Menu
Close

QuickLocationの導入事例

最終更新日: 2022/05/12

製造 1,001名以上

業務 倉庫管理システム

業務・情報を可視化したい その他

生産設備の見える化で「経営の意思決定のスピード化」と「現場の改善」に成功

※出典:導入事例 | Quickシリーズ

この事例のポイント

  • 状況のリアルタイム把握による業務の効率化・手書き実績集計の廃止による負担の軽減
  • シンプル設計でカスタマイズできる、使いやすいQuick Locationを導入
  • リアルタイムに状況が把握でき、どの現場で応援が必要なのかがわかり生産性が向上した
  • 手書きの実績集計を廃止し、確認作業がなくなり報告書作成工数を約80%削減できた

今回導入した製品

倉庫管理システム

QuickLocation

株式会社オープンストリーム

倉庫管理システム

QuickLocation

株式会社オープンストリーム

株式会社オープンストリームのQuickLocationは、製造業における生産性の向上、IoT活用によるスマート工場化を支援するQuickシリーズの在庫管理システムです。Quickシリーズは製造現場の在庫情報をリアルタイムで共有、スムーズな作業を支援するために作られています。工場内のデータを収集して蓄積し、見える化、活用へつなげていくことができます。QuickLocationはその中でも在庫ロケーション管理に特化しています。

  • IoT活用によってスマート工場化を支援する
  • 在庫管理業務を低コストで効率化できるようになる
  • RFIDやQRコードなど、マルチベンダー対応している
ソフト種別 クラウド型ソフト パッケージ型ソフト 
基本的な機能 在庫一覧表示 在庫検索 在庫移動 入庫実績出力 入庫予定一覧表示 棚卸 
推奨環境 PCブラウザ iOSアプリ 
サポート 電話 
トライアル 無し
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
製造
よく導入している企業の規模
1,001名以上

この製品の導入事例掲載数1

この製品の導入事例を見る

導入した製品のカテゴリ

倉庫管理システム

倉庫管理システムとは、入出庫管理や納品書の管理作成など、倉庫における業務を管理するシステムの名称で、別名「WMS(Warehouse Management System)」とも呼ばれます。

倉庫管理システムは、入出庫管理や在庫管理、出荷管理から返品情報まで様々な情報を管理することが可能です。倉庫管理システムを利用するメリットとして、人的なミスを大幅に削減し、クラウド化による情報伝達の迅速化、業務内容の可視化や標準化が可能といった点が挙げられるでしょう。
システムを導入する際は、導入目的を明確化し、不必要な機能を備えたシステムを導入しないようにすることが大切です。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

QuickLocation

株式会社オープンストリーム

  • IoT活用によってスマート工場化を支援する
  • 在庫管理業務を低コストで効率化できるようになる
  • RFIDやQRコードなど、マルチベンダー対応している

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る