Menu
Close

AIよみと~るの導入事例

最終更新日: 2022/05/02

公共機関・非営利団体 101名-300名

業務 OCRソフト

財務・経理・総務 業務を効率化したい

職員数減少による業務負担増に立ち向かえ! AI-OCRで紙帳票入力業務の自動化を実現

※出典:職員数減少による業務負担増に立ち向かえ!AI-OCRで紙帳票入力業務の自動化を実現 | 導入事例 | 法人のお客さま | NTT東日本

この事例のポイント

  • ひとりで年間1万枚超の紙帳票入力が大きな負担になり、本来の業務に集中できない状態
  • インターネットに接続せず強固な情報セキュリティが担保が大きな決め手になり導入を決める
  • これまで丸4日間かかりきりで処理していましたが、3割ほど作業時間が削減されました

今回導入した製品

OCRソフト

AIよみと~る

東日本電信電話株式会社

OCRソフト

AIよみと~る

東日本電信電話株式会社

東日本電信電話株式会社のAIよみと~るは、手書き文字を認識し、読取・データ化できるAI-OCRサービスです。AIよみと~るの特徴はなんといってもその読取精度の高さです。読取精度は驚きの96.71%。直感的で使いやすいインタフェースで、簡単なマウスの操作のみで設定が完了するところも魅力のひとつです。RPAと連携できるので、入力や読み取り結果の自動化が実現できます。RPAとの連携で、稼働時間を平均61.69%も削減できることが実証されています。

  • AIを利用した技術でこれまでにない読取精度を実現
  • マウスひとつで設定が完了できるシンプルで簡単な操作
  • 社内システム等と連携することで稼働時間の削減を実現
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 レイアウト維持 手書き文字対応 撮影画像対応 名刺スキャン 取消線対応 自動補正機能 データベース共有 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート 電話 メール 
トライアル 有り
最低利用期間 30日
よく導入している業種
IT・情報通信 公共機関・非営利団体 人材サービス
よく導入している企業の規模
101名-300名 1,001名以上

この製品の導入事例掲載数5

この製品の導入事例を見る

導入した製品のカテゴリ

OCRソフト

OCRとはスキャンした画像データからテキスト部分を読み取り、文字データに変換・保存する機能です。文字画像の文字を手動で打ち込む作業を大幅に削減することができ、仕事や作業の効率を高めるためには欠かせないソフトです。本記事ではOCRの概要説明から重要視されている背景、導入メリット、そしておすすめのOCRソフトを紹介していきます。この記事を読めばどのOCRソフトが人気なのか、そして何がその理由なのかわかるはずです。OCRソフトの導入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

AIよみと~る

東日本電信電話株式会社

  • AIを利用した技術でこれまでにない読取精度を実現
  • マウスひとつで設定が完了できるシンプルで簡単な操作
  • 社内システム等と連携することで稼働時間の削減を実現

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る