Menu
Close

奉行Edge 勤怠管理クラウドの導入事例

最終更新日: 2021/12/01

建設 101名-300名

バックオフィス 勤怠管理システム

労務管理を効率化したい

勤怠管理システムが後押しする”上田組流”働き方改革 残業時間の上限規制が適用される5年後を見据えて

※出典:勤怠管理システムが後押しする"上田組流"働き方改革 残業時間の上限規制が適用される5年後を見据えて

この事例のポイント

  • 2024年に残業時間の上限規制が適用されるため、それを見据えた労務管理を行いたい
  • 労働時間や残業時間を適切に把握できる「奉行Edge 勤怠管理クラウド」を導入
  • クラウドサービスによって、建設現場も含めた適切な勤怠管理業務が実現できた
  • 打刻漏れのアラート機能によって、打刻による勤怠管理が社員一人一人に定着した
  • 残業時間自動集計や帳票自動作成により、1週間かかった作業を数分で完結できるように

今回導入した製品

勤怠管理システム

奉行Edge 勤怠管理クラウド

株式会社オービックビジネスコンサルタント

勤怠管理システム

奉行Edge 勤怠管理クラウド

株式会社オービックビジネスコンサルタント

株式会社オービックビジネスコンサルタントの勤怠管理システム、奉行Edge 勤怠管理クラウドは、あらゆる企業の勤怠管理の手間を削減可能な標準化されたサービスです。利用社数は5,000社以上で、利用者は74万にものぼります。打刻だけでなく、分析からマネジメントまで勤怠管理業務をすべてデジタル化。業務時間を約9割削減可能です。勤怠管理に必要な業務を全て網羅しているので、利用者のデジタル化を確実に支援できます。

  • 変化する働き方への対応力が高く、柔軟に対応
  • 法令対応を確実かつ簡単に、継続的な対応が可能になる
  • 人事労務業務の連携性が高く、一気貫通した業務が行える
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 PC打刻 ICカード打刻 モバイル打刻 生体認証 GPS打刻 タイムカード打刻 自動集計 休暇管理 シフト管理 
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ iOSアプリ Androidアプリ 
サポート 電話 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
小売・流通 広告・放送・出版 旅行・宿泊・飲食
よく導入している企業の規模
51名-100名 101名-300名 1,001名以上

この製品の導入事例掲載数5

この製品の導入事例を見る

導入した製品のカテゴリ

勤怠管理システム

勤怠管理の方法は紙への記入からタイムカード、そして勤怠管理システムへと移り変わっています。特に、働き方改革が叫ばれると同時にテレワーク化が必然とされる時代において勤怠管理システムの重要度は増すばかりです。

とはいえ、それぞれの就業規則や勤務形態に対応させやすく柔軟性の高いExcelやタイムカードでの管理から抜け出せない会社が多いことも事実です。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

奉行Edge 勤怠管理クラウド

株式会社オービックビジネスコンサルタント

  • 変化する働き方への対応力が高く、柔軟に対応
  • 法令対応を確実かつ簡単に、継続的な対応が可能になる
  • 人事労務業務の連携性が高く、一気貫通した業務が行える

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る