Menu
Close

OBIC7 会計情報システムの導入事例

最終更新日: 2022/02/24

IT・情報通信 不明

バックオフィス 会計ソフト

業務・情報を可視化したい ペーパーレス化したい 財務・経理・総務 業務を効率化したい 社内資産を一元管理したい

子会社を含めた全拠点をブロードバンドネットワークで常時接続。会計情報の一元化と現場システムとの連携により経理業務の全体最適化と決算早期化を実現。

※出典:OBIC7会計情報システムで実現した決算早期化事例

この事例のポイント

  • 全国の事業所に分散した経理システムを集約し、経理業務の見直しを図りたい
  • 「OBIC7会計情報システム」を導入、本社集中型の会計システムに刷新した
  • 月次決算の早期化、グループ全体の経理業務最適化と事務管理コストの低減が実現
  • 仕入の支払の集中化によって、仕入時のコストの低減を実現することができた
  • 資金の集中化・管理が可能になり、資金管理の最適化も実現することができた

今回導入した製品

会計ソフト

OBIC7 会計情報システム

株式会社 オービック

会計ソフト

OBIC7 会計情報システム

株式会社 オービック

株式会社オービックのクラウド会計ソフトOBIC7会計情報システムは会計情報を統一して管理します。OBIC7シリーズは19年連続でERP累計導入社数No.1を達成しており、250業種、25,000社以上のシステム構築や業務改善を手掛けてきた実績と経験があります。このソフトは会計を中心に経営の根幹を担う各システムを連携させ、迅速かつ正確な情報分析と経営判断をサポートします。時代の変化を捉えた最適なソリューションを駆使した実践的提案でお客様のイノベーションを継続サポートしています。

  • 単体会計から連結会計までをフルカバーした一貫サポート
  • 最新技術を取り入れた情報基盤を構築し、時代の変化に即対応
  • 自社開発と直接販売にこだわったワンストップ・ソリューション・サービス
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 伝票入力 入金管理 支払管理 資金管理 固定資産管理 自動仕訳機能 外国語表示 
推奨環境 PCブラウザ Windowsアプリ 
サポート 電話 
トライアル 無し
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
IT・情報通信
よく導入している企業の規模
不明

この製品の導入事例掲載数1

この製品の導入事例を見る

導入した製品のカテゴリ

会計ソフト

会計ソフトとは簡単にいうとお金の動きを管理・集計できるソフトです。主に会計担当や経理担当、財務担当の業務を自動化・サポートし、業務の効率化が実現します。現代ではテレワーク化が進み、従業員と経理が顔を合わせないことも多く、紙書類の扱いも難しくなったため会計のクラウド化に拍車がかかっています。

近年の会計ソフトは今までの「紙とペンと電卓を使う計算」を自動化するような単純なものでなく不随する機能が多くあり、種類や製品ごとの違いが分かりづらいという特徴があります。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

OBIC7 会計情報システム

株式会社 オービック

  • 単体会計から連結会計までをフルカバーした一貫サポート
  • 最新技術を取り入れた情報基盤を構築し、時代の変化に即対応
  • 自社開発と直接販売にこだわったワンストップ・ソリューション・サービス

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る