力を分析
  • 代替品の存在:自社の製品・サービスに代わる価値を持つもの。書籍に対して電子書籍のようなもの。代替品と自社製品の質的な違いやコストの差を分析
  • 買い手の交渉能力:消費者や顧客といった買い手と、自社の間にある力関係を指す。競合が多い場合、消費者は選択肢が多くあるため、「買い手市場」となる。売り手と買い手の力関係が適切か分析
  • 売り手の交渉能力:売り手と自社の力関係の分析。競合他社が少ない場合は「売り手市場」となる。力関係が適切か検討

ファイブフォース分析の目的と活用場面

7.ポーターの経営戦略

  ポーターの競争戦略とはアメリカの経営学者でハーバード大学院教授のマイケルポーターが提唱した、フレームワークです。企業が生き残るためのポジショニングや戦い方を提唱しており、競争戦略のフレームワークとして世界中で使用されています。ポーターの経営戦略とは、コスト・リーダーシップ戦略、差別化戦略、集中戦略の3つに分類され、基本的には3つの中から一つを選び、実行しますが、状況によっては組み合わせて実行していきます。

  • コストリーダーシップ戦略の分析:事業の経済的コストを他の競合企業を下回る水準に引き下げることによって競争優位を確保。競合他社よりも、安価な商品サービスを提供することによって、競争優位を確保
  • 差別化戦略:市場が認知する他社製品サービス価値に対して、自社の製品・サービスの認知上の価値を向上させ業界内で独自のポジションを確保
  • 集中戦略:企業の資源を特定のターゲット、製品、流通、地域などに集中すること。特定の地域に集中すると、少ない経営資源でも利益を高めることも可能

ポーターの経営戦略の目的と活用場面

企業が生き残るためのポジショニングや戦い方を知りたいとき

8.4P分析

4P分析とはマーケティング施策を考える時に使用するフレームワークであり、1960年にマーケティング学者のエドモンド・ジェローム・マッカーシーが提唱しました。4PとはProduct(製品)Price(価格)Place(販売居場所)Promotion(販促活動)の頭文字をとったもので、施策立案の段階で使用されるフレームワークです。

4Pとは

  • product :どのような商品・サービスを提供するか ターゲットの顧客のニーズを満たすような商品・サービスを考えることが重要
  • Price:その商品・サービスをいくらで提供するのか 利益、需要。競合の観点から分析
  • Place:その商品・サービスをいくらで提供するか
  • Promotion:その商品・サービスをどのように販促するか ターゲットの訴求 強みの訴求 ポジショニングの訴求の視点から検討

4P分析の目的と活用場面

9.BCGマトリックス

BCGマトリックスをとは「The Boston Consulting Group」が発案したフレームワークであり、企業の長期的な戦略を立案するときに使用されます。BCGマトリックスでは、自社の事業活動を、市場成長率、市場占有率の分析に基づき、4つの象限に分け、それをもとに、製品を見直し、グロースのチャンスを見極めることで、製品の撤退や今後の開発を決定できます。

4つの象限

  • 負け犬:市場成長率、市場シェアが低い事業
  • 問題児:市場成長率は高いが、市場シェアが低い事業
  • スター:市場成長率、市場シェアがともに高い事業
  • 金のなる木:市場成長率が低く、四条シェアが低く、市場者が高い事業

 

BCGマトリックスの目的と活用場面

10.バリューチェーン分析

バリューチェーン分析とは、商品を作るための原材料の調達から、市場で流通・販売するまでの流れを企業の提供する「価値の連鎖」として捉え、事業の工程ごとに分析するフレームワーク

バリューチェーン分析の目的と活用場面

11.PDCAサイクル

 

PDCAサイクルとはウィリアム・エドワーズ・デミング博士が提唱したフレームワークであり、4つのプロセスからなるフレームワークで計画、実行、評価、改善を繰り返し実行することにより業務を改善するもの

PDCAとは

  • Plan(計画):これから業務をどのように遂行していくのかの計画を立てる
  • Do(実行):Planで立てた計画を実行
  • Check(評価):計画したことに対して実行したことでどのような結果を得たのかを分析
  • Action(改善):Checkで明らかにした分析をもとに改善策を立て、実際に行動

PCDAサイクルの目的と活用場面

12.カスタマージャーニーマップ

顧客のに日常生活から、購入を検討する段階、購買段階までの接触しうる様々なタッチポイントを包括的に捉えるもの。顧客がサービスの異様に至るまでのプロセスをまとめたもの。

カスタマージャーニーマップの目的と活用場面

まとめ

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。自社に合ったフレームワークは見つかりましたか?ブランド戦略においてフレームワークを使用することで、企業は競争力を高め、消費者に深く訴求するブランドを創り上げることができます。今後も市場の変化に柔軟に対応しつつ、自社のブランドの価値を最大限に引き出すための戦略的な取り組みを続けていきましょう。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1544件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる