Menu
Close

SmartVPNの導入事例

最終更新日: 2022/03/03

IT・情報通信 101名-300名

情報システム VPN

外部からのセキュリティを高めたい 内部のセキュリティを高めたい テレワーク対応したい 社内資産を一元管理したい

「SmartVPN」と「ホワイトクラウド ASPIRE」を導入しシステムの安定稼働とコンプライアンスならびにガバナンス向上を実現

※出典:株式会社保健同人社 | SmartVPN | ホワイトクラウド ASPIRE | 導入事例 | 情報通信 | 法人向け | ソフトバンク

この事例のポイント

  • 社内業務用ネットワークインフラにおいて、時代に応じて柔軟に継続して対応したい
  • 品質向上だけではなく、セキュリティ対策もしっかりとしたSmartVPNを導入
  • 通信品質が向上し、多様なアクセス回線など拡張性も向上させることができた

今回導入した製品

VPN

SmartVPN

ソフトバンク株式会社

VPN

SmartVPN

ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社のSmartVPNは、IPトラフィックの爆発的な増加やクラウド市場の急速な拡大を背景に、クラウドとの親和性の高さをコンセプトに開発された新しいVPNサービスです。様々なニーズに合わせて20のサービスを展開しており、組み合わせて利用することができます。シームレスなクラウド機能によって、閉域ネットワーク内でもパブリッククラウドサービスに接続可能でビジネスリソース管理の効率化が期待できます。

  • VPN設計の簡略化でマルチアクセスが可能に
  • トータル管理と個人管理でカスタマイズ
  • プロビジョニングと独自技術で防御性と安定化
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 リモートVPN マネージセキュリティレポート 拠点間VPN ウェブフィルター コンテンツフィルタ LAN監視 Webアクセスセキュリティ対策 端末セキュリティ対策 
推奨環境 Windowsアプリ Macアプリ iOSアプリ Androidアプリ 
サポート チャット 
トライアル 無し
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
製造 小売・流通 IT・情報通信
よく導入している企業の規模
101名-300名 1,001名以上 301名-1,000名

この製品の導入事例掲載数5

この製品の導入事例を見る

導入した製品のカテゴリ

VPN

近年、テレワークの促進によって社外からのアクセスが増えています。しかし、無料・公衆Wi-Fiなどを利用することによって、情報漏洩などのセキュリティ面における危険性があることも事実です。そこで、情報セキュリティ対策の1つとして『VPN』が注目されています。VPNは企業の拠点間を専用線で接続するのではなく、仮想的な専門ネットワークで接続する方法です。しかし、種類やオプションが多すぎたり、運用や管理が複雑であったりと煩わしいポイントもあります。そこで、本記事ではVPN製品選びを失敗しないために、VPN製品の仕組みから種類と選び方、各製品の比較と導入の注意点を説明します。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

SmartVPN

ソフトバンク株式会社

  • VPN設計の簡略化でマルチアクセスが可能に
  • トータル管理と個人管理でカスタマイズ
  • プロビジョニングと独自技術で防御性と安定化

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る