Menu
Close

GRIDY SFAの導入事例

最終更新日: 2021/12/01

小売・流通 21名-50名

セールス SFA

見込客獲得・顧客育成したい

乗り換えで、SFA・情報共有ツールとして活用し業務効率化に成功

※出典:乗り換えで、SFA・情報共有ツールとして活用し業務効率化に成功

この事例のポイント

  • 異なる営業形態間での報告が統一されておらず、業務情報の管理が曖昧だった
  • 営業情報一元管理、履歴照会で営業プロセス向上を見込める「GRIDY SFA」導入
  • 履歴検索を絞込機能などで見られるようになり、商談の質も向上させることができた
  • 支給されたスマホを活用し、営業進捗をよりリアルタイムに共有できるように
  • 顧客の担当者までをヒモ付けた管理を、今では個別にメンテナンスできるようになった

今回導入した製品

SFA

GRIDY SFA

ナレッジスイート株式会社

SFA

GRIDY SFA

ナレッジスイート株式会社

ナレッジスイート株式会社のGRIDY SFAは利用データ容量ごとの月額料金でID数無制限で利用できることが特徴のSFA(営業支援システム)です。マルチデバイスで利用できるため外出先からでもどの端末でも動作環境が変わらず利用できる点も魅力の一つです。また、一元化したデータに閲覧制限を設けることが可能になっており、各個人のアカウントに権限を付与できるためセキュリティ面でも安心できるサービスになっています。

  • 状況に応じた方法で顧客登録、スピーディにアプローチ
  • 内勤スタッフともリアルタイムで情報共有
  • スマートデバイス利用で、PDCAサイクルのさらなる高速化を実現
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 ワークフロー 顧客管理 案件管理 商談管理 スケジュール管理 ToDo管理 ファイル共有 名刺管理 
推奨環境 PCブラウザ iOSアプリ Androidアプリ 
サポート 電話 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
製造 その他 小売・流通
よく導入している企業の規模
21名-50名 51名-100名 1,001名以上

この製品の導入事例掲載数5

この製品の導入事例を見る

導入した製品のカテゴリ

SFA

SFAとは、営業活動において必要となる顧客情報や業務プロセスをシステム上で管理し、蓄積した営業結果などの情報を分析することで、営業活動の改善を図れるツールです。SFAを有効に活用すれば、営業活動が可視化され、営業の効率化や質の向上、属人化の解消などが実現可能となります。

SFAの意味は、英語の「Sales Force Automation」の頭文字をとって略された言葉で、日本語では「営業支援ツール」や「営業支援システム」と呼ばれています。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

GRIDY SFA

ナレッジスイート株式会社

  • 状況に応じた方法で顧客登録、スピーディにアプローチ
  • 内勤スタッフともリアルタイムで情報共有
  • スマートデバイス利用で、PDCAサイクルのさらなる高速化を実現

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る