Menu
Close

モバイルオーダーとは?おすすめ7選やユーザ側・店舗側のメリット解説

目次

モバイルオーダーの世界をご存知ですか?現代社会では、新たな販売スタイルとして急速に普及しているこのシステムについて、理解することはビジネスパーソンにとって非常に有益です。本記事では、モバイルオーダーの定義からメリット、導入店舗の具体例、そして導入方法までを詳細に解説します。また、未来のモバイルオーダーについての見通しも紹介します。これからのビジネス戦略に活かせる、価値ある情報をお届けします。

モバイルオーダーとは?

モバイルオーダーの定義

モバイルオーダーは、スマートフォンやタブレットといったモバイルデバイスを用いて、飲食店や小売店の商品を予約、注文することができるシステムのことを指します。直感的な画面と手軽な操作性が魅力で、利用者は場所を問わず、好きな時間にオーダーすることが可能です。この機能性が、時間や空間の制約から解放された新たな購買体験を提供し、注目を集めています。

モバイルオーダーの歴史と発展

モバイルオーダーの誕生は、インターネットとモバイルテクノロジーの発展が融合した結果です。初期の頃は簡素なシステムでしたが、デジタル決済の普及やUX設計の進化により、シームレスで使いやすいシステムへと進化しました。近年では、AIや機械学習の技術を利用したパーソナライゼーションやリアルタイムの在庫管理など、新たな価値を創造する機能が注目されています。

モバイルオーダーのメリット

ユーザーにとってのメリット

モバイルオーダーの最大の利点は、その利便性です。待ち時間なしに注文を完了できるため、スピーディなトランザクションが可能です。また、商品の選択から決済までの全プロセスを自分のペースで進められるため、購買体験がより個人化されます。さらに、デジタルレシートや注文履歴の閲覧機能もあり、購入の管理が容易になります。これらの要素が組み合わさり、より快適で満足度の高いショッピング体験を提供します。

店舗にとってのメリット

モバイルオーダーは、店舗にとっても効率的なシステムです。顧客の注文と支払いがデジタル化されることで、オーダーのミスを減らし、カウンターでの混雑を解消します。これにより、スタッフは接客や商品の製造に集中でき、サービスの品質向上につながります。また、モバイルオーダーは顧客の購買データを蓄積し、個々の顧客に対するマーケティング活動や商品開発のための貴重な情報源となります。

モバイルオーダーの導入例

国内外の大手企業の導入例

モバイルオーダーは、多くの大手企業に採用されています。マクドナルドやスターバックスでは、モバイルオーダー&ペイと呼ばれるシステムを全店舗に導入し、注文から支払いまでをスマートフォン一つで完結するサービスを展開しています。日本のコンビニエンスストア業界でも、セブン-イレブンやローソンなどがアプリを通じたモバイルオーダーシステムを導入。顧客とのエンゲージメントを高め、効率的な運営を実現しています。

中小企業や新興企業の導入例

モバイルオーダーシステムは、中小企業や新興企業にもその効果を発揮しています。新興の飲食店では、導入コストの低さと導入の簡易さが評価され、注文・決済の流れを効率化し、顧客体験を向上させています。また、中小規模の小売業者も、顧客データの活用や混雑緩和による効果を享受しています。その結果、モバイルオーダーは全業種における顧客接点の最適化とビジネスチャンスの拡大を可能にしています。

モバイルオーダーの導入方法と注意点

導入までのステップ

モバイルオーダーシステムの導入は、計画的なアプローチが求められます。まず、顧客が求める機能やサービス、そして自社のビジネスニーズを明確に理解することが必要です。次に、適切なプロバイダーを選定し、システムのカスタマイズや適合性を確認します。実装後は、スタッフへのトレーニングと顧客への周知が重要となります。これらのステップに沿って、モバイルオーダーは顧客と事業者双方にとって価値のあるツールになります。

導入時に考慮すべき要素

モバイルオーダーシステムを導入する際、いくつかの要点を念頭に置くことが重要です。第一に、システムが提供する機能が顧客の期待に応え、ビジネスモデルに適合しているかを検討します。また、システムの使いやすさと、その効率性も重要な要素です。加えて、セキュリティ対策やプライバシー保護にも十分な注意が必要です。これらの要素を考慮することで、成功の確率を高めることができます。

導入後の効果的な運用方法

モバイルオーダーシステムを効果的に運用するためには、定期的な機能のレビューやアップデートが必要です。また、顧客からのフィードバックを集め、システムを改善するための貴重な情報源として活用することが重要です。さらに、システムから得られるデータを分析し、販売戦略の見直しや新たなマーケティング活動の設計に役立てます。これらの取り組みにより、モバイルオーダーシステムは事業の成長と顧客満足度向上に寄与します。

おすすめのモバイルオーダーシステム7選

Square レストランPOSレジ

※出典:飲食店向けPOSレジシステム・ソフトウェア | Square(スクエア)

Squareは、どんな種類の飲食店でも利用できるレストランPOSシステムです。フルサービス居酒屋、バー、クイックサービスなど、さまざまなタイプの店舗に対応しています。Squareを使用することで、レジ業務や注文管理、メニューの更新などがスムーズに行え、スタッフの作業効率も向上します。また、店舗の稼働状況をリアルタイムで確認できるため、効率的な接客と売上アップに貢献します。Squareには、無料の基本プランや有料プランがあり、柔軟に選択することができます。また、プランのアップグレードや解約も自由に行えます。

詳細はこちら→https://squareup.com/jp/ja/point-of-sale/restaurants

CHUUMO

※出典:CHUUMO | モバイルオーダーシステム|エフ・エス株式会社

CHUUMOはお客様の要望に応じて、最小構成からフル構成まで柔軟に組み立てることができます。ネットワーク構成では、CHUUMOクラウドサーバを介してモバイルオーダーや各種機能を利用できます。また、セルフ精算機や店舗管理端末など、さまざまな機能やスペックがあります。

詳細はこちら→https://fscorp-chuumo.com/

Mr.Menu

※出典:Mr.Menu 飲食店向けスマホでQRオーダーシステム | 導入カンタン、一人前のスタッフように動ける

Mr.Menuは、POSレジと連携して飲食店向けにモバイルオーダーを提供しているサービスです。2022年10月15日までのデータによると、利用者数は65万人で、導入事例は530件、注文件数は346万件です。Mr.Menuは店内セルフオーダー機能やNFCワンタッチ、QRコードスキャンによる簡単なセルフ注文が可能です。また、多言語対応機能やテイクアウト機能、スタッフ用管理画面などの機能も提供されています。このサービスは多数の飲食店で導入されており、インバウンド向けの対応も可能です。

詳細はこちら→https://www.mr-menu.co.jp/

RettyOrder

※出典:RettyOrder [レッティオーダー]
RettyOrderは、Rettyが運営する店内モバイルオーダーサービスです。お客様はスマートフォンでQRコードを読み取り、注文ができます。特長としては、LINE連携による公式アカウントの友だち数増加や、タブレットやスマートフォンで利用可能なこと、操作方法のマニュアルや動画の充実、注文管理やPOSレジ機能の備わっている点が挙げられます。また、居酒屋や焼肉、カフェ、レストランなど様々な業態で利用できます。

詳細はこちら→https://lp.self-order.retty.me/

Okage Go 店内版

※出典:店内モバイルオーダー お客様のスマホがオーダー端末に早変わり

Okage DX Platformは、店内モバイルオーダーサービスであり、お客様がスマートフォンから簡単に注文できます。専用アプリのダウンロードや会員登録は不要で、QRコードを読み込むだけで注文画面が表示されます。サブメニューや多言語対応も可能であり、店舗のオーダーシステムに柔軟性をもたらします。さらに、LINEミニアプリとの連携やオンライン決済も提供されており、顧客の満足度向上や効果的なプロモーションが行えます。導入費用のカットも行われており、お手軽に利用できるセルフプランも提供されています。

詳細はこちら→https://okagekk.com/service/mobileorder-in/

funfo

※出典:【funfo】POSレジ+モバイルオーダーを一つのアプリで実現!

モバイルオーダー+POSレジの無料アプリ「funfo」は、飲食店の効率的な運営をサポートします。アプリ内で店舗情報やメニューを登録し、QRコードを使って注文が可能です。LINEミニアプリとの連携もあり、友だち獲得や経営改善に役立ちます。また、低コストで導入できるため、手軽に利用できます。独自のPOS機能や複数端末連携なども備えています。

詳細はこちら→https://www.funfo.jp/

blaynモバイルオーダー

※出典:モバイオーダー|飲食店に特化したブレインのPOSレジ

モバイルオーダーとLINEの連携により、来店したお客様が自動的に友だちになり、注文情報を記録することができます。これにより、リピーター集客を効果的に行うことができます。具体的なメリットとして、QRコードを読み取ることで非接触で注文が可能になり、リピーターを生み出すサイクルが形成されます。また、注文情報とLINE IDの連携により、接客のクオリティを向上させることができます。さらに、投げ銭機能を導入することで求人力を強化し、スタッフの頑張りに応じて報酬を還元することができます。

詳細はこちら→https://www.blayn.com/mo/

モバイルオーダーの今後の見通しと可能性

テクノロジーの進歩とモバイルオーダー

テクノロジーの進歩はモバイルオーダーに多大な影響を与えています。AI(人工知能)とデータ解析の組み合わせにより、顧客の行動を学習し、パーソナライズされたプロモーションや推奨品を提供することが可能になりました。また、ブロックチェーン技術は透明性と安全性を高め、顧客信頼の向上に貢献しています。さらには、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)技術を利用することで、ユニークで没入感のあるショッピング体験を提供することも可能になりつつあります。

モバイルオーダーの未来予測

モバイルオーダーの未来は、さらなる便利性とパーソナライゼーションの向上が見込まれます。AIの進化により、顧客の好みをより深く理解し、個々の顧客に最適な提案が可能となるでしょう。また、インターネットの接続性やIoT(モノのインターネット)の普及により、顧客はいつでも、どこでも注文が可能となり、その体験は一段と豊かなものとなるでしょう。モバイルオーダーは、ビジネスと顧客の間の新たな架け橋として、テクノロジーの発展とともにさらなる進化を遂げることでしょう。

売買の利便性向上にはモバイルオーダーの導入が必須

この記事では、モバイルオーダーの定義からその進化、利点、導入例、そして未来の可能性までを詳細に解説しました。技術の進歩と社会の変化に対応するため、企業がモバイルオーダーを有効活用することはますます重要性を増しています。モバイルオーダーは単なるトレンドではなく、現代のビジネスシーンで絶対に無視できない要素であり、顧客体験の向上や業務効率化に大いに貢献できます。そして、それは今後も続くでしょう。モバイルオーダーの導入と効果的な運用は、今後のビジネス成功のカギを握ると言えます。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1514件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる