Menu
Close

【24年版】ECサイトの構築方法や選び方とは?おすすめツール15選も紹介

目次

「ECサイト構築」というテーマについて、手法の種類や費用、手順など、詳細な解説を記載しております。この記事では、検索したキーワードに関する情報を求めている読者のニーズを満たすため、ECサイト構築の基礎知識や成功のポイントを紹介しています。

記事の中では、要件定義から始まり、デザインや開発、テスト、ローンチ、運用、改善という一連の流れが大切であることを説明しました。さらに、SEO対策やコンテンツマーケティングの重要性、最新トレンドとしてのモバイルフレンドリーなサイトデザインやAI・自動化技術の活用なども取り上げています。

ECサイト構築の基礎知識

 ECサイト構築の概要とは

ECサイト構築とは、インターネット上で商品やサービスを販売するためのウェブサイトを作り上げるプロセスです。このプロセスでは、デザイン、開発、コンテンツ作成、決済システムの統合など、様々な要素が重要な役割を果たします。ECサイト構築には、ユーザーに快適なショッピング体験を提供するために、使いやすさや安全性を追求する必要があります。

ECサイト構築の重要性とメリット

ECサイト構築は、現代のビジネスにおいて重要な要素です。オンラインでの販売がますます普及しているため、自社の商品やサービスを世界中の顧客に向けて提供するためには、効果的なECサイトを構築することが必要です。ECサイトの構築により、24時間営業や地理的制約のない販売が可能となり、新たな顧客層の獲得や収益の増加につながるメリットがあります。

ECサイト構築における基本的な要素と流れ

ECサイト構築には、いくつかの基本的な要素が存在します。まず、魅力的で使いやすいデザインが重要です。顧客がサイトに滞在し、商品を購入するためには、直感的なナビゲーションや鮮やかな画像、わかりやすい情報が必要です。

また、安全な決済システムの統合も不可欠です。最後に、サイトのパフォーマンスや機能性を維持するための定期的なメンテナンスも重要です。ECサイト構築の流れは、要件定義、デザイン、開発、テスト、ローンチ、運用、改善の順序で進行します。

ECサイト構築の手法の種類と選び方

カスタム開発とプラットフォーム利用の比較

ECサイト構築には、カスタム開発とプラットフォーム利用の2つの主要な手法があります。カスタム開発は、企業のニーズに合わせて独自のECサイトを開発する方法です。

一方、プラットフォーム利用は、既存のECサイトプラットフォームを利用してサイトを構築する方法です。カスタム開発は柔軟性が高く、一方でプラットフォーム利用は短期間での構築や管理の容易さがメリットです。選び方では、予算、要件の複雑さ、将来の拡張性などを考慮する必要があります。

オープンソースプラットフォームの利点と注意点

オープンソースプラットフォームは、無料で利用できるプラットフォームであり、カスタマイズ性に優れています。これにより、独自のデザインや機能を追加しやすくなります。

また、コミュニティのサポートや多数のプラグイン・テーマの利用が可能です。ただし、セキュリティの面で注意が必要であり、適切な保守・アップデートを行う必要があります。

プレミアムプラットフォームの特徴と適用事例

プレミアムプラットフォームは、有料で提供される高機能なECサイト構築プラットフォームです。これらのプラットフォームは、セキュリティやパフォーマンスの面で高い品質を提供し、多くの拡張機能やサポートを備えています。大規模な企業や専門的なニーズを持つ事業者にとっては、プレミアムプラットフォームが最適な選択肢となることがあります。例えば、大手小売業者やブランド企業などがプレミアムプラットフォームを利用して成功を収めています。

ECサイト構築の費用と予算の考え方

ECサイト構築における費用の概要

ECサイト構築には、様々な費用要素が関与します。これには、デザイン・開発のコスト、プラットフォームやホスティングの料金、コンテンツ作成・翻訳の費用、オンライン広告やマーケティング費用などが含まれます。費用はプロジェクトの規模や要件に応じて異なるため、予算を決定する際にはこれらの要素を考慮する必要があります。

プラットフォーム利用に伴う費用と注意点

プラットフォーム利用には、利用料や取引手数料などの費用がかかる場合があります。また、カスタマイズや拡張機能の追加には追加の費用が発生することもあります。プラットフォームを選ぶ際には、これらの費用や制約事項に注意を払い、自社のビジネスニーズに最も適した選択肢を選ぶことが重要です。

カスタム開発の費用見積もりと予算管理のポイント

カスタム開発における費用は、開発者の経験や専門知識、要件の複雑さなどによって異なります。費用見積もりを行う際には、開発の段階ごとに詳細な見積もりを行い、予算を適切に管理することが重要です。

また、予算管理のポイントとしては、余裕を持った予算設定や、追加要件や変更に対応するための予備費用の確保が挙げられます。

ECサイト構築の手順とプロジェクト管理

 ECサイト構築のプロジェクト管理手法と重要性

ECサイト構築プロジェクトでは、効果的なプロジェクト管理手法が不可欠です。これにより、プロジェクトの進捗状況を把握し、スケジュールや予算を遵守することができます。代表的な手法にはウォーターフォールモデルやアジャイル開発などがあります。

プロジェクトの成功を目指すためには、適切な手法を選択し、タスクの割り当てやコミュニケーションの円滑化を図ることが重要です。

ECサイト構築の基本的な手順とポイント

ECサイト構築の基本的な手順は、要件定義、デザイン、開発、テスト、ローンチ、運用、改善の順序で進行します。要件定義では、目標やニーズを明確にし、サイトの要件を洗い出します。デザインでは、ユーザーインターフェースの設計やブランドイメージの反映を行います。開発では、デザインを実装し、機能やデータベースの開発を行います。テストでは、バグの検出や動作確認を行い、品質を確保します。ローンチ後はサイトの運用や改善を継続し、顧客のフィードバックを反映させることが重要です。

プロジェクト管理ツールの活用と推奨ツール

プロジェクト管理ツールの活用は、チームの協力やプロジェクトの可視化に役立ちます。代表的なツールとしては、タスク管理や進捗管理に使われるTrelloやAsana、コミュニケーションやドキュメント共有に使われるSlackやGoogleドキュメントがあります。

これらのツールを活用することで、プロジェクトの効率性を向上させ、スムーズなコラボレーションを実現できます。

ECサイト構築の成功事例と学び

 成功したECサイト構築の事例紹介と要因分析

成功したECサイト構築の事例を紹介することで、その成功要因を探ります。ユーザビリティの向上、魅力的な商品ページの作成、スムーズな購入体験の提供などが成功要因として挙げられます。

また、マーケティング施策や顧客対応の質の高さも重要な要素です。成功事例を分析することで、自社のECサイト構築において参考にできるヒントを得ることができます。

失敗から学ぶECサイト構築の注意点と改善策

失敗例から学ぶことも重要です。ECサイト構築の失敗要因として、ユーザビリティの不足、サイトの速度やセキュリティの問題、マーケティング戦略の不適切さなどがあります。失敗から学び、改善策を見つけることで、自社のECサイト構築プロジェクトを成功に導くことができます。

ECサイト構築におけるSEO対策と集客戦略

 SEO対策の重要性と基本的な手法

ECサイトの成功には、検索エンジン最適化(SEO)対策が欠かせません。SEOは、サイトの可視性を高め、検索結果で上位に表示されることを目指します。基本的な手法として、キーワードリサーチ、メタタグの最適化、コンテンツの品質向上、内部リンクの構築などがあります。これらの手法を適切に活用することで、サイトのアクセス数や有機的な流入を増やすことができます。

コンテンツマーケティングの重要性と戦略的なアプローチ

コンテンツマーケティングは、有益な情報や魅力的なコンテンツを提供することで、顧客の関心を引き付け、集客や購買につなげる手法です。ECサイトにおいても、ブログ記事やガイド、ビデオコンテンツなどを通じて、ユーザーに価値を提供することが重要です。戦略的なアプローチとして、ターゲットユーザーのニーズに合わせたコンテンツ作成やSNSの活用、インフルエンサーとのコラボレーションなどが効果的です。

 リマーケティングと効果的な広告活用

リマーケティングは、過去にサイトを訪れたユーザーに対して広告を再表示する手法です。ECサイトにおいては、カートに入れた商品を思い出させる広告や特別なオファーを提示する広告などが効果的です。

また、オンライン広告を効果的に活用するためには、ターゲットオーディエンスの設定、広告のクオリティスコア向上、広告コピーの魅力的な作成などが重要です。

ECサイト構築の将来展望と最新トレンド

モバイルフレンドリーなサイトデザインとユーザーエクスペリエンス

モバイルデバイスからのアクセスが増える中、モバイルフレンドリーなサイトデザインはますます重要になっています。ユーザーエクスペリエンスを向上させるために、レスポンシブデザインや高速な読み込み速度、シンプルなナビゲーションなどが求められます。モバイルユーザーのニーズを意識し、サイトの使いやすさを追求することが競争力のあるECサイト構築のポイントです。

AIと自動化技術の活用

AI(人工知能)や自動化技術の進化により、ECサイト構築においても多くの可能性が広がっています。顧客の嗜好を分析し、パーソナライズされた提案を行ったり、自動化されたカスタマーサポートを提供したりすることができます。AIによるデータ解析や自動化技術の導入は、効率化や顧客満足度の向上につながるため、将来展望として注目されています。

おすすめのECサイト構築ツール15選

EC-CUBE

株式会社イーシーキューブのEC-CUBE「ec-cube.co」は、メンテナンスフリー、カスタマイズ可能のクラウドECプラットフォームです。2006年のリリース以来、本格的なネットショップ構築システムとして、多くのユーザーの声やソース提供を元にアップデートされ続けています。メンテナンスやセキュリティ、サーバ保守などにかかるコストとリソースを抑えられる構築環境を備えています。※EC-CUBEは株式会社イーシーキューブの商標です。

詳細はこちら→https://digi-mado.jp/products/19018/

Smartpage

株式会社アイ・モバイル会社のSmartpageは、使いやすい管理システムと、Webサイト作成・運用のプロフェッショナルがサポートするクラウド型CMSです。これまで様々な業種で30,000件以上の豊富な制作実績があり、要望に応えるきめ細やかな対応が特長です。専任ディレクターのデザイン提案、ライターによる文章作成などコンテンツ作成もサポートします。完成後もサポートメンバーが電話やメールで対応するので、初心者も安心です。

詳細はこちら→https://digi-mado.jp/products/19956/

CS-Cart

株式会社メクマのCS-Cart は、サーバーインストール型のネットショップ構築パッケージです。先進的なレイアウト管理システムと豊富な機能で、ネットショップ構築・運営を強力にサポートします。オンラインマーケットプレイス版、モール版、スタンダード版など、想定するECの仕組みや規模に合わせてチョイスすることが可能です。レスポンシブ対応の洗練されたデザインに、パワフルでわかりやすい管理画面でEC運営をサポートします。

詳細はこちら→https://digi-mado.jp/products/19255/

shopify

Shopify Japan 株式会社のShopify(ショッピファイ)は、クラウドベースのオムニチャネルを実現したプラットフォームです。個人の方から大企業まで安心してご利用いただけます。オムニチャネルとは、企業と顧客販売経路をすべて統合し、総合的に顧客へアプローチする方法です。顧客が商品を欲しいと思ったタイミングで購入できます。2006年からサービスを開始し、全世界で1,000,000店舗以上で採用されています。

詳細はこちら→https://digi-mado.jp/products/20788/

W2 Unified

※出典:W2 Unified|OMO/オムニチャネル対応ECプラットフォーム

W2 Unifiedは、OMO/オムニチャネル対応のECプラットフォームです。幅広いEC事業者に対応しており、カスタマイズモデルへのシームレスな切り替えが可能です。業界TOPクラスの機能を搭載し、業務効率化や自動化、セキュリティ対策などを提供しています。さらに、複数ブランドの一元管理や日々の作業の自動化なども行うことができます。また、柔軟なデザインに対応し、カスタマーサポート体制も充実しています。

詳細はこちら→https://www.w2solution.co.jp/w2_unified/

futureshop

※出典:SaaS型ECサイト構築プラットフォーム futureshop

futureshopは、UX・UIの実現力や連携・拡張性、分析・課題抽出、網羅された機能、ECアドバイザーなど、EC運営の改善に役立つソリューションを提供しています。futureshopを利用することで、売上を伸ばすための操作や機能の改善が容易になります。

詳細はこちら→https://www.future-shop.jp/

カラーミーショップ

※出典:カラーミーショップ | 無料で本格的なネットショップ作成サービス

カラーミーショップは、理想のネットショップを構築するために必要な機能を提供しています。80種類以上の基本テンプレートやHTML・CSSでのデザインカスタマイズが可能です。また、さまざまな販売方法にも対応しています。売上を最大化するためにはSEO対策や購入率向上のためのカート画面なども備えています。さらに、運営業務の効率化にも貢献し、スマホアプリや拡張機能を活用することができます。カラーミーショップは、多くの店舗に選ばれている理由として、低コストで使えるプランや充実のサポート体制を提供しています。

詳細はこちら→https://shop-pro.jp/

Square オンラインビジネス

※出典:ネットショップを無料で開設。簡単に作れるECサイトは Square(スクエア)

Squareオンラインビジネスは、オンライン販売に特化したネットショップ作成プラットフォームです。ビジネスの売上や在庫状況をリアルタイムに把握でき、さまざまな販路を一つのシステムで管理することができます。モバイル端末からもアクセスでき、スマートフォンでの操作もスムーズです。特定の商品のアピールやセールの設定も簡単に行え、幅広い決済手段にも対応しています。また、SNSとの連携や他社のネットショップの移行も可能です。無料プランや有料プランがあり、ビジネスのニーズに合わせて選択できます。

詳細はこちら→https://squareup.com/jp/ja/online-store

BASE

※出典:BASE (ベイス) -無料で簡単なネットショップ作成サービス

BASEは、ショップの運営管理業務を効率化するためのプラットフォームです。商品説明文の作成や拡張機能の導入など、さまざまな機能を提供しています。また、ショップのデザインも自由にカスタマイズできます。さらに、販売方法や決済機能も豊富で、ショップの成長や販路拡大を支援します。ショップの開設も簡単で、30秒で完了し、販売開始まで30分で行うことができます。

詳細はこちら→https://thebase.com/

STORES ネットショップ

※出典:STORES ネットショップ | 無料ではじめられるネットショップ

STORES ネットショップは、かんたんにネットショップを作成・運営するためのプラットフォームです。デザインや操作性がシンプルで使いやすく、無料で利用することができます。SNS連携や予約販売、顧客管理、定期販売、アクセス解析、電子チケットなど、必要な機能が揃っています。多くのネットショップオーナーに支持されており、毎月1万のショップが開設されています。

詳細はこちら→https://stores.jp/ec

ebisumart

※出典:【公式】「ebisumart(エビスマート)」クラウドECシェアNo.1【ECサイト構築】

ebisumartは、お客様のECビジネスを成長させるプラットフォームです。ebisumartは、サービス面とシステム面でお客様のECビジネスの成長を支援します。専任の運用サポート担当者やワークショップなどのサービス紹介、柔軟なカスタマイズや豊富な拡張機能、セキュリティ対策などのシステム紹介があります。さらに、BtoC向けECサイトやBtoB向けECサイト、新規ECサイト構築など、さまざまな解決策も提供しています。料金プランは、従量課金プランや固定料金プラン、レベニューシェアプランなどがあります。

詳細はこちら→https://www.ebisumart.com/

コマース21

※出典:Commerce21|コーポレートサイト

コマース21は、データを活用して企業の成長を支援する会社です。コマース21の主な得意分野は、顧客体験の価値向上を通じて消費者をロイヤルカスタマー化し、事業の成長を促進することです。彼らは「ロイヤルカスタマーDXソリューション」と呼ばれる独自の強みを持っており、データの蓄積・活用、バリューチェーン構築、ロイヤルカスタマー化などを重視しています。また、コマース21は技術コンサルティングやSIソリューションも提供しており、クライアントのビジネスの流れを分析し、付加価値を生み出すサポートを行っています。コマース21は情報からデータを生み出し、価値ある体験を創ることを目指しており、顧客体験の実現に向けた実績も豊富です。

詳細はこちら→https://www.commerce21.co.jp/

ecforce

※出典:ecforce | 法人向けオールインワンECプラットフォーム

ecforceは、EC/D2C向けのSaaSプラットフォームであり、スタートアップから大企業まであらゆるビジネスのEC化を支援しています。消費者にシームレスな購買体験を提供し、売上を最大化するための多彩な機能を備えています。ECサイトの構築から運営体制の最適化まで、ECビジネスの成長をサポートしています。また、ecforce consultingではECコンサルティングやオペレーティングサービスも提供しており、他社カートシステムからの移行もサポートしています。

詳細はこちら→https://ec-force.com/

aishipR

※出典:クラウド型ECサイト構築ASP|”スマホで売れる”を実現するショッピングカートシステムaishipR

aishipRは、モバイルファースト設計のECサイト構築プラットフォームです。このプラットフォームはレスポンシブ特化であり、スマートフォンを中心にタブレットやPCを運用する考え方を基盤としたプラットフォームがないという課題を解決するために作られました。aishipRは、スマートフォンでの売上を追求し、スマートフォンファーストの設計とレスポンシブ特化を重視しています。2013年に提供が開始され、既に多くのECサイトで利用されています。aishipRの特徴としては、ワンページカートやSEO対策、独自の機能追加、モバイル中心の設計などが挙げられます。また、AWS上で稼働し、高いパフォーマンスと安定性を提供しています。多くのEC事業者が抱える課題を解決するためにaishipRが選ばれており、他のASPとは異なる特徴を持っています。

詳細はこちら→https://www.aiship.jp/

リピストクロス

※出典:【公式】リピストX(クロス)

リピストX(クロス)はD2C(Direct-to-Consumer)/総合通販ソリューションであり、顧客の感動とビジネスの成長を促進することを目指しています。このソリューションでは、計測タグの設置や管理、広告の効果測定、アップセル・クロスセル戦略、自由度の高い定期設定、自動化された受注・出荷処理、高速なLP表示などの機能が提供されています。また、顧客対応や広告代理店との連携も強化されており、効果的なマーケティング施策の展開が可能です。さらに、チャット形式の購入フォームや柔軟な定期販売機能も特徴的です。これらの機能により、事業者は顧客満足度を高め、効果的な販売促進を実現することができます。

詳細はこちら→https://rpst.jp/xross/

ECサイト構築の流れを理解し、魅力的なECサイトを構築しましょう

この記事では、ECサイト構築について手法の種類や費用、手順などを詳しく解説しました。

まず、要件定義から始まり、デザインや開発、テスト、ローンチ、運用、改善という一連の流れを確実に進めることが大切です。プロジェクト管理や効果的なSEO対策、コンテンツマーケティングの活用なども成功に欠かせません。

また、ECサイト構築においては、検索したキーワードに関する情報を求めている読者のニーズを満たすために、緻密な計画と実践が必要です。

今回の記事を通じて、ECサイト構築における基礎知識や重要なポイントを理解していただけたことでしょう。将来の成功を目指すために、これらの情報を活かして、魅力的なECサイトを構築してください。

 

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1514件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる