Menu
Close

電子カルテとレセコンの違いは?連携のメリットや導入ポイントを解説

目次

近年、電子カルテとレセコンは医療現場に欠かせないITシステムとして、多くの病院やクリニック、診療所に導入されています。

しかし、これから開業予定の方や今までシステムを導入してこなかった方には、電子カルテとレセコンの違いがわかりづらいかもしれません。

簡単に説明をすると、電子カルテとはカルテを電子化したシステムで、レセコンとはレセプトを作成するためのコンピューターの略です。2つには使用目的や利用する人の違いがあり、一体型のシステムも登場しています。

本記事では、電子カルテとレセコンの違いや2つのシステムを連携するメリットについてご紹介します。おすすめのレセコン一体型電子カルテや選び方もご紹介しているため、これから選定予定の方はぜひ参考にしてください。

電子カルテとは

電子カルテとは、患者のさまざまな情報を電子データで保存・管理するためのシステムです。紙ベースのカルテを電子化したものと考えるとわかりやすいでしょう。

紙で管理されていたカルテですが、近年では多くの医療機関で電子カルテが導入されています。なぜなら、患者の数が増えるに連れてカルテ量が多くなってしまい、保管・管理に悩まされてしまうからです。

また、必要な情報を探し出すには膨大な紙カルテのなかから探し出さなければならず、時間と手間がかかっていました。

しかし、電子カルテであればクラウド上で保管できるため、いつでもどこからでも閲覧・編集が可能です。「カルテを回す」という言葉がありますが、電子カルテであれば回す必要はありません。必要な情報を検索して簡単に呼び出すことで、院内の情報共有がスムーズになります。

さらに、近年では会計システムや予約管理システム、検査システムなどと連携が可能です。さまざまなシステムと連携することで院内全体の業務効率化がはかれます。

レセコンとは

レセコンとは、診療報酬明細書(レセプト)を作成するための機能を備えたコンピューターシステムです。レセプトコンピューターの略で医療事務コンピューターや医療コンピューターとも呼ばれます。

医療機関から健康保険組合などの支払い機関に対して診療報酬を請求するためには、診療報酬明細書を作成しなければなりません。医療機関で保険治療を受けると、全国どこの医療機関で治療を受けても同様の内容であれば同額の報酬となります。

そのため、診療や治療の内容をもとに診療報酬を算出する作業が必要です。現在では、ほとんどの医療機関や薬局での導入が進んでおり、令和5年11月診療分における電子レセプトによる請求状況は96.6%と高い普及率となっています。

健康保険組合は医療機関からレセプトによる請求を受けると、保険診療が正確に行われるかを審査したうえで診療報酬を支払います。このように、医療機関にとってレセプト作成は重要な作業の1つです。

レセプト作業には高度な知識と計算が必要で、医療事務関連の有資格者でなければ対応できないほど複雑です。しかし、レセコンによって診療報酬額の計算や明細書作成を自動化できるようになり、医療事務業務における負担が大幅に軽減されています。

参照:請求状況(医療機関数・薬局数ベース) 【令和5年11月診療分】|社会保険診療報酬支払基金

電子カルテとレセコンの違い

電子カルテとレセコンの違いは、大きく2つあります。

  • 使用目的
  • 使用する人

それぞれ確認しましょう。

使用目的

電子カルテとレセコンの1つめの違いは、使用目的です。

電子カルテには診療内容や来院歴などを書き込み、医療情報をデータ管理・保存するために活用します。複数の診療部門で同一の患者を診療する場合、1つのカルテを部門ごとに閲覧します。

紙のカルテだと内科から放射線科などへ回す必要がありましたが、電子カルテであれば同時にシステムへアクセスして確認することが可能です。このように、電子カルテは情報共有を簡単にし、カルテの管理・保存を楽にしてくれる役割があります。

一方、レセコンの使用目的は、診療報酬の請求業務を正しく行うことです。医療機関における請求業務を正確に行い、会計情報を管理します。医療機関における大半の収入源はレセプト作成によって得られるため、経営において重要な作業です。

使用する人

電子カルテとレセコンの2つめの違いは、使用する人です。

まず、電子カルテを使用する人は、実際に医療行為を行う人です。主に、医師や看護師、薬剤師、検査技師などが電子カルテを使って医療情報を閲覧・管理します。

一方、レセコンを使用する人は、会計情報を管理する人です。医療事務員や会計士などがレセコンを使って請求業務を行ったり、会計情報を確認したりします。

電子カルテとレセコンを連携するメリット

電子カルテとレセコンはまったく異なるシステムですが、連携せさせることが可能です。まだ連携できていないのであれば、早急に2つのシステムを連携させることをおすすめします。

連携するメリットは、主に4つあります。

  • 受付から会計までを一括管理できる
  • レセプトの作成を効率化できる
  • 業務の負担を軽減し、入力ミスなどの防止をする
  • データ変更の手間が省ける

順番に確認し、2つのシステム連携を前向きに検討しましょう。

受付から会計までを一括管理できる

まず、電子カルテとレセコンを連携すると、患者の受付から医師による診察、薬の処方、会計までを一括で管理できるようになります。

電子カルテには患者情報はもちろん、診療情報の閲覧が可能です。そのため、受付をしたら医師の元へカルテをまわさずとも、電子カルテシステムで確認が取れます。

当日診察室で行った内容は、医師が電子カルテに入力します。診察・治療の内容が電子カルテに記載され、連携先のレセコンに情報が反映されると医療事務担当者がすぐに会計に反映させることが可能です。

また、電子カルテには処方した薬剤についても記載するため、処方箋作成や薬の処方も素早く取り掛かれます。このように受付から会計までを一括管理できることは、電子カルテとレセプトを連携させる大きなメリットです。

レセプトの作成を効率化できる

電子カルテの情報が自動的にセレコンに取り入れられれば、レセプト作成の効率化につながります。

そもそも、レセプトの作成には、医師が作成したカルテを見ながらさまざまな情報を入力しなければなりません。しかし、2つのシステムを連携できれば、入力作業をする必要がなくなります。

レセプト作成は、診療すると必ず発生する業務です。簡略化できれば、毎月行う健康保険などへの請求業務の負担も大きく軽減できます。

業務の負担を軽減し、入力ミスなどの防止をする

電子カルテとレセコンを連携できれば業務1つあたりの負担を軽減し、入力ミスや伝達ミスなどを防止できます。

病院や診療所には日々多くの患者が診察・治療にやってくるため、迅速に1つずつの作業を終わらさなければなりません。そのため、紙のカルテや手書きでの診療報酬明細書の作成だと作業量が膨大で、人的なミスを引き起こす恐れがあります。

しかし、電子カルテとレセコンが自動で連携してデータを自動で取得できれば、大幅に作業量を減らすことが可能です。入力ミスや伝達ミスが減り、正確な処理ができるようになります。

業務負担が軽減すれば人間トラブルや長時間労働からの解放にもつながります。医師や看護師、医療事務員などの働く環境が改善され、気持ちよく働けるようになるでしょう。

データ変更の手間が省ける

2つのシステムを連携しておけば、データ変更の際にかかる時間や労力を半減させられます。

たとえば、同じ患者についての情報を電子カルテとレセコンの両方に情報変更のために打ち込み作業をしなければならない場合でも、連携しておけば1つのシステムに情報変更を加えれば自動で反映されます。

また、診療報酬や薬価はたびたび改訂されるものです。改定があった場合にも両方のデータを編集する必要がなく、1つのデータ変更だけで作業を完了させられます。

レセコンの導入のポイント

レセコンを導入すればとても便利ですが、どのようなシステムでもよいわけではありません。自院にふさわしいかどうかを見極めなければ、「使いづらい」と敬遠されてしまう可能性があります。

レセコンを導入するときにチェックすべきポイントは、主に3つあります。

  • 電子カルテとの連携性
  • サポート体制は整っているか
  • 自院のニーズに合っているか

3つのポイントをしっかり確認し、自院に合うレセコンを選定しましょう。

電子カルテとの連携性

まず、電子カルテとの連携性をチェックしましょう。すでに電子カルテを導入している場合は、既存のシステムと連携できるかをしっかり確認すべきです。

電子カルテとレセコンを連携させると診療報酬明細書の作成が楽になるだけでなく、院内全体の業務効率化に寄与します。診療から会計までが円滑にできるため、患者の院内滞在時間を短縮できます。結果的に、顧客満足度が向上するでしょう。

電子カルテとの連携ができないのであれば、レセコン導入によるメリットは半減するといっても過言ではありません。もし、電子カルテを導入していないのであれば、電子カルテとレセコンが一体化したシステムや汎用性の広いレセコンを選ぶことをおすすめします。

サポート体制は整っているか

サポート体制の充実度についても忘れずチェックしましょう。なぜなら、レセコンの導入直後は、設定や操作方法が難しいと感じてしまうからです。どのようなシステムであっても慣れれば使いこなせますが、慣れるまでは苦手意識を持ってしまい敬遠されやすいです。

しかし、システムを適切に設定して操作しなければ、会計業務の効率化ができません。そこで、設定やシステムに関して疑問点が出てきた際に、すぐに解決できるサポート窓口があると安心です。

システム提供会社やベンダー会社によって、サポート窓口の対応には差があります。メール・チャットでしか問い合わせられない窓口と、電話・遠隔操作で対応してくれる窓口ではトラブル解決までの時間に大きな差があります。対応時間やサポート内容も細かく見て比較しておくと安心です。

自院のニーズに合っているか

かならず自院のニーズに合う機能が搭載されているかをチェックしましょう。たとえば、眼科と皮膚科、歯科医院、調剤薬局などによって必要な機能は大きく異なります。複数の診療科目に対応しているシステムがある一方で、専門的な診察科目に特化しているシステムもあります。

自院に合うレセコンかどうかを判断するために見ておきたいポイントは、以下の通りです。

  • 診療科目
  • 医療機関の規模
  • 病床あり・なし
  • 保険診療・自由診療

それぞれ便利だと感じる機能が違うため、どのような医療機関を対象にして開発されているのかを確認するようにしましょう。

レセコンと一体化した電子カルテがおすすめ

電子カルテのなかには、レセコンと一体化した電子カルテとレセコンとは別々に動く電子カルテの2つの種類があります。もし、両方のシステムを同時に導入・入れ替えするのであれば、レセコンと一体化した電子カルテがおすすめです。

その理由をお伝えするために、以下の2つの角度からレセコンと一体化した電子カルテについて解説します。

  • レセコンと一体化した電子カルテの特徴
  • レセコンと一体化した電子カルテを導入するメリット

順番に見ていきましょう。

レセコンと一体化した電子カルテの特徴

レセコンと一体化した電子カルテの特徴は、管理や設定が楽な点です。1つのシステムで2つの使用目的を果たすことができるため、初期設定や管理のための入力が2分の1程度に済みます。

また、問い合わせ先が1つのため、操作や設定でわからない部分が出てきても問い合わせ先に困ることはありません。レセコンと電子カルテで上手に連携できない場合も、1つのシステムで原因究明ができます。

分離型ならそれぞれの窓口に問い合わせ、どこに原因があるのかを探る作業に時間がかかります。その点、一体型であればスムーズに原因究明から解決までできるでしょう。

レセコンと一体化した電子カルテを導入するメリット

レセコンと一体化した電子カルテを導入するメリットは、業務の簡略化です。電子カルテに診察・診療内容を打ち込めば、領収書・診療明細書・処方箋の作成も同じシステム上で行えます。

また、電子カルテが使えるデバイスからなら会計事務も行えるため、医療事務担当者が不在の場合にでも医師や看護師が会計事務を行うことも可能です。

おすすめのレセコン一体型電子カルテ

  • ウィーメックス株式会社のMedicom-HRf Hybrid Cloudは、従来製品の持つ操作性の高さや快適な入力スピードを保ちながら、オンライン資格確認や電子処方箋など医療DXへの取り組みに迅速かつ柔軟に対応でき、クラウド技術を応用したロケーションフリー及びデバイスフリーを実現したハイエンドモデルの電子カルテです。タブレット等を活用したデバイスフリーのカルテ閲覧や撮影画像の取り込み機能を持ち合わせ、また、ノートパソコンを活用したMedicom-HRシリーズの豊富な機能をロケーションフリーで利用できるフルリモートサービス機能を有した製品です。さらに、高いカスタマイズ性、及び他社サービスとのAPI連携も可能となり、医療従事者の多様な働き方をさらに支援します。

  • 株式会社ヘンリーの提供している「Henry」は、100名以上の医療従事者からさまざまな声を集めて、使いやすい体験を追及しながら開発された電子カルテです。本製品は、実際に1年間利用したあとに改善したものであるため、使いやすさに定評があります。本製品は、レセプトコンピューターと一体型であるため、カルテやレセプトの作成、患者登録、会計、電子レセプト出力まで利用することができます。中小規模の病院やクリニックでも導入可能です。

  • 亀田医療情報株式会社のblancは、全国190施設以上へのweb型電子カルテの導入実績の経験の中で生まれた、進化した次世代のためのクラウドカルテです。外来も入院も訪問診療も、医師も看護師もコメディカルも、クラウドカルテでチーム医療が加速します。亀田医療情報が次の10年、20年という未来を見据えてだした答えが「どこでも、だれでも、いつでも」という、これからの医療サービスをリードするクラウドカルテ『blanc』です。

  • 株式会社メドレーの提供している「Dentis」は歯科DXを促進させる歯科向けのクラウド業務支援システムです。レセコンや電子カルテといった基幹システムに加えて、患者の医療体験を向上させるWeb予約、オンライン診療、キャッシュレス決済、リコールといったかかりつけ支援機能をトータルで提供することで、歯科医院の業務効率化を図るとともに、患者自身の主体的な関与を促し、治療から予防を中心とする歯科診療への変化を支援しています。

  • 株式会社EMシステムズの提供している「MAPs for CLINIC」は、クラウド型電子カルテです。本製品はアプリケーション版で、ブラウザ版と比べて起動・終了が速く、画面遷移もスムーズに行うことができます。他社製アプリのカルテ端末同居連用、外部機器・外部検査の双方向連動をおこなえるなど、拡張性も高いのが特徴です。WEB問診システム、予約/受付一覧、テンプレート/一括セット、検査業務支援などの主なカルテ機能を備えています。

電子カルテの導入にはレセコン一体型がおすすめ

電子カルテは電子化されたカルテのシステムで、レセコンはレセプト作成をするためのコンピューターです。2つとも医療現場で重要な役割を担うITシステムで、導入によって院内全体の業務効率化が実現します。

それぞれ異なるシステムを導入している医療機関もありますが、2つのシステムを連携させるとより円滑に業務を進めることが可能です。また、レセコン一体型の電子カルテも登場しており、利便性が高まります。

今回ご紹介したレセコン一体型電子カルテや導入ポイントを参考に、ぜひ自院に合うシステムを導入しましょう。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1544件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる