Menu
Close

経営管理とは|意義や種類、基礎知識から効果的な実践方法を徹底解説

目次

「経営管理」とは、企業が事業目標を達成するために、所有する限られた経営資源を有効活用し、各部門の業務パフォーマンスを最大化することで生産性を高めていく手法です。事業の多角化や国際化が進み、経営資源を適切に管理することが難しくなっている中で、経営管理の重要性が非常に高まっています。しかし、経営管理は業務範囲が非常に広いことから、具体的な内容をつかみきれていないという方も多いでしょう。

この記事では、経営管理について、意義・目的・種類・機能・効果的な実践方法をわかりやすく解説していきます。

経営管理とは

「経営管理」とは、事業目標の達成を目指し、企業が行う生産性向上のための手法です。以下、経営管理の意義と目的について詳しく解説します。

経営管理の意義

「経営管理」とは、企業が事業目標を達成するために、所有する「ヒト・モノ・カネ・情報」といった限られた経営資源の運用を最適化し、各部門の業務パフォーマンスを最大化する手法です。具体的には、経営資源を適切に配分・運用しながら、各部門の活動をモニタリング・統括し、継続的な改善を経て、生産性を高めていくことを目指しています。

経営管理の目的2つ

業務パフォーマンスを最大化することによる生産性の向上

企業の経営層・社員全員が同じ目標に向かってベクトルを合わせ、モチベーションを向上・維持することで、各人のパフォーマンスを最大化でき、その結果生産性を向上させることが可能になります。

経営層の意思決定に資する情報の提供

経営管理により、企業の現状分析が適切になされ課題が明確になれば、経営層は課題に対する経営判断を迅速に行うことができます。例えば業績が伸び悩み、将来的な成長も見込めないと分析された事業があれば、すみやかに投資を打ち切る判断も可能です。このように経営管理は、経営層の意思決定をサポートする役割もあります。

経営企画との違い

経営企画は、企業の経営資源である「ヒト・モノ・カネ・情報」を活用して、将来企業が目指すビジョンを経営陣が決定するのをサポートします。

また、中長期計画などの経営計画、予算、人員計画、マーケティング戦略の立案など、全社にかかわる計画策定に携わります。経営管理が企業の現在の経営状況を把握し、改善を行っていくのに対し、経営企画は企業の将来を見据え、戦略を立案していく点が大きく異なります。

ただし、経営企画の立案した計画について、経営管理がモニタリング、経営資源の調整、改善活動を行うことから、両者は密接に関連していると言えます。

経営管理の種類5つ

経営管理は対象となる部門・業務により、次の5つに分類されます。

 

  • 生産管理
  • 販売管理
  • 人事管理
  • 労務管理
  • 財務管理

生産管理

生産管理の役割は、企業活動におけるヒト・モノ・カネの流れを管理することです。適切に生産管理を行うことで、事業計画や販売計画にもとづき、生産活動を効率的に実施することができます。

生産管理では、需給バランスを適切に判断し、在庫切れや過剰在庫を防ぐことが重要になります。特に過剰在庫は、余分な保管料が発生し、また資金繰りに悪影響を及ぼすことから、経営を圧迫する恐れがあるため注意が必要です。生産管理の具体的な業務は、以下のとおりです。

  • 生産計画の作成
  • 購買計画の作成
  • 材料、部品の調達
  • 生産場所、設備の確保
  • 品質管理
  • 工程管理
  • 人員配置計画の作成

販売管理

「販売管理」の役割は、企業活動におけるカネとモノの流れを管理することです。販売管理を適切に行うと、売上や契約数の推移から市場ニーズを把握し、ユーザーが求める商品やサービスを適切に提供することが可能となり、売上目標を実現するために有効な施策が行えます。

また、販売活動に携わる部門間で情報を共有できるため、受発注のミスを減らすことができます。

販売管理では、取扱量の増加にともない人為的ミスが発生するリスクが高まりますが、これを最小限に抑えることができれば、余分なコストを削減可能です。販売管理の具体的な業務は、以下のとおりです。

  • 見積書作成
  • 受注管理
  • 売上管理
  • 請求書発行
  • 売掛金管理
  • 購買管理
  • 買掛金管理
  • 在庫管理

人事管理

「人事管理」は、企業が事業活動を行う上で必要な人材を管理する役割を担います。人材確保はもちろん、経営目標を実現するための人材育成や配置、人事評価や情報統制まで含まれる重要な業務です。

人事管理は従業員のモチベーションや生産性に深くかかわるため、これらを向上させるためにも適切な人事管理が求められます。人事管理の具体的な業務は、以下のとおりです。

  • 人材募集
  • 人材採用
  • 人員配置
  • 人事評価(昇給昇格)
  • 人材育成
  • 退職

労務管理

「労務管理」の役割は、労働条件や福利厚生など従業員の労働環境を管理することです。労務管理は、労働基準法や最低賃金法など法令と関連するため、労務管理の徹底は企業コンプライアンスの向上にもつながります。

労務管理は経営の根幹である「ヒト」のリソースを管理するものです。適切な労務管理により、従業員の満足度やエンゲージメントも向上するため、労務管理は生産性向上にも極めて重要です。

労務管理の具体的な業務は、以下のとおりです

  • 労働契約の締結
  • 就業規則の整備
  • 社会保険、雇用保険の加入手続
  • 勤怠管理
  • 給与管理
  • 安全衛生管理
  • コンプライアンス意識の徹底
  • ガバナンス強化

財務管理

「財務管理」の役割は、経営資源の中の「カネ」を管理することです。具体的には、企業の財務部門が、売上・売上原価・経費・在庫・キャッシュフローを管理し、自社の財政状態・経営成績・キャッシュフローの状況を把握します。

また、事業活動に必要な資金の調達や資産の運用方法の立案と実行を担います。適切な財務管理を行うことで、経費削減が必要な箇所や投資可能な金額を把握でき、健全な企業経営を実現できます。

具体的には以下のような業務があります。

  • 予実管理
  • 原価(経費)管理
  • 会計処理
  • 債権債務管理
  • 固定資産管理
  • 資金調達
  • 資産運用
  • 財務分析
  • キャッシュフロー管理

経営管理に求められるスキル・知識3つ

経営管理に求められる能力として、以下の3点が挙げられます。

 

  • コミュニケーション能力
  • 分析能力
  • 自社の事業に関する幅広い知識

コミュニケーション能力

経営管理は全社横断的な業務が多く、日頃から他部門の責任者・担当者と頻繁にコミュニケーションが必要になります。

また、経営の決定事項を全社で徹底してもらうため、部門間または社員間の調整をする役割も担います。このため、経営管理には高いコミュニケーション能力が求められます。

分析能力

経営管理では、集計された売上・原価・人件費・経費などの実績データをもとに分析を行う能力が求められます。企業規模が大きくなり事業も多角化すれば、業務プロセスも複雑になります。そのため、集計されたデータを有効活用するには、数値を的確に読み取り、分析する能力が必要になります。

自社の事業に関する幅広い知識

経営管理は、限られた経営資源を効率的に配分するために、各部門の業務状況を把握する必要があります。どの部門の責任者とでもスムーズに調整を行えるように、自社の事業に関して幅広い知識を身につけることが求められます。

経営管理の基本機能4つ

「経営学の父」と呼ばれ、数々のマネジメントの理念と手法を生み出してきた経営思想家「ピーター・ドラッカー」は、経営管理の基本機能として4つの事柄を定義しています。

 

  • マーケティング機能
  • イノベーション機能
  • 経営管理的機能
  • 利益の機能

マーケティング機能

経営管理の第一の機能が、「マーケティング機能」です。マーケティングとは、顧客を理解し、顧客のニーズとマッチする商品やサービスを開発し、おのずから売れるようにする仕組みづくりを指します。

言い換えれば、市場のトレンドに対して、常に柔軟に対応することがマーケティングの基本ということになります。そのためには、顧客が求めているものを競合他社よりも早く把握し、正確に分析する必要があります。

また、現状のニーズを分析するだけではなく、新しい価値観やニーズを発掘することも大切です。注力すべき分野を定め、市場における最適な地位を確立するために、企業は緻密なマーケティング戦略を立案することが求められます。  

イノベーション機能

企業が存続し安定成長を続けるためには、「イノベーション機能」も重要です。イノベーションは意識的な改革を意味し、技術革新や新たな価値観の創出を指します。さらに、発明や新技術だけではなく、社内ですでに保有している技術を再構成し、付加価値を生み出す創意工夫もイノベーションです。

また、イノベーション機能は、前述したマーケティング機能とも密接に関連しています。ユーザーの現状のニーズに応えることはビジネスの基本であり、さらにユーザーに新たな満足・より大きな満足を与えるためにも、イノベーションを起こしてユーザーの期待以上の価値を提供する必要があります。  

経営管理的機能

企業の生産性を向上させるのが「経営管理的機能」です。経営管理的機能を確立することで、経営管理の基本となるヒト・モノ・カネ・情報の四大経営資源の動向をリアルタイムに把握できます。

具体的には管理会計や組織ビジョンの明確化、KPIの設定・効果測定・改善などが挙げられます。  

利益の機能

マーケティング機能・イノベーション機能・経営管理的機能の3要素を、企業側がコントロールすることで、結果として利益を得られます。企業活動の原動力は利益にあり、利益を生み出し続ける取り組みが重要です。そのための要素が「利益の機能」ですが、これをコントロールするのは企業側ではなくユーザー側です。

企業活動が十分な利益を生み出していない場合は、3つの機能のいずれかがうまく機能していないということです。言い換えれば、利益の結果を測定して分析することで、どの機能に問題があるかフィードバックを行うことができます。

経営管理を効果的に進める方法

経営管理を効果的に進める方法として、以下の2つが挙げられます。

 

  • KPI(重要業績評価指標)の設定
  • 経営管理に特化したシステムの導入

KPI(重要業績評価指標)の設定

KPI(重要業績評価指標)とは、目標を達成するために必要な各プロセスにおける達成度合いを測る指標を言います。

経営管理を効果的に行うためには、企業のビジョンや戦略に沿った管理項目を可視化し、KPI(重要業績評価指標)を定義する必要があります。経営層と社員のベクトルが違う方向を向いていたのでは、企業が目標を達成することは困難であるためです。

全体最適のKPIを設定し、企業と従業員の利害を一致させると、企業の目標イコール従業員の目標となり、従業員は自らの意思で企業目標を達成するために積極的に行動するようになります。

なお、管理項目を設定するときは、重要度の高い項目のみに絞ることで、運用後の管理の負担が減ります。過度な管理で、運用がままならないということにならないよう注意しましょう。

部門ごとに指標を設定、モニタリング

経営管理において、全社レベルでモニタリングしている指標が正常値であっても、部門レベルで見た場合に問題が発生している場合も考えられます。部門ごとに指標を設定し、モニタリングを行うことで、問題発生時に部門レベルで迅速に対応できるような体制を構築しましょう。重大な問題の場合には、素早く経営層まで報告が届く仕組みも必要です。

経営管理に特化したシステムの導入

経営管理業務は、データの集計、集計結果の分析、分析結果にもとづく報告書の作成という作業がメインとなります。

このため、多くの企業ではこれまで、Excelなどの表計算ソフトを利用して人力で対応してきましたが、毎回似たような作業を繰り返すのは効率が悪く、また手作業のためミスが発生するリスクもありました。

経営管理に特化したシステムを導入すれば、手間のかかる繰り返し作業を自動化することにより業務のスピードアップと効率化が達成できます。

また、途中で人による作業が入らないため、ミスのない正確なアウトプットが得られます。取り扱う情報量が非常に多い現代では、経営管理を効果的に行うために、各部門に適した経営管理システムの導入が不可欠と言えるでしょう。

経営管理に有効なシステムの具体例5つ

現在、利用する業務により、さまざまなタイプの経営管理システムが販売されています。対象となるユーザー、部門は例えば下記の通りです。

  • 経営者、従業員
  • 営業部門
  • マーケティング部門
  • 経理部門

以下、それぞれの経営管理に有効なシステムをご紹介していきます。

 

  • BIツール
  • CRM(カスタマー・リレーションシップマネジメント)
  • SFA(Sales Force Automation)
  • MA(マーケティングオートメーション)ツール
  • 財務会計システム

BIツール

「BIツール」とは、企業が長年蓄積してきた情報を集約し、分析と活用を行うためのツールです。

現代の企業活動で蓄積される情報は、「ビッグデータ」と呼ばれるようにその量は膨大になるため、人力で取り扱うことは困難です。

しかし、BIツールを活用すれば、正確かつ迅速に経営層や従業員に対し、自社の製品や業務内容の改善につながる問題提起を行うことが可能となります。  

CRM(カスタマー・リレーションシップマネジメント)

「CRM(カスタマー・リレーションシップマネジメント)」は、顧客管理システムとも呼ばれ、顧客、見込み顧客のそれぞれの情報を適切に管理・利用して、企業と顧客との関係構築をサポートするツールです。

CRMを導入すれば、顧客一人一人にあわせたコミュニケーションを通した顧客満足度の向上、顧客との長期的な関係構築による顧客生涯価値の向上が期待できます。  

SFA(Sales Force Automation)

「SFA(Sales Force Automation)」は、営業支援ツールとも呼ばれ、営業活動において必要となる顧客情報や業務プロセスをシステム上で管理し、蓄積した営業結果などの情報を分析することで、営業活動の改善を図れるツールです。

SFAを有効に活用すれば、営業活動が可視化され、営業の効率化や質の向上、属人化の解消などが実現可能となります。  

MA(マーケティングオートメーション)ツール

「MA(マーケティングオートメーション)ツール」とは、企業のマーケティングを自動化するためのツールです。

MAツールを導入することで、新規顧客の獲得から購買までの一連の業務プロセスを自動化することが可能となり、企業のマーケティング活動を効率化できます。

現代では、消費者がインターネットを活用して、必要な情報を自分で入手できるようになりました。そのため、顧客が求めている情報を最適なタイミングで、最適な方法で提供することができるMAツールはマーケティング業務を行う上で必要不可欠なシステムといえます。  

財務会計システム

財務会計システムは、仕訳入力・帳票出力・決算書作成などの経理業務を効率化するシステムです。これまで、経理担当者がマニュアルで行ってきた繰り返し作業を自動化することができ、経理部門の業務負荷を大幅に削減することができます。

また、テレワークの普及により、紙書類の扱いが難しくなっていましたが、クラウド対応したシステムでは、例えば領収書をデータで提出することも可能となり、更なる効率化を実現しています。  

システムを活用して効率的に経営管理を実践

「経営管理」は、企業が目標を達成するために、所有する「ヒト・モノ・カネ・情報」といった限られた経営資源の運用を最適化し、各部門の業務パフォーマンスを最大化する手法です。

企業経営が複雑化する中、膨大な量(ビックデータ)の情報の中から、自社の課題を見つけ改善につなげるためには、経営管理に特化したシステムの導入が大変有効です。

効率的な経営管理を行うことで、正確な経営情報を素早くキャッチし、さらなる生産性の向上を実現しましょう。

デジタル化の窓口 製品比較表サイドバナー

目次

おすすめ比較一覧から、
最適な製品をみつける

カテゴリーから、IT製品の比較検索ができます。
1544件の製品から、ソフトウェア・ビジネスツール・クラウドサービス・SaaSなどをご紹介します。

すべてみる