Menu
Close

マスメディアとは|役割から現代の課題、ビジネスや教育面まで解説します

目次

メディアとマスメディア、この二つの言葉はよく耳にするものの、その違いははっきりと理解されていないことが多いです。メディアは情報伝達の手段を広く指す一方で、マスメディアは大衆に向けた情報伝達のための特定の媒体を意味します。現代では、インターネットの台頭により、この伝統的な定義に変化が見られ、メディアの形態や機能はより複雑になっています。この記事では、メディアとマスメディアの違いを掘り下げ、それぞれが持つ特性と役割やインターネットとマスメディア・メディアとの関係について解説します。

「マスメディア」と「メディア」の違い

「マスメディア」とは

マスメディアとは、”mass” つまり「大衆・多数・大勢」という意味を持つ言葉から派生しています。この媒体は、不特定多数に対して情報を伝達する手段として機能します。具体的には、新聞、テレビ、雑誌、ラジオなどが代表例です。これらのメディアは広範囲にわたる視聴者や読者に一方的に情報を提供する特徴を持ち、大規模なコミュニケーションの手段として利用されています。インターネットの含まれる範囲については、未だに明確な定義がなされていない状況です。

「メディア」とは

メディアとは、情報を伝達するための媒体、あるいは情報交換の手段を指す言葉です。この定義は、手紙、書籍、CD、DVD、電話など、情報を伝えるために使用されるさまざまな手段を含みます。しばしば「マスメディア」と同義語として使用されることもありますが、より広範な概念を含んでおり、紙や電波を含むあらゆる情報伝達手段を総称しています。例えば、SDカードやUSBも「メディア」として分類されますが、これらは情報の保持や転送に用いられる具体的な媒体です。

マスメディアの社会的な役割とは

マスメディアは社会における重要な情報源であり、公共性と影響力を持っています。ニュース、教育、エンターテイメントを提供し、民主主義の健全な発展を促進します。公共の意識形成、議論の場の提供、政治や社会問題における透明性の確保など、社会の啓蒙と監視の役割を果たしています。

マスメディアの種類

テレビ

テレビは映像と音声を通じて、迅速に情報を伝達するマスメディアです。公共放送のNHKと多くの民放局があり、様々な番組を通じて情報を提供しています。TVerやParaviなどのインターネットポータルサイトを通じた視聴も増えており、広告露出の機会としても多大な影響力を持ちます。老若男女問わず広範囲の視聴者にアクセスできるため、広告やPRには最適なメディアです。

ラジオ

ラジオは音声のみで情報を伝えるマスメディアで、多忙な日常の中でも手軽に利用できる利点があります。災害時の情報源としても重要な役割を果たします。radikoなどのインターネットサービスを通じて視聴者層を拡大しており、パーソナリティとリスナーの距離が近いことも特徴です。CMやタイアップによる広告手段としても有効で、多様なリスナーに到達することができます。

新聞

新聞は、地域密着型から全国区のニュースまで幅広い情報を提供する重要なマスメディアです。全国紙、地方紙、ブロック紙といったカテゴリーがあり、それぞれの発行範囲や影響力に応じて異なります。また、紙媒体に加え、インターネットを通じた電子版の普及も進んでいます。社会的な信頼度が高く、一般紙としては全国紙やブロック紙、地方紙などがあり、専門紙も多岐にわたります。安価で手軽に入手でき、日常的に情報を得る手段として広く利用されています。

雑誌

雑誌は、多様なトピックを扱う刊行物です。文芸、ビジネス、ファッション、料理、スポーツなど、ジャンルごとに分類されています。特定の興味や趣味を持つ読者に特化した内容を提供するため、ターゲットを絞った広告やPR活動に効果的です。紙媒体に加え、電子版の普及も進んでおり、アクセスしやすいメディアとなっています。

マスメディアを利用した広告の種類

テレビ広告(テレビCM)

テレビ広告は、視覚と聴覚を通じて大衆に強烈な印象を与える効果的な手段です。スポットCMは特定の時間帯に配信され、ターゲット層のライフスタイルや視聴傾向に合わせて調整されます。一方、タイムCMは特定の番組に合わせて設計され、番組の人気や視聴率に応じた高い露出効果を期待できます。これらのCMは、広告代理店と協力して最適な戦略を立てることが重要です。

新聞広告

新聞広告は、信頼性の高い新聞の掲載面を活用し、幅広い読者にアクセスします。新聞広告には、本文中の広告スペースを利用した広告や、新聞に同梱される折込チラシなどがあります。特に、地域に根差した情報を提供する地方紙を利用した広告は、地域密着型のビジネスには特に有効です。

ラジオCM

ラジオCMは、音声のみを利用してメッセージを伝える広告手法です。ラジオの持つ信頼性と広範囲に及ぶリスナー層への到達能力は、特にブランドの認知度向上やリピート購買の促進に効果的です。また、一定のリスナー層に繰り返しメッセージを届けることが可能で、単純接触効果を高めることができます。

雑誌広告

雑誌広告は、特定の趣味や関心事を持つ読者に焦点を当てた広告です。雑誌の種類によって読者層が明確に区分されているため、ターゲットとなる顧客層に合わせた広告を展開することが可能です。イラストやテキストを駆使し、視覚的に魅力的な広告を作成することで、ブランドのイメージ強化や商品の訴求力を高めることができます。

インターネット(Webメディア)はマスメディアに含まれるのか

インターネットの普及に伴い、Webメディアの影響力は著しく増大しています。ニュースサイト、コーポレートサイト、ポータルサイト、キュレーションサイト、さらにはSNSなどのソーシャルメディアもWebメディアの範疇に含まれます。これらのメディアは、伝統的なマスメディアと異なり、個人レベルでの情報発信や、双方向のコミュニケーションが可能です。

特に、ニュースサイトやポータルサイトの閲覧数は、新聞や雑誌の発行部数が停滞する一方で増加傾向にあります。また、ソーシャルメディアの利用者数の増加により、情報の発信・共有・拡散力も強まっています。これらの現象は、Webメディアが単なる情報源を超え、社会や文化に重大な影響を及ぼす「第5のマスメディア」としての地位を確立していることを示しています。

実際に、電通の報告によると、2022年のインターネット広告媒体費は3兆円を超え、従来のマスメディアの広告費を上回る状況になっています。この傾向は2021年に始まり、今後も継続して伸びることが予想されます。このように、Webメディアは広告市場においても重要な役割を果たし、従来のマスメディアと並ぶ、あるいはそれを上回る影響力を持つメディアへと進化を遂げています。

参考:2022年 日本の広告費 – News(ニュース) – 電通ウェブサイト

Webメディアの中で分類される3種類のメディア

オウンドメディア

オウンドメディアは「owned media」すなわち「所有する媒体」という意味を持ち、自社がコントロールできるメディアを指します。これには自社のウェブサイトやブログ、パンフレット、広報誌などが含まれます。オウンドメディアの大きな利点は、情報の管理、発信、保存が自社の手で行えることです。企業のブランドイメージ構築や顧客との長期的な関係構築に役立ちます。ペイドメディアやアーンドメディアとは異なり、情報発信の自由度が高く、コストの観点からも有利です。

ペイドメディア

ペイドメディアは「paid media」、つまり「支払いを行ったメディア」を意味し、広告がその主な形態です。これにはウェブ上のリスティング広告や、伝統的なマスメディアの広告が含まれます。ペイドメディアの特徴は、広告費用の支払いにより、特定のターゲットに短期間で効率的にリーチできることです。不特定多数へのリーチや即時性に優れ、特に商品やサービスの認知度向上に寄与しますが、コストがかかることが欠点です。

アーンドメディア

アーンドメディアは「earned media」として知られ、企業が直接関与しない第三者によって情報が発信されるメディアです。Twitter、Instagram、FacebookなどのSNSや、口コミサイト、YouTube、個人ブログなどがこれに該当します。アーンドメディアの強みは、その拡散力と信頼性です。例えば、インフルエンサーによる推薦や口コミは、消費者にとって信頼性の高い情報源となります。ただし、企業はこれらの情報を直接コントロールすることはできず、時に信頼性を損なうリスクも伴います。

3種類を合わせたトリプルメディアとは

「トリプルメディア」とは、オウンドメディア、ペイドメディア、アーンドメディアの3つを組み合わせたマーケティング戦略です。各メディアの特長を活かし、相乗効果を狙うことで、より広範囲かつ効果的なコミュニケーションを実現します。たとえば、テレビCM(ペイドメディア)で視聴者の注目を集め、CM内で自社ウェブサイト(オウンドメディア)への訪問を促します。その後、SNS上での拡散(アーンドメディア)により、情報のリーチをさらに拡大します。このような戦略は、各メディアの強みを最大限に活かしつつ、弱点を補完することで、総合的なマーケティング効果を高めることができます。トリプルメディアは、現代の多様化するメディア環境の中で、企業やブランドが目立つための重要な手法となっています。

まとめ

本記事では、メディアとマスメディアの違いを明らかにしました。メディアは情報伝達の手段全般を指し、新聞やテレビなどのマスメディアだけでなく、ウェブサイトやSNSなどのデジタルメディアも含みます。マスメディアは、広い範囲の受け手に対して情報を発信する、伝統的なメディアの形態です。インターネットの進化により、これらの媒体間の境界は曖昧になり、相互に影響を及ぼしています。トリプルメディアの概念は、これらのメディアを効果的に組み合わせる現代のマーケティング戦略を示しています。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1514件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる