Menu
Close

エマージェンシーコールの導入事例

最終更新日: 2022/05/12

医療・化学 301名-1,000名

バックオフィス 安否確認システム

作業を自動化したい その他

災害拠点病院として、また地域医療支援病院として、最も優先すべき事項は有事の際も診療を継続すること。医療機関としての使命を果たすために、関東中央病院様が導入を決めた安否確認システムとは。

※出典:導入事例|公立学校共済組合関東中央病院様|エマージェンシーコール|インフォコム株式会社

この事例のポイント

  • 東日本大震災の際に職員との連絡に時間がかかり、連絡ツールの必要性を感じていた
  • 緊急時に家族も含めた安否確認が行える「エマージェンシーコール」を導入した
  • 今後は、広域災害救急医療情報システム(EMIS)との連携も視野に入れている

今回導入した製品

安否確認システム

エマージェンシーコール

インフォコム株式会社

安否確認システム

エマージェンシーコール

インフォコム株式会社

インフォコム株式会社のエマージェンシーコールは、勤務状況の把握や検温連絡ができる、安否確認システムです。東日本大震災以降も安定した稼働実績があり、地震発生直後の回答率は、一部の企業で96.3%を記録。他にも熊本地震において、1,000名以上の企業では24時間後の回答率は100%になっています。直感的な操作で緊急時でも迷わず使用可能、BCPにおいて心強いサポートになります。他にも、システムの運用や導入支援と言った導入面の支援もしており、安心です。

  • 過去の震災でも安定して稼働、実績が評価されている
  • 利用者の立場に立ったインターフェースの提供
  • システム利用の定着をサポートし、BCPでのフェーズで生かす
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 外部サービス連携 自動一斉送信 マルチデバイス 
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
サポート 電話 メール 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
医療・化学 小売・流通 建設
よく導入している企業の規模
1,001名以上 301名-1,000名

この製品の導入事例掲載数5

この製品の導入事例を見る

導入した製品のカテゴリ

安否確認システム

安否確認システムとは、災害などの緊急時に、会社の従業員などの安否確認ができるシステムのことを指します。

安否確認システムを活用することで、従業員全員に一斉メール送信を行なったり、安否確認の回答を自動で収集したりできます。また、社員のみが使える掲示板機能などを利用することも可能であり、緊急時の社員同士のコミュニケーションを円滑なものにしてくれるでしょう。日本は世界的に見ても非常に災害が多い地域であり、近年ではその災害の多さから、安否確認システムを導入する企業も増えてきているのが現状です。
緊急時のトラブル対応速度が迅速なものになり、従業員の安全確保に大いに役立つことでしょう。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

エマージェンシーコール

インフォコム株式会社

  • 過去の震災でも安定して稼働、実績が評価されている
  • 利用者の立場に立ったインターフェースの提供
  • システム利用の定着をサポートし、BCPでのフェーズで生かす

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る