Menu
Close

クラウドERP MoneyForwardの導入事例

最終更新日: 2022/05/31

IT・情報通信 21名-50名

バックオフィス ERP

財務・経理・総務 業務を効率化したい

事業拡大に応えるバックオフィス作りを目指し、マネーフォワード クラウドで全従業員の生産性を向上

※出典:事業拡大に応えるバックオフィス作りを目指し、マネーフォワード クラウドで全従業員の生産性を向上 - 「マネーフォワード クラウド会計Plus」導入事例

この事例のポイント

  • 経理情報の確認方法、紙やPDF前提の非効率なフロー、会計・税務処理の確認が非効率
  • 以前の会計ソフトと比べて、コストが4分の1程度になった
  • データ連携とクラウド申請により社員の経費精算にかかる工数が大幅削減
  • 請求書の自動発行機能を利用して事業部で作成し、経理は連携した仕訳で確認
  • 経営陣、経営企画部も会計ソフトでリアルタイムに経営状況を確認できる環境へ

今回導入した製品

ERP

クラウドERP MoneyForward

株式会社マネーフォワード

ERP

クラウドERP MoneyForward

株式会社マネーフォワード

株式会社マネーフォワードのマネーフォワードクラウドERPはバックオフィス全体を一体的かつスムーズな連携によって手間がかかる多くの作業を自動化が可能で、企業の成長段階にあわせてサービスを組み合わせることができるクラウド型ERPです。親会社とグループ会社を一本化して管理・連携が可能となります。マネーフォワード社の他製品だけではなく外部サービスとの連携も標準機能として装備しているので、柔軟に活用することが可能です。

  • AIを活用したデータ連携で面倒な業務を自動化
  • 手厚いサポートで低コスト・短期間での導入が可能
  • ペーパーレス化で様々なデータの一元管理が可能
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 データ連携 プロキュアメント 支出管理 ライブラリ機能 グループ経営管理 金融機関連携 帳簿機能 決算機能 人事管理 販売・顧客管理 債権・債務管理 サプライチェーン管理 受注・調達管理 生産管理 倉庫管理 財務管理 経理・会計管理 レポート機能 外部連携 ワークフロー管理 外部アプリ連携 
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
サポート チャット 
トライアル 有り
最低利用期間 1か月
よく導入している業種
IT・情報通信 ビジネスサービス
よく導入している企業の規模
6名-20名 21名-50名

この製品の導入事例掲載数2

この製品の導入事例を見る

導入した製品のカテゴリ

ERP

企業経営の合理化と効率化を目的として、「ERP」を導入する企業が増えています。ERPとは、企業活動の基幹となるさまざまな業務を自動化し、企業リソースの最適化を行うためのコンピューターシステムです。

部門や部署ごとに異なるシステムを導入する従来の手法では、社内での円滑な情報共有が難しく、余計な工数やミスが生じることが課題でした。ERPを導入すると、各部門における業務や情報を一括管理できるため、このような課題を解決できます。

しかしERPの種類は膨大なため、導入にあたって具体的な機能や選び方など気になる点も多いでしょう。本記事ではERPを導入すべき理由やメリット、選び方について解説したうえで、代表的なERPを紹介します。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

クラウドERP MoneyForward

株式会社マネーフォワード

  • AIを活用したデータ連携で面倒な業務を自動化
  • 手厚いサポートで低コスト・短期間での導入が可能
  • ペーパーレス化で様々なデータの一元管理が可能

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る