Menu
Close

Trend Micro Apex Oneの導入事例

最終更新日: 2021/12/01

その他 1,001名以上

情報システム セキュリティソフト

外部からのセキュリティを高めたい

新しい働き方の実践に合わせてクラウドでセキュリティ運用を一元化 海外を含む全拠点の運用管理負荷を軽減

※出典:新しい働き方の実践に合わせてクラウドでセキュリティ運用を一元化 海外を含む全拠点の運用管理負荷を軽減

この事例のポイント

  • 従業員数増加に伴うセキュリティの運用管理負荷をできるだけ削減、業務効率化したい
  • 社内外のPCを一元管理可能な「Trend Micro Apex One™」を導入
  • PC一元管理によって、グループ全体のIT・セキュリティ業務の負荷の適正化が可能に
  • PCの一元管理体制と自動アップデートの仕組みが整い、リモート業務が可能になった
  • セキュリティ効率化によって他の業務への専念ができるようになり、作業効率が上昇した

今回導入した製品

セキュリティソフト

Trend Micro Apex One

トレンドマイクロ株式会社

セキュリティソフト

Trend Micro Apex One

トレンドマイクロ株式会社

トレンドマイクロ株式会社のTrend Micro Apex Oneは、現代に求められるサイバーセキュリティとゼロトラストを実現する新しいセキュリティプラットフォームです。日本国内に保いてもデジタルの変革が進み、従来の防御だけではセキュリティを守ることが難しい状況になりました。情報セキュリティの観点からゼロトラストの考え方により、アカウントに対する権限を絞り込みます。アクセスの都度認証を行うだけでなく、利用統計から有害性を検知します。

  • さらに多くのセキュリティレイヤーにおける検知に対応
  • XDRを使用する組織は攻撃だけでなく、従業員の削減に
  • リスクを可視化し、迅速に問題に対応可能
ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
基本的な機能 アンチウィルス メールセキュリティ WEBフィルタリング WEBセキュリティ クラウドセキュリティ 
推奨環境 スマートフォンブラウザ Windowsアプリ Macアプリ 
サポート 電話 メール 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
IT・情報通信 建設 その他
よく導入している企業の規模
1,001名以上 301名-1,000名

この製品の導入事例掲載数3

この製品の導入事例を見る

導入した製品のカテゴリ

セキュリティソフト

企業では顧客の個人情報や取引情報、開発中の製品や経営戦略など様々な重要情報が扱われ、それらはデジタル化されたデータで管理されています。昨今ではテレワークやクラウド化、オンラインでのビジネスも増え、それに合わせるようにサイバー攻撃も複雑に巧妙に多様化しています。

企業にとって重要不可欠なセキュリティソフトですが、導入にあたって選び方や注意点など気になる点も多いでしょう。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

Trend Micro Apex One

トレンドマイクロ株式会社

  • さらに多くのセキュリティレイヤーにおける検知に対応
  • XDRを使用する組織は攻撃だけでなく、従業員の削減に
  • リスクを可視化し、迅速に問題に対応可能

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る