Menu
Close

eラーニングシステムがよく使われる業界とは?各業界での活用事例をご紹介!

目次

eラーニングシステムは、教育、企業研修、医療、IT、製造業界など、さまざまな業界で活用されています。この記事では、各業界での具体的な活用事例や効果について詳しく紹介します。

eラーニングシステムがもたらす柔軟性、アクセス性、インタラクティブ性は、学習者や従業員にとって非常に有益です。加えて、組織や教育機関にとっても、コスト削減や効率向上の手段として重要な役割を果たします。

本記事を通して、eラーニングシステムの重要性と各業界での活用方法への理解を深めましょう。

eラーニングシステムの概要とは

eラーニングシステムの定義と特徴

eラーニングシステムとは、電子的な手段を用いて学習を支援するシステムのことです。インターネットやコンピュータを活用し、オンライン上で教材やコンテンツを提供し、学習者が自分のペースで学ぶことができます。

特徴的な要素としては、柔軟性、アクセス性、インタラクティブ性が挙げられます。学習者は時間や場所に制約されず、自分の都合に合わせて学ぶことができます。

 eラーニングシステムのメリットとデメリット

eラーニングシステムのメリットは多岐にわたります。まず、学習者は自分のペースで学習できるため、効率的な学習が可能です。

また、場所や時間に制約されずに学習できるため、忙しい人や地理的な制約のある人にとっても便利です。さらに、インタラクティブな学習コンテンツやオンラインコミュニティを通じて、他の学習者や講師との交流が可能です。

一方、eラーニングシステムのデメリットも考慮する必要があります。オンライン上の学習では、対面での学習よりもコミュニケーションや対話の機会が減る場合があります。

また、テクノロジーに依存するため、技術的な問題が発生する可能性もあります。技術的な問題が発生した場合においても適切なサポートにより、これらのデメリットは克服可能です。

おすすめeラーニングシステム42選!目的や特徴別に製品を徹底比較

eラーニングシステムが活用される主な業界紹介

教育業界におけるeラーニングシステムの活用事例

教育業界では、eラーニングシステムが効果的に活用されています。学校や大学では、オンラインで講義や教材を提供することで、学生が柔軟に学習できる環境を整えています。

また、遠隔地にいる生徒や成人学習者に対しても、eラーニングシステムを活用した遠隔教育が普及しています。さらに、教師が学習進捗を把握し、個別にサポートするための教育支援ツールとしても活用されています。

一般的な企業研修におけるeラーニングシステムの活用事例

企業研修では、eラーニングシステムが広く活用されています。新入社員の研修やスキルアップのためのトレーニングプログラムは、オンライン上で提供され、効果的な学習が促進されています。

さらに、リモートワーカーや海外拠点の従業員に対しても、一貫した研修を提供するためにeラーニングシステムが利用されています。企業はコスト削減や効率向上を実現するために、eラーニングシステムを積極的に採用しています。

医療業界におけるeラーニングシステムの活用事例

医療業界では、eラーニングシステムが医師や看護師の継続教育や専門知識の向上に活用されています。医療技術の進歩が速いため、eラーニングを通じて最新の情報や手法を習得することが重要です。

また、遠隔地にいる医療従事者への教育支援や診療の標準化も、eラーニングシステムによって実現されています。医療の質を向上させるために、eラーニングシステムは欠かせないツールとなっています。

IT業界におけるeラーニングシステムの活用事例

IT業界では、技術の進化に追いつくためにeラーニングシステムが幅広く利用されています。プログラミング言語やデータベース管理など、技術者のスキル向上のための学習プラットフォームとして活用されています。

また、新しい製品やツールのトレーニング、認定試験の準備などにもeラーニングシステムが効果的です。技術の変化が激しいIT業界では、eラーニングが必要不可欠な学習手段となっています。

製造業界におけるeラーニングシステムの活用事例

製造業界でも、eラーニングシステムが効果的に活用されています。製造プロセスや機械操作のトレーニングは、オンライン上で実施されることが多くなりました。従業員はeラーニングコースを通じて、製品の品質向上や効率化についての知識を身につけることができます。

さらに、安全教育やリスク管理のためのトレーニングもeラーニングシステムを活用して行われています。製造業界では、eラーニングが生産性向上と従業員のスキルアップに不可欠な要素となっています。

eラーニングシステムについての詳しい記事はこちらから

各業界でのeラーニングシステムの活用方法と効果

教育業界でのeラーニングシステムの活用方法と効果

教育業界では、eラーニングシステムを様々な方法で活用しています。オンライン講義や教材提供により、学生は自宅やカフェなど、自分の好きな場所で学習できます。

また、インタラクティブなコンテンツやディスカッションフォーラムを通じて、学生同士や教員とのコミュニケーションが促進されます。

eラーニングシステムは、学習者の主体性や自己管理能力を高め、効果的な学習環境を提供することができます。

一般的な企業研修におけるeラーニングシステムの活用事例

企業研修では、eラーニングシステムが柔軟で効果的な方法として採用されています。従業員はオンライン上でトレーニングコースや学習モジュールを受講し、自分のペースで学習することができます。

さらに、ビデオやシミュレーションなどのインタラクティブな教材を活用することで、従業員の参加意欲や学習効果を向上させることができます。eラーニングシステムは、組織のスキルアップや生産性向上に寄与する重要なツールとなっています。

医療業界でのeラーニングシステムの活用方法と効果

医療業界では、eラーニングシステムが医療従事者の継続教育やスキル向上に欠かせない存在です。オンライン上で最新の医療情報や手法に関するコースを受講することで、医師や看護師は常に最新の知識を保持できます。

また、シミュレーションやケーススタディを通じて実践的なトレーニングを提供することで、医療従事者の診断能力や治療スキルを向上させることができます。eラーニングシステムは、医療の質と安全性を高める重要な手段として広く活用されています。

IT業界でのeラーニングシステムの活用方法と効果

IT業界では、eラーニングシステムが技術者のスキル向上に不可欠な役割を果たしています。オンライン上でプログラミング言語やデータベース管理などのコースを受講することで、技術者は最新の技術やベストプラクティスを学ぶことができます。

また、eラーニングシステムは個別の認定試験の準備をサポートするためにも利用されています。技術の変化が速いIT業界では、eラーニングシステムが迅速なスキル習得と競争力の維持に重要な役割を果たしています。

製造業界でのeラーニングシステムの活用方法と効果

製造業界では、eラーニングシステムが製造プロセスや機械操作のトレーニングに有効です。従業員はオンライン上でトレーニングコースを受講し、製造における基本的な知識やスキルを身につけることができます。

さらに、eラーニングシステムを活用した安全教育やリスク管理のトレーニングは、従業員の安全意識を高める効果があります。製造業界では、eラーニングシステムを活用することで生産性向上や品質管理の向上が期待できます。

eラーニングシステム導入の際の注意点と成功のポイント

eラーニングシステム導入における重要な要素

eラーニングシステムを導入する際には、いくつかの重要な要素に注意する必要があります。まず、組織のニーズと目標を明確に定義することが重要です。どのような学習コンテンツや機能が必要であり、どのような効果を期待するのかを明確にすることで、より効果的なシステムを構築することができます。また、導入にかかる予算やリソースも考慮する必要があります。

導入時の課題と解決策

eラーニングシステムの導入にはいくつかの課題が存在します。例えば、従業員や学生のモチベーションを維持することや、適切なサポート体制を整えることが挙げられます。

これらの課題に対応するためには、コースの魅力的なデザインやインタラクティブな要素の導入、教員やトレーナーのサポート体制の充実などが重要です。また、システムの使いやすさやセキュリティの確保にも配慮する必要があります。

 成功事例と学ぶべきポイント

成功しているeラーニングシステムの導入事例から学ぶことは多いです。例えば、ユーザビリティの高いインターフェースを提供することで、学習者の使いやすさとモチベーションを向上させることができます。

また、柔軟な学習コンテンツの提供や学習者同士のコミュニケーションを促進する機能の導入も重要です。さらに、データ分析や評価の仕組みを組み込むことで、学習の進捗や成果を可視化し、改善点を把握することができます。

eラーニングシステムの利用者の声を紹介(業界ごと)

ここからは業界ごとの活用事例を、製品と導入事例を通して具体的に深ぼっていきます。利用者の声を参考に、自社におけるeラーニング導入のイメージを膨らませ、解像度を高めていきましょう。

1.教育業界の場合(KnowledgeDeliver)

教育業界 eラーニングシステム導入

株式会社リンクアカデミーは、アビバや大栄などの学習プラットフォームを提供し、個人のキャリアニーズに応えています。最近ではLMS(Learning Management System)のリプレイスを行い、オンライン事業を拡大し、さらにグループ会社を含む複数のサービスブランドの学習プラットフォームを一元化しています。

①KnowledgeDeliver導入前の課題

導入前、リンクアカデミーは数つの課題に直面していました。古いシステムは不安定で、オンライン学習の増加に対応できず、システムのダウンタイムが頻発しました。将来の拡張に対応できない制約があり、現行のシステムが追いつかなくなりました。また、コロナ禍における急激な顧客ニーズの変化に対応するためには、迅速かつ効果的なシステムが必要でした。

②KnowledgeDeliver採用の決め手

KnowledgeDeliverの導入に踏み切った決め手は、3つの要因とデジタル・ナレッジ社との信頼関係に基づいています。一つ目は、KnowledgeDeliverの高い安定性とサポート体制です。このシステムは高い信頼性で安定して運用が可能です。二つ目は、将来性。デジタル・ナレッジ社は自社開発能力を持ち、システムの拡張が可能で、新しいニーズに柔軟に対応できます。三つ目は、教育に特化した機能。KnowledgeDeliverは教育に特化し、教育の専門知識が豊富です。

③業務中におけるKnowledgeDeliverの使い方

KnowledgeDeliverの導入後、リンクアカデミーはいくつかの重要な用途で活用しています。具体的には、システムの安定性向上に貢献し、オンライン学習サービスの安定的な提供を実現しました。さらに、新しいオンラインスクールの設立を可能にし、事業の拡大を実現しています。 KnowledgeDeliverは、顧客管理システムとの連携を可能にし、ユーザー管理を効率的に行っています。また、他のグループ会社にもKnowledgeDeliverを導入し、学習プラットフォームを一元化しています。

参考:株式会社リンクアカデミー | eラーニングのデジタル・ナレッジ

今回の導入事例での製品:KnowledgeDeliver

2.一般的な企業研修の場合(Cloud Campus)

eラーニングシステム Cloud Campus

セゾン自動車火災保険株式会社は、保険業界で専門知識を持つ社員に商品とサービスに関する教育を行っていました。彼らはCloud Campusを導入し、従業員の理解度を向上させるために効率的なリモート研修を提供しました。導入後、約1,000人以上の社員が活用し、大きな成功を収めました。

①Cloud Campus導入前の課題

セゾン自動車火災保険株式会社は、リモート研修に移行する必要性を感じました。しかし、動画を使用したリモート研修では、受講者の理解度を把握する手段が不足していました。導入前には、研修の質と理解度を向上させる方法に悩まされていました。

②Cloud Campus採用の決め手

まず、多くのユーザーを管理でき、受講者の数に制限がないことが魅力でした。また、広範な管理者機能と使いやすいユーザーインターフェースがありました。さらに、動画とテストを組み合わせて理解度を測定でき、無制限のユーザー登録で予算的にも魅力的でした。

③業務中におけるCloudCampusの使い方

セゾン自動車火災保険株式会社では、導入後、ユーザー管理およびコンテンツ制作を担当する約1~3名の運用チームが運用しています。コンテンツの制作は、社員が必要な知識を提供するコースを設計し、動画とテストを作成することから始まります。それから、コースはCloud Campus内で公開され、社員は学習を始めることができます。特にテストは効果的な学習手段として活用され、受講者の理解度を高めるために工夫されています。

今回の導入事例での製品:CloudCampus

  • サイバー大学のCloud Campusはソフトバンクグループが運営する文科省認可の大学、サイバー大学で独自に開発されたeラーニングプラットフォームです。完全インターネット大学の中核システムとして利用されている実績や、社会人学生でも学び続けやすいように知見を活かした独自機能は他のeラーニングシステムにはない特長です。IMSJapan最優秀賞を受賞するなど高い評価と多くの実績を兼ね備えているプラットフォームです。

3.医療業界の場合(soeasy buddy)

eラーニングシステム 導入事例

みどりの歯科医院では、伝統的な紙マニュアルからの移行を検討していました。問題は、テクニックの細部が紙に収めきれず、それによる診療品質の低下やスタッフの混乱でした。また、マニュアルの更新が難しく、スタッフ間で理解度に差があり、勉強会で診療を中断するコストも発生していました。そこで、他の歯科医院が使用している動画マニュアルの可能性に目をつけ、soeasy buddyの導入を決意しました。

①soeasy buddy導入前の課題

soeasy buddyを導入する前、紙マニュアルの限界に直面していました。スタッフの技術がバラつき、クオリティに影響を及ぼす問題が頻発していました。マニュアルの更新が追いつかず、紙では伝えきれない微妙なテクニックの伝達が難しい状況で、診療の信頼性に懸念がありました。また、勉強会に時間を割かなければならないことでコストもかさんでいました。

②soeasy buddy採用の決め手

soeasy buddyの採用に踏み切る決定的な要因は、他の歯科医院での成功事例と、その使い勝手に魅力を感じたことです。soeasy buddyは動画マニュアルを提供し、スタッフ全員にとってわかりやすく、すぐに実践できるツールであることが分かりました。他の歯科医院でsoeasy buddyの効果を確認し、特に新しい機材の説明で使うことで、効率的な学習と診療への即時適用が可能であることに納得し、導入を決定しました。

③業務中におけるsoeasy buddyの使い方

soeasy buddyの活用方法は、職種ごとに適切な動画を作成し、習慣化することでした。初めに消毒滅菌や掃除の手順などの共通マニュアルを動画にし、その後職種ごとのアシスタントのポイントを投稿しました。スタッフがsoeasy buddyを習慣化するために、紙マニュアルをPDFにして投稿し、未編集動画も投稿しました。新しい機材の説明などで、スタッフが撮影し、soeasy buddyに投稿することで、新たなスキルの習得をサポートしました。

参考:みどりの歯科医院様でのsoeasy buddy活用事例

今回の導入事例での製品:soeasy buddy

  • soeasy buddyは、株式会社スタディストが提供するeラーニングシステムで、人材育成DXに特化したプラットフォームです。この革新的なシステムは、「動画マニュアル&教育ツール」と「ナレッジデータベース」と「社内SNS」の優れた機能を組み合わせることで、組織内でお互いに教え合う文化を育むことを目指しています。また、soeasy buddyは「おしえあう文化」を育み、効果的な教育と効率化を両立させることで、職場の活性化とモチベーション向上に貢献します。導入にはオプションとしてマニュアル撮影サービスやアドバンスサクセスも提供され、大規模組織向けにも手厚くサポートされます。soeasy buddyを導入することで、組織内の知識共有と連携が一層強化され、新たな学びの文化を築くことができるでしょう。

4.IT業界の場合(Schoo for Business)

eラーニングシステム 導入事例

ユニシステム株式会社は、IT業界で長い歴史を持ち、システム開発において高い技術力を持つ企業です。彼らは「新人や若手の早期育成」を中期経営計画の中で重要視し、Schoo for Businessを導入しました。これは、従業員のスキル向上と成長を支援するための重要な取り組みで、彼らの経営戦略の一環です。

①Schoo for Business導入前の課題

導入前、ユニシステム株式会社はいくつかの課題に直面していました。彼らの社員はお客様の現場に常駐し、集合教育が難しかったため、若手社員のスキル向上が課題でした。さらに、労働者派遣法の改正に合わせて対策が必要であり、これらの課題を解決する手段を模索していました。

②Schoo for Business採用の決め手

Schoo for Businessの導入を決めた理由は、いくつかの要因に基づいています。まず、このプラットフォームは技術とビジネススキルのコンテンツがバランスよく提供され、会社のニーズに合致していたことが決定的でした。また、経済的な観点からもコスト効率が高く、リーズナブルであることが魅力でした。

③業務中におけるSchoo for Businessの使い方

導入後、ユニシステム株式会社はSchoo for Businessを活用する方法を工夫しました。全国の13の拠点に教育担当者を配置し、各拠点に合った研修内容を選択し、実施しています。さらに、メンター制度を導入し、社員に対してSchooの講座を積極的に推薦しています。これにより、社員は必要なスキルを習得し、自分の興味に合わせて学ぶ機会を持ち、業務に役立てることができます。

参照:ユニシステム株式会社様| 導入事例 | オンライン研修・人材育成 – Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

今回の導入事例での製品:Schoo for Business

  • 株式会社SchooのSchoo for Businessは、オンライン研修と自律学習を組み合わせられるオンライン学習サービスです。企業の実務に直結するオンライン研修と社員個人が自身で選んで受講する自律学習の場を提供することで、企業全体が学びを続ける組織づくりのサポートを目的とするのが当システムの大きな特徴です。200種類以上の研修パッケージで、企業にあった研修を設計できます。自己啓発向けのコンテンツは幅広いジャンルがあり、好奇心を刺激し社員の学習意欲を促進します。

5.製品業界の場合(CAREERSHIP)

eラーニングシステム 製造業界 導入事例

トヨタ自動車は自動車業界の大変革期におり、新たな方向性に合わせた教育環境を整備し、変革を実現する必要がありました。旧来のLMSでは点単位のeラーニングが主流で、組織内の教育リソースが分散しており、統合的な学習管理が難しい状況でした。トヨタ自動車は新たな「モビリティカンパニー」のモデルチェンジを推進し、人材育成と教育環境の改善が不可欠と考え、クラウド型eラーニングシステムを導入しました。

①CAREERSHIP導入前の課題

導入前、トヨタ自動車は教育の受動的な環境で、組織内の教育リソースが分散しており、教育が「点」の繰り返しで終わっていました。自動車業界の大変革期に合わせた教育が必要でしたが、旧来の教育体制ではこれに対応できませんでした。

②CAREERSHIP採用の決め手

トヨタ自動車はCAREERSHIPを採用する決断を下す際、使いやすさとベンダーの対応力が鍵となりました。多くのベンダーの提案を受け、CAREERSHIPを含め3つのeラーニングシステムをトライアルしました。最終的にCAREERSHIPを採用した要因は、その使いやすさで、学習者にとって理解しやすく、操作マニュアルが不要であることが評価されました。また、ベンダーの対応力とサポートも信頼性があり、eラーニングシステムの導入後の問題解決に対応できる点も重要な要因でした。

③業務中におけるCAREERSHIPの使い方

CAREERSHIPの導入後、トヨタ自動車は階層別研修の改善と運用の効率化に役立てています。従来の点単位のeラーニングから、教育コンテンツがコース化され、学習が「線」や「面」で統合的に管理できるようになりました。このシステムにより、学習者が自身の成長を追跡し、自主的に学ぶ姿勢が育まれています。また、研修の案内や管理、アンケートなどがeラーニングシステム上で効率的に実施でき、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響下でリモートワークが推奨された際にも柔軟な教育提供が可能となりました。

参考:〔トヨタ自動車〕「モビリティカンパニー」への変革を目指して 5万人が使える教育環境をつくる | 株式会社ライトワークス

今回の導入事例での製品:CAREERSHIP

  • 株式会社ライトワークスのCAREERSHIPは統合型LMS(学習管理システム)です。LMS導入の問題を解決する柔軟性、育成の発展性、人事システムとの連携の3つの特徴をコアパフォーマンスとし上場企業売上TOP100社の47%が導入した実績を誇ります。必要に応じた機能を組み合わせることで企業が求める最適なLMSを提供します。単なるeラーニングや集合研修の学習に関する機能だけではない統合型システムでコストダウンも効率アップも実現します。

eラーニングシステムの未来と今後のトレンド

eラーニングシステムの今後の発展予測

eラーニングシステムは今後さらなる発展が期待されています。技術の進歩により、よりリアルな仮想環境や拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の活用が進むことで、より身近な学習体験が可能となります。

また、AIや機械学習の応用により、学習者のニーズや進捗に合わせたカスタマイズされた学習体験が提供されるでしょう。さらに、マイクロラーニングやモバイル学習の普及も見込まれ、いつでもどこでも学びが可能となります。

新しいトレンドと最新テクノロジーの活用

eラーニングシステムにおける新しいトレンドとして、ソーシャルラーニングが注目されています。学習者同士や教員とのコラボレーションや共同学習を促進するための機能が進化しています。

また、ビッグデータや分析技術の進歩により、学習データの収集と分析がより精密化され、個別の学習パスの最適化や個別のフィードバックが可能になることも期待されています。

eラーニングシステムの可能性と将来展望

eラーニングシステムは、教育やトレーニングの領域でますます重要な存在となっています。技術の進化とともに、より柔軟で効果的な学習体験を提供することが可能になるでしょう。

学習者は時間や場所に制約されずに学ぶことができ、自身のスキルや知識を向上させることができます。また、組織や教育機関にとっても、コスト削減や効率向上の手段として重要な役割を果たすでしょう。

eラーニングシステムは、個人の成長と社会の発展を支えるツールとして、ますます進化していくことが予測されます。

eラーニングシステムについての詳しい記事はこちらから

eラーニングシステムを各業界に適した手法で活用しましょう

この記事では、eラーニングシステムがよく使われる業界紹介と、各業界での具体的な活用事例について詳しくご紹介しました。

教育業界では学生の柔軟な学習環境を提供し、企業研修では効果的なトレーニング手段として活用されています。加えて、医療業界では医療従事者の継続教育や安全教育に貢献し、IT業界では技術者のスキル向上を支援しています。

eラーニングシステムは、これらの業界において効果的な学習環境を実現しています。eラーニングシステムを各業界に適した手法で活用しましょう。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1544件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる