Menu
Close

RaBitの導入事例

最終更新日: 2022/04/01

ビジネスサービス 21名-50名

バックオフィス RPAツール

作業を自動化したい

RaBitのおかげでやりたい仕事ができるようになりました

※出典:RaBitのおかげでやりたい仕事ができるようになりました。 - RPAツール【RaBit】月10,450円の業務自動化ロボット

この事例のポイント

  • 単純作業を人為的に行っていたため自動化を検討していたがコスト面でできていなかった
  • 費用を抑えながらも単純作業を自動化し、業務改善を実現できる「RaBit」を導入
  • 「RaBit」で自動化することで、単純作業の人為的なミスと時間を削減した
  • 非生産である単純業務に割いていた人員を生産性のある現場業務に回すことができた

今回導入した製品

RPAツール

RaBit

ラディックス株式会社

RPAツール

RaBit

ラディックス株式会社

ラディックス株式会社のRaBitは、利用する企業ごとにオーダーメイドで定型業務の自動化が可能な専用ロボットを提供しているRPAツールです。専用ロボットを用いてPCでの単純作業の98%を削減可能で、それらの業務にかけていた時間やコスト、人手の有効活用により戦略業務の体制強化などを図ることができます。導入の際には専門的な知識を必要とせず、専任のエンジニアとのヒアリングで希望を言うだけで専用のロボットが入手可能となっています。

  • 専門的な知識は不要のまま、希望通りの業務ロボットを入手可能
  • RaBitの導入により、定型業務に割く人員や時間、コストを大幅に削減
  • 優れた費用対効果とプロによる充実のサポートで安心して利用できる
ソフト種別 オンプレミス型ソフト 
基本的な機能 自動化業務の設定 スケジュール設定 データの転記作業 エラー処理 メール送信 メールのファイル保存 PDF変換 スクレイピング データ集計 
推奨環境 Windowsアプリ 
サポート 電話 メール 
トライアル 無し
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
旅行・宿泊・飲食 小売・流通 ビジネスサービス
よく導入している企業の規模
1-5名 21名-50名 51名-100名

この製品の導入事例掲載数11

この製品の導入事例を見る

導入した製品のカテゴリ

RPAツール

RPAとはRobotic Process Automationの略です。直訳すれば、「ロボットによる工程の自動化」となり、仮想知的労働者とも呼ばれています。今まで人間が手作業で行っていた業務をロボットが代行し効率化をするわけですが、ここで言うロボットというのは実際に形ある機械ではなく、アプリケーションのことを指します。

つまり、実際に営業に出向いたり店舗でモノを売ったり、お茶出しや来客対応をするツールではなく、主に事務作業を中心とした定型作業を自動化します。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

RaBit

ラディックス株式会社

  • 専門的な知識は不要のまま、希望通りの業務ロボットを入手可能
  • RaBitの導入により、定型業務に割く人員や時間、コストを大幅に削減
  • 優れた費用対効果とプロによる充実のサポートで安心して利用できる

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る