Menu
Close

【例文付き】始末書の書き方は?ケース別の書き方や提出の効果と処分

目次

この記事では、始末書について幅広く解説しています。基本的な書き方から、社内での提出や拒否に関する対処法、さらには社内文化や効果に至るまで、多角的に考察します。始末書は単なる書類以上に、その存在が業務環境や社員の心理に与える影響が大きいため、その運用には慎重な配慮が必要です。この記事を通して、始末書の正確な理解と効果的な活用方法を知りましょう。

始末書の基本的な理解

始末書は、多くのビジネスシーンで用いられる文書の一つであり、その存在は業界や企業、さらには個々の職場においても多様です。このセクションでは、始末書の基本的な概念、目的、そして顛末書との違いについて詳しく解説します。これにより、読者は始末書の本質的な役割とその適用範囲を理解することができるでしょう。

始末書とは何か

始末書とは、一般的には職場で何らかの問題やミスが発生した際に、その事実と反省点、今後の改善策をまとめた文書のことを指します。この文書は、多くの場合、上司や人事部門に提出され、その後の処分や評価に影響を与える可能性があります。始末書は、単にミスを認め反省するだけでなく、その原因と結果、そして今後同様の問題が発生しないようにどのような措置を取るかを明確にする重要な手段です。このようにして、始末書は個々の職員だけでなく、組織全体の品質向上にも寄与する文書となっています。

始末書の目的

始末書の主な目的は、問題の事実を明らかにし、その原因を特定することです。さらに、それによって何が失われたのか、どのような影響が出たのかを詳細に記述することで、問題の深刻度を把握します。また、始末書には改善策や今後の行動計画も含まれることが多く、これによって同じ問題を未然に防ぐ役割も果たします。特に、始末書は上司や人事部門がその人物の今後の処分や評価を行う際の重要な参考資料となるため、その内容は非常に重要です。このように、始末書は単なる反省文以上の、組織運営における重要な機能を果たしています。

始末書と顛末書の違い

始末書と顛末書は、一見すると似たような文書に見えるかもしれませんが、実際にはいくつかの違いがあります。始末書は主に職場でのミスや問題行動に対する報告と反省が目的ですが、顛末書はある出来事や問題が発生した際の経緯や事実を詳細に報告する文書です。顛末書には反省や改善策は一般的に含まれず、事実関係のみを客観的に記述します。また、始末書は個々の職員が自らの行動について報告するのに対し、顛末書は多くの場合、上司や管理者が部下やプロジェクトの状況について報告するケースが多いです。このように、両者は用途や目的、内容においても異なるため、状況に応じて適切な文書を選ぶ必要があります。

始末書の書き方と例文

始末書の書き方は、その効果や評価に大きく影響を与える要素です。このセクションでは、始末書の基本的な書き方から、具体的なポイントに至るまで詳細に解説します。特に、事実に基づいて書く重要性、時系列の明確化、簡潔な表現、そして反省や今後の防止策についての記述方法に焦点を当てます。

始末書の基本的な書き方

始末書の基本的な書き方には、いくつかの要点があります。まず、始末書は事実に基づいて書かれるべきです。その上で、発生した出来事の時系列を明確にし、簡潔な言葉で表現することが求められます。さらに、反省点や今後の防止策についても詳細に記述する必要があります。これらの要点を踏まえて、具体的な書き方について解説します。

事実に基づいて書く

始末書では、事実に基づいて内容を記述することが非常に重要です。事実を歪曲すると、信頼性が失われ、さらに厳しい処分を受ける可能性が高まります。事実に基づいて書くためには、以下の手順を参考にしてください。

  • 発生した出来事を時系列で整理する。
  • 関係者や証拠となる資料を確認する。
  • 確認した情報をもとに、偏りや誤解がないように記述する。

時系列を明確にする

始末書において、時系列を明確にすることは、事実関係を正確に伝える上で不可欠です。時系列が不明瞭だと、読者が混乱し、事実を正確に把握できなくなります。時系列を明確にするためには、以下のポイントが有用です。

  • 具体的な日付や時間を記載する。
  • 出来事が発生した場所や状況も詳細に記述する。
  • 関連する出来事や行動も時系列に沿って整理する。

簡略に書く

始末書は、簡潔かつ明瞭な表現が求められます。冗長な表現や専門用語は避け、できる限り平易な言葉で書くことが推奨されます。簡潔に書くための具体的な方法としては、以下のような手法があります。

  • 主語と述語を明確にする。
  • 一文の長さを適切に保つ。
  • 同じ意味の言葉やフレーズの繰り返しを避ける。

反省や今後の防止策について書く

始末書では、発生した問題に対する反省点と、今後の防止策についても記述する必要があります。反省点を明確にすることで、同じ問題が再発しないようにするための手段を考えやすくなります。具体的な防止策については、以下のように記述すると良いでしょう。

  • 具体的な行動計画を設定する。
  • 計画には期限を設け、その達成状況を評価する。
  • 必要な場合は、他の関係者と協力する方策を考える。

始末書の例文

始末書の例文は、その形式や内容が多様であるため、具体的なケースに応じて適切な文面を作成することが求められます。このセクションでは、遅刻、紛失や破損、業務上のミス、業務上の事故や交通トラブル、データ紛失といった一般的なケースにおける始末書の例文を提供します。

遅刻に関する例文

遅刻は業務に多大な影響を及ぼす可能性があります。そのため、遅刻に関する始末書では、その理由と反省点、そして今後の改善策を明確にすることが重要です。

例文:

日時:2023年9月6日
件名:遅刻に関する始末書

この度は、9月5日の業務開始時間に遅刻したことについて、深くお詫び申し上げます。

遅刻の原因は、前日の夜に急な体調不良により、翌日の目覚まし時計を止めてしまったためです。このような事態を防ぐためには、体調管理を徹底し、緊急時に備えて複数の目覚まし時計を使用する等の対策を講じます。

重ねて、この度の遅刻により業務に支障を来たしたことを深く反省しております。今後は再発防止に努めます。

敬具

紛失や破損したときの例文

物品の紛失や破損は、企業にとって資産の損失につながります。そのため、始末書ではその状況の詳細と、今後の対策をしっかりと記述する必要があります。

例文:

日時:2023年9月6日
件名:物品紛失に関する始末書

この度は、業務用のスマートフォンを紛失したことについて、お詫び申し上げます。

紛失の状況は、9月5日に外部の会議に出席した際、帰宅途中で気づいたものです。今後の防止策としては、物品の管理を徹底するために、専用のケースやポーチを使用し、常に身につけるようにします。

このような不注意が再び起きないよう、細心の注意を払います。

敬具

業務上のミスに関する例文

業務上のミスは、プロジェクトの遅延や品質の低下を招く可能性があります。そのため、始末書ではその影響と反省点、そして今後の改善策を明確にすることが重要です。

例文:

日時:2023年9月6日
件名:業務上のミスに関する始末書

この度は、9月5日に発生したデータ入力ミスにより、業務に支障を来たしたことをお詫び申し上げます。

ミスの原因は、作業手順の確認不足と疲労によるものであり、今後は作業前に手順を再確認し、必要な休憩を取るようにします。

敬具

以上が一般的なケースにおける始末書の例文です。これらの例文は、各ケースに応じて適宜調整が可能です。重要なのは、事実を正確に、そして反省と改善の意志をしっかりと表現することです。

始末書の提出と影響

始末書の提出は、業務上の過失や問題行動に対する責任を明確にし、今後の改善を促す手段とされています。しかし、その影響は単に問題を解決するだけでなく、個々のキャリアにも広がっています。このセクションでは、始末書の提出がもたらす様々な影響について詳しく解説します。

始末書提出による効果

始末書の提出は、まず第一に自身の過失やミスを認識し、それを改善する機会を得ることができます。具体的には、始末書を通じて上司や関係者に対して反省の意を示すことで、信頼回復の第一歩ともなり得ます。また、始末書は記録として残るため、同様の問題が再発した場合には、その対応策や改善策がすでに考慮されている状態になります。これにより、組織全体の問題解決能力が高まる可能性もあります。

始末書を提出しないとどうなるか

始末書を提出しない場合、その行為が軽視される可能性が高く、結果として信頼を失う恐れがあります。特に重大な過失やミスの場合、始末書を提出しないことで、懲戒処分を受ける可能性が高まります。また、問題が解決されないまま放置されると、組織内での評価が低下し、キャリアにも影響を及ぼす可能性があります。

昇給や昇格にどう影響するか

始末書の提出は、短期的には昇給や昇格の評価にマイナスとなる可能性があります。しかし、その後の行動次第で、反省と改善が明確にされた場合は、長期的な評価においては必ずしもネガティブとは言えません。逆に、問題を解決し成長したと評価されることも考えられます。

退職金が減ることはあるか

始末書の提出自体が直接的に退職金に影響を与えるわけではありませんが、それが懲戒処分につながる場合、退職金が減額される可能性があります。具体的な減額の幅は、企業の規定や状況により異なるため、注意が必要です。

懲戒処分などへの影響

始末書の提出が懲戒処分につながるかどうかは、その内容や状況、企業の規定に依存します。一般的には、始末書を提出したことで問題が改善されれば懲戒処分を回避できる場合もありますが、重大な過失や繰り返しの場合は懲戒処分が適用される可能性が高まります。

始末書の事例と対応策

始末書は、業務上の過失や不手際、規則違反などに対する責任を明確にする文書です。このセクションでは、始末書が必要とされる具体的な事例と、その後の対応策について詳しく解説します。

始末書が必要な場面例

始末書が必要とされる場面は多岐にわたりますが、以下に主な事例をいくつか挙げます。

備品を紛失または破損した

業務用の備品や機材を紛失または破損した場合、その責任を明確にするために始末書が必要とされます。この場合、始末書には紛失または破損の状況、原因、そして今後の防止策を詳細に記載する必要があります。

業務において重大なミスをした

業務での重大なミス、例えば、クライアントへの誤報告や計算ミスなどがあった場合、その影響と責任を明確にするために始末書が求められます。特に、そのミスが業績に影響を与える可能性がある場合、始末書は避けて通れない手続きとなります。

重要な情報を漏洩させた

企業秘密やクライアント情報など、重要な情報を漏洩させた場合、その重大性を考慮して始末書が必要とされます。情報漏洩の状況と原因、そして今後の防止策を具体的に記載することが求められます。

就業規則に違反した

遅刻、欠勤、服装違反など、就業規則に明確に違反した場合も始末書が必要とされます。このような基本的な規則違反も、繰り返されると業務に影響を与えるため、始末書でその責任を明確にする必要があります。

始末書を受け取った時の対応

始末書を受け取った場合、その後の対応が非常に重要です。以下に、主な対応策を解説します。

始末書による処分の検討

始末書を受け取った後、最初に考慮すべきは、その内容に基づいてどのような処分が適切かを検討することです。処分の内容は、始末書の内容やその重大性、過去の実績などによって異なります。

改善策の検討

始末書を受け取った後の次のステップは、同じ問題が再発しないように改善策を検討することです。具体的な改善策を始末書の内容から検討し、それを実行することで、組織全体での再発防止につながります。また、始末書を元に関係各所への報告や謝罪が必要な場合は、より具体的な改善策を伝える必要があるでしょう。

社内への周知

始末書が提出された後、その内容と改善策を社内で周知することも重要です。これにより、同じような問題が他の部署やメンバーで発生するリスクを低減できます。

始末書と社内文化

始末書は、業務上の過失や不手際に対する責任を明確にする手段であり、その存在は組織内の文化や社員の心理にも影響を与えます。このセクションでは、始末書が持つ文化的側面や、それが社員のストレス、報告文化、離職率に与える影響について詳しく解説します。

始末書の文化的側面

始末書が一般的に用いられる文化や環境は、その組織がどれだけフォーマルなルールや規定を重視するかによって異なります。日本の企業文化では、始末書はしばしば厳格な規律を維持する手段とされています。しかし、その一方で、始末書が過度に用いられると、創造性や自由度が抑制される可能性もあります。このように、始末書の存在は組織文化に深く根ざしており、そのバランスを適切に保つことが求められます。

社員のストレスへの影響

始末書が頻繁に用いられる環境では、社員が常にその存在を意識することになり、ストレスが高まる可能性があります。特に、始末書が不明瞭な基準で用いられる場合、社員は何をすれば始末書を書かされるのかを常に考慮しなければならず、その結果、業務に対する集中力が散漫になる可能性があります。

逆にミスを報告しづらくなる可能性

始末書が過度に用いられると、社員はミスを内部で報告することが減少する可能性があります。このような状況は、組織全体としては非効率であり、問題が表面化する前に解決する機会を逸してしまうことにつながります。そのため、始末書の適切な運用が必要です。

離職率への影響

始末書の存在が社員のストレスを高めると、それが長期的には離職率の上昇につながる可能性があります。特に、始末書が一方的に上層部から下層部へと押し付けられる形で運用される場合、社員のモチベーション低下は避けられません。そのため、始末書の運用には、その影響を総合的に考慮する必要があります。

始末書は拒否できるのか

始末書の提出は、多くの場合、業務上の過失や不手際に対する責任を明確にする手段とされています。しかし、その提出が必ずしも義務であるわけではなく、特定の状況下での拒否も考慮されるべきです。このセクションでは、始末書が強要された場合や拒否された場合の対処法、そして始末書の強要がパワハラに該当するかどうかについて詳しく解説します。

始末書を強要されたときの対処法

始末書が強要された場合、まずは冷静に状況を把握することが重要です。具体的な過失や不手際が明確でない場合、無理に始末書を書く必要はありません。そのような状況では、以下の手順を考慮することが有用です。

  1. 具体的な事実関係を確認する
  2. 関連する規則や方針を調査する
  3. 法的なアドバイスを求める
  4. 上司や人事部門との対話を試みる

これらの手順によって、始末書の提出が適切かどうかを判断する材料が整います。

始末書を拒否されたときの対処法

始末書を提出する側が拒否された場合、その理由を明確にすることが先決です。拒否の理由が不明瞭な場合、以下の対応策が考えられます。

  • 拒否の理由を文書で確認する
  • 関連する規則や方針を再確認する
  • 上司や人事部門との対話を試みる

これらの手順を踏むことで、始末書の拒否が妥当かどうかを判断することができます。

始末書の強要はパワハラになるのか

始末書の強要がパワハラに該当するかどうかは、その状況や文脈によります。例えば、過失や不手際が明確でないにもかかわらず始末書を強要する行為は、パワハラに該当する可能性が高いです。そのような場合、第三者の介入や法的な措置を考慮することが有用です。特に、以下のような状況があれば、強要行為はパワハラとみなされる可能性が高まります。

  • 過失や不手際が明確でない
  • 始末書の提出を繰り返し強要する
  • 始末書が必要となるほどのミスではない

始末書と関連する書類・手続き

1. 始末書と報告書・説明書の違い

始末書と報告書・説明書は異なる文書であり、以下の点で違いがあります。

  • 始末書は自らの問題や失敗を報告し責任を取る内容が主であるが、報告書・説明書は客観的な情報を伝えることが目的。
  • 始末書は感情を含むことがあり、誠実さと反省の姿勢が求められるが、報告書・説明書は冷静かつ客観的な表現が求められる。

2. 始末書と謝罪書・詫び状の違い

始末書と謝罪書・詫び状には以下のような違いがあります。

  • 始末書は問題の報告と反省が主であり、謝罪や詫びが目的ではないが、謝罪書・詫び状は具体的な謝罪の表現が含まれる。
  • 始末書は組織や関係者に提出されることが多いが、謝罪書・詫び状は個人や特定の相手に対して送付される。

3. 始末書と報告義務・報告体制の関係

始末書と報告義務・報告体制には以下のような関係があります。

  • 報告義務や報告体制は組織内での情報共有を円滑にするためのルールであるが、始末書はその報告義務の一形態として機能する。
  • 報告体制を適切に活用することで、問題が早期に発見され、始末書の提出がスムーズに行われる。

4. 始末書を伴う内部調査手続きの流れ

始末書を提出する際には、内部調査手続きが伴います。一般的な流れは以下の通りです。

  • 問題の発覚:問題が発生した際に、上司や関係者に報告される。
  • 内部調査の開始:問題の原因と経緯を解明するために内部調査が開始される。
  • 始末書の作成:内部調査の結果をもとに、始末書を作成する。
  • 提出と承認:上司や関係部署に始末書を提出し、承認を得る。
  • 対応実施:問題の解決や改善策の実施を行う。

まとめ

この記事では、始末書に関する多角的な視点からの解説を行いました。始末書の基本的な書き方から、その提出や拒否に至るまでのプロセス、さらには社内文化やパワハラとの関連性についても詳しく説明しました。始末書は単なる書類以上の意味を持ち、その運用方法によっては効果的なコミュニケーションツールともなり得ます。しかし、不適切な強要や運用は逆効果を招く可能性もありますので、そのバランスが求められます。この知識を活かして、より良い業務環境を築く参考にしていただければ幸いです。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1544件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる