Menu
Close

APM(アプリケーションパフォーマンス管理)とは?導入と利用まで解説

目次

APM(アプリケーションパフォーマンス管理)は、ビジネスの成功に直接寄与する強力なツールです。本記事では、APMの基礎知識からその重要性、主な機能、導入と利用方法、そして未来のトレンドまでを詳細に掘り下げます。最新の技術、特にAIと機械学習、クラウド技術の活用により、APMの能力はさらに強化され、単なる監視ツールからビジネスの意思決定をサポートする情報源へと進化しています。この記事を通じて、APMの全貌を理解し、その最適な利用方法を探求してみてください。

APM(アプリケーションパフォーマンス管理)とは?

APMの定義

アプリケーションパフォーマンス管理(APM)は、ITとシステム管理の領域で、アプリケーションのパフォーマンスを監視し、管理するための手法です。これは、アプリケーションの可用性、レスポンスタイム、トランザクションの完全性など、重要なパフォーマンス指標を追跡し、分析することを含みます。APMは、ユーザーエクスペリエンスの向上、問題の早期発見と解決、そして最終的にはビジネスの成功に寄与します。

APMの歴史と進化

APMは、初期のIT環境が単純で一元化されていた時代から、現在の複雑で分散型のシステムに至るまで、長い間進化してきました。初期のAPMツールは主にインフラストラクチャのパフォーマンスを監視することに重点を置いていましたが、現代のAPMソリューションは、エンドユーザーの視点からアプリケーションのパフォーマンスを理解することに焦点を当てています。これは、デジタルトランスフォーメーションとユーザーエクスペリエンスの重要性の増大によるものです。

APMの重要性

ビジネスへの影響

APMはビジネスに対して深い影響を及ぼします。アプリケーションのパフォーマンスが向上すると、ユーザーエクスペリエンスが改善され、顧客満足度が高まります。これは、顧客のロイヤルティを高め、ブランドの評価を向上させる可能性があります。また、APMによる問題の早期発見と解決は、ダウンタイムを減らし、ビジネスの生産性と効率を向上させます。これら全てが、ビジネスの成長と成功に寄与します。

ソフトウェア開発と運用への影響

APMはソフトウェア開発と運用の両方に対して重要な影響を与えます。開発者はAPMを使用してアプリケーションのパフォーマンス問題を早期に特定し、解決することができます。これにより、問題の修正にかかる時間とコストを大幅に削減することが可能です。また、運用チームはAPMを利用してシステムの健全性を維持し、問題が発生した場合には迅速に対応することができます。これは、システムのダウンタイムを最小限に抑え、ビジネスの連続性を保つために不可欠です。

APMの主な機能

パフォーマンス監視

パフォーマンス監視はAPMの中心的な機能の一つです。これは、アプリケーションのレスポンスタイム、リクエストの処理速度、エラーレートなど、重要なパフォーマンス指標をリアルタイムで追跡し、分析することを含みます。これにより、パフォーマンスの問題を早期に検出し、解決することが可能となります。また、パフォーマンスのトレンドを理解し、将来の問題を予測するための洞察を提供します。

エラートラッキング

エラートラッキングは、APMのもう一つの重要な機能です。これは、アプリケーションで発生するエラーを自動的に追跡し、分析することを可能にします。エラートラッキングにより、開発者は問題の原因を迅速に特定し、修正することができます。これは、アプリケーションの品質を維持し、ユーザーエクスペリエンスを向上させるために不可欠です。また、エラートラッキングは、問題の再発を防ぐための重要な情報を提供します。

リソース使用率の監視

リソース使用率の監視は、APMの重要な機能の一つです。これは、CPU使用率、メモリ消費、ディスクI/O、ネットワーク帯域など、システムリソースの使用状況をリアルタイムで追跡し、分析することを含みます。リソース使用率の監視により、システムのパフォーマンス問題を早期に検出し、解決することが可能となります。また、リソースの使用状況を理解することで、システムのスケーリングや容量計画の決定に役立つ情報を提供します。

APMの導入と利用方法

APMツールの選択

APMツールの選択は、ビジネスのニーズと目標に基づいて行うとよいでしょう。ツールは、監視の範囲、データの可視化、アラート機能、統合可能性など、さまざまな機能と特性を持っています。また、価格、サポート、スケーラビリティなどの要素も考慮する必要があります。ツールの選択は、ビジネスの成功に直接影響を与える重要な決定であるため、慎重に行いましょう。

APMの導入手順

APMの導入は、以下の手順で行うことが一般的です。

  1. ビジネスのニーズと目標を明確に定義します。
  2. 適切なAPMツールを選択します。
  3. ツールのインストールと設定を行います。
  4. パフォーマンス指標を定義し、監視を開始します。
  5. データを分析し、パフォーマンスの改善策を実施します。

これらの手順は、APMの成功的な導入と効果的な利用を確実にするために重要です。

APMの最適な利用方法

APMの最適な利用方法は、ツールの全機能を活用し、パフォーマンスデータを定期的に分析することです。これには、パフォーマンスのトレンドを追跡し、問題の早期発見と解決、そしてパフォーマンスの継続的な改善を目指すことが含まれます。また、APMは単なる問題解決ツールではなく、ビジネスの意思決定をサポートするための情報源としても利用するとよいでしょう。これにより、APMはビジネスの成功に直接寄与する強力なツールとなります。

おすすめのAPMツール7選

JENNIFER

※出典:株式会社ジェニファーソフト

JENNIFERはアプリケーションパフォーマンスモニタリングの専用ツールであり、アプリケーションの性能管理や開発テストの効率化、障害原因の迅速な特定、障害発生前のアラート、予兆検知などを可能にします。リアルタイムモニタリングやX-Viewによる障害原因の特定、ビジネスとシステムの幅広い分析などが特徴です。また、リアルタイムダッシュボードやページ読み込み時間分析、ブラウザ統計などの機能も提供されています。

詳細はこちら→https://jennifersoft.co.jp/

NEW RELIC APM

※出典:アプリケーションパフォーマンスモニタリング | New Relic

APM(アプリケーションパフォーマンス監視)は、ソフトウェアアプリケーションの監視と最適化に使用されるツールとプロセスです。APMシステムは、レスポンスタイムやリソース使用量などのメトリクスを追跡し、アプリケーションのパフォーマンス改善に役立ちます。APMの評価手法には、監視、負荷テスト、パフォーマンスプロファイリング、ユーザーフィードバックなどがあります。APMソフトウェアの使用により、ユーザーエクスペリエンスの向上、アプリケーションの信頼性向上、コスト削減、優れた事業実績の創出などのメリットがあります。

詳細はこちら→https://newrelic.com/jp/platform/application-monitoring

Applications Manager

※出典:APMツール「Applications Manager」年間53.6万円のアプリケーションパフォーマンス管理

ManageEngineのアプリケーション性能管理(APM)ツール「Applications Manager」は年間53.6万円で利用可能なパッケージソフトウェアです。このツールはサーバーの性能監視からエンドユーザーの応答時間まで幅広い機能を提供しており、官公庁や企業などさまざまな組織で導入されています。ツールの特徴として、コストを抑制できる価格、簡単な操作、問題をプロアクティブに検知してMTTRを削減できるなどがあります。また、導入事例や料金プランなども提供されています。

詳細はこちら→https://www.manageengine.jp/products/Applications_Manager/

Amazon CloudWatch

※出典:Amazon CloudWatch(リソースとアプリケーションの監視と管理)| AWS

AWSの可観測性ツールであるAmazon CloudWatchを使用することで、AWSやオンプレミス、他のクラウド上のリソースとアプリケーションを観察し、監視することができます。CloudWatchはリアルタイムのログ、メトリクス、イベントデータを収集し、自動化されたダッシュボードで可視化することで、運用パフォーマンスを向上させます。また、70以上のAWSサービスとシームレスに統合し、モニタリングとスケーラビリティを簡素化します。CloudWatchのログとメトリクスから得られるインサイトを活用して、運用上の問題のトラブルシューティングや根本原因分析を行うことができます。

詳細はこちら→https://aws.amazon.com/jp/cloudwatch/

Site24x7(サイトトゥエンティーフォーセブン)

※出典:Site24x7:5分で始められるSaaS型監視ツール (クラウドサービス)

サイト監視ツールSite24x7は、サインアップが簡単で無料プランもあり、Webサイトの監視設定も簡単です。さまざまなロケーションからインターネットサービスのパフォーマンスを監視し、クラウド上のアプリケーションやネットワーク機器も管理できます。また、実際のユーザー操作を再現し、問題の特定やログ管理にも役立ちます。さらに、ステータスページでサービス状況を監視し、MSPやCSP向けの監視スイートも提供されています。

詳細はこちら→https://www.site24x7.jp/

Dynatrace

※出典:Dynatrace|自動化されたインテリジェントなオブザーバビリティを提供するリーディングカンパニー

Dynatraceは、エンタープライズシステムをフルスタックで監視するソフトウェアインテリジェンスです。AIの活用や自動化により、IT運用監視の効率化を支援します。アプリケーションやインフラだけでなく、顧客体験までを監視できます。Dynatraceは、クラウドネイティブおよびハイブリッド環境に適しており、ダイナミックなマルチクラウド環境を学習し、異常を自動的に検出します。

詳細はこちら→https://www.dynatrace.com/ja/

CA APM

※出典:CA APM へようこそ

CA APMは、問題切り分けとコンポーネントの監視に役立つツールです。Experienceビューや問題切り分け支援パネルを使用することで、問題の迅速な検出や優先順位付けが可能です。また、Team Centerのユーザインターフェースも進化しており、ビューやメニューオプションを中心に説明されています。環境の管理やダッシュボードを使用して、コンポーネント間の関係を表示することもできます。さらに、高度なフィルタやタイムラインを使用することで、環境を異なるパースペクティブから表示し、根本原因を特定することが可能です。

詳細はこちら→https://techdocs.broadcom.com/jp/ja/ca-enterprise-software/it-operations-management/application-performance-management/10-7/getting-started/welcome-to-ca-apm.html

APMの未来とトレンド

AIと機械学習の活用

AIと機械学習は、APMの未来を形成する重要な要素です。これらの技術は、大量のパフォーマンスデータを迅速に分析し、パターンを識別し、予測を行う能力を提供します。これにより、問題の早期発見と解決、そしてパフォーマンスの最適化が可能となります。また、AIと機械学習は、自動化と効率化を推進し、運用チームの作業負荷を軽減します。これらの技術の活用は、APMの効果を最大化し、ビジネスの競争力を強化するために不可欠です。

クラウドとAPM

クラウド技術の普及は、APMの領域に大きな影響を与えています。クラウドベースのアプリケーションは、従来のオンプレミスのシステムとは異なるパフォーマンスの挙動と課題を持っています。そのため、これらのアプリケーションを効果的に監視し、管理するためには、クラウドに対応したAPMツールが必要となります。また、クラウドは、APMデータの収集、分析、保存のための強力なプラットフォームを提供します。これにより、APMの能力と効果が大幅に強化されます。

APMの将来展望

APMの未来は、AIと機械学習、クラウド技術、そしてデータ分析の進化によって形成されるでしょう。これらの技術は、パフォーマンスデータの迅速な分析、問題の早期発見と解決、そしてパフォーマンスの最適化を可能にします。また、APMは、単なる監視ツールから、ビジネスの意思決定をサポートするための情報源へと進化していきます。これにより、APMはビジネスの成功に直接寄与する強力なツールとなります。

APMを活用しましょう

この記事では、APM(アプリケーションパフォーマンス管理)の基礎知識からその重要性、主な機能、導入と利用方法、そして未来のトレンドまでを詳細に解説しました。APMは、アプリケーションのパフォーマンスを監視し、管理するための強力なツールであり、ビジネスの成功に直接寄与します。最新の技術、特にAIと機械学習、クラウド技術の活用により、APMの能力はさらに強化されます。これにより、APMは単なる監視ツールから、ビジネスの意思決定をサポートするための情報源へと進化しています。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1514件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる