Menu
Close

Touch on Timeの導入事例

最終更新日: 2021/12/01

その他 101名-300名

バックオフィス 勤怠管理システム

労務管理を効率化したい

アルバイトの勤怠管理を目的に導入しました

※出典:アルバイトの勤怠管理を目的に導入しました

この事例のポイント

  • 勤怠の締め日に、各拠点で回収・確認・集計業務に追われている現状を改善したい
  • クラウド上で休暇・出勤情報を管理可能な「Touch on Time」を導入
  • 勤怠を締めた後、即集計結果が出力でき、労務管理業務の改善・効率上昇に貢献した
  • 休暇情報をシステム上で管理でき、年5日の有給取得義務の管理も簡単になった
  • 全ての勤怠管理をクラウド化できたため、在宅勤務時もスムーズに運用できるように

今回導入した製品

勤怠管理システム

Touch on Time

株式会社デジジャパン

勤怠管理システム

Touch on Time

株式会社デジジャパン

株式会社デジジャパンの勤怠管理システムTouch on Timeは、継続率99.7%を誇っており、31.000社以上の企業に導入されています。また利用者数は210万人を超えており、市場シェアNo.1の信頼のおけるシステムです。勤怠状況を自動集計し、リアルタイムで勤務集計可能。誰でも簡単に使えるように、スマホだけでなく指紋認証や普段使用しているICカードで簡単に打刻可能です。勤怠の見える化を進め、コストダウンが期待できます。

  • 市場シェアNo.1のクラウド型勤怠管理システム
  • 導入シェアNo.1の独自開発タイムレコーダー
  • 初期費用要らずですべての機能が使える
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 PC打刻 ICカード打刻 モバイル打刻 生体認証 GPS打刻 タイムカード打刻 ワークフロー 自動集計 休暇管理 アラート機能 シフト管理 外部ソフト連携 
推奨環境 PCブラウザ Windowsアプリ Macアプリ 
サポート 電話 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
その他 金融 建設
よく導入している企業の規模
101名-300名 1,001名以上

この製品の導入事例掲載数5

この製品の導入事例を見る

導入した製品のカテゴリ

勤怠管理システム

勤怠管理の方法は紙への記入からタイムカード、そして勤怠管理システムへと移り変わっています。特に、働き方改革が叫ばれると同時にテレワーク化が必然とされる時代において勤怠管理システムの重要度は増すばかりです。

とはいえ、それぞれの就業規則や勤務形態に対応させやすく柔軟性の高いExcelやタイムカードでの管理から抜け出せない会社が多いことも事実です。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

Touch on Time

株式会社デジジャパン

  • 市場シェアNo.1のクラウド型勤怠管理システム
  • 導入シェアNo.1の独自開発タイムレコーダー
  • 初期費用要らずですべての機能が使える

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る