Menu
Close

Kibelaの導入事例

最終更新日: 2022/07/01

IT・情報通信 51名-100名

経営企画 ナレッジマネジメントシステム

業務・情報を可視化したい チームワークを高めたい 社内資産を一元管理したい 風通しを良くしたい コンプライアンスを強化したい

「自由」という戦略的ルールで情報共有の壁をなくし、全社コミュニケーションが圧倒的に活性化

※出典:「自由」という戦略的ルールで情報共有の壁をなくし、全社コミュニケーションが圧倒的に活性化 | Kibela キベラ - 人と情報に自由を。個人の力を組織の力にする情報共有ツール

この事例のポイント

  • 会社が大きくなるタイミングで、社内の情報をきちんと整理したいと考えていた
  • Kibela代表と親交もあったことから、情報共有ができるKibelaの利用を開始
  • 導入後は、社内コミュニケーションが活性化 社員が能動的に情報発信できる場は大切
  • 重要な情報はKibelaにストック 総務・労務宛ての質問への対応が効率化された
  • 新しい発見や新しい連携、社員のコミュニケーションのきっかけ作りにも役立っている

今回導入した製品

ナレッジマネジメントシステム

Kibela

株式会社ビットジャーニー

ナレッジマネジメントシステム

Kibela

株式会社ビットジャーニー

株式会社ビットジャーニーのKibelaは、組織を自立化し、効率化と情報資産化をサポートする情報共有ツールです。ITリテラシーの高低に左右されずに使えるシンプル設計が特長です。検索機能が高度で、簡単に必要な情報に到達できます。運用面でのサポート体制も整っており、無料のサポートに相談することが可能です。プランによりアクセスログの監視や、多要素認証、脆弱性診断のテストがされていることなど高度なセキュリティも、安心して利用できる理由の一つです。

  • MarkdownやHTMLなどITリテラシーにあわせ記述方法が選べる
  • 検索がしやすく、目当ての記事が見つかりやすい
  • 効率的に使える機能が豊富で、運用や議論活発化に有効
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 ラベル管理 リアクション機能 2段階認証 chatwork連携 Teams連携 slack連携 メンション機能 メール連携 ディレクトリ管理 シングルサインオン テンプレート機能 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート メール チャット 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
IT・情報通信
よく導入している企業の規模
101名-300名 6名-20名 51名-100名

この製品の導入事例掲載数4

この製品の導入事例を見る

導入した製品のカテゴリ

ナレッジマネジメントシステム

ナレッジマネジメントシステムとは、属人化した社内のノウハウなどのナレッジを社内全体で共有するためのツールです。

ナレッジマネジメントシステムを利用することで社内の様々な情報を一元管理でき、情報の検索などの無駄な業務時間の削減が見込めるでしょう。ナレッジマネジメントシステムを正しく構築できるかどうかでその会社の成長スピードが大きく左右されるといっても過言ではありません。ナレッジマネジメントシステムを構築する前に、明確な経営目標に基づくノウハウの確立を行っておかないとシステム自体が形骸化する可能性もあるので、利用前に使用目的を明確化しておく作業が必要です。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

Kibela

株式会社ビットジャーニー

  • MarkdownやHTMLなどITリテラシーにあわせ記述方法が選べる
  • 検索がしやすく、目当ての記事が見つかりやすい
  • 効率的に使える機能が豊富で、運用や議論活発化に有効

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る