Menu
Close

RoboTANGOの導入事例

最終更新日: 2022/04/26

その他 51名-100名

バックオフィス RPAツール

その他

従業員の心にゆとりを生み出したRoboTANGOの活用

※出典:従業員の心にゆとりを生み出したRoboTANGOの活用|RoboTANGO

この事例のポイント

  • 営業部で事務作業などにより長時間残業が発生していたため、残業の削減が必要だった
  • 事務作業の機械化ツールとして初期費用がリーズナブルなRoboTANGOを導入
  • 3名のRPA推進担当者でサポートプラン「リモレク」を活用し15個ものロボットを作成
  • 2~3時間から10分程度に短縮された業務もあり、事務担当者に余裕が生まれた

今回導入した製品

RPAツール

RoboTANGO

スターティアレイズ株式会社

RPAツール

RoboTANGO

スターティアレイズ株式会社

スターティアレイズ株式会社のRPAツールRoboTANGOは、業務度自動化によりミスを削減。人による確認作業を自動化、手作業を無くし、業務改善と効率化を行えます。今までのRPAで当たり前だった、高額かつ拠点間しか使えない部分と、ロボ作成が難しい部分を改善。RoboTANGOを使い、人で不足で回っていなかった作業を自動化することで、人手不足を解消できます。また単純作業から解放する事で、人間の仕事を価値を生み出すものに集中できるのです。

  • リーズナブルにRPAを使用し、業務改善可能
  • 録画機能により簡単記録、簡単ロボット作成
  • 安心のサポート体制によりロボ作成をアシスト
ソフト種別 オンプレミス型ソフト 
基本的な機能 自動化業務の設定 スケジュール設定 データの転記作業 紙資料の電子化 テキストのチェック エラー処理 メール送信 メールのファイル保存 PDF変換 スクレイピング データ集計 タスクレポート 
推奨環境 Windowsアプリ 
サポート 電話 メール チャット 
トライアル 有り
最低利用期間 1ヵ月
よく導入している業種
製造 医療・化学 IT・情報通信
よく導入している企業の規模
51名-100名 101名-300名 不明

この製品の導入事例掲載数6

この製品の導入事例を見る

導入した製品のカテゴリ

RPAツール

RPAとはRobotic Process Automationの略です。直訳すれば、「ロボットによる工程の自動化」となり、仮想知的労働者とも呼ばれています。今まで人間が手作業で行っていた業務をロボットが代行し効率化をするわけですが、ここで言うロボットというのは実際に形ある機械ではなく、アプリケーションのことを指します。

つまり、実際に営業に出向いたり店舗でモノを売ったり、お茶出しや来客対応をするツールではなく、主に事務作業を中心とした定型作業を自動化します。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

RoboTANGO

スターティアレイズ株式会社

  • リーズナブルにRPAを使用し、業務改善可能
  • 録画機能により簡単記録、簡単ロボット作成
  • 安心のサポート体制によりロボ作成をアシスト

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る