Menu
Close

Qiita Teamの導入事例

最終更新日: 2022/07/01

IT・情報通信 21名-50名

経営企画 ナレッジマネジメントシステム

業務・情報を可視化したい 社内資産を一元管理したい コストを削減したい 風通しを良くしたい

これからはプログラマも社内アウトプットしていくべきだ

※出典:ミツバチワークス株式会社さま

この事例のポイント

  • 以前のサービスは開発がストップになり、徐々に使いづらくなってしまった
  • Markdown、HipChat対応であることからQiita Teamを導入
  • 過去データはプログラムで移行 Hipchat連携でリアルタイムな情報共有が可能に
  • 問題は自分たちでみつけるべきもの 仕事を見つけ出すツールとして使っていきたい
  • 情報共有する上で必要なのは、いろんな角度から見た切り口でシェアすること

今回導入した製品

ナレッジマネジメントシステム

Qiita Team

Qiita株式会社

ナレッジマネジメントシステム

Qiita Team

Qiita株式会社

Qiita株式会社のQiita Teamは、誰でも簡単にナレッジが共有できる情報共有サービスです。累計5,000以上の導入実績があり、多くの企業から評価されています。社内コミュニケーションの活発化を念頭に開発されており、参加しやすく、ナレッジが手軽に共有できる仕組みになっています。Markdown記法の入力や、シンプル設計のフィード表示など、インプットもアウトプットも分かりやすさが重視されています。

  • Markdown記法の簡単な入力で、テンプレート機能も充実
  • シンプル設計のフィード表示と、コミュニケーションを活発化するコメント欄
  • アクセス制御や2段階認証などセキュリティも万全
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 リアクション機能 モバイル端末対応 書き途中での公開可 2段階認証 chatwork連携 Teams連携 slack連携 メンション機能 シングルサインオン テンプレート機能 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート メール 
トライアル 有り
最低利用期間 1ヶ月
よく導入している業種
IT・情報通信 旅行・宿泊・飲食 人材サービス
よく導入している企業の規模
301名-1,000名 21名-50名 51名-100名

この製品の導入事例掲載数5

この製品の導入事例を見る

導入した製品のカテゴリ

ナレッジマネジメントシステム

ナレッジマネジメントシステムとは、属人化した社内のノウハウなどのナレッジを社内全体で共有するためのツールです。

ナレッジマネジメントシステムを利用することで社内の様々な情報を一元管理でき、情報の検索などの無駄な業務時間の削減が見込めるでしょう。ナレッジマネジメントシステムを正しく構築できるかどうかでその会社の成長スピードが大きく左右されるといっても過言ではありません。ナレッジマネジメントシステムを構築する前に、明確な経営目標に基づくノウハウの確立を行っておかないとシステム自体が形骸化する可能性もあるので、利用前に使用目的を明確化しておく作業が必要です。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

Qiita Team

Qiita株式会社

  • Markdown記法の簡単な入力で、テンプレート機能も充実
  • シンプル設計のフィード表示と、コミュニケーションを活発化するコメント欄
  • アクセス制御や2段階認証などセキュリティも万全

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る