Menu
Close

【特化型】マニュアル作成ツールおすすめ11選!種類や機能、選び方を解説

目次

マニュアル作成ツールは、ビジネスや教育分野で欠かせない効率的なツールです。この記事では、マニュアル作成ツールの種類や機能、選び方のポイントについて解説します。本記事を通して、マニュアル作成ツールの魅力と活用方法について知りましょう。

マニュアル作成ツールの概要

 マニュアル作成ツールとは

マニュアル作成ツールは、情報を簡単かつ効果的に伝えるためのソフトウェアです。テキスト、画像、ビデオなどのコンテンツを組み合わせて使いやすいマニュアルを作成することができます。企業や組織、教育機関などさまざまな分野で広く活用されています。

 マニュアル作成ツールの役割と利点

マニュアル作成ツールの主な役割は、情報の整理・編集、デザインのカスタマイズ、コラボレーションの促進です。ユーザーは直感的なインターフェースを通じてマニュアルを作成し、柔軟に編集することができます。

さらに、チーム内での共同作業やバージョン管理もスムーズに行えます。

マニュアル作成ツールの主な機能

マニュアル作成ツールにはさまざまな機能があります。テンプレートやスタイルの利用により、一貫性のあるデザインを実現できます。

さらに、ハイライトや付箋などの注釈機能、目次の自動生成、検索機能など、情報の探索とナビゲーションを容易にする機能も備わっています。これらの機能を駆使することで、読者は迷うことなく必要な情報を見つけることができます。

マニュアル作成ツールの種類

オンプレミスツール

オンプレミスツールは、自社のサーバーにインストールして使用するタイプのツールです。セキュリティの面で厳重な管理が可能であり、企業の情報管理方針に適合している場合に選ばれます。

クラウドベースツール

クラウドベースツールは、ウェブブラウザを通じて利用するタイプのツールです。利用者はインターネットに接続するだけで、いつでもどこからでもアクセスできます。柔軟性と共有性に優れており、複数のユーザーが同時に作業する場合やリモートワーク環境での利用に適しています。

 オープンソースツール

>オープンソースツールは、無料で利用できるツールであり、コミュニティによって開発・メンテナンスされています。自由度が高く、ユーザーが必要な機能を追加・修正することができます。

プロプライエタリツール

プロプライエタリツールは、特定の企業や開発者によって開発・販売されているツールです。独自の機能やサポート体制が提供されており、商用利用に適しています。

マニュアル作成ツールの機能と特徴

テンプレートとカスタマイズ性

マニュアル作成ツールは、プロフェッショナルなテンプレートを提供し、ユーザーが独自のデザインを加えることができます。ロゴやカラースキーム、フォントなどをカスタマイズし、ブランドイメージに合わせたマニュアルを作成することができます。

マルチメディアの統合

マニュアル作成ツールでは、テキストだけでなく、画像やビデオなどのマルチメディアコンテンツも統合できます。視覚的な要素や実演動画を取り入れることで、読者の理解を深めることができます。

 コラボレーション機能

複数のユーザーが同時にマニュアルを編集できるコラボレーション機能は、チームワークを強化します。コメントや修正履歴の追跡などの機能により、効率的な共同作業が可能となります。

 多言語サポート

マニュアル作成ツールは、多言語環境に対応しています。翻訳機能やローカライズのサポートにより、異なる地域や言語でのマニュアル作成が容易になります。これにより、グローバルなユーザーに対しても効果的に情報を提供することができます。

マニュアル作成ツールの選び方のポイント

 ユーザビリティと使いやすさ

マニュアル作成ツールの選択にあたっては、ユーザビリティと使いやすさが重要なポイントです。直感的な操作性やわかりやすいインターフェースを持つツールを選ぶことで、効率的なマニュアル作成が可能となります。

 テンプレートとカスタマイズ性のバランス

ツールが提供するテンプレートの種類やカスタマイズ性は重要な要素です。豊富なテンプレートが用意されている一方で、それらを自社のデザインや要件に合わせてカスタマイズできることも重要です。

 チームのニーズに合った機能

チームのニーズに合った機能も考慮すべきポイントです。例えば、共同作業やバージョン管理が必要な場合には、コラボレーション機能の充実したツールが適しています。チームメンバーの意見を集め、必要な機能を洗い出すことが重要です。

サポートとアップデートの品質

マニュアル作成ツールを選ぶ際には、提供元のサポート体制やアップデートの頻度・品質も考慮すべきです。バグ修正や新機能の追加など、ツールの持続的な改善とサポートが行われていることが望まれます。

コストとコストパフォーマンスの考慮

マニュアル作成ツールの選択においては、コストとコストパフォーマンスも重要な要素です。ツールの価格やライセンス形態、追加料金やサブスクリプションの有無を確認し、予算内で最適なツールを選ぶことが大切です。

ファイルフォーマットの互換性

マニュアル作成ツールは、出力されるファイルフォーマットにも注目が必要です。多くのツールはPDFやHTMLといった一般的なフォーマットに対応していますが、自社の要件に合ったフォーマットやエクスポートオプションが提供されているかを確認しましょう。

マニュアル作成ツールの活用事例と成功事例

企業内の業務マニュアル作成

マニュアル作成ツールは、企業内の業務プロセスの効率化にも役立ちます。業務マニュアルの作成や更新を容易にし、新入社員のトレーニングや業務の共有を円滑に行うことができます。

製品のユーザーマニュアル作成

製品のユーザーマニュアルは、顧客の満足度と製品の利便性を高める重要な要素です。マニュアル作成ツールを活用することで、分かりやすく具体的なユーザーガイドを提供し、製品の使い方やトラブルシューティングをサポートすることができます。

ソフトウェアのドキュメンテーション作成

ソフトウェアのドキュメンテーションは、開発者やエンドユーザーにとって重要な情報源です。マニュアル作成ツールを使うことで、コードの解説やAPIドキュメント、チュートリアルなどを効果的に整理・提供することができます。

マニュアル作成ツールの将来展望と進化

AI技術の活用

マニュアル作成ツールはAI技術の進化とともにさらなる進化を遂げています。自動要約や自然言語処理による自動生成、画像認識や音声認識によるコンテンツの自動挿入など、より効率的かつ高品質なマニュアル作成が可能になるでしょう。

インタラクティブなコンテンツの拡充

将来のマニュアル作成ツールでは、よりインタラクティブなコンテンツの拡充が期待されます。仮想リアリティ(VR)や拡張現実(AR)の技術を活用し、読者がより実践的な体験をすることができるマニュアルが登場するかもしれません。

マニュアル共有プラットフォームの発展

マニュアル作成ツールと共有プラットフォームが一体化し、よりシームレスなマニュアル管理・共有が実現されることも期待されます。複数のユーザーがリアルタイムで協力し、マニュアルの作成や更新、共有が行える環境が進化するでしょう。

おすすめのマニュアル作成ツール11選

Teachme Biz

※出典:Teachme Biz(ティーチミー・ビズ)|マニュアル作成・共有システム

Teachme Bizは、マニュアル作成・共有システムで、誰でも簡単に使えるサービスです。マニュアルの作成から共有、組織への運用までサポートしています。特徴と機能としては、わかりやすいマニュアル作成が可能で、テンプレートに画像や文字を入れるだけでステップごとに表示される構造で更新も簡単です。16言語に自動翻訳機能もあり、外国人スタッフの教育にも役立ちます。また、画像や動画を使ったマニュアルで伝えやすく、タブレットやスマホでの確認やPDF出力、QRコードでの共有、タスクの配信も可能です。運用機能では作成したマニュアルの活用状況を分析し、業務効率化につなげることもできます。

Teachme Bizの詳細はこちら→https://biz.teachme.jp/

トースターチーム

※出典:AIでマニュアルを自動作成! -トースターチーム

トースターチームは、業務の見える化を通じて、業務効率や生産性の向上、人材の即戦力化を実現するAIマニュアル作成管理ツールです。マニュアルや動画マニュアル、用語集など、業務に必要なノウハウと知識、経験をひとつにまとめて活用することができます。トースターチームでは、ワード・エクセルで作成したマニュアルを解決し、社内のノウハウ・知識を標準化して共有します。さらに、マニュアル作成者へのポイント加算やアクティブランキング表示により、モチベーションを高めます。パソコンやスマホで利用でき、場所を選ばずに使えるのも特徴です。トースターチームの導入効果としては、作業効率・品質の向上、人材の即戦力化、コスト削減、法令遵守の確保が挙げられます。また、チームの業務手順をマニュアル化することで、働き方と生産性の向上につながります。さまざまなプランがあり、まずは無料でお試しいただけます。

トースターチームの詳細はこちら→https://toaster.how/

COCOMITE

※出典:オンラインマニュアル作成・運用サービス COCOMITE(ココミテ)

COCOMITEは、わかりやすい業務手順をいつでもどこでも誰とでも共有できるソリューションです。慢性的な人手不足を解決するために生まれました。COCOMITEではオンラインで分かりやすいマニュアルを作成し、運用することができます。これにより、人材育成やナレッジの共有をスムーズにし、業務の効率化、生産性向上、サービス向上につながります。COCOMITEの特徴として、ノウハウの集積、常に最新の情報、タイムリーな情報共有が挙げられます。さらに、簡単・スピーディーにマニュアルを作成することができ、フォルダごとに複数ユーザーのアクセス管理も可能です。

COCOMITEの詳細はこちら→ https://cocomite.konicaminolta.jp/

Create!JobStation

※出典:業務標準化ならジョブステ – Create!JobStation|インフォテック株式会社

Create!JobStationはクラウド型の業務標準化ツールです。業務の全体像を可視化し、進捗状況や作業内容を共有することができます。作業のタスクや履歴を管理し、作業漏れを防止しナレッジを共有できます。また、業務内容に応じた作業と手順を自動で判断する機能も備えています。さらに、業務フローの展開やチェックリストの管理、ルール設定などの機能があります。価格設定も柔軟で、デモンストレーションの申し込みも可能です。

Create!JobStationの詳細はこちら→ https://createjobstation.jp/

Dojo

※出典:マニュアル作成ツールのDojoシリーズ(公式) | 業務マニュアル簡単自動作成

Dojoは、手軽に使えるマニュアル作成ツールであり、サポートも充実しています。日本マーケティングリサーチ機構の調査でもNo.1となっており、20年以上にわたり選ばれ続けています。Dojoシリーズは、企業の課題を解決するためのマニュアル作成ツールであり、マニュアル作成のノウハウや豊富なラインナップ、安心のサポート体制を提供しています。さまざまなお悩みや要望に対応し、マニュアル作成から共有までの効率化を図ることができます。Dojoシリーズは、マニュアル作成者管理者や作業者にとっても便利であり、マニュアル作成時間やマニュアル習得時間を短縮し、業務効率を向上させることができます。また、マルチデバイス対応や多言語対応も可能であり、幅広いシーンや用途で活用することができます。導入後もDojoシリーズ専用のヘルプデスクやユーザーサポートサイトがあり、運用も安心です。

Dojoの詳細はこちら→https://tepss.com/

iTutor

※出典:マニュアル作成ソフトならiTutor(アイチューター)

iTutorは自動マニュアル作成ツールであり、簡単に、速く、高品質なマニュアルを作成することができます。PC画面上で操作を行うだけで、マニュアルを自動的に作成することができます。また、動画の取り込みや編集も可能です。作成したマニュアルはドキュメントや動画、HTML5の形式で出力して利用することができます。iTutorはパワーポイントのような操作感で使いやすく、初めての人でも簡単に利用できます。さまざまな活用シーンに対応し、ドキュメントや動画、eラーニングなどでマニュアルを活用することができます。iTutorの導入により、マニュアル作成時間やコストを削減できます。さらに、導入後のサポート体制も充実しており、セミナーやメールサポート、オンラインレクチャーなどを通じて安心して利用することができます。

iTutorの詳細はこちら→https://itutor.jp/

EZLecture

※出典:マニュアル作成ソフトEZLecture – マニュアル作成ソフト・課題解決ツール

EZLectureは、アプリケーションの操作を記憶し、自動的にマニュアルを作成するツールです。操作手順が10程度の場合、2分ほどでマニュアルを完成させることができます。Word、Excel、PPT、PDF、HTMLスライドショーなどのファイル形式で従来型の操作マニュアルを作成することもできます。さらに、動画マニュアル(MP4、WebM、WMV、AVI形式)やオートデモ、チュートリアル、理解度確認テストなども作成できます。

EZLectureの詳細はこちら→https://www.ezlecture.com/

flowM(フローム)

※出典:簡単マニュアル作成ツール「flowM」 – 日本システム開発株式会社(NSK)

flowM(フローム)は、業務を進行しながら自動でフローを記録・保存できるマニュアル作成ツールです。忙しい状況でもマニュアル作成や業務可視化ができます。月額料金は税込5,500円で、簡単な操作手順で業務を記録し、Excel形式で出力できます。インストールは不要で使いやすく、マウスやキーボードの操作、対象アプリケーション、操作間隔時間、スクリーンショットを記録できます。flowMはマニュアル作成、業務整理・分析、引継資料作成、RPA導入前の可視化、テレワーク推進など、さまざまな用途で活用されています

flowM(フローム)の詳細はこちら→https://www.nskint.co.jp/business/package/flowm/

tebiki

※出典:かんたん動画マニュアル作成ソフト tebiki(テビキ) | 作り方のポイントがすぐわかるクラウド作業標準書ツールで社内新人研修を効率化

tebikiは、様々な業界での業務知識の可視化とスタッフのスキル管理をサポートするツールです。業務の微妙な技やコツを動画で表現し、これらのデータを蓄積することで、業務の効率化、標準化、技術の継承、そして多能工化を進めます。スマートフォンで簡単に動画マニュアルを作成でき、100カ国以上の言語への自動翻訳字幕により、外国人スタッフの理解もサポートします。教育効果やスキルレベルの可視化も可能で、マニュアルの使用状況やテスト結果を確認できます。tebikiは、自動字幕、画面録画、映像編集、図形挿入、レポート作成、自動翻訳等の機能を提供し、動画マニュアルの全過程をサポートします。

tebikiの詳細はこちら→https://tebiki.jp/

VideoStep

※出典:【公式】VideoStep(ビデオステップ) – 動画で働き方を変えるマニュアルプラットフォーム

VideoStepは、ベテラン人材のスキルやノウハウを動画マニュアルとして可視化し、データベース上に保存するシステムです。動画マニュアルの閲覧状況を管理することで、マルチスキル化や多能工化を促進します。異なる業界で活用され、ベテラン人材不足や生産性向上、テレワークなどの課題を解決します。VideoStepはPDFやパワポ資料から動画を作成できる機能を持ち、操作手順マニュアルから現場の業務動画まで簡単に作成できます。多言語音声AIと機械翻訳により、外国語対応も可能です。動画はリンクやQRコードを通じて展開し、スマートフォンアプリを介していつでもどこでも閲覧できます。視聴情報を詳細に分析し、フォルダごとに動画をまとめて承認ワークフローを設定できます。大企業でも全社的に導入可能で、導入から運用までサポートが充実しています。

VideoStepの詳細はこちら→https://videostep.io/

soeasy buddy

※出典:簡単に作れて、すぐに現場に共有できる、育成効果バツグンの、スマホ動画マニュアル|soeasy buddy

soeasy buddyは、人材育成DXのためのプラットフォームです。動画マニュアルやノウハウを簡単に共有し、社内コミュニケーションを活性化させます。紙のマニュアルの更新や同じ説明の繰り返しを解消し、社員のノウハウを広めることも可能です。動画マニュアルの作成や共有、リアルタイムな情報共有など、効果的な教育と効率化を実現します。soeasy buddyは、動画マニュアル&教育ツール、ナレッジデータベース、社内SNSの機能を組み合わせたプラットフォームであり、「おしえあいば」を目指しています。

soeasy buddyの詳細はこちら→https://pr.soeasybuddy.com/

マニュアル作成ツールを活用して、魅力的なマニュアルを作りましょう

この記事では、マニュアル作成ツールについて詳しく解説しました。マニュアル作成ツールは、効率的でプロフェッショナルなマニュアル作成をサポートし、読者の検索ニーズを満たすための重要なツールです。

また、マニュアル作成ツールは、ビジネスにおいて欠かせない存在です。効率的なマニュアル作成と読者の検索ニーズの解決を実現するために、最適なツールの選択と活用が重要になります。本記事を通して、マニュアル作成ツールを活用し、有効的かつ魅力的なマニュアルを作成しましょう。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1544件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる