Menu
Close

MoneyForward クラウド会計の導入事例

最終更新日: 2021/12/01

その他 1-5名

バックオフィス 会計ソフト

業務・情報を可視化したい

クラウド会計を確認する1日5分のルーティンで、お金の不安を解消。

※出典:クラウド会計を確認する1日5分のルーティンで、お金の不安を解消。

この事例のポイント

  • 税理士への丸投げによる経理情報の把握不足を解消し、経営管理の体制を整えたい
  • 「MoneyForward クラウド会計」を導入、経理情報の可視化を図った
  • 売り上げや経営情報などの状況を把握できるようになり、数字の見方が変わった
  • 給与計算等の経理業務にかかる時間は月30分以下になり、業務効率が上昇した

今回導入した製品

会計ソフト

MoneyForward クラウド会計

株式会社マネーフォワード

会計ソフト

MoneyForward クラウド会計

株式会社マネーフォワード

マネーフォワード株式会社のMoneyForward クラウド会計は中小企業から上場企業まで幅広く利用されている会計ソフトです。初期費用0円でクラウド会計ソフト満足度No.1を記録。継続率は99%を誇ります。会計業務を約2分の1削減でき、日々の取引等の面倒な作業は自動化できます。データをクラウドに集積させ、経営の見える化を進めます。またバックオフィスに必要なサービスをまとめて使うことができ、経理業務全体の効率化を望むことが出来ます。

  • ワンクリックで決裁書を作成、経営状況を見える化
  • 顧問税理士とオンライン上でスムーズに情報共有
  • バックオフィスのサービスをまとめて使い業務を効率化
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 伝票入力 帳簿作成 入金管理 支払管理 資金管理 決算書作成 固定資産管理 データ連携 自動取込 自動仕訳機能 
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
サポート メール チャット 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
不動産 医療・化学 IT・情報通信
よく導入している企業の規模
1-5名 6名-20名 51名-100名

この製品の導入事例掲載数5

この製品の導入事例を見る

導入した製品のカテゴリ

会計ソフト

会計ソフトとは簡単にいうとお金の動きを管理・集計できるソフトです。主に会計担当や経理担当、財務担当の業務を自動化・サポートし、業務の効率化が実現します。現代ではテレワーク化が進み、従業員と経理が顔を合わせないことも多く、紙書類の扱いも難しくなったため会計のクラウド化に拍車がかかっています。

近年の会計ソフトは今までの「紙とペンと電卓を使う計算」を自動化するような単純なものでなく不随する機能が多くあり、種類や製品ごとの違いが分かりづらいという特徴があります。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

MoneyForward クラウド会計

株式会社マネーフォワード

  • ワンクリックで決裁書を作成、経営状況を見える化
  • 顧問税理士とオンライン上でスムーズに情報共有
  • バックオフィスのサービスをまとめて使い業務を効率化

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る