Menu
Close

ライブコマースとは?メリットや市場の動向・市場規模、成功事例を紹介

目次

ライブコマースは、現代の電子商取引の新たな形態として、世界中で広く注目を集めています。この記事では、ライブコマースの具体的な定義とその特徴から始め、起源や市場の動向、利点と課題を深く探求します。国内外の成功事例を通じて、どのように企業がこの新しい商取引手法を活用してビジネスチャンスを見つけ出しているかを理解するための視点を提供します。さらに、ライブコマース市場の規模と将来の見通し、そして参入方法と成功戦略についても詳しく解説します。ライブコマースの全貌をつかみ、その成長と潜在的な可能性について考察するための有益な情報を得ることができます。

ライブコマースとは?

ライブコマースの定義

ライブコマースとは、ライブストリーミング技術を活用した新しい形のEコマースの一種です。この形式では、企業はリアルタイムで製品やサービスのデモンストレーションを行い、視聴者はその場で商品を購入することができます。これにより、オンラインショッピングの体験がよりインタラクティブでエンゲージメントの高いものになり、直接的な購入意欲を喚起します。

ライブコマースの仕組みと特徴

ライブコマースの魅力はその直接性と即時性にあります。生放送形式で商品紹介を行い、視聴者は購入したい商品についてリアルタイムで質問したり、直接購入することが可能です。また、企業やブランドは視聴者との直接的なコミュニケーションを通じて、商品やブランドへの理解を深めることができます。これらは伝統的なオンラインショッピングでは得られないメリットです。

ライブコマースの歴史と市場の動向

ライブコマースの起源と歴史

ライブコマースの起源は中国にあり、その後世界中に広がりました。中国の大手Eコマースプラットフォームであるアリババが先駆者となり、生放送形式で商品の販売を始めました。これはテレビショッピングの進化版とも言えるもので、数年間で爆発的な成長を遂げ、今やグローバルな現象となっています。これはデジタル技術の進歩と消費者の行動変化が結びついた結果です。

ライブコマースの現状と市場動向

ライブコマースは今、世界的な拡大を遂げています。新型コロナウイルスの影響で多くの人々が自宅に滞在し、オンラインでの買い物が一般化したことが一因です。その結果、視覴的な体験を提供し、よりパーソナライズされた購入体験を求める消費者に対して、ライブコマースは理想的な解決策となりました。そのため、多くの企業がこの新しい商取引形式に取り組むようになっています。

ライブコマースのメリットとデメリット

メリット:企業にとってのライブコマースの利点

ライブコマースは、ブランドと消費者の関係を深め、消費者エンゲージメントを向上させる大きな機会を提供します。視聴者はリアルタイムで質問をしたり、フィードバックを提供することができ、ブランドはその反応に応じて商品やサービスを調整します。これにより、販売者と購入者の間に対話の空間を生み出し、顧客ロイヤルティを強化することができます。

デメリット:企業にとってのライブコマースの挑戦と解決策

一方で、ライブコマースは技術的な課題や資源の制約を伴います。例えば、高品質のストリーミングを提供するためには、強力なインフラストラクチャと専門知識が必要です。また、生放送は事前の準備やスタッフのコーディネーションが求められ、小規模な企業にとっては大きな負担となる可能性があります。しかし、これらの問題は適切な戦略とパートナーシップにより克服することが可能です。

ライブコマースの市場規模

国内のライブコマース市場規模

ライブコマースは日本でも急速に普及し、その市場規模は着実に拡大しています。新たなコミュニケーション手段としてのライブストリーミングが広まり、その中でライブコマースはオンラインショッピングの新たな形態として受け入れられてきました。多くの企業がライブコマースの活用を検討し、その可能性を探求しています。その結果、この分野の市場規模は年々増加し続けています。

国外のライブコマース市場規模

ライブコマースは海外でも同様に拡大を続けています。特に中国ではこの市場が急速に成長し、その規模は数十億ドルと推計されています。中国のEコマースプラットフォームはこの新しい取引形式を積極的に採用し、その成功は他の国々にも影響を与えています。その結果、ライブコマースは今やグローバルなEコマースのトレンドとなっています。

市場規模の将来予測

ライブコマース市場は今後も拡大を続けると予想されます。消費者の行動変化やデジタル技術の進化により、オンラインでの購入体験はよりパーソナライズされ、インタラクティブなものになるでしょう。その中でライブコマースはその魅力を活かし、更なる発展の可能性を秘めています。したがって、この市場の規模は今後も大きくなると予測されます。

ライブコマースの成功事例

国内の成功事例

ライブコマースの成功事例として注目されているのが、ある化粧品ブランドのケースです。彼らは製品の特性や使用方法をリアルタイムで視聴者に伝えることで、直感的な購入体験を提供しています。その結果、視聴者のエンゲージメントが向上し、販売数も大幅に伸びました。この成功事例から、ライブコマースがブランドと顧客との関係強化に貢献できることが示されました。

国外の成功事例

中国の一部のEコマース企業は、ライブコマースのパイオニアともいえる存在です。彼らは一流のインフルエンサーを起用し、大量の視聴者を集め、驚くほどの売り上げを記録しています。こうした動きは世界的なトレンドを形成し、他の国々でも模倣されるようになりました。これらの成功事例は、ライブコマースの未来的な可能性を示しています。

ライブコマースへの参入方法

必要な設備とスキル

ライブコマースを成功させるには、適切な設備とスキルが必要です。まず、高品質なビデオストリーミングを実現するための良好なインターネット接続と、ビデオキャプチャ設備が必要です。また、ライブ放送を進行するためには、プレゼンテーションスキル、質疑応答能力、商品知識なども重要です。これらの要素が組み合わさることで、ライブコマースはその真価を発揮します。

ライブコマースの成功のためのヒントと戦略

ライブコマースの成功は、適切な計画と実行力、さらには視聴者とのコミュニケーション能力によるところが大きいです。具体的な戦略としては、視聴者の興味を引く内容の提供、直感的な購入体験の提供、そしてフォローアップ活動の実施が挙げられます。これらの要素が組み合わさることで、ライブコマースはブランドと顧客の間の強力な絆を作り出すことが可能となります。

ライブコマースの将来性とチャンス

ライブコマースの成長と技術進歩

ライブコマースの成長は、技術の進歩と密接に結びついています。高速インターネットや高画質ビデオストリーミングの普及は、よりリアルタイムで、よりリッチな視覚体験を可能にしました。さらにAIやビッグデータの活用は、パーソナライズされたショッピング体験を提供することを可能にし、これがライブコマースの更なる成長を後押ししています。

チャンスとビジネスの機会

ライブコマースは、新たなビジネスの機会を生み出すチャンスとなっています。新しい商品の発表、顧客との直接的なコミュニケーション、そして視聴者の購買意欲の高まりを利用することで、高い売上を実現することが可能となります。これらの要素が組み合わさると、ライブコマースはその効果を最大限に発揮し、業界の新たなスタンダードを作り出すことができます。

ライブコマースツールのおすすめ10選

Live kit

※出典:ライブコマースなら Live kit | 通販・EC業界で実績豊富なBIPROGY運営

Live kitは、通販・EC業界で実績豊富な会社であり、ライブコマースを通じて事業成長を支援しています。ライブコマースでは、初期費用が0円でお試し配信が5万円から利用可能です。また、BIPROGYは企画から撮影、配信、分析までワンストップでサポートしており、自社ドメインでの運用やECサイトとの統合分析も可能です。

詳細はこちら→https://www.livekit.jp/

LIVEPARK STUDIO

※出典:LIVEPARK|インタラクティブライブ配信サービス

LIVEPARK STUDIOは、体験型ライブ配信プラットフォームで、スマートフォンから簡単に配信することができます。視聴はブラウザ上で行え、アプリのインストールは不要です。カスタマイズスタンプやアンケート/クイズ機能、連携機能などがあり、参加者とのインタラクションを楽しむことができます。さらに、自社のサイトに埋め込んで利用したり、YouTube Liveと連携したりすることも可能です。

詳細はこちら→https://livepark.jp/functions

Bambuser

※出典:One-to-Many Japan

BambuserのOne to Manyは、ECプラットフォームに簡単に導入できるコードを使って自社ウェブサイトに商品リストを同期し、シームレスなカート追加や決済機能も提供されます。さらに、ブランドに合った配信画面や縦横対応のレイアウトを選択でき、チャネルやフローティングアクション・ウィジェットを活用して視聴者を増やすことも可能です。また、RTMPによりプロフェッショナルな配信環境を実現し、動画編集機能も備えています。

詳細はこちら→https://bambuser.com/packages/one-to-many-japan

HandsUP

※出典:伴走型ライブコマースソリューション「HandsUP」 17LIVE提供

HandsUPは伴走型ライブコマースソリューションのサービスを提供しています。ライブコマース導入企業が直面する課題として、知識的課題(コミュニケーション手法や集客ノウハウの不足)と組織的課題(KPIや運用に対する社内の理解不足)があります。HandsUPはこれらの不安を解消するために実行サポートとツールのセットを提供しています。彼らのサービスには、伴走型コンサルティングやライブコマース支援ツールが含まれており、導入から成功までのサポートを提供しています。

詳細はこちら→https://handsup.17.live/

Live cottage

※出典:ライブコマースサービスLive cottage(ライブコテージ)

Live cottageは自社ECサイト内でライブコマースを展開できるサービスであり、スムーズな購入導線により平均CVRが12%向上し、顧客単価も1.4倍に増加する効果があります。低価格で利用できるため、ライブコマースに取り組みやすく、成果指標の分析やライブ配信手順も提供されています。また、タグ設置やコメント機能、商品サムネイル表示機能などの主な機能も備えています。

詳細はこちら→https://www.livecottage.jp/

ライコマ

※出典:ECカート連携型ライブコマースサービス「ライコマ」

ライコマは、ライブコマースの成功を目指す企業に対し、独自のツール提供と運用サポートを提供するソリューションサービスです。ユーザーに快適な視聴画面を提供し、中長期的な活用を可能にするUI/UXにこだわった設計や、コンテンツの企画や動画の活用方法に対するノウハウなど、ライブコマースの成功まで徹底的にサポートします。また、低価格のプランも提供されており、ECサイトとの連携によるシームレスな購入導線も実現しています。

詳細はこちら→https://licomma.com/

TAGsAPI

※出典:TAGsAPI(タグズエーピーアイ) | ライブコマースサービス | 簡単便利で売上を作る多彩な機能を搭載

TAGsAPIは、ECサイトに簡単にライブコマースを導入できます。TAGsAPIを使えば、コードを追加するだけで導入が可能であり、ECサイトの開発や難しい作業は不要となります。さまざまなECサイトにフィットし、カスタマイズも自由自在。ユーザーは再生ボタンを押すだけでリアルタイムのライブ配信を楽しめます。専任のコンサルタントが徹底的にサポートし、売上の分析レポートも提供されています。TAGsAPIはECサイトの購入率(CVR)向上に寄与し、視聴者の平均購入率は約10%。幅広い業界の企業に利用されています。

詳細はこちら→https://tagsapi.com/

LiveCall

※出典:LiveCall – オンライン接客ツールでビジネスをリモート化

LiveCallはBtoCサービス向けのビデオ通話プラットフォームであり、一般的なWeb会議システムとは異なり、会議参加者の関係がフラットです。エンドユーザー、スタッフ、管理者の役割を明確に分け、それぞれに使いやすい設計がされています。LiveCallはオンライン接客を始めたい企業やビデオ通話機能を自社アプリに追加したい企業におすすめです。主な特徴としては、アプリ不要でワンクリックで通話ができる点、通話中にもブランド体験を提供できる点、シームレスなサービス導線を作れる点などが挙げられます。また、対応スタッフや管理者にも使いやすいインターフェースや機能が提供されています。

詳細はこちら→https://livecall.jp/

Live Commerce Force

※出典:ライブコマースフォースfor Instagram

ライブコマースフォースは、Meta社/Twitter社の公式APIを使用したツールで、広告なしで売上を伸ばす仕組みを提供します。最高のCVRは15%で、最高売上は1,500万円以上です。また、フォロワーアクション数やリール再生回数も大幅に増加しました。このツールはInstagram Liveの課題を解決し、データの蓄積やマーケティングの基盤活用など、様々な機能を提供します。

詳細はこちら→https://livecommerceforce.livuru.jp/

ライブ配信ソリューション(Jstream)

※出典:ライブ配信の規模やニーズに応じた提案を「ライブ配信ソリューション 」 – Jストリーム

Jストリームは、ライブ配信のプラットフォームから専任のライブ配信チームまで、さまざまな規模やニーズに対応したソリューションを提供しています。また、ライブ配信のトータルサポートやライブ配信に適したスタジオ、大規模なライブ配信に対する負荷分散、課金や会員向けのライブ配信なども提供しています。さらに、オンデマンド配信やウェビナー、バーチャル株主総会などの動画・ライブ配信ソリューションもあります。

詳細はこちら→https://www.stream.co.jp/solution/video-streaming/livestream/

商品の売上向上にはライブコマースが必須

この記事では、ライブコマースについて詳細に掘り下げてきました。ライブコマースの定義と特徴、その起源と現在の市場動向、利点と課題、そして国内外の成功事例について解説しました。さらに、市場規模の推移と今後の見通し、ライブコマースへの参入方法と成功戦略、そしてその将来性とビジネスチャンスについても触れてきました。

ライブコマースは、デジタル時代の新たな電子商取引の形態であり、広範な業界で活用されています。テクノロジーの進化により、さらに多くの企業がこの新しい商取引方法を活用することで、独自のビジネスチャンスを見つけ出し、市場競争力を強化するでしょう。今後もライブコマースの動向に注目して、時代の流れに適応しましょう。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1544件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる