Menu
Close

UiPathの導入事例

最終更新日: 2021/12/01

その他 1,001名以上

バックオフィス RPAツール

財務・経理・総務 業務を効率化したい

RPA活用を軸に全社一丸となった業務改革推進とリソースシフトにより競争力の向上を実現

※出典:RPA活用を軸に全社一丸となった業務改革推進とリソースシフトにより競争力の向上を実現

この事例のポイント

  • 自発的に現場業務の課題に合わせ、自発的にRPA活用していける体制づくりをしたい
  • 「UiPath」を導入、自発的なRPAの活用、様々な業務の効率化を図った
  • 操作情報を自動的に収集しプロセスを可視化、属人化を解消することができた
  • 受注処理間における分断されたプロセスを繋ぎ、自動化・効率化することができた
  • 全体プロセスの最適化により業務の効率化が実現し、リソースシフトに繋がった

今回導入した製品

RPAツール

UiPath

UiPath株式会社

RPAツール

UiPath

UiPath株式会社

UiPathは、自動化領域の発見から実行までを行うプラットフォームです。G2 Crowdでも5段階評価のうち4.6を記録する高い評価を得ています。従業員から自動化のアイディアを募り、プロセスをキャプチャし文章化。様々な業務データを分析し、最適化します。また従業員の日々の作業を分析し、自動化可能な作業を発見。専門知識が無くとも、業務を自動化し、日々のルーチンワークから従業員を開放。人間的でクリエイティブな業務へ人員を割く事ができます。

  • シンプルな操作でスマートで堅牢なロボットの開発
  • ロボットを巧みに管理するシステムが充実している
  • あらゆる種類のロボットを実行し、協働できる
ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
基本的な機能 自動化業務の設定 メール送信 タスクレポート 
推奨環境 Windowsアプリ 
サポート 電話 メール 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
製造 金融 IT・情報通信
よく導入している企業の規模
1,001名以上 301名-1,000名 不明

この製品の導入事例掲載数30

この製品の導入事例を見る

導入した製品のカテゴリ

RPAツール

RPAとはRobotic Process Automationの略です。直訳すれば、「ロボットによる工程の自動化」となり、仮想知的労働者とも呼ばれています。今まで人間が手作業で行っていた業務をロボットが代行し効率化をするわけですが、ここで言うロボットというのは実際に形ある機械ではなく、アプリケーションのことを指します。

つまり、実際に営業に出向いたり店舗でモノを売ったり、お茶出しや来客対応をするツールではなく、主に事務作業を中心とした定型作業を自動化します。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

UiPath

UiPath株式会社

  • シンプルな操作でスマートで堅牢なロボットの開発
  • ロボットを巧みに管理するシステムが充実している
  • あらゆる種類のロボットを実行し、協働できる

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る