Menu
Close

Data Robotの導入事例

最終更新日: 2022/10/01

製造 1,001名以上

経営企画 AIツール

その他 コストを削減したい

OYAK Cement 社、代替燃料の使用率を 4% から 30% へ引き上げ、約 3,900 万ドルのコストの削減を達成

※出典:OYAK Cement 社、代替燃料の使用率を 4% から 30% へ引き上げ、約 3,900 万ドルのコストの削減を達成 - DataRobot

この事例のポイント

  • コストと CO2 排出量の両方を削減できるようなプロセスの改善方法を検討していた
  • AI を利用したプロセス制御方法に注目し、「Data Robot」を導入
  • 導入の結果、約 3,900 万ドルのコストの削減を達成することができた
  • コスト削減に留まらず、CO2 排出量を年間約 20 万トン抑制できるようになった

今回導入した製品

AIツール

Data Robot

DataRobot, Inc.

AIツール

Data Robot

DataRobot, Inc.

Data Robotはあらゆるユーザーとのコラボレーションを想定して開発されたクラウドのAI開発プラットフォーム、AIツールです。データサイエンスと分析のエキスパート​としてだけでなく、ITチームとDevOpsチーム​、エグゼクティブやインフォメーションワーカーとコラボレーションし、拡張知能として現実世界に大きなインパクトを与えます。あらゆる環境で大規模に実行し、テクノロジーが持つ可能性を体感できるサービスです。

  • Data Robotのみでシームレスなコラボレーションを実現可能
  • 拡張知能として利用し業界の常識を変革できる
  • 意思決定のフローを最適化し、最適な行動を行える
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 医療業対応 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート 電話 メール 
トライアル 無し
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
製造
よく導入している企業の規模
1,001名以上

この製品の導入事例掲載数3

この製品の導入事例を見る

導入した製品のカテゴリ

AIツール

AIツールとは、コンピュータが蓄積された膨大な情報をもとに、自分で意思決定を行いながら業務を進めていくツールの総称です。

近年発展してきた「BIツール」との違いは、最終的な業務判断が人間の手によるものなのか、あるいは人工知能なのかという違いです。AIツールは人間には処理しきれない膨大な情報を瞬時に処理できるため、経営の最適解をすぐに導くことができ、数値に基づいた論理的で合理的な判断の手助けとなるでしょう。
近年ではBIツールと併用されるケースも増えてきており、それぞれのツールが機能を補完し合うことでツールの価値を高めようとする動きも見られます。その際、経営における最終判断は人間の手によって行うことも増えてきています。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

Data Robot

DataRobot, Inc.

  • Data Robotのみでシームレスなコラボレーションを実現可能
  • 拡張知能として利用し業界の常識を変革できる
  • 意思決定のフローを最適化し、最適な行動を行える

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る