Menu
Close

RFQクラウドの導入事例

最終更新日: 2022/07/01

製造 1,001名以上

バックオフィス 購買管理システム

作業を自動化したい

【株式会社大日光・エンジニアリング様】グループ全体でのコスト情報共有により最適調達の実現を目指す

※出典:【株式会社大日光・エンジニアリング様】グループ全体でのコスト情報共有により最適調達の実現を目指す - RFQクラウド

この事例のポイント

  • 調達部門がコスト情報の管理が各工場に任せっきりになってしまっている点が課題
  • 情報の管理を統一的に行う仕組みを構築していきたいと考え、RFQクラウドを導入
  • 定型の見積フォーマットを利用することで業務の手戻りが減少、作業効率が上がった

今回導入した製品

購買管理システム

RFQクラウド

A1A株式会社

購買管理システム

RFQクラウド

A1A株式会社

A1A株式会社のRFQクラウドは、調達の中でも「見積業務」はサプライヤのフォーマットの違いなど担当者の個人の能力によるところが大きく、見積作業には大きな時間がかかっているところ、「個人商店」だったバイヤー業務を見える化することで調達部門のコスト最適化を支援します。属人化していた業務をクラウド上で一元管理。今までアナログで時間のかかっていた作業の時間コストを削減します。また見積情報を一元管理することでコスト低減の機会損失を防ぎます。

  • さまざまな形式の見積フォーマットを統一することで見積データを活用
  • クラウド管理で情報を一元管理。組織全体の強化と作業効率のアップを実現
  • クラウド上で情報を一元管理。すべての情報を「見える化」し調達レベルの向上を実現
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 仕入・購買登録 発注明細参照 発注履歴参照 発注登録 業務進捗管理 発注残参照 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート メール 
トライアル 無し
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
製造 その他
よく導入している企業の規模
1,001名以上 301名-1,000名

この製品の導入事例掲載数5

この製品の導入事例を見る

導入した製品のカテゴリ

購買管理システム

購買管理システムとは、効率的に資材を行い、注文伝票の作成や振り込み依頼書の作成などの購買業務の効率化を支援するツールのことです。

購買管理システムを活用するメリットとして、発注の際のコスト削減、人的なミスの防止、資材の在庫数を可視化できるといったような点が挙げられます。購買管理システムを導入することで、より資材の調達を効率的に行えるようになり、在庫数の正確な把握、発注ミスなどの人的なミスを防ぐなど非常にたくさんの恩恵を受けることができるでしょう。
また、購買情報をデータとして管理できるため、社内のペーパーレス化推進なども期待できます。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

RFQクラウド

A1A株式会社

  • さまざまな形式の見積フォーマットを統一することで見積データを活用
  • クラウド管理で情報を一元管理。組織全体の強化と作業効率のアップを実現
  • クラウド上で情報を一元管理。すべての情報を「見える化」し調達レベルの向上を実現

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る