Menu
Close

NINJA SIGNの導入事例

最終更新日: 2022/04/27

人材サービス 51名-100名

バックオフィス 電子契約書

ペーパーレス化したい 作業を自動化したい テレワーク対応したい コストを削減したい コンプライアンスを強化したい

契約の課題が営業の売上にも影響 解決につなげた電子契約の導入方法とは

※出典:契約の課題が営業の売上にも影響。解決につなげた電子契約の導入方法とは

この事例のポイント

  • 契約書準備に時間がかかり、送付が遅れる等、営業担当者に負担がかかっていた
  • 契約締結の早期化が図れ、マニュアルが充実している「NINJA SIGN」の導入
  • 電子契約の導入によって、合意したその日のうちに、契約締結を行うことが可能となった

今回導入した製品

電子契約書

NINJA SIGN

株式会社サイトビジット

電子契約書

NINJA SIGN

株式会社サイトビジット

株式会社サイトビジットのNINJA SIGNは、武田塾やアディーレ法律事務所などでも使われている、電子契約書です。契約書の作成から締結、管理までNINJA SIGN1つで完結します。実際の契約だけでなく、ワークフロー作成や契約書の管理にも対応しており、機能が幅広い事も特徴の一つです。直感的に利用できるユーザーインターフェースを採用されているため、気軽に導入できます。またサポート体制も導入から運用まで支援してくれるので安心です。

  • 弁護士監修でつくられているので、安心して利用できる
  • 検討から運用まで、「忍者型」の寄り添ったサポート体制
  • タイムスタンプ、暗号化と堅牢性の高いサーバーでデータを守る
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 2段階認証 ワークフロー設定 外部連携 シングルサインオン(SSO) テンプレート登録 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート 電話 メール チャット 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
人材サービス その他 小売・流通
よく導入している企業の規模
51名-100名 101名-300名 301名-1,000名

この製品の導入事例掲載数10

この製品の導入事例を見る

導入した製品のカテゴリ

電子契約書

電子契約書とは、データで作成・保管できる契約書のことです。

契約書などの書類は紛失のリスクがありましたが、電子契約書として契約を結ぶことで書類の紛失のリスクが軽減されます。
年リモートワークが推進されるにつれて、対面不要である電子契約書の普及が進んできましたが、実は電子契約書には印紙税がかからないといったメリットもあります。また、インク費用や保管費用、トナー費用などがかかる心配もないため、事務経費のコスト削減にもつながるでしょう。
しかし、書面のみでの契約締結が義務付けられているものもあり、そういった場合には電子契約書が利用できないというデメリットがあるので注意しましょう。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

NINJA SIGN

株式会社サイトビジット

  • 弁護士監修でつくられているので、安心して利用できる
  • 検討から運用まで、「忍者型」の寄り添ったサポート体制
  • タイムスタンプ、暗号化と堅牢性の高いサーバーでデータを守る

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る