Menu
Close

THE 名刺管理 Businessの導入事例

最終更新日: 2022/03/03

ビジネスサービス 101名-300名

バックオフィス 名刺管理ソフト

コンプライアンスを強化したい

何よりも使いやすいことが大事 THE 名刺管理 Business 株式会社インターファクトリー様

※出典:導入事例 | THE 名刺管理 Business | 株式会社グレイス様

この事例のポイント

  • 名刺を手入力で行っており、個人に名刺管理を任せていたため管理に個人差が出ていた
  • THE 名刺管理 Businessを導入し、名刺情報を一元的に管理、OCRとスキャンでデータ化を行う
  • 名刺の管理や受け渡しなど業務への負担が無くなり、営業活動に集中できるようになった

今回導入した製品

名刺管理ソフト

THE 名刺管理 Business

株式会社NTTデータNJK

名刺管理ソフト

THE 名刺管理 Business

株式会社NTTデータNJK

株式会社NTTデータNJKのTHE 名刺管理 Businessは、高いセキュリティ性とシンプル操作が特徴の、顧客管理プラットフォームSalesforceで動作する名刺管理ソフトです。ユーザーは名刺をスキャンするだけで簡単にデジタル化が可能。データは企業で共有して一元管理できます。データベースは世界でシェアNo.1のSalesforceと同じセキュリティ性で管理されるので安心して利用可能です。名刺の閲覧や共有、メール配信といった基本機能のほかに、オプション機能では訂正サービスなどを利用できます。

  • 確認しやすい管理画面で社内の人脈も可視化
  • 高いセキュリティ性で社内・社外でも安心して閲覧
  • 名刺を高い精度でスキャン、モバイルで活用可能
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 メール配信 名寄せ機能 公開・非公開設定 自動メンテナンス データ連携 認識精度判定 組織図表示 多言語化 スマホスキャン取込 専用スキャナー取込 
推奨環境 PCブラウザ iOSアプリ Androidアプリ 
サポート メール 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
製造 ビジネスサービス 人材サービス
よく導入している企業の規模
101名-300名 1-5名

この製品の導入事例掲載数3

この製品の導入事例を見る

導入した製品のカテゴリ

名刺管理ソフト

名刺管理ソフトとは、スキャナを用いて名刺をデータ化し、保存しておくことができるツールのことです。

また、権限を持った社内の人ともらった名刺を共有できる機能もあり、もらった名刺を一箇所で集約して一元管理することができます。ペーパーレス化も期待でき、溜め込んでしまいがちな名刺の収納場所に困ることもなくなるでしょう。PDF化できる製品もあれば、OCRで自動で読み取ってくれる製品も存在し、テキストとして保存することも可能です。
名刺管理ソフトで有名なものとして、「Sansan」や「Knowledge Suite」、「Eight Team」などが挙げられます。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

THE 名刺管理 Business

株式会社NTTデータNJK

  • 確認しやすい管理画面で社内の人脈も可視化
  • 高いセキュリティ性で社内・社外でも安心して閲覧
  • 名刺を高い精度でスキャン、モバイルで活用可能

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る