Menu
Close

harBest for MLOpsの導入事例

最終更新日: 2022/10/01

IT・情報通信 21名-50名

経営企画 AIツール

その他

間取り図画像データのアノテーションの課題とは

※出典:間取り図画像データのアノテーションの課題とは - harBestでアノテーション・AI(人工知能)開発を簡単に

この事例のポイント

  • 公開されている間取り図画像データセットをアノテーションしようと考えていた
  • アノテーションを安く・簡単に済ませたいと思い、「harBest」を利用
  • 正確かつスピーディーに提供してくれたため、モデル作成のほうに注力することができた

今回導入した製品

AIツール

harBest for MLOps

株式会社APTO[アプト]

AIツール

harBest for MLOps

株式会社APTO[アプト]

株式会社APTOのharBest for MLOpsは、ノーコードでAI・人工知能・機械学習開発ができるAIツールです。「harBest for Data」を利用し、データを蓄積、連携。シームレスにAIの開発が行えるようになります。AI専門家の監修のもと設計されており、安定したアルゴリズムで学習可能。コーディングのみならず、「学習環境の構築」「AIモデル実行環境の構築」などのインフラ整備も支援。運用・保守のためのコストを削減し、harBest for MLOpsのみで運用が可能になります。

  • ノーコードでAI開発できるため、人的リソースが不要
  • 学習データを連携しシームレスに開発
  • アルゴリズムを選択し柔軟に開発できる
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 精度モニタリング機能 アルゴリズムテンプレート プログラミング不要 
推奨環境 なし 
サポート 電話 メール 
トライアル 無し
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
IT・情報通信
よく導入している企業の規模
6名-20名 21名-50名

この製品の導入事例掲載数4

この製品の導入事例を見る

導入した製品のカテゴリ

AIツール

AIツールとは、コンピュータが蓄積された膨大な情報をもとに、自分で意思決定を行いながら業務を進めていくツールの総称です。

近年発展してきた「BIツール」との違いは、最終的な業務判断が人間の手によるものなのか、あるいは人工知能なのかという違いです。AIツールは人間には処理しきれない膨大な情報を瞬時に処理できるため、経営の最適解をすぐに導くことができ、数値に基づいた論理的で合理的な判断の手助けとなるでしょう。
近年ではBIツールと併用されるケースも増えてきており、それぞれのツールが機能を補完し合うことでツールの価値を高めようとする動きも見られます。その際、経営における最終判断は人間の手によって行うことも増えてきています。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

harBest for MLOps

株式会社APTO[アプト]

  • ノーコードでAI開発できるため、人的リソースが不要
  • 学習データを連携しシームレスに開発
  • アルゴリズムを選択し柔軟に開発できる

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る