Menu
Close

Sansanの導入事例

最終更新日: 2022/03/07

ビジネスサービス 301名-1,000名

バックオフィス 名刺管理ソフト

顧客満足度を高めたい 市場・顧客分析したい 業務・情報を可視化したい

Sansan Data Hubによって さまざまなデータを組み合わせることで データの価値をより高めることができます

※出典:Sansan Data Hubで顧客データをリッチ化継続的な関係を紡ぐ活動の基盤を構築 (ウイングアーク1st株式会社)- 導入事例 - Sansan - 法人向けクラウド名刺管理サービス

この事例のポイント

  • 顧客対応に対する情報の連携が不十分、顧客対応の重要度を定量的に把握したい
  • Salesforce上の情報を自動でアップデートする機能により、判断材料を獲得
  • 顧客との接点が可視化されることで、解約率が低下し継続的にサービスを提供できた

今回導入した製品

名刺管理ソフト

Sansan

Sansan株式会社

名刺管理ソフト

Sansan

Sansan株式会社

Sansan株式会社の名刺管理ソフトSansanは、シェアNo.1で83%を誇り中小企業から大手企業まで幅広く利用されているソフトです。利用企業は8,000社に及び、利用者に高く評価されています。名刺をスマートフォンアプリや専用スキャナでスキャンするだけでAIが名刺を認識し自動入力。名刺情報をデータベース化、マルチデバイスで様々なシステムと連携可能です。金融機関でも認められた高度なセキュリティを有しており、情報漏洩のリスクを抑えます。

  • 全社員の人脈を社内で共有、人事異動などのニュースが届く
  • 議事録を会社・人物に紐づけし、最適な判断を下せる
  • オフィス内外で活用でき、個人情報を適切に管理
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 メール配信 専用スキャナー取込 SFA・MA連携 組織図表示 タグ・ラベル付け ダウンロード機能 公開・非公開設定 ニュース通知 データ連携 スマホスキャン取込 多言語化 名刺管理 
推奨環境 Windowsアプリ Macアプリ iOSアプリ Androidアプリ 
サポート 電話 メール 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
ビジネスサービス 製造 人材サービス
よく導入している企業の規模
1,001名以上 301名-1,000名 101名-300名

この製品の導入事例掲載数10

この製品の導入事例を見る

導入した製品のカテゴリ

名刺管理ソフト

名刺管理ソフトとは、スキャナを用いて名刺をデータ化し、保存しておくことができるツールのことです。

また、権限を持った社内の人ともらった名刺を共有できる機能もあり、もらった名刺を一箇所で集約して一元管理することができます。ペーパーレス化も期待でき、溜め込んでしまいがちな名刺の収納場所に困ることもなくなるでしょう。PDF化できる製品もあれば、OCRで自動で読み取ってくれる製品も存在し、テキストとして保存することも可能です。
名刺管理ソフトで有名なものとして、「Sansan」や「Knowledge Suite」、「Eight Team」などが挙げられます。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

Sansan

Sansan株式会社

  • 全社員の人脈を社内で共有、人事異動などのニュースが届く
  • 議事録を会社・人物に紐づけし、最適な判断を下せる
  • オフィス内外で活用でき、個人情報を適切に管理

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る