Menu
Close

【2024】uSonar(企業データベース)の特徴や機能を徹底解説!導入事例も紹介!

目次

この記事では、企業データベースのuSonarについて徹底解説します。製品記事だけでは見えてこない製品の特長や導入事例などを通して、uSonarの導入に迷われている皆様の悩みを解決します。

uSonarとは

ユーソナー株式会社のuSonarは、日本最大の820万拠点の法人企業データを持つ企業データツールです。上場企業から医療法人、個人事業主まで様々なデータを保有します。企業の資本関係、本社・事業所関係のグループ情報を保持し、日々企業情報の変化をチェック・更新し、データの精度と鮮度を維持した高精度なデータであることが特長です。法人企業の統廃合や社名表記マスターなど、正規化の精度を高めるマスターデータを多数保有しているのも強みです。

uSonarの特徴3つ

FORCASの特徴3つ

uSonarの主な特徴は以下の3つです。

  1. 高精度なデータ統合を実現する日本最大の法人データ
  2. 使用中の各種ツールと連携することで、よりデータの精度がアップ
  3. 名刺だけでは見えない情報も可視化できる、高度な名刺管理機能

1.高精度なデータ統合を実現する日本最大の法人データ

820万拠点、国内拠点網羅率99.7%の日本最大の法人企業データを有するのが最大の特長です。企業の資本関係、本社・事業所関係のグループ情報なども保持しています。また、企業情報の変化をチェック・更新し、データの精度と鮮度を維持しているのもポイントです。また、官庁や地方自治体など民間以外のデータも登録されています。

2.使用中の各種ツールと連携することで、よりデータの精度がアップ

CRM・SFAに、法人データを連携させることで、営業活動の効率が高められます。企業にまつわる情報が紐づけられ、属性を組み合わせたターゲットリストの抽出が可能です。また、対象企業の所在地や売上など一般的な情報はもちろん、取引状況や、その企業の関心情報、名刺情報なども確認できます。

3.名刺だけでは見えない情報も可視化できる、高度な名刺管理機能

名刺登録とユーソナーの情報活用を行うスマートフォンアプリ「名刺ソナー」の利用で、業種・規模などの基本属性の他、名刺に記載のない情報関連ニュース、建物情報などさまざまな情報を取得することが出来ます。さらに名刺将棋機能を使用する事で、自社がまだ名刺交換をしていない未接点担当者情報も可視化できます。

uSonarの活用5step

uSonarで営業を効率化する方法を5stepで紹介します。

  1. ターゲットの明確化
  2. 潜在ターゲットへのアプローチ
  3. 獲得リードの登録・属性付与・分析
  4. 有望見込み客の育成
  5. 効率的な営業活動

1.ターゲットの明確化

国内拠点99.7%をを網羅した日本最大の法人企業データベース(LBC)を搭載しています。業界・業種だけでなく、多様な属性を掛け合わせてリストを作成することができます。企また業グループ・未取引事業所のセグメントも即座にリスト化することも可能です。

2.潜在ターゲットへのアプローチ

日々蓄積するデータを元に企業の見込み度をスコア化して判定する機能により、未取引企業のニーズ・興味・関心を察知して受注確度の高い企業を可視化できます。またWeb行動履歴から得た企業のインテントデータを基にしたターゲティングが可能な「興味シグナル」機能や、オウンドメディアへのアクセス法人企業をリアルタイムに把握できる「ライブアクセス」機能も搭載されています。

3.獲得リードの登録・属性付与・分析

リード情報を簡単・正確に登録でき、様々なツールに分散された情報と連携し名寄せすることができます。有価証券報告書サマリーから業績の傾向を独自のグラフで直観的に確認できる、セミナー参加者との名刺交換をオンラインで行えるなどほかのサービスと比べて圧倒的に豊富な機能が魅力です。

4.有望見込み客の育成

プレスリリースなどのメディア掲載情報や業界研究から企業の状況・動向を把握し、タイムリーにニーズに合った提案を実行することができます。企業が導入しているWebサービスをデータ化した「導入タグ」や企業の特徴のタグ付け機能など、直感的に比較しやすいユーザーインターフェースも魅力の一つです。

5.効率的な営業活動

氏名情報や人事異動、地図表示など企業の基本的な情報から、類似企業の検索機能や未接触者の把握や重要人物へのつながりを容易に把握できる「名刺将棋」機能まで、幅広い機能を活用することができます。受注につながる優先的に対応すべきターゲットに対し、効率的な商談を行うことができます。

【部門別】uSonarの活用シーン

部門ごとの具体的な活用方法を紹介していきます。

  1. 営業部門
  2. インサイドセールス部門
  3. マーケティング・経営企画部門
  4. 情報システム部門
  5. 管理部門

1.営業部門

優先度の高いホワイトリストを簡単に取得できるため、優良顧客の企業情報から有望セグメントや類似企業を特定することができます。事業所情報も全て可視化し事業所単位で未接触先を特定することで、各種条件で新規営業先リストをいつでも簡単に抽出できるようになります。新規開拓の準備負担を大幅に軽減することができます。

さらには企業グルーブを漏れなく把握できるため、グループ営業戦略など実行成約率が高まるデータ営業を実施することができます。商談前に相手企業のニュースや業界状況を確認することで相手に合った提案が可能になる、同一建物内の企業情報を活用して効率的な営業活動が可能になるなど、課題成約率の向上が期待できます。

2.インサイドセールス部門

顧客・リードデータのリッチ化により見込みの高いリードへ注力することができます。
多様な企業属性を自動付与しABMの多角的かつ精度の高い分析機能を活用することで、優先してナーチャリングを進めるべき有望な見込み企業の判定が容易になります。

また、MA・SFAの企業情報を連携し、相互に連動したABM施策を容易に実行できるようになります。他部門の相手企業との接点情報を活用し、コネクションを生かしたコミュニケーションを実施することで、マーケティング部門や営業部門と連携したクロージング率の向上が期待できます。

3.マーケティング・経営企画部門

市場把握から注力セグメントの企業リスト作成まで、短時間に実行することが可能になります。マーケット全体の中での自社の状況を客観的に把握でき、成長戦略の策定が容易になります。業界毎・グループ毎など多角的な業績把握や分析が可能であるため、自社製品の強みが活かせる市場からアプローチすべきターゲット企業群まで特定できるというメリットがあります。

また顧客データやリードデータに対して分析に使える企業属性を付与することで、合併・移転等の企業情報の変更も自動化し、常に鮮度を維持することができます。多様な企業属性をかけ合わせて、瞬時に市場浸透率を可視化できるなど戦略策定の精度向上が見込めます。

4.情報システム部門

入力時からデータが正規化されるため、重複・不備データが発生しません。データ仕様の標準化によりスムーズな情報共有・活用が実現する、正確な顧客データ基盤の構築および維持が可能になるなど情報管理における作業負担を大幅に改善することができます。

また日々増える不備データに対しても、メンテナンスの自動化により対応することができます。事業所単位の高精度なクレンジング・名寄せや移転、合併などの自動情報更新で、情報管理をサポートします。

5.管理部門

反社チェック機能や与信調査の一次スクリーニング機能により、反社や行政処分など注意すべき企業か、レピュテーションチェックを簡単に行うことができます。初回取引や継続取引のための倒産・廃業リスクなどの確認工数を削減することで、課題適切な取引先かの判断にかかる時間を短縮することができます。

また移転や社名変更等の取引先データを自動更新するため、新旧データの混在を防ぐことができます。インボイス番号や法人番号等の古い顧客データには無い情報も一括で付与することができます。事業所毎に管理している取引先情報を統合し、全体での取引額を把握や調達コストの見直しにも活用できるため、正確な取引情報の把握が可能であるという特長もあります。

uSonarの導入事例

uSonarを実際に導入した企業の事例を見てみましょう。

  • CASE1:三菱UFJニコス株式会社における導入事例
  • CASE2:株式会社セラク・株式会社セラクCCCにおける導入事例

CASE1:三菱UFJニコス株式会社のuSonarの事例

導入前は営業担当が営業前の提案準備などでの情報確認・社内報告に複数のシステムやエクセルファイル等を使用していた為、それらの業務に割く時間が多く、顧客と向き合う時間を十分に確保できないという課題がありました。そこでSalesforceで情報を一元管理することで生産性を向上させ、顧客とのリレーションを一層強化できる体制を目指してプロジェクトを開始しました。

uSonarを導入したことで、営業担当がSalesforceに顧客情報をスムーズに登録できるようになったといいます。ユーソナーの820万件の法人データにヒットしないことは極めて稀で、仮にヒットしない場合も迅速に調査対応を行ってもらえるといいます。属性情報の更新がタイムリーであること、Salesforceへの自動連携が高頻度である点もメリットとして挙げられています。営業担当はサイドソナーを確認しなくてもSalesforceのみで顧客の最新情報を確認することができるなど、分散していた顧客情報へのアクセス効率化に成功した事例であるといえます。

CASE2:株式会社セラク・株式会社セラクCCCにおける導入事例

 

uSonarの基本情報

企業データベース uSOnar

ユーソナー株式会社のuSonarは、日本最大の820万拠点の法人企業データを持つ企業データツールです。上場企業から医療法人、個人事業主まで様々なデータを保有します。企業の資本関係、本社・事業所関係のグループ情報を保持し、日々企業情報の変化をチェック・更新し、データの精度と鮮度を維持した高精度なデータであることが特長です。

  • 日本最大の法人企業データベース「Linkage Business Code」
  • レベルの高い名寄せ機能により、データの精度が高い
  • 検索や連携により、普通では見つかりにくい企業関連情報も取得

日本最大の法人企業データベース「Linkage Business Code」

国内拠点網羅率99.7%の日本最大の法人データベースです。日本全国の事業所に11桁の企業コードを採番し、小規模な企業を含めて豊富な属性項目を共に保有しており、さらに企業コード体系により「親会社・子会社」「本店・支店」の関係などの法人企業の資本関係、本社・事業所関係まで把握することができます。

レベルの高い名寄せ機能により、データの精度が高い

通常の名寄せで行われる表記統一・市町村合併のデータ処理に加え、略称名・誤記名で登録された情報を正式な名称に転換するデータ処理も行っています。また、吸収合併やホールディングスへの移行にともなう法人企業の系列情報を最新の系列情報に転換も行っており、非常に整理されたデータとなっています。

検索や連携により、普通では見つかりにくい企業関連情報も取得

多彩な検索条件を組み合わせて、ターゲットリストを作成できます。また、Sales CloudなどのCRM・SFAに、LBCを連携させ、営業活動の効率を高めることができます。企業に関連した情報が紐づけられ、属性を組み合わせたターゲットリストが入手できるので、営業効率がアップします。

uSonarの詳しい製品紹介はこちらから
uSonarの導入事例はこちらから

 uSonar 機能一覧・提供形態・価格など

企業データベース uSonar 機能一覧

ソフト種別 無料トライアル 最低利用期間 初期費用 ランニングコスト
クラウド型 × 最低利用期間の制限なし 要問合せ 要問合せ
【公式】データベースマーケティングのユーソナー

uSonarを活用して業務効率化を実現しよう

ここまでご覧いただきありがとうございます。企業データベースのuSonarに注目して、機能や導入事例を徹底解説しました。ぜひ、自社におけるuSonar導入の参考になれば幸いです!

また、uSonar含めた企業データベースを徹底解説&比較している記事もございます。是非こちらもご覧ください!

【2024年最新】企業データベースおすすめ比較11選!機能や特長も詳しく解説

※この記事は、uSonar公式ホームページ(https://usonar.co.jp/)を参考に作成しました。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1544件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる