Menu
Close

クラウド型在庫管理システム17選を比較|料金や機能、メリットデメリットを解説

目次

この記事では、クラウド型在庫管理システムの基本的な機能から導入手順、注意点、メリット・デメリットまでを網羅し、情報をわかりやすく提供します。在庫管理の効率化や業務のスムーズな運営に向けて、クラウド型システムの活用方法を詳しく解説します。ビジネスの競争力向上と顧客満足度の向上に向けて、ぜひこの記事をご覧ください。

クラウド型在庫管理システムとは

在庫管理システムの基本とクラウド型の違い

従来の在庫管理システムは、企業内のサーバーにデータを保管していましたが、クラウド型はインターネットを介してデータを外部のサーバーに保存する仕組みです。クラウド型は地理的制約がなく、膨大なデータもスムーズに処理可能。また、専用のハードウェアやソフトウェアの維持費が不要で、コスト効率にも優れます。

クラウド型在庫管理システムの特徴と利点

クラウド型の特長はリアルタイム性と柔軟性です。在庫情報はいつでも最新で、社内外からアクセス可能。自動的なバックアップによりデータの安全性も保たれます。また、追加の利用者や拠点を容易に統合できるため、急な業務拡大にも対応できるのが大きな利点です。

クラウド型在庫管理システムの導入事例

ABC商事ではクラウド型在庫管理システムを導入後、在庫の過剰・不足が劇的に減少。自動発注機能の導入で販売チャンスを逃すことがなくなり、利益が向上しました。また、社内外のスタッフがリアルタイムで在庫状況を共有できるため、迅速な対応が可能になり、お客様からの評価も向上しています。

導入目的とは

ビジネスにおける在庫管理の重要性

適切な在庫管理はビジネス成功の要。在庫過多でコストが増大したり、在庫不足で顧客満足が低下するリスクがあります。クラウド型在庫管理システムの導入はこれらのリスクを軽減し、業務の安定的な運営に繋がります。

クラウド型在庫管理システム導入のメリット

クラウド型の導入は、在庫管理の効率化だけでなく、スペースの節約、ヒューマンエラーの低減、品質管理の向上など多岐にわたるメリットがあります。特に、競争激化するビジネス環境下では、迅速な意思決定と顧客満足度向上に大いに寄与します。

導入目的による業務効率向上の具体例

例えば、飲食業界では需要予測機能により売れ筋商品を適切にストックし、ロスを最小限に抑えることが可能に。医薬品業界ではバーコードスキャニングにより薬剤の過剰配布を防ぎ、患者の安全を確保できます。これらの具体的な事例を通じて、在庫管理システム導入の重要性が浮き彫りになります。

主な機能

在庫監視と品質管理

クラウド型在庫管理システムでは、リアルタイムで在庫状況を監視できます。在庫数や入出庫履歴、商品の賞味期限などを一元的に把握し、品質管理にも万全のサポートを提供します。品質劣化による商品ロスを未然に防ぎ、品質管理基準を満たす高品質な商品提供が可能です。

需要予測と自動発注機能

クラウド型システムは過去の売上データを分析し、需要予測を行います。これにより、需要の増減に合わせて適切な発注を自動的に行うことができます。手動での発注作業が不要になるため、在庫不足や過剰を回避し、業務効率を大幅に向上させます。

バーコードスキャニングによる在庫追跡

バーコードスキャニング機能を活用することで、商品の個別管理や正確な在庫追跡が可能になります。倉庫内での作業効率が向上し、入出庫のトレーサビリティも確保できます。さらに、品目別の在庫状況をリアルタイムに把握し、在庫ロスを削減できます。

複数拠点の在庫統合管理

クラウド型システムは複数の拠点や店舗の在庫を統合的に管理できます。在庫情報をリアルタイムに共有することで、各拠点の在庫状況を把握し、在庫を最適化できます。店舗間の商品移動や再発注の調整が円滑に行えるため、顧客へのサービス向上にも寄与します。

リアルタイムレポートと分析機能

クラウド型システムは多彩なレポートや分析機能を提供します。売上動向や在庫回転率、需要予測の精度などをリアルタイムで把握できるため、経営判断や戦略の立案に役立ちます。さらに、過去のデータとの比較分析により、将来の需要予測をより精緻に行えます。

クラウド型在庫管理システムのメリット・デメリット

メリット

時間とコストの削減

クラウド型ではハードウェアの導入やメンテナンスが不要で、初期投資やランニングコストが削減できます。また、自動化された作業により社内業務の効率化が図れ、スタッフの負担軽減にも寄与します。

透明性とリアルタイム性の向上

クラウド型では在庫情報がリアルタイムで共有されるため、拠点間やスタッフ間のコミュニケーションがスムーズに行えます。これにより、在庫の見える化が実現し、意思決定のスピードアップが可能に。

スケーラビリティと柔軟性

クラウド型はビジネスの拡大に合わせて容易に拡張できます。新たな拠点の導入や機能追加がシームレスに行えるため、将来の成長にも対応できます。

デメリット

インターネット接続依存のリスク

クラウド型はインターネット接続に依存しています。回線の不具合や停止時には一時的な作業の中断が発生する可能性があります。予備のインターネット回線の準備が重要です。

データセキュリティへの懸念

クラウド上にデータが保存されるため、セキュリティ対策が欠かせません。サービスプロバイダーのセキュリティ対策が万全であることを確認し、適切なアクセス制御を行う必要があります。

カスタマイズの難しさ

クラウド型は標準化されている場合が多く、特定の業務ニーズに完全に適合させることが難しい場合もあります。カスタマイズが必要な場合は、追加のコストや時間がかかる可能性があります。適切なシステムを選定する際には、事前にカスタマイズの可否をよく確認し、ビジネスに適したシステムを選びましょう。

クラウド型在庫管理システムの選び方

必要な機能の洗い出しと評価

自社の業務ニーズに合った機能が備わっているかを洗い出し、優先順位をつけて評価しましょう。在庫管理に欠かせない機能や希望する機能を明確にして、システム選定の際の基準にしましょう。

サービスプロバイダーの信頼性と評判

信頼性のあるサービスプロバイダーを選ぶことが重要です。過去の導入事例や利用者の評判を調査し、安定したサービス提供が期待できるプロバイダーを選びましょう。

システムの導入コストとランニングコストの比較

導入コストだけでなく、維持管理や利用料などのランニングコストも含めて総合的に比較しましょう。コスト対効果を考慮した上で、最も適切なシステムを選択します。

柔軟なカスタマーサポート体制

万が一の際に適切なサポートを受けられるかが重要です。カスタマーサポートの体制や対応時間、アフターサービスなどもしっかり確認してください。

「在庫管理システム」の製品比較表

※税込と表記されている場合を除き、全て税抜価格を記載しています

  • 製品名
  • 料金プラン
  • プラン名金額
  • 無料トライアル
  • 最低利用期間
  • 基本的な機能
    • ODR対応
    • RFID対応
    • 倉庫連携
    • POS連携
    • データ連携
    • 海外対応
    • 棚卸機能
    • 複数拠点
    • アラート機能
    • 発注・仕入
    • 納品書作成
    • 送り状発行
    • QRコード対応
    • バーコード対応
  • サービス資料
  • 無料ダウンロード
  • ソフト種別
  • サポート
初期費用 要相談
利用料金 要相談
不明
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 要相談
利用料金 要相談
不明
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期・固定費 無料
備考
オープンロジでは初期費用・固定費は無料でご利用いただけます。
従量課金制 入庫保管費+配送料金
備考
詳細ヒアリングの上、料金プランをご提示させて頂きます。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
楽楽販売初期費用 150,000円
楽楽販売月額費用 60,000円〜/月額
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
備考
初期費用は発生しません。
ライトプラン 30,000円/月額
備考
中規模事業者向けのプランです。プラスで出荷伝票数に応じた課金があります。
スタンダードプラン 50,000円/月額
備考
中規模以上の事業者向けのプランです。プラスで出荷伝票数に応じた課金があります。
1ヵ月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
初期費用 0円
mylogi basic 15,000円/月額
mylogi standard 30,000円/月額
6ヵ月
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
スタンダードプラン 200 円/月額
アカデミックプラン 100 円/月額
1名まで 無料
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
基本料金 10,000円~/月額
商品登録上限数1~2000点 2,200円/月額+従量プラン
備考
従量プランは5.5円/件~27.5円/件
定額プラン55,000円~/月額
商品登録上限数5,001点~10,000点 16,500円/月額+従量プラン
備考
従量プランは5.5円/件~27.5円/件
定額プラン55,000円~/月額
20,001点~ +16,500円/月額+従量プラン
備考
10,000件ごとに料金がプラスされます。
従量プランは5.5円/件~27.5円/件
定額プラン55,000円~/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
スタンダード 9,300円/月額
プロフェッショナル 19,800円/月額
プレミアム 49,800円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
ネットワーク対応版 330万円~
制限なし
クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
電話 / メール / チャット /
料金 別途お問い合わせ
制限なし
パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
別途お問い合わせ 別途お問い合わせ
制限なし
クラウド型ソフト パッケージ型ソフト 
電話 / メール / チャット /
棚卸 25,000円/月額
Lite 30,000円/月額
Pro 35,000円/月額
1年
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
別途お問い合わせ 別途お問い合わせ
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
基本料金 受注件数200件まで 3,000円~/月額
備考
201件~400件は受注1件当たり35円、401件~1,000件は受注1件当たり30円、1,001件~3,000件は受注1件当たり25円、3,001件~5,000件は受注1件当たり20円、5,001件~7,000件は受注1件当たり15円、7,001件~10,000件は受注1件当たり10円、10,001件~は5円と下がっていきます。
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
無料 0円
備考
最大200件のデータ登録と簡易検索機能が使えます。
ミニマム 3,980円/月額
備考
3ユーザー分のパック料金です。バーコード/QRコードスキャンなどを活用する在庫管理が可能です。
ライト 4,900円/月額
備考
3ユーザー分のパック料金です。在庫把握や、発注点の管理など、在庫管理に必要な基本機能がフルで使えます。
フル 39,800円/月額
備考
10ユーザー分のパック料金です。IPアドレス制御、送り状システムとの連携などによるセキュリティ性の向上や発送業務の効率化が実現できます。
エンタープライズ 100,000円~
備考
要相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
プレミアムプラン 40,000円/月額
ライトプラン 12,800円/月額
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
別途お問い合わせ 別途お問い合わせ
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
別途お問い合わせ 別途お問い合わせ
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /
別途相談 別途相談
制限なし
クラウド型ソフト 
電話 / メール / チャット /

価格や製品機能など、見やすい一覧表から、気になる製品をまとめてチェック!

在庫管理システム・アプリ17選

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 倉庫ネットワークで在庫・業務を分散。業務拡大や出荷数の変化に対応
  • API連携で自動出荷率90%以上。物流業務の時間・コストを削減
  • 出庫依頼や在庫確認などもすべてWEBで完結
  • 専任の物流担当スタッフによる安心・丁寧なサポート
  • 独自の品質向上サイクルで、誤出荷率 0.002%以下の高品質な物流環境を提供

受発注システム在庫管理システム物流管理システム物品管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 卸への一括発注、システムを通じた卸担当者とのやり取りも可能
  • グループ施設管理機能で本部の工数削減に、承認権限者も個別に設定可能
  • ラベル活用で受発注や棚卸しを簡素化、バーコードは国際標準に対応

物品管理システム在庫管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール チャット 

製品のおすすめポイント

  • 数百キロ〜約1トンの物品、冷蔵庫内でも管理可能なIoT重量計SmartMat
  • 用途に合わせた最適な発注を提供、Infomartなどにも対応
  • マットの応用でモノの流れを可視化、欠品防止アラート機能も

物品管理システム在庫管理システム物流管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • ラベルによる物流管理システムで物品の状況を正確に把握、電子カルテ等との連携も
  • 滅菌管理システムの活用で迅速な器材状況の把握、ペーパーレス化を実現
  • 機器管理システムで購入情報・稼働状況の一元管理、夜間・休日が貸出可能に

受発注システム購買管理システム在庫管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 高いカスタマイズ性と豊富な外部連携で効率化を進める
  • 複数のテーブルを連携した、リレーショナルなDBを実現、分析も自由
  • 充実したサポート体制と、豊富なセキュリティ機能

在庫管理システム倉庫管理システム

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 現場のニーズに即した多くの機能で、課題を解決
  • 直感的な操作性と、場所を問わないクラウド管理
  • 様々な業務シーンにて利用可能で、コストパフォーマンスも高い

在庫管理システム倉庫管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • EC運営に携わってきたからこその使いやすいシステム
  • ECサイトの注文データを取り込み、シンプル運用
  • 充実のサポートと、既存システムとの充実した連携

在庫管理システム

トライアル 無し
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • 在庫をチームメンバーと共同管理可能になる
  • スマホでバーコードをスキャン、11種のバーコードに対応
  • 安心の多言語対応と、基本的な在庫管理機能
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • クラウド環境でいつでもどこでも利用可能のシステム
  • ASPでありつつ、店舗の環境に合わせてカスタマイズして提供
  • 売り上げの拡大を助ける新機能をリリースし続ける

販売管理システム在庫管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 安い導入費用と維持管理費用によってコストダウンを実現
  • システム管理者と担当者を面倒な業務から解放
  • ビジネスに必要な基本的な機能が集約されている
トライアル 無し
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 販売管理システムとして充実した標準機能が搭載されている
  • オプション機能が豊富で、カスタマイズにも対応している
  • RPAの活用や他ソフトとの連携が可能、サポートも万全

在庫管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 「入出庫マスター」によって迅速で確実な在庫管理を実現
  • ハンディーターミナルを利用し、作業効率を向上
  • 在庫管理の運用をシステムで管理できるようになる
トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 利用者の声を反映した豊富な機能と、外部連携可能な柔軟性がある
  • Webとリアル両面から支援するトータルソリューション
  • 最適な提案と、安心のフォロー体制で導入後もスムーズに
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • クラウドを使った現品ベースの実在庫管理システム
  • バーコードが読めない場合はテンキー入力可能
  • 拠点数無制限、最大ユーザー定額制で利用可能

在庫管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • RFIDによってタグの位置を特定する最新技術を使用
  • P3 Finderで探し物の位置を高速・高精度に特定
  • 入出庫をAI解析を使い、リアルタイムに自動管理可能
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • EC運営会社から生まれたサービスなので実用的
  • 「アプリ」によって機能をカスタマイズ・追加する
  • 導入店舗において売上アップ、成長率は186%を記録
トライアル 有り
サポート メール 

製品のおすすめポイント

  • シンプルで使いやすく、圧倒的な低コストで利用できる
  • PC・スマホから利用可能で、クラウドなのでいつでもどこでも使える
  • 会計ソフトとデータ連携可能、QRやバーコードも使える機能性

在庫管理システム

トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 複数拠点に対応、いつでもどこでも在庫管理が可能になる
  • コストを抑え、iPhoneを使って検品可能
  • 通販の出荷業務を効率化、送り状や納品書の作成が可能
トライアル 有り
サポート 電話 メール 

製品のおすすめポイント

  • 使い安いデザインと、充実したハンディ機能
  • 豊富な在庫分析が可能で、効果を出す機能が充実
  • 成長型システムで年2回の無償バージョンアップがある

在庫管理システム倉庫管理システム物流管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 最先端のシステムで柔軟なカスタマイズが可能
  • ローコストで運用可能、60%以上のコスト削減ケースも
  • 国内外における、大規模も含めたWMSの運用実績が豊富

在庫管理システム倉庫管理システム

トライアル 無し
サポート 電話 

製品のおすすめポイント

  • 周辺システムと連携し、ノンカスタマイズの導入が可能
  • ノウハウの蓄積により工夫が凝らされた基本機能、安心のサポート
  • オムニチャンネルやOMO、DtoCを見据えた仕組みにより柔軟に対応

クラウド型在庫管理システムの導入手順

導入前の準備と計画

システム導入前に現行の業務プロセスを整理し、必要なデータの整備や在庫の棚卸しを行いましょう。また、システム導入のスケジュールや担当者の指名も計画的に進めます。

データ移行とシステム連携の実施

既存の在庫データをクラウド型システムに移行し、正確なデータの移行を確認します。また、他のシステムとの連携が必要な場合には、適切な連携作業を行います。

トレーニングと運用体制の構築

システムを利用するスタッフに対して適切なトレーニングを実施し、操作方法や利用ルールを徹底します。さらに、運用体制を構築し、トラブル発生時の対応策を明確化します。

段階的な導入と評価

一度に全てを導入するのではなく、段階的に導入して運用を評価します。小規模な部門や拠点から始め、運用の課題や改善点を洗い出し、次の段階への導入計画を立てることが重要です。

注意点とベストプラクティス

セキュリティ対策とリスクマネジメント

システム利用時のセキュリティ対策を怠らず、データ漏洩や不正アクセスに対するリスクマネジメントを徹底します。強固なパスワードの設定やアクセス権の適切な管理を行いましょう。

更新とアップグレードのタイミング

システムのバージョンアップやアップグレードは、ビジネスの変化に合わせて検討しましょう。新機能の導入やセキュリティの向上により、システムの効率化と安全性の向上が期待できます。

利用契約の内容と注意事項

サービスプロバイダーとの利用契約書は事前によく確認し、サービス提供範囲や利用条件、契約期間、料金体系などを理解しましょう。隠れたコストや制約事項がないかを特に注意してチェックし、不明点はプロバイダーに確認することでトラブルを未然に防ぎます。

定期的なシステム監査と改善

システムの運用後も定期的な監査を行い、システムの稼働状況や利用効果を確認します。運用の問題点や改善点を把握し、効果的な改善策を打つことで、システムのパフォーマンスを向上させ続けます。

スタッフへの啓発と情報共有

システムを利用するスタッフには、システムの重要性や利用方法についての啓発を行いましょう。また、システムの利用状況や改善事例を共有することで、全体の理解を深め、スムーズな運用に寄与します。

変化への柔軟な対応

ビジネス環境は常に変化しています。新たなニーズや課題が生じた際には、柔軟な対応が求められます。システム導入後も、変化に対応できる体制を整え、常に最適な在庫管理を実現しましょう。

まとめ

この記事では、クラウド型在庫管理システムの基本から導入目的、主な機能、メリット・デメリット、選び方、導入手順、注意点、そしてベストプラクティスまで、ビジネスパーソンが求める情報を網羅しています。

クラウド型在庫管理システムは、リアルタイム性と柔軟性を備え、ビジネスの効率化と顧客満足度向上に大きく寄与します。自動発注機能やバーコードスキャニングによる在庫追跡など、多彩な機能が業務の円滑な運営を支援します。

メリットとしては、時間とコストの削減、透明性の向上、スケーラビリティの高さが挙げられます。一方で、インターネット接続依存やデータセキュリティへの懸念、カスタマイズの難しさにも注意が必要です。

適切なクラウド型在庫管理システムの選定や導入手順においては、事前の準備と計画、データ移行と連携の実施、トレーニングと運用体制の構築が欠かせません。変化への柔軟な対応と定期的な監査・改善も重要です。

クラウド型在庫管理システムは、ビジネスの競争力向上と効率化に向けて強力なツールです。適切な導入と運用により、在庫管理の課題を克服し、成長に貢献することが期待されます。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1544件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる